エコセン

 

「教育と刃物」セミナー報告

 

The World Travel & Tourism Council

Google

WWW を検索

エコセンの中を検索

連続セミナー「災害と減災」をベースにしたエコセン前代表広瀬敏通氏の新刊です!

災害を
生き抜く

申込受付中!
野生動物インタープリター

獣害対策や地域活性化を推進する人に!

野生動物インタープリター




自然学校「エネルギー・プログラム」アイデア集

身近な自然資源からエネルギーを自給!

自然学校「エネルギー・プログラム」アイデア集

フクシマBOOK

マスメディアからは聞こえない原発被害・福島の声!

フクシマBOOK




地域を元気にする地元学

地域活性化のヒントと実例がここにある。エコセンブックレット誕生!

地域を元気にする地元学

災害を生き抜く

エコセン連続セミナー「災害と減災」をベースにした前代表広瀬敏通氏の渾身の書

災害を生き抜く



RQ災害教育センター
地球環境基金
Share/Bookmark
エコツアーカフェ

エコツアーカフェTOKYO

濁川孝志
中澤朋代
中村功芳
塚原俊也
松田佳代
渋澤寿一
橋谷晃
荒井一洋
八木和美
進士徹・伊藤千陽・伊勢野大吾
遠藤隼
興膳健太
李妍焱
高田研
森 由美
大嶽 隆
水出正
伊藤聡
鹿熊勤
大浦佳代
嵯峨創平
吉田直哉
森高一・中西紹一
加藤大吾
森美文
岸卓巨
箕輪和香奈
山本かおり
朱惠雯
藤原誉
吉田直哉・輪
萩原・ナバ・裕作
森高一
林浩二
れいほく田舎暮らしネットワーク/川村幸司・野田由美子・佐藤恵
河崎清美
檀野清司
津田和英
村上千里
宮村知行
中西紹一
荒井裕二
伊藤弘晃
牧野佳奈子
瀬戸山美智子
兼松佳宏
広瀬敏通・山中俊幸・中垣真紀子
スパイダー 蜘瀧仙人
梅崎靖志
辻英之
高倉弘二/藤木勇光
虎谷健
竹盛窪・石田奈津子
進士徹
山本隆太
大沢夕志氏・大沢啓子
田儀/小林毅
浅子智昭
山田俊行
齋藤真一郎
近藤純夫
岡田充弘
山田淳
伊東久枝
栗栖浩司
朝倉裕
李妍焱
清家敬太郎
星川淳
山田淳
佐々木拓史
小西貴士
嵯峨創平
高田研
辰野勇
西直人
小林美智子
粕谷芳則
北川健司
大社充
木邑優子
桜井義維英
浜谷修三
萩原章史
尾崎煙雄
小林/ブラウン
古瀬浩史
佐々木豊志
中野民夫
三好直子
江崎絢子
萩原裕作
上田英司
鹿熊 勤
中林裕貴
広瀬敏通

[2016.5.24]エコツアーカフェTOKYO88

山の日シリーズ

熊本地震の支援とこれから

RQ九州の状況と、改めて考える災害大国で生きるということ

熊本地震とRQ九州の現状報告。そして、改めて「私たちができること」と「災害大国」である日本で“正しく災害を恐れ、生き残るためになにができるのか、について考えます。

 

2016年4月14日から続く「熊本地震」は、熊本県、大分県を中心に、人命、地域に大きな被害をもたらしています。

 

東日本大震災時に立ち上がった「RQ市民災害救援センター」の母体はエコセン。2011年3月の発足時から同年11月末までの間、延べ4万5000人のボランティアと約500トンの支援物資を運び、野外教育や自然体験活動で培ったスキルを活かした支援活動を実施しました。

運動体としての東北の支援活動を終了後、2011年12月にその後継団体「一般社団法人RQ災害教育センター」が誕生。今回、RQは発災直後より支援活動を行うための情報収集を開始し、九州の自然学校の仲間たちと「RQ九州」設立準備をしてきました。

現地では、熊本県と宮崎県の県境に位置する五ヶ瀬町で活動中の「五ヶ瀬自然学校」がいち早く支援を開始。五ヶ瀬町の全面的なご協力のもと、五ヶ瀬ドームをお借りして、近隣の仲間たちとまず、物資の支援を行っています。

 

4月24日には、自らが被災者でもある熊本市のIOE代表の山口久臣さんが、九州の自然学校関係者に呼びかけ、本格的な「RQ九州」設立に向けた動きが加速しました。現在、五ヶ瀬に続き、熊本県美里町に「RQ美里」「RQ九州本部事務局」も誕生し、これから支援活動が本格化します。 余震も続き、天候不良による土砂災害も危惧される中、現地ではボランティア受け入れ準備が着々と進められています。

 

今回、熊本地震とRQ九州の現状報告と、私たちができることについて、そして、改めて「災害大国」日本で、“正しく災害を恐れ、生き残るためになにができるのか”について考えます。

width="87"

 

 

※山の日キャンペーン実施中 エコセン世話人も制定に関わった「山の日」(今年からスタートする祝日で日にちは8月11日)のキャンペーンを行っております。国土の7割が山である日本は、まさに“山の民”であり、、紀元前131世紀頃のはるかむかしより、地震や噴火によってできた国土で災害ともに生き続けた民族です。よって、文化や知恵を改めて思う日として推進します。

 

ゲストプロフィール

八木和美[やぎ・かずみ]

一般社団法人RQ災害教育センター 事務局長

 

 

 

 

 

★エコツアーカフェTOKYO★

熊本地震の支援とこれから RQ九州の状況と、改めて考える災害大国で生きるということ

 

【ゲストスピーカー】八木和美氏 RQ災害教育センター

【日時】2016年5月24日(火)19:00-20:30

【参加費】500円 

【場所】 モンベルクラブ 御徒町店 

     110-0005 東京都台東区上野3-22-6 コムテラス御徒町

 

【お問い合わせ】日本エコツーリズムセンター

TEL:03-5834-7966 FAX:03-5834-7972

 

 

 

 

 

 

 

 

Share/Bookmark

 


▲TOP | 問い合わせ