エコセン

 

「教育と刃物」セミナー報告

 

The World Travel & Tourism Council

Google

WWW を検索

エコセンの中を検索

連続セミナー「災害と減災」をベースにしたエコセン前代表広瀬敏通氏の新刊です!

災害を
生き抜く

申込受付中!
野生動物インタープリター

獣害対策や地域活性化を推進する人に!

野生動物インタープリター




自然学校「エネルギー・プログラム」アイデア集

身近な自然資源からエネルギーを自給!

自然学校「エネルギー・プログラム」アイデア集

フクシマBOOK

マスメディアからは聞こえない原発被害・福島の声!

フクシマBOOK




地域を元気にする地元学

地域活性化のヒントと実例がここにある。エコセンブックレット誕生!

地域を元気にする地元学

災害を生き抜く

エコセン連続セミナー「災害と減災」をベースにした前代表広瀬敏通氏の渾身の書

災害を生き抜く



RQ災害教育センター
地球環境基金
Share/Bookmark
エコツアーカフェ

エコツアーカフェTOKYO

中澤朋代
中村功芳
塚原俊也
松田佳代
渋澤寿一
橋谷晃
荒井一洋
八木和美
進士徹・伊藤千陽・伊勢野大吾
遠藤隼
興膳健太
李妍焱
高田研
森 由美
大嶽 隆
水出正
伊藤聡
鹿熊勤
大浦佳代
嵯峨創平
吉田直哉
森高一・中西紹一
加藤大吾
森美文
岸卓巨
箕輪和香奈
山本かおり
朱惠雯
藤原誉
吉田直哉・輪
萩原・ナバ・裕作
森高一
林浩二
れいほく田舎暮らしネットワーク/川村幸司・野田由美子・佐藤恵
河崎清美
檀野清司
津田和英
村上千里
宮村知行
中西紹一
荒井裕二
伊藤弘晃
牧野佳奈子
瀬戸山美智子
兼松佳宏
広瀬敏通・山中俊幸・中垣真紀子
スパイダー 蜘瀧仙人
梅崎靖志
辻英之
高倉弘二/藤木勇光
虎谷健
竹盛窪・石田奈津子
進士徹
山本隆太
大沢夕志氏・大沢啓子
田儀/小林毅
浅子智昭
山田俊行
齋藤真一郎
近藤純夫
岡田充弘
山田淳
伊東久枝
栗栖浩司
朝倉裕
李妍焱
清家敬太郎
星川淳
山田淳
佐々木拓史
小西貴士
嵯峨創平
高田研
辰野勇
西直人
小林美智子
粕谷芳則
北川健司
大社充
木邑優子
桜井義維英
浜谷修三
萩原章史
尾崎煙雄
小林/ブラウン
古瀬浩史
佐々木豊志
中野民夫
三好直子
江崎絢子
萩原裕作
上田英司
鹿熊 勤
中林裕貴
広瀬敏通
cafeblock/null.gif

[2014.6.30]エコツアーカフェTOKYO70

自然と共生する子供たちを育みたい

少年団よ、大木を抱け。

日本の森と緑の少年団の未来を考える

先進国ではトップクラスの森林率を誇る日本。しかし、担い手不足や国産材利用の低迷など、森林や山村の抱える課題が多くあります。また、森を守る青少年活動「緑の少年団」もまた、参加する子供たちが減少し、森への関心が薄れることを危惧しています。そこで今一度、日本の森を見つめなおし、日本の森と子供たちの未来について考えます。

 

映画「WOOD JOB!」でも注目されている日本の森。豊かな森は、人と自然とのつながりの必要性を改めて教えてくれます。

 

豊かな森、豊かな里山には人の手が不可欠であり、多様な生態系や私たちの生活にとって大切な存在であることを、ニュースや環境教育、間伐材利用の取り組みなどから多くの人が認識しています。しかし、担い手不足や国産材利用の低迷など、森林や山村の抱える課題はまだまだ解決されず山積みのままです。

 

そんな中、森を守る活動と若者を育てる「緑の少年団」という団体があります。全国3536団体、約33万人と大変大きく、昭和35年より続く歴史のある団体です。

 

とはいえ、活動に参加する子供たちは減少し、森への関心が薄れつつあることを大変危惧しています。

 

そこで今一度、日本の森を取り巻く現状、環境教育活動やそれに関係した活動などについて国土緑化推進機構の箕輪さんから話題提供を頂き、日本の森と子供たちの未来についてみんなで考えましょう。

 

 

ナバ

[みのわ・わかな]

公益社団法人 国土緑化推進機構 基金管理部 もりのくに・にっぽん運動事務局 全国緑の少年団連盟事務局

東京生まれ。熱帯雨林の神秘に魅了され、世界の森林の保護保全に関心を抱き育つ。 2001年大学卒業後、「経営者である前に林業家である」の言葉に導かれ、広島の木質建材メーカー入社、東京支店勤務。より山村に密着した仕事を求め、2006年現職場に転職。森林セラピー、森づくりコミッション、フォレストサポーターズ 等の事業立ち上げ・推進に携わる。情報部、政策企画部、総務部を経て、2014年2月から現部署。「緑と水の森林ファンド」を活用した普及広報事業のほか、「聞き書き甲子園」や「学校林」「緑の少年団」など、森林・山村と青少年を繋ぐ事業を担当。

 

 

ナバ

[はぎわら・なば・ゆうさく]

1971年埼玉県生まれ。慶應義塾大学経済学部卒業。二十歳のときに、日本のインタープリターの父・小林毅氏に出会って以来、国内外で自然の面白さ、素晴らしさを伝える人=インタープリターとして幼児から大人を相手に様々な環境教育プログラムを展開。99年からは日本、タンザニア、オーストラリアを舞台に自然番組(ドキュメンタリー)制作に携わる。その後、オーストラリアのタスマニア島でエコツアーガイドとして永遠に暮らす予定でいたが、日本でインタープリターを養成する学校が岐阜県にできたことを知り、急遽帰国し、環境教育コースの講師となり、たくさんの学生にインタープリテーションを教えている。2009年、野外自主保育「森のだんごむし」設立、2012年「みのプレーパーク」設立の仕掛け人。

岐阜県立森林文化アカデミー 講師]

 

エコセンProject04

 

■開催の様子■

今年から緑の少年団の担当に配属された箕輪さん。せっかく続いてきた緑の少年団をよりよく、多くの子供たちに体験しもらいたいと皆さんに投げかけました。

 

みんなで案を出し合いました。

 

岐阜県立森林文化アカデミーの萩原ナバさんのファシリテーションで、意見交換をしました。非常に多くの意見をいただくことができました。

 

★エコツアーカフェTOKYO★

少年団よ、大木を抱け。  日本の森と緑の少年団の未来を考える

 

【ゲストスピーカー】箕輪和香奈氏(公益社団法人 国土緑化推進機構)

【日時】2014年6月30日(月)19:00-20:30

【参加費】500円(飲み物付)

【場所】モンベルクラブ 渋谷店 5F

    東京都渋谷区宇田川町11番5号 モンベル渋谷ビル

    *モンベルクラブ 渋谷店は渋谷東急ハンズ向かいにあります。

 


より大きな地図で エコツアーカフェTOKYOを見る

 

【お問い合わせ】日本エコツーリズムセンター

TEL:03-5834-7966 FAX:03-5834-7972

【お申込み】下記のお申込みフォームまたは電話、ファックスでお名前、メールアドレス、ご連絡先電話番号を日本エコツーリズムセンター事務局にお知らせください。エコツアーカフェ終了後は食事をしながらの懇親会もあります(実費)。

 

Share/Bookmark