エコセン

 

「教育と刃物」セミナー報告

 

The World Travel & Tourism Council

Google

WWW を検索

エコセンの中を検索

連続セミナー「災害と減災」をベースにしたエコセン前代表広瀬敏通氏の新刊です!

災害を
生き抜く

申込受付中!
野生動物インタープリター

獣害対策や地域活性化を推進する人に!

野生動物インタープリター




自然学校「エネルギー・プログラム」アイデア集

身近な自然資源からエネルギーを自給!

自然学校「エネルギー・プログラム」アイデア集

フクシマBOOK

マスメディアからは聞こえない原発被害・福島の声!

フクシマBOOK




地域を元気にする地元学

地域活性化のヒントと実例がここにある。エコセンブックレット誕生!

地域を元気にする地元学

災害を生き抜く

エコセン連続セミナー「災害と減災」をベースにした前代表広瀬敏通氏の渾身の書

災害を生き抜く



RQ災害教育センター
地球環境基金
Share/Bookmark
エコツアーカフェ

エコツアーカフェTOKYO

濁川孝志
中澤朋代
中村功芳
塚原俊也
松田佳代
渋澤寿一
橋谷晃
荒井一洋
八木和美
進士徹・伊藤千陽・伊勢野大吾
遠藤隼
興膳健太
李妍焱
高田研
森 由美
大嶽 隆
水出正
伊藤聡
鹿熊勤
大浦佳代
嵯峨創平
吉田直哉
森高一・中西紹一
加藤大吾
森美文
岸卓巨
箕輪和香奈
山本かおり
朱惠雯
藤原誉
吉田直哉・輪
萩原・ナバ・裕作
森高一
林浩二
れいほく田舎暮らしネットワーク/川村幸司・野田由美子・佐藤恵
河崎清美
檀野清司
津田和英
村上千里
宮村知行
中西紹一
荒井裕二
伊藤弘晃
牧野佳奈子
瀬戸山美智子
兼松佳宏
広瀬敏通・山中俊幸・中垣真紀子
スパイダー 蜘瀧仙人
梅崎靖志
辻英之
高倉弘二/藤木勇光
虎谷健
竹盛窪・石田奈津子
進士徹
山本隆太
大沢夕志氏・大沢啓子
田儀/小林毅
浅子智昭
山田俊行
齋藤真一郎
近藤純夫
岡田充弘
山田淳
伊東久枝
栗栖浩司
朝倉裕
李妍焱
清家敬太郎
星川淳
山田淳
佐々木拓史
小西貴士
嵯峨創平
高田研
辰野勇
西直人
小林美智子
粕谷芳則
北川健司
大社充
木邑優子
桜井義維英
浜谷修三
萩原章史
尾崎煙雄
小林/ブラウン
古瀬浩史
佐々木豊志
中野民夫
三好直子
江崎絢子
萩原裕作
上田英司
鹿熊 勤
中林裕貴
広瀬敏通

[2015.4.23]エコツアーカフェTOKYO78

縄文は生きている!

現代に受け継がれる狩猟・漁撈・採集文化と暮らしの思想

「動植物は生きるための糧。だから取りすぎを戒め分かち合う」。自然に寄り添うように暮らしてきた地方の古老は、都市型ライフスタイルに染まった私たちとは大きく異なる自然観を持っています。どんぐり食の習慣や、各種の狩猟漁撈、蜂遊びなどを例に、今もかろうじて残る列島文化の基層を旅してみましょう。土器や遺跡ではない“縄文”の話です。

 

自然から食べものを得る「狩猟」「漁撈」「採集」は、日本型アウトドア・ライフの骨格をなすアクティビティです。

 

その技術や文化的源流は縄文時代まで遡ることができます。春の風物詩として親しまれる潮干狩りや芹摘み・土筆摘みも、いわば縄文の残景です。

地方の高齢者の中には、今も山や川、海から日々の糧を得ている人がいます。戦時中の極限的な飢えを、渋いドングリや有毒のソテツの実でしのいだ人もいます。彼ら彼女たちは、エコロジーやサステイナブルといった難しい言葉は知りませんが、動植物相互の複雑な関係性や気象や海象と月周期の連動など、自然のメカニズムに精通しています。いつ、どのようにすれば効率よく捕獲や採取ができるかという技術を持つだけでなく、自然の恵みを持続的に共有するための掟や、限りある自然資源をシェアする交換経済的な知恵も継承してきました。

こうしたネイティブ・ジャパニーズともいうべき人たちが自然に向けるまなざしは、右手で壊した自然を左手で直そうとしている、自称“環境の世紀”に暮らす私たちとは違います。動植物は命をつなぐ大切な糧であり、その捕獲や採取は人生を謳歌するための遊びでもあります。利用対象だという意識があるからこそ、彼らは自然を敬います。

 

今回は、奄美・熊野を中心としたフィールドワークの集大成 『糧は野に在り 現代に息づく縄文的生活技術』(農文協刊)に収録した、救荒食文化、ハブ捕り人、マングローブの漁、イノシシと犬、蜂遊び(二ホンミツバチ、クロスズメバチ)といった例をもとに、縄文が残したソフトとしてのDNAについて考えます。

 

 

 

 

かくまつとむ

[かくま・つとむ]

[自然系ジャーナリスト]

1960年茨城県生まれ。編集者を経てフリー・ジャーナリスト。自然と人間の関係性を軸に、農山漁村の生活文化、職人の手わざ、地域活性、農業問題、生物多様性、自然教育などの分野で取材・提言活動を続ける。立教大学・同大学院兼任講師。日本エコツーリズムセンター理事。エコセン連続セミナー「教育と刃物」ではコーディネーターを務める。著書・聞き書きに『仁淀川漁師秘伝』『木を読む』『鍛冶屋の教え』『日本鍛冶紀行』『はたらく刃物』『江戸和竿職人歴史と技を語る』『紀州備長炭に生きる』『野山の名人秘伝帳』など。趣味は食べる釣り全般、山菜・きのこ採り、野菜づくり、など。最近わな免許を取得。

 

 

★エコツアーカフェTOKYO★

縄文は生きている!

現代に受け継がれる狩猟・漁撈・採集文化と暮らしの思想

 

【ゲストスピーカー】鹿熊 勤氏(自然系ジャーナリスト)

【日時】2015年4月23日(木)19:00-20:30

【参加費】500円(飲み物付)

【場所】モンベルクラブ 渋谷店 5F

    東京都渋谷区宇田川町11番5号 モンベル渋谷ビル

    *モンベルクラブ 渋谷店は渋谷東急ハンズ向かいにあります。

 


より大きな地図で エコツアーカフェTOKYOを見る

【お問い合わせ】日本エコツーリズムセンター

TEL:03-5834-7966 FAX:03-5834-7972

【お申込み】下記のお申込みフォームまたは電話、ファックスでお名前、メールアドレス、ご連絡先電話番号を日本エコツーリズムセンター事務局にお知らせください。エコツアーカフェ終了後は食事をしながらの懇親会もあります(実費)。

 

Share/Bookmark

 


▲TOP | 問い合わせ