エコセン

 

「教育と刃物」セミナー報告

 

The World Travel & Tourism Council

Google

WWW を検索

エコセンの中を検索

連続セミナー「災害と減災」をベースにしたエコセン前代表広瀬敏通氏の新刊です!

災害を
生き抜く

申込受付中!
野生動物インタープリター

獣害対策や地域活性化を推進する人に!

野生動物インタープリター




自然学校「エネルギー・プログラム」アイデア集

身近な自然資源からエネルギーを自給!

自然学校「エネルギー・プログラム」アイデア集

フクシマBOOK

マスメディアからは聞こえない原発被害・福島の声!

フクシマBOOK




地域を元気にする地元学

地域活性化のヒントと実例がここにある。エコセンブックレット誕生!

地域を元気にする地元学

災害を生き抜く

エコセン連続セミナー「災害と減災」をベースにした前代表広瀬敏通氏の渾身の書

災害を生き抜く



RQ災害教育センター
地球環境基金
Share/Bookmark
エコツアーカフェ

エコツアーカフェTOKYO

中澤朋代
中村功芳
塚原俊也
松田佳代
渋澤寿一
橋谷晃
荒井一洋
八木和美
進士徹・伊藤千陽・伊勢野大吾
遠藤隼
興膳健太
李妍焱
高田研
森 由美
大嶽 隆
水出正
伊藤聡
鹿熊勤
大浦佳代
嵯峨創平
吉田直哉
森高一・中西紹一
加藤大吾
森美文
岸卓巨
箕輪和香奈
山本かおり
朱惠雯
藤原誉
吉田直哉・輪
萩原・ナバ・裕作
森高一
林浩二
れいほく田舎暮らしネットワーク/川村幸司・野田由美子・佐藤恵
河崎清美
檀野清司
津田和英
村上千里
宮村知行
中西紹一
荒井裕二
伊藤弘晃
牧野佳奈子
瀬戸山美智子
兼松佳宏
広瀬敏通・山中俊幸・中垣真紀子
スパイダー 蜘瀧仙人
梅崎靖志
辻英之
高倉弘二/藤木勇光
虎谷健
竹盛窪・石田奈津子
進士徹
山本隆太
大沢夕志氏・大沢啓子
田儀/小林毅
浅子智昭
山田俊行
齋藤真一郎
近藤純夫
岡田充弘
山田淳
伊東久枝
栗栖浩司
朝倉裕
李妍焱
清家敬太郎
星川淳
山田淳
佐々木拓史
小西貴士
嵯峨創平
高田研
辰野勇
西直人
小林美智子
粕谷芳則
北川健司
大社充
木邑優子
桜井義維英
浜谷修三
萩原章史
尾崎煙雄
小林/ブラウン
古瀬浩史
佐々木豊志
中野民夫
三好直子
江崎絢子
萩原裕作
上田英司
鹿熊 勤
中林裕貴
広瀬敏通
cafeblock/null.gif

[2012.2.2]エコツアーカフェTOKYO43

渋谷モンベルにて開催

笑顔と元気を応援したい 生き抜く力を伝えたい

ふくしまキッズ-子ども親善大使

原発事故の影響でのびのびと遊ぶことができない福島の子ども達を、北海道など離れた地域へ野外活動に送り出す「ふくしまキッズ」プロジェクト。我慢の生活から抜け出し、笑顔と元気を取り戻した子どもたちの声を、プロジェクト実行委員長の進士さんに届けていただきます。

「ふくしまキッズ」は、原発事故により子ども達の野外での活動が極端に制限される中で、少しでも笑顔と元気を応援したい、と結成したプロジェクトです。多くの支援が集まり、夏休みに500人が、冬休みには188人の子ども達が参加。北海道、横浜・三浦、愛媛など全国で活動して、笑顔と元気を回復できました。

参加した子はみんな「親書」をしたため、受け入れ地にやって来ました。福島での暮らしがどれほど我慢の連続であるか-という心の叫び。感謝の気持ちと普通の生活が一番という幸福をかみしめる実感のこもった声。それらはなお、「福島の子どもたちには、生き抜く力が必要だ」と伝えてくれます。

子ども達が心豊かな青年、大人になるための活動です。同時に子どもの命を優先する社会の第一歩です。

都心からIターンの地に福島県・阿武隈地方を選んで約四半世紀、ふくしまと子どもたちを見つめ続け、今厳しい状況にある“ふくしまキッズ”の成長を見守る進士徹さんに福島からの声を届けていただきます。

ご参加お待ちしております。

 

【しんし・とおる】31歳で生まれ育った東京を離れ、福島県鮫川村に移住。1995年「土、自然から学び共に生きよう」をテーマに自然体験学校を主宰。農山村の生活体験をプログラム化し、地域と連携して都市との交流事業に取り組む。2003年NPO法人あぶくまエヌエスネット設立。第2回オーライ!ニッポン大賞ライフスタイル賞受賞。福島県ツーリズムガイド連絡協議会会長。 2011年3月11日の東日本大震災発生と原発事故発生を受け、福島の子どもを守ろうプログラム実行委員会の委員長となり、福島県に住む子どもたちが伸び伸びした時間を過ごしてもらえる「ふくしまキッズ夏季林間学校・冬のプログラム」を実施した。

エコセンProject04

 

■開催レポート■

会場には40人もの人が集まりました。

ふくしまキッズに関わった人から、災害ボランティアで宮城へは行ったけど、福島には行ったことがない人、福島出身で都内に住んでいる方、これまで福島に縁もゆかりもなかった学生などが、今、福島の子どもたちがおかれている状況と、その現状に正面から立ち向かっている「ふくしまキッズ」プロジェクトのことを知りたい、という気持ちで、進士さんの声に耳を傾けました。

 

進士さんは、四半世紀前に東京から移住したIターン者でした。設立した“あぶくまエヌエスネット”では、子どもたちに自然と触れ合える体験活動を多く提供してきました。しかし、そこに昨年の大地震と大津波そして原子力発電所の爆発による放射線の恐怖が襲いかかり、生活がままならず、活動プログラムの休止にも追い込まれました。

そんな中でも活動を切りかえ、原発事故により子ども達の野外での活動が極端に制限される中で、少しでも笑顔と元気を応援したい、と「ふくしまキッズ」プロジェクトを結成しました。

夏休みと冬休みに北海道、横浜・三浦、愛媛などの全国で、ふくしまキッズは活動し、子どもたちは太陽の下で、海で遊びました。

一日でも線量の少ないところに行ってほしい!という、お父さんお母さんの願いから、たくさんの反響がありました。次第に支援の輪が広がり、待機状態だった子たちも参加できるようになっていきました。

 

子どもたちは、ここで「思い切り遊ぶ」だけではなく、各地で新しい友だちを増やしました。

 

みかん狩りをしたり、海で泳いだり、地元の人と一緒にお祭りでお神輿をかついだり、外での遊びを楽しみました。

 

ふくしまキッズの子どもは各地へ行く際に“親書”を書いています。彼らが毎日福島でどのような生活をしているか。日常への不安、友だちと離れてしまった悲しみなどが子どもらしく書かれていました。

自宅へ帰る前の日に書いてもらった作文もあります。

「あきらめない」「愛媛でいっぱい遊んだ分、がまんしよう!」と自分への誓いの言葉を力強く書いてくれた子どもたち。生き抜く力、あきらめない心…。そこには、仲間や自分を受け入れてくれた町の人々との数日間を経た成長の跡が見られます。

 

これからも資金面などクリアしなければならない課題がたくさんあります。でも、今夜ここに集まった人たちは進士さんの報告を聞いて、「これから自分たちに何ができるだろう」と考え始めました。それが支援の第一歩です。

 

また春のプログラムに向けて始動した「ふくしまキッズ」。今度はどのような笑顔が、絆が生まれるでしょうか。

 

参 加 者 の 声
  • 何にも知らなかったので驚きの連続でした。実は軽くショックでした。素晴らしい活動だと思います。

     

  • 震災後の支援活動と子供達の様子が良く分かりました。笑顔、作文が印象的。

     

  • 一つの活動を立ち上げることの大変さを改めて思いました。そのためになかなか行動をおこせないのですが「つながり」が道を作ってくれるのかな?!

     

  • 途中からの参加でしたが子供への支援に焦点をあてた話を聞き、自分たちの活動と重なり改めて心のケアの大切さ、体験の大切さを感じました。子供たちの笑顔が印象的でした。

     

  • 日本を元気にしていきたいと思いました。いろんな活動がありますが私も本当に原因は同じだと思いました。個人や組織が繋がることが大事です。

     

  • 熱い思いが短時間で具体的に結実してて本当にすごいと思いました。連続してゆけるといいなと思いました。私にも手伝えることは?

     

★エコツアーカフェTOKYO★

笑顔と元気を応援したい 生き抜く力を伝えたい

ふくしまキッズー子ども親善大使

 

【ゲストスピーカー】進士 徹氏(NPO法人あぶくまエヌエスネット理事長)

【日時】2012年2月2日(木)19:00-20:30

【参加費】500円(飲み物付)

【場所】モンベルクラブ 渋谷店 5F

    東京都渋谷区宇田川町11番5号 モンベル渋谷ビル

    *モンベルクラブ 渋谷店は渋谷東急ハンズ向かいにあります。

 


より大きな地図で エコツアーカフェTOKYOを見る

 

【お問い合わせ】日本エコツーリズムセンター

  TEL:03-5834-7966 FAX:03-5834-7972

 

Share/Bookmark