エコセン

 

Visit rural areas involved in NIPPON GREEN TOURISM
「教育と刃物」セミナー報告

 

Google

WWW を検索

エコセンの中を検索

連続セミナー「災害と減災」をベースにしたエコセン前代表広瀬敏通氏の新刊です!

災害を
生き抜く

申込受付中!
野生動物インタープリター

獣害対策や地域活性化を推進する人に!

野生動物インタープリター




自然学校「エネルギー・プログラム」アイデア集

身近な自然資源からエネルギーを自給!

自然学校「エネルギー・プログラム」アイデア集

フクシマBOOK

マスメディアからは聞こえない原発被害・福島の声!

フクシマBOOK




地域を元気にする地元学

地域活性化のヒントと実例がここにある。エコセンブックレット誕生!

地域を元気にする地元学

災害を生き抜く

エコセン連続セミナー「災害と減災」をベースにした前代表広瀬敏通氏の渾身の書

災害を生き抜く



RQ災害教育センター
地域おこし協力隊(旧田舎で働き隊)
地球環境基金
Share/Bookmark
エコツアーカフェ

エコツアーカフェTOKYO

橋谷晃
荒井一洋
八木和美
進士徹・伊藤千陽・伊勢野大吾
遠藤隼
興膳健太
李妍焱
高田研
森 由美
大嶽 隆
水出正
伊藤聡
鹿熊勤
大浦佳代
嵯峨創平
吉田直哉
森高一・中西紹一
加藤大吾
森美文
岸卓巨
箕輪和香奈
山本かおり
朱惠雯
藤原誉
吉田直哉・輪
萩原・ナバ・裕作
森高一
林浩二
れいほく田舎暮らしネットワーク/川村幸司・野田由美子・佐藤恵
河崎清美
檀野清司
津田和英
村上千里
宮村知行
中西紹一
荒井裕二
伊藤弘晃
牧野佳奈子
瀬戸山美智子
兼松佳宏
広瀬敏通・山中俊幸・中垣真紀子
スパイダー 蜘瀧仙人
梅崎靖志
辻英之
高倉弘二/藤木勇光
虎谷健
竹盛窪・石田奈津子
進士徹
山本隆太
大沢夕志氏・大沢啓子
田儀/小林毅
浅子智昭
山田俊行
齋藤真一郎
近藤純夫
岡田充弘
山田淳
伊東久枝
栗栖浩司
朝倉裕
李妍焱
清家敬太郎
星川淳
山田淳
佐々木拓史
小西貴士
嵯峨創平
高田研
辰野勇
西直人
小林美智子
粕谷芳則
北川健司
大社充
木邑優子
桜井義維英
浜谷修三
萩原章史
尾崎煙雄
小林/ブラウン
古瀬浩史
佐々木豊志
中野民夫
三好直子
江崎絢子
萩原裕作
上田英司
鹿熊 勤
中林裕貴
広瀬敏通

[2012.08.07]エコツアーカフェTOKYO49

東北復興応援エコツアーカフェ

真夏のスパイダー作戦

三陸の伝統に 生き抜くチカラを学べ!!

東日本大震災で大きな打撃を受けた宮城の漁村・歌津(うたつ)に伝わる自然を活かす知恵を「生き抜く」チカラに!子どもたちと一緒に学ぶスパイダー氏が、被災した町での取り組みを語る。

 

東日本大震災で大きな打撃を受けた、宮城県南三陸町の小さな漁村・歌津(うたつ)。三陸リアス式海岸が育んだ海と里山が一体となったこの町に脈々と流れる生き抜く知恵と助け合いが、電気・ガス・水道・交通が寸断された震災時も役立ったといいます。

 

ライフラインのない環境、厳冬を乗り越え、子どもたちと自然の中で生き抜く知恵を身につける“てんぐのヤマ学校”を主宰する蜘瀧 仙人氏(通称スパイダー)をゲストに迎えます。歌津町の伝統と文化、震災前には縁もゆかりもなかった被災地へ移り住んだ経緯、地元の子どもにも人気のヤマ学校の活動、祭りや文化の復興、地元で受け入れられることで次第に増えていった仲間たちなど。この一年を振り返りながら、この夏展開される作戦や東北のこれからを語ります。

 

この夏、スパイダー氏はてんぐのヤマ学校で、ある作戦を実施する。古道をたどって高台の道を探検し、自然遊びを通して子どもたちが避難路を覚える。森に分け入り、ライフラインもない、炊事道具もない、そこにあるモノを工夫してサバイバルする野営。将来経験するかもしれない大災害をシミュレーションしながら、自分の頭で考え、みんなで工夫し、生き抜く実体験をするヤマごと防災訓練のような斬新なキャンプです。

 

被災地での試みが、現代の私たちに問いかけるものとは。

■開催レポート■

 

東日本大震災で大きな打撃を受けた、宮城県南三陸町の小さな地域、歌津(うたつ)で “てんぐのヤマ学校”を主宰する蜘瀧仙人氏(通称スパイダー)。作務衣に足袋、手甲に手ぬぐいの姿は忍者かヌシか!?と、思いきや、実は震災前まで東京で蜘蛛の研究とビオトープ管理士をしていたのでした。

 

震災直後、居ても立ってもいられなかったスパイダー氏はRQ※市民災害救援センター http://www.rq-center.net/ に参加し、RQ歌津センターに入ることとなった。被災状況下そのままの暮らしがあった歌津は、電気はソーラーパネルでまかない、水も給水車、家はテントとサバイバル生活だった。

 

サバイバル生活の中、またいずれ来てしまう自然災害に備えるためにスパイダー氏は「次世代の子どもたちに生きるライフラインとは何かを教えることが大切だ」と考えた。それは、災害時に助けてくれるのはお金では決してなく、火を熾す術、水を得る術、保存食、人との協力関係だということが身に染みたからだ。そして、自然の中で自由に遊びながら子ども自ら工夫するすべを学んでいた普遍的な遊び“ヤマ学校”を復活させることにした。

ヤマ学校とは・・プログラムの中の遊びではなく、子どもたちが自由に遊びを作り、時に友達と学校をズル休みして、山でかくれんぼしたり、魚を捕ったりして遊ぶことを昔歌津では『ヤマ学校する』といいました。ケガなどの失敗から学ぶことも特徴。

 

歌津の地域は山と海が近かった為、山と海の両方の知恵や伝統が残っていた。そこでスパイダー氏は、伝統の遊びや、祭り、古道などにも着目し、次々とヤマ学校に取り入れ、子どもたちに伝えていく活動も展開していった。 

 

冬を迎えようとした時「あんたね!雪が降ったときに私たちの本当の気持ちが分かるのよ!」地域の漁師のお母さんに言われたことがサバイバル心を更に燃え上がらせたという。現代にはストーブや防寒服など便利で高価な品物が数々あるが、昔の家はみな隙間風が入り、寝息で布団が凍ったというが、それでも生きていた。それは、山や海の幸をきちんと食べ、自然の流れに沿った生活をしていたからに他ならなかった。スパイダー氏もそれに習い、生活を始める。すると、自然と体が順応し、厳しい歌津の冬を越すことが出来たのだった。

 

「“ごっこ”も本気でやると本物になる」とスパイダー氏。津波直後、三嶋神社の大祭が開催できず、オモチャのようなお神輿で子供達とお祭りごっこを開催した。だが、その時の子ども達の“ごっこ”はとても素晴らしく、祭りの所作や決まりごとを見事に再現し切ったのだと言う。それを見たスパイダーや地域の大人たちにも熱が入り、震災の年にはできなかった祭りを今年は復活。そこにも、子どもたちとスパイダー氏は手作りの子供神輿で参加。歌津の地域が大変盛り上がったそうです。

 他にも、古道の冒険や、シロウオ祭りの復活、ワイルドキャンプなど次々と企画実行するてんぐのヤマ学校の活動。これからも、ヤマ学校と共とスパイダー氏は歌津の子どもたちの未来に繋がるよう、活躍を続けています。今後の活動はホームページでチェック!http://utatsu.blogspot.jp/

RQでの紹介http://www.rq-center.net/aboutvol/experience/obog_spyder

 

参 加 者 の 声
  • 被災地での子どもたちとの交流の話はとても興味深かったです。先人の知恵の大切さを知りました。

     

  • 「自然は危険であり、どう付き合うか?管理するのでは無い」という言葉、ありがとうございました。

     

  • スパイダーさんがんばってください。応援しています。

     

    これからの歌津についても、また聞かせてほしいと思います。また、他の現地で活動している方についての紹介も興味を持ちました。
     

     

  • キャンプに参加したことがなかったので、どんな活動なのか等具体的なお話を聞くことができよかったです。

     

  • 縁もゆかりもない町で地元の人と活動するなかでの苦労はなかったかという質問に、「お前よそもんなんだから」と忠告してくれる人がいて、頼ると「しゃーねーな」と協力してくれる人がいるというお話に、スパイダーさんの人柄を見た気がします。それから挫けず活動を続けている原動力は「やっぱり子ども」と仰っていたのも印象的でした。「歌津の子どもが『こんな何もない町離れたい』って言っちゃったらオシマイ」。ほんとそうですね。がんばってください。

     

     

    【くもたき・のりと】2011年3月11日の東日本大震災を受けて、RQ市民災害センターのいち拠点・歌津センター(宮城県南三陸旧歌津町)前の隠れ谷「さえずりの谷」に夏から住居をうつし、越冬。被災地型自然学校「てんぐのヤマ学校」を主宰し、歌津に伝わる自然を活かす伝統文化や遊びを通して学んでいく活動を展開中。もとは蜘蛛の研究者で、日本蜘蛛学会自然保護特別委員。ビオトープ管理士。岩手県和算研究会員。

     

    参考: てんぐのヤマ学校

    協力: 一般社団法人RQ災害教育センター

     

エコセンProject04

 

 

 

 

 

☆エコツアーカフェTOKYO☆

 

★真夏のスパイダー作戦★

三陸の伝統に 生き抜くチカラを学べ!!

 

【ゲストスピーカー】蜘瀧仙人氏(てんぐのヤマ学校 代表)

【日時】2012年8月7日(火)19:00-20:30

【参加費】500円(飲み物付)

【場所】日本エコツーリズムセンター事務所

東京都荒川区西日暮里5-38-5

 

日本エコツーリズムセンター地図


より大きな地図で 日本エコツーリズムセンター を表示

 

【お問い合わせ】日本エコツーリズムセンター

  TEL:03-5834-7966 FAX:03-5834-7972

【協力】一般社団法人RQ災害教育センター

 

 

Share/Bookmark

 


▲TOP | 問い合わせ