エコセン

 

「教育と刃物」セミナー報告

 

The World Travel & Tourism Council

Google

WWW を検索

エコセンの中を検索

連続セミナー「災害と減災」をベースにしたエコセン前代表広瀬敏通氏の新刊です!

災害を
生き抜く

申込受付中!
野生動物インタープリター

獣害対策や地域活性化を推進する人に!

野生動物インタープリター




自然学校「エネルギー・プログラム」アイデア集

身近な自然資源からエネルギーを自給!

自然学校「エネルギー・プログラム」アイデア集

フクシマBOOK

マスメディアからは聞こえない原発被害・福島の声!

フクシマBOOK




地域を元気にする地元学

地域活性化のヒントと実例がここにある。エコセンブックレット誕生!

地域を元気にする地元学

災害を生き抜く

エコセン連続セミナー「災害と減災」をベースにした前代表広瀬敏通氏の渾身の書

災害を生き抜く



RQ災害教育センター
地球環境基金
Share/Bookmark
エコツアーカフェ

エコツアーカフェTOKYO

中澤朋代
中村功芳
塚原俊也
松田佳代
渋澤寿一
橋谷晃
荒井一洋
八木和美
進士徹・伊藤千陽・伊勢野大吾
遠藤隼
興膳健太
李妍焱
高田研
森 由美
大嶽 隆
水出正
伊藤聡
鹿熊勤
大浦佳代
嵯峨創平
吉田直哉
森高一・中西紹一
加藤大吾
森美文
岸卓巨
箕輪和香奈
山本かおり
朱惠雯
藤原誉
吉田直哉・輪
萩原・ナバ・裕作
森高一
林浩二
れいほく田舎暮らしネットワーク/川村幸司・野田由美子・佐藤恵
河崎清美
檀野清司
津田和英
村上千里
宮村知行
中西紹一
荒井裕二
伊藤弘晃
牧野佳奈子
瀬戸山美智子
兼松佳宏
広瀬敏通・山中俊幸・中垣真紀子
スパイダー 蜘瀧仙人
梅崎靖志
辻英之
高倉弘二/藤木勇光
虎谷健
竹盛窪・石田奈津子
進士徹
山本隆太
大沢夕志氏・大沢啓子
田儀/小林毅
浅子智昭
山田俊行
齋藤真一郎
近藤純夫
岡田充弘
山田淳
伊東久枝
栗栖浩司
朝倉裕
李妍焱
清家敬太郎
星川淳
山田淳
佐々木拓史
小西貴士
嵯峨創平
高田研
辰野勇
西直人
小林美智子
粕谷芳則
北川健司
大社充
木邑優子
桜井義維英
浜谷修三
萩原章史
尾崎煙雄
小林/ブラウン
古瀬浩史
佐々木豊志
中野民夫
三好直子
江崎絢子
萩原裕作
上田英司
鹿熊 勤
中林裕貴
広瀬敏通
cafeblock/null.gif

[2013.1.22]エコツアーカフェTOKYO53

若くして活躍している人の話が聴きたい! 第3弾

今回は下町の文化発信スポット・谷根千で☆

アジアのこどものつなげ方

 ~“Kid’S AUキャンプ”の新しい可能性

“アジア”と一口にいっても、顔は似ているけど、文化が違う、言葉、習慣、考え方が違う...。多様なアジアがつながる“Kid’S AUキャンプ”で活躍する牧野佳奈子さんにアジアの可能性や未来を語ってもらいます。

 

cafe/tokyo/tk53_6.jpgcafe/tokyo/tk53_4.jpgcafe/tokyo/tk53_5.jpg

「言葉は通じないけど、いろんな人がいるなあ」。

キャンプを経て自国に帰るこどもがつぶやいたひと言です。

“Kid’S AUキャンプ”は、「アジアを舞台にこどもたちの原体験をつくる」多国籍キャンプです。

言葉が通じない中、衣食住をともにすることでお互いを理解し、一緒に遊ぶことで「違いは豊かさ」であることを肌で学んでいく活動です。大人には見えない、こども同士が作っていく未来がそこには垣間見えます。

 

農学部卒業後、テレビ局記者を経て世界一周し、帰国後フリーのフォト・ビデオライターになった牧野佳奈子さん。RQ市民災害救援センターやスタディツアーのコーディネートをする傍ら、アジアを舞台に“Kid’S AUキャンプ”を行う牧野さんに、アジアの可能性や未来を語ってもらいます。

 

[まきの・かなこ]

福井県出身。農学部卒業後にドキュメンタリー写真を学び、Uターンして福井テレビ報道部に3年間勤務。その後、ビデオとカメラを両手に抱えて世界一周し、アジアの先住民族の暮らしやゴミ山の貧困問題を取材。現在はフリーランスで撮影の仕事をする傍ら、NGO等のPRビデオ制作を半ボランティアで行う。またNPO法人こどもたちのアジア連合の広報ディレクターとして、新規事業の立ち上げに奮闘中。東日本大震災時にはRQ市民災害救援センタ-の総務やイベントの企画に参加。「若いのに落ち着きがある」「一緒にいるとなんだかで きそうな気がしてくる」という評される、不思議な力を持った女性。

エコセンProject04

 

■開催レポート■

アジアっておもしろいよ、と実感込めて語るのはフリーのフォトライターの牧野佳奈子さん。

アジア放浪後、現在はアジア6カ国(日本、韓国、中国、北朝鮮、ロシア、モンゴル) の子どもたちの交流キャンプ“Kid'sAU”の広報も務める彼女からアジアとつながる可能性を たっぷりと話してもらいました。

 

もともとは、地元・福井でテレビ記者をしていたという牧野さん。 体当たりに取材していくようすは、彼女の生き方を体現しているようでした。

 

その仕事も辞めて、「何をしないうちは死ねないか」と考えたとき、世界一周航空券を手にして 旅に出ようと決める。

どこに行くのか、と考えた彼女の選択は「違法伐採に立ち向かう、ボルネオ島のプナン族に会いに行くこと」だった。

ジャングルをスーパーマーケットと呼び、自給自足をするひとびと。彼らの生活を見て「チープな言葉だけど、日本の原風景だと思った」と何かを掴みかける。

ゴミ山がそびえるフィリピンや、アジア支援NGOのPRビデオを撮るために行ったバングラディッシュでも、好奇心は止まることなく、アジアの多彩さに見せられながら、シャッターを切り続け、カメラを回した。

 

 

「アジアを伝えたい」そんな思いが沸き起こった。でも、その魅力は行ってもらわなきゃ分からないというジレンマを抱えていた。

 

 

そんな中、関わることになったのが“Kid'sAU”キャンプ。広報(後方)担当となり、子どもたちの5日間の様子を記録し、子どもたちにインタビューしていきます。

 

キャンプには勉強ができる子もできない子も、おしゃべりな子もそうじゃない子もみんないっしょに活動する。いろんな人がいてもいい、 いろんな人がいるからおもしろい。居場所が見つかるような感覚がある、という。

そんなキャンプの可能性は、牧野さんがこれまで旅することで感じていた多様性やおもしろさと合致しました。“Kid'sAU”を伝えることが、アジアの多様性を伝えることにつながっていくことに気づいたのです。

昨年夏のモンゴルキャンプでは、子どもたちは乗馬をしたりゲルに泊まったり。

中には、緊張してなかなか異国の子に話しかけられない子どももいるようです。せっかく一緒に活動していても、習慣の違いからケンカになってしまった子どもたちもいました。

しかし、最後のお別れパーティーの時には、号泣する子もいて、それぞれ抱いている気持ちや一歩踏み出した自分との出会いがあるようでした。

 

活動10年を過ぎた“Kid'sAU”の「課題はお金」と現実的な話も。6カ国の国際交流という体験をおもしろいと感じてくれる人が いれば支援者は増えていくのではないかと聞いていて思いました。

 

さて。過去の参加者へのアンケート調査で「“Kid'sAU”に参加して、目の前が開けたみたいだった」と答えた子がいたそうです。

物怖じせず迷いながらも前向きに進んでいく牧野さんに、参加した私たちも、目の前が開けたようなすがすがしさ、あったかさをいただいたエコツアーカフェでした。

 

今回は初めての谷根千・開催。あたたかみのある絵に囲まれ、途中修行僧(?)が通りかかったり、常連の皆さんにも見守られながらいつもとは違う雰囲気。懇親会も盛り上がりました。

 

参 加 者 の 声
  • 実際に諸外国(特にアジア地域)の生活を体験し、その経験を還元する活動を行っている方の話を聞く事ができるということは、私のようにアジアに興味があり何かしたいと考えている者にとってはとても貴重な機会です。ありがとうございました。そして何よりも牧野さんのお話が面白かったです。エコツーリズム自体についても興味が沸きもっと勉強したいと思いました。

     

  • 私は私のままでいい。あなたもあなたのままでいい。人は皆違うけど、違いはすばらしいこと。違いをシェアできる力を育てることは、ひとつの問題に対して、多角的に考え、多角的な解決法を探れる力につながるのではないか。KID’S AUからそういう感じの気付きを得ました。

     

  • カフェで開催されたので、のんびりと拝聴させていただきました。 また、千駄木の町並みも面白く、開催地の町も感じられたのでよかったです。お話は感動しました。 子どもの頃からの経験が世界を変えていくのだと思いました。 この業界に入ってよかったと確信しました。。

     

 

 

 

cafe/tokyo/tk53_7.JPGcafe/tokyo/tk53_8.JPGcafe/tokyo/tk53_9.JPG

東日本大震災後、東北の海の文化を伝えようとビデオ制作プロジェクトも始めています。

 

 

★エコツアーカフェTOKYO★

アジアのこどものつなげ方~“Kid’S AUキャンプ”の新しい可能性

 

【ゲストスピーカー】牧野佳奈子氏(フォトライター)

【日時】2013年1月22日(火)19:00-20:30

【参加費】600円(飲み物付)

【定員】20名

【場所】さんさき坂カフェ

東京都台東区谷中5-4-14

 

さんさき坂カフェ地図

【お問い合わせ】日本エコツーリズムセンター

TEL:03-5834-7966 FAX:03-5834-7972

 

Share/Bookmark

 


▲TOP | 問い合わせ