エコセン

 

「教育と刃物」セミナー報告

 

The World Travel & Tourism Council

Google

WWW を検索

エコセンの中を検索

連続セミナー「災害と減災」をベースにしたエコセン前代表広瀬敏通氏の新刊です!

災害を
生き抜く

申込受付中!
野生動物インタープリター

獣害対策や地域活性化を推進する人に!

野生動物インタープリター




自然学校「エネルギー・プログラム」アイデア集

身近な自然資源からエネルギーを自給!

自然学校「エネルギー・プログラム」アイデア集

フクシマBOOK

マスメディアからは聞こえない原発被害・福島の声!

フクシマBOOK




地域を元気にする地元学

地域活性化のヒントと実例がここにある。エコセンブックレット誕生!

地域を元気にする地元学

災害を生き抜く

エコセン連続セミナー「災害と減災」をベースにした前代表広瀬敏通氏の渾身の書

災害を生き抜く



RQ災害教育センター
地球環境基金
Share/Bookmark
エコツアーカフェ

エコツアーカフェTOKYO

濁川孝志
中澤朋代
中村功芳
塚原俊也
松田佳代
渋澤寿一
橋谷晃
荒井一洋
八木和美
進士徹・伊藤千陽・伊勢野大吾
遠藤隼
興膳健太
李妍焱
高田研
森 由美
大嶽 隆
水出正
伊藤聡
鹿熊勤
大浦佳代
嵯峨創平
吉田直哉
森高一・中西紹一
加藤大吾
森美文
岸卓巨
箕輪和香奈
山本かおり
朱惠雯
藤原誉
吉田直哉・輪
萩原・ナバ・裕作
森高一
林浩二
れいほく田舎暮らしネットワーク/川村幸司・野田由美子・佐藤恵
河崎清美
檀野清司
津田和英
村上千里
宮村知行
中西紹一
荒井裕二
伊藤弘晃
牧野佳奈子
瀬戸山美智子
兼松佳宏
広瀬敏通・山中俊幸・中垣真紀子
スパイダー 蜘瀧仙人
梅崎靖志
辻英之
高倉弘二/藤木勇光
虎谷健
竹盛窪・石田奈津子
進士徹
山本隆太
大沢夕志氏・大沢啓子
田儀/小林毅
浅子智昭
山田俊行
齋藤真一郎
近藤純夫
岡田充弘
山田淳
伊東久枝
栗栖浩司
朝倉裕
李妍焱
清家敬太郎
星川淳
山田淳
佐々木拓史
小西貴士
嵯峨創平
高田研
辰野勇
西直人
小林美智子
粕谷芳則
北川健司
大社充
木邑優子
桜井義維英
浜谷修三
萩原章史
尾崎煙雄
小林/ブラウン
古瀬浩史
佐々木豊志
中野民夫
三好直子
江崎絢子
萩原裕作
上田英司
鹿熊 勤
中林裕貴
広瀬敏通

[2009.12.03]エコツアーカフェTOKYO24

毎月第1木曜日はエコツアーカフェTOKYO

北海道から沖縄まで
まち・むらが博物館「全国エコミュージアム最前線」

ゲスト:日本エコミュージアム研究会事務局長 嵯峨創平氏

建物をつくるのではなく、地域をまるごと博物館としてとらえ、保存・活用していくエコミュージアム。この夏、北海道から沖縄までのエコミュージアムを実際に見てきた日本エコミュージアム研究会事務局長の嵯峨創平氏に、最新情報をご提供いただきます!

日本にエコミュージアムが紹介されてから20年以上がたちます。1970年代初めにフランスで発祥した活動が日本に移入され、多様なエコミュージアムが展開されています。「エコミュージアムは地域の過去と現在をうつす鏡」と言われ、環境学習・環境保全・交流観光などとも深い関わりを持っています。全国各地のエコミュージアムやミュージアム拠点〜北海道アイヌ民族博物館、山形県朝日町、福島県奥会津、山梨県小菅村、三重県宮川流域、兵庫県豊岡市、島根県隠岐の島、愛媛県内子町、宮崎県諸塚村、熊本県水俣市、沖縄県やんばる〜などの動向を写真をまじえてご紹介します。

皆さまのご参加をお待ちしています。

 

【さがそうへい】民間の市場調査会社、地域開発・都市計画・地域振興系のシンクタンク(財)日本地域開発センター研究員を経て、1995年に独立。まちづくり/環境教育/博物館などに関わるフリーランスのプランナー&ファシリテータ-として活動を始める。学生時代から40才頃まで全国の地方都市や農山村を歩き回り、今までに訪れたまちむらは北海道宗谷岬から沖縄県西表島まで47都道府県700ヶ所以上。「環境と開発」の関係や歴史に関心を持つようになり、現在の「エコミュージアム」というテーマに行き着き、その研究と実践をテーマにしたNPO法人「環境文化のための対話研究所」を設立。

エコセンProject04

嵯峨創平

 

エコツアーカフェ東京

 

エコツアーカフェ東京

 

参 加 者 の 声
  • とても充実した内容の話だった。わが街にもエコミュージアムがほしい。敷居の低い案内人をやりたい。
  •  

  • とても興味深く勉強になった。まちミュージアムとエコツーリズムをつなげてはなしてもらったのもよかった。
  •  

  • エコミュージアムが地域をつくり、人がいきいきするのかなと思った。一つの事例をつきつめて紹介してもらうのも聞きたいと思った。
  •  

  • わかりやすく、面白かった。地域を背伸びすることなく、みんなが関わり、元気になるエコミュージアムはとても大切で有効な考え方だと思った。
  •  

  • 久しぶりにエコミュージアムについて話がきけて、なつかしかった。エコツアーの土台となるのがミュージアムだと思う。面白く、いろいろな地域に行ってみたくなった。
  •  

  • エコツアーに参加したこともなく、エコツーリズムについても今回、初めて知る機会だった。食や料理を中心に地方や郷土に関心をもっているが、今後、いろいろ学ぶきっかけとなった。
  •  

  • 初めての参加だったが、地域の土台作りという考えに共感できた。ただ、難しい活動でもあると思う。
  •  

北海道白老町「アイヌ民族博物館」

 

山梨県小菅村「多摩川源流ツアー」

 

愛媛県内子町「村並み博物館」

 

沖縄県国頭村「集落散策ツアー」

 

★エコツアーカフェTOKYO★

北海道から沖縄まで まち・むらが博物館「全国エコミュージアム最前線」

 

【ゲストスピーカー】嵯峨創平氏(日本エコミュージアム研究会(jecoms)事務局長、NPO環境文化のための対話研究所(IDEC)代表)

【日時】2009年12月3日(木)19:00-20:30

【参加費】500円(飲み物付)

【場所】モンベルクラブ 渋谷店 5F

    東京都渋谷区宇田川町11番5号 モンベル渋谷ビル

    *モンベルクラブ 渋谷店は渋谷東急ハンズ向かいにあります。

 


大きな地図で見る

 

【お問い合わせ】日本エコツーリズムセンター

  TEL:03-6457-3952 Fax:03-6457-3951

 

 

Share/Bookmark

 


▲TOP | 問い合わせ