エコセン

 

「教育と刃物」セミナー報告

 

The World Travel & Tourism Council

Google

WWW を検索

エコセンの中を検索

連続セミナー「災害と減災」をベースにしたエコセン前代表広瀬敏通氏の新刊です!

災害を
生き抜く

申込受付中!
野生動物インタープリター

獣害対策や地域活性化を推進する人に!

野生動物インタープリター




自然学校「エネルギー・プログラム」アイデア集

身近な自然資源からエネルギーを自給!

自然学校「エネルギー・プログラム」アイデア集

フクシマBOOK

マスメディアからは聞こえない原発被害・福島の声!

フクシマBOOK




地域を元気にする地元学

地域活性化のヒントと実例がここにある。エコセンブックレット誕生!

地域を元気にする地元学

災害を生き抜く

エコセン連続セミナー「災害と減災」をベースにした前代表広瀬敏通氏の渾身の書

災害を生き抜く



RQ災害教育センター
地球環境基金
Share/Bookmark
エコツアーカフェ

エコツアーカフェTOKYO

濁川孝志
中澤朋代
中村功芳
塚原俊也
松田佳代
渋澤寿一
橋谷晃
荒井一洋
八木和美
進士徹・伊藤千陽・伊勢野大吾
遠藤隼
興膳健太
李妍焱
高田研
森 由美
大嶽 隆
水出正
伊藤聡
鹿熊勤
大浦佳代
嵯峨創平
吉田直哉
森高一・中西紹一
加藤大吾
森美文
岸卓巨
箕輪和香奈
山本かおり
朱惠雯
藤原誉
吉田直哉・輪
萩原・ナバ・裕作
森高一
林浩二
れいほく田舎暮らしネットワーク/川村幸司・野田由美子・佐藤恵
河崎清美
檀野清司
津田和英
村上千里
宮村知行
中西紹一
荒井裕二
伊藤弘晃
牧野佳奈子
瀬戸山美智子
兼松佳宏
広瀬敏通・山中俊幸・中垣真紀子
スパイダー 蜘瀧仙人
梅崎靖志
辻英之
高倉弘二/藤木勇光
虎谷健
竹盛窪・石田奈津子
進士徹
山本隆太
大沢夕志氏・大沢啓子
田儀/小林毅
浅子智昭
山田俊行
齋藤真一郎
近藤純夫
岡田充弘
山田淳
伊東久枝
栗栖浩司
朝倉裕
李妍焱
清家敬太郎
星川淳
山田淳
佐々木拓史
小西貴士
嵯峨創平
高田研
辰野勇
西直人
小林美智子
粕谷芳則
北川健司
大社充
木邑優子
桜井義維英
浜谷修三
萩原章史
尾崎煙雄
小林/ブラウン
古瀬浩史
佐々木豊志
中野民夫
三好直子
江崎絢子
萩原裕作
上田英司
鹿熊 勤
中林裕貴
広瀬敏通

[2010.07.01]エコツアーカフェTOKYO31

毎月第1木曜日はエコツアーカフェTOKYO

生態系復元の切り札?「オオカミ復活」
——赤ずきんちゃん気をつけて。オオカミなんか怖くない

ゲスト:日本オオカミ協会 朝倉 裕氏

「オオカミの復活こそ日本の自然を守る」と語る日本オオカミ協会の朝倉裕さんをゲストに迎えます。

オオカミは怖い生き物ですか?

日本からオオカミがいなくなって約100年。赤ずきんちゃんはオオカミに襲われることなく、安心して森で暮らせるようになったかに見えましたが、今では爆発的に増えたシカに恐怖感を抱いています。草花や稚樹、落ち葉をシカに食べ尽くされた森は、他の野生動物や昆虫が棲めない、多様性の極めて小さい森になりつつあり、生態系全体の危機を招いているからです。

天城山は既に裸の山。南アルプスは麓から3000m付近までシカが登り、尾瀬ヶ原にもシカが進出し始めました。100年前までは共存していたオオカミを日本人が絶滅させてしまったことが、奥山の生態系バランスを崩し、シカの爆発的な増加を許したのです。

「オオカミの復活こそ日本の自然を守る」と語る日本オオカミ協会の朝倉裕さんにその答えを聞いてみましょう。

生態系復元の切り札とも言われる「オオカミの復活」。オオカミの魅力がたっぷりつまった90分です。

エコセンProject04

参 加 者 の 声
  • 知らない世界(オオカミの復活)があることを知り、とてもよかった。
  •  

  • 鹿の被害について初めて知った。
  •  

  • 興味深かった。朝倉さんにぜひ実現してもらいたい。
  •  

  • 大変楽しかった。オオカミ絶滅の理由をもっと科学的に説明してもらいたかった。
  •  

  • 法律規制がないのであればすぐに実行すべきだと思います。環境省にも働きかけるべきです。
  •  

  • オオカミを復活させることに疑問というか不思議をいだいていましたが、今回の話でやってもいいんじゃないかと感じた。
  •  

  • 目からウロコの話だった。地球と人間の関係の奥深さを改めて感じた。
  •  

  • 価値観の相違から日本の生態系への狼の導入は可能性が低いものだと思っていましたが、改めてそのメリットをきいて活動を応援したくなりました。
  •  

  • オオカミを放つという案自体を初めて聞いたので、とても面白かった。
  •  

  • オオカミについてのイメージが変わり、今日聞いた情報を友人や家族にも伝えたい。
  •  

  • 心配だった部分がだいぶわかった。日本の森にオオカミの群れが走るようになったら、すばらしいなあと胸がトキメキます。
  •  

  • オオカミ再導入の重要性がとてもよく分かりました。もし、今後、再導入できる日が来たときのためにシュミレーションができているともっと良いなと思います。

cafe/tokyo/31-001.jpg

 

cafe/tokyo/31-003.jpg

 

cafe/tokyo/31-002.jpg

 

cafe/tokyo/31-004.jpg

 

cafe/tokyo/31-005.jpg

 

cafe/tokyo/31-006.jpg

 

万二郎岳山頂は昔笹薮でまったく展望がききませんでした

 

南アルプスのシカ被害は高山植物だけではありません

 

尾瀬には推定300頭が尾瀬に侵入しています

 

北海道で飼育されているホッキョクオオカミとシンリンオオカミ

撮影:(株)オオカミの森 Howlin'KsNatureSchool 代表 桑原康生(日本オオカミ協会理事)

 

 

 

★エコツアーカフェTOKYO★

生態系復元の切り札?「オオカミ復活」

 

【ゲストスピーカー】朝倉 裕氏(日本オオカミ協会)

【日時】2010年7月1日(木)19:00-20:30

【参加費】500円(飲み物付)

【場所】モンベルクラブ 渋谷店 5F

    東京都渋谷区宇田川町11番5号 モンベル渋谷ビル

    *モンベルクラブ 渋谷店は渋谷東急ハンズ向かいにあります。

 


より大きな地図で エコツアーカフェTOKYOを見る

 

【お問い合わせ】日本エコツーリズムセンター

  TEL:03-6457-3952 Fax:03-6457-3951

 

 

Share/Bookmark

 


▲TOP | 問い合わせ