エコセン

 

「教育と刃物」セミナー報告

 

The World Travel & Tourism Council

Google

WWW を検索

エコセンの中を検索

連続セミナー「災害と減災」をベースにしたエコセン前代表広瀬敏通氏の新刊です!

災害を
生き抜く

申込受付中!
野生動物インタープリター

獣害対策や地域活性化を推進する人に!

野生動物インタープリター




自然学校「エネルギー・プログラム」アイデア集

身近な自然資源からエネルギーを自給!

自然学校「エネルギー・プログラム」アイデア集

フクシマBOOK

マスメディアからは聞こえない原発被害・福島の声!

フクシマBOOK




地域を元気にする地元学

地域活性化のヒントと実例がここにある。エコセンブックレット誕生!

地域を元気にする地元学

災害を生き抜く

エコセン連続セミナー「災害と減災」をベースにした前代表広瀬敏通氏の渾身の書

災害を生き抜く



RQ災害教育センター
地球環境基金
Share/Bookmark
エコツアーカフェ

エコツアーカフェTOKYO

中澤朋代
中村功芳
塚原俊也
松田佳代
渋澤寿一
橋谷晃
荒井一洋
八木和美
進士徹・伊藤千陽・伊勢野大吾
遠藤隼
興膳健太
李妍焱
高田研
森 由美
大嶽 隆
水出正
伊藤聡
鹿熊勤
大浦佳代
嵯峨創平
吉田直哉
森高一・中西紹一
加藤大吾
森美文
岸卓巨
箕輪和香奈
山本かおり
朱惠雯
藤原誉
吉田直哉・輪
萩原・ナバ・裕作
森高一
林浩二
れいほく田舎暮らしネットワーク/川村幸司・野田由美子・佐藤恵
河崎清美
檀野清司
津田和英
村上千里
宮村知行
中西紹一
荒井裕二
伊藤弘晃
牧野佳奈子
瀬戸山美智子
兼松佳宏
広瀬敏通・山中俊幸・中垣真紀子
スパイダー 蜘瀧仙人
梅崎靖志
辻英之
高倉弘二/藤木勇光
虎谷健
竹盛窪・石田奈津子
進士徹
山本隆太
大沢夕志氏・大沢啓子
田儀/小林毅
浅子智昭
山田俊行
齋藤真一郎
近藤純夫
岡田充弘
山田淳
伊東久枝
栗栖浩司
朝倉裕
李妍焱
清家敬太郎
星川淳
山田淳
佐々木拓史
小西貴士
嵯峨創平
高田研
辰野勇
西直人
小林美智子
粕谷芳則
北川健司
大社充
木邑優子
桜井義維英
浜谷修三
萩原章史
尾崎煙雄
小林/ブラウン
古瀬浩史
佐々木豊志
中野民夫
三好直子
江崎絢子
萩原裕作
上田英司
鹿熊 勤
中林裕貴
広瀬敏通
cafeblock/null.gif

[2015.5.28]エコツアーカフェTOKYO79

元気な田舎!がやってくる

釜石でソーシャルビジネス5年目

三陸ひとつなぎ自然学校のこれからを教えて!

ボランティアコーディネートや復興ツーリズムを行ってきた“三陸ひとつなぎ自然学校”は活動開始&起業5年目にして、ボランティア・地元の人・起業家などと一緒に、「地域のために立ち上がり、挑戦する人がおおいまち、釜石」を目指し、新たなステージへと大きく舵を切りました。これまでの苦労や今後の展望などお話を伺います。

岩手県・釜石市には、東日本大震災の復興を担いたいという遠方のボランティアだけでなく、地域の資源や文化、自分の特技や知恵を活かしてプログラムを行う地元の「鉄人」たちがたくさんいます。さらには三陸の魚介や地域に伝わる郷土料理、ジビエ、海や山の景色など、「お宝」もたくさん抱えています。

この春、「Let’s!オラの地域のお宝探し!」として、お宝を体験し、鉄人と交流する「かまとら」(釜石+Try、Travel、虎舞…など)プログラムが実施されました。

 

これらのコーディネート役となっているのが、三陸ひとつなぎ自然学校とその代表の伊藤聡さんです。

伊藤さんは釜石で生まれ育ち、震災発生時は海の見える旅館で番頭をしていました。震災をきっかけに、地域の復旧活動に携わり、ボランティアコーディネートや地域の人々との関係を築く中で、2013年に一般社団法人として団体を立ち上げました。

釜石が好きだという気持ちと、地域内外の人々の支えを糧に、地域復興ツーリズムや子どもたちの体験事業、若者を受け入れ成長につなげるインターンシップなどを復旧・復興につながる活動に取り組んできました。そして立ち上げから団体の基盤ができ、3年目の今年は、「地域のために立ち上がり、挑戦する人がおおいまち、釜石」の実現というコンセプトを打ち出しました。本当の復興には、たくさんの人の力が必要で、そのために、まず地元の人たちに、この地のすばらしさを改めて感じてほしい、との思いが込められています。

実際、「かまとら」は、地元の漁師・猟師さんやお母さん方、震災をきっかけとして釜石に移住したアントレプレナーたちとプログラムを作り上げ、参加した人の中から、新たな挑戦者を発掘しています。3年前、インターンとして地域の団体に派遣された人材会社職員はこの春、新会社を立ち上げるなど、起業も盛んです。

 

2011年の活動開始から、2013年団体立ち上げを経て、5年目。三陸ひとつなぎ自然学校は、社会的企業として、地域を元気にするインキュベーションとして、どのように「鉄人」と「お宝」をつないできたのか。そしてこれから、どのようなことを企画しているのか。復興ボランティアだけでは分からない、釜石の魅力とは何か。

代表の伊藤さんにお越しいただいて、これまでの苦労や今後の展望などお話を伺います。

 

 

 

 

ナバ

[いとう さとし]

一般社団法人三陸ひとつなぎ自然学校 代表理事

釜石生まれの釜石育ち。高校卒業後は一度離れたが、すぐに地元に戻り地域に根差した活動を続ける。 東日本大震災の発生時には、目の前に海を望む旅館で働いており、波に追われる様に逃げた裏山で九死に一生を得る。 その後は旅館の再建と地域の復旧活動に奔走し、活動で得られた様々なご縁や全国から訪れるボランティアの方々、何より地域の方々にお世話になりながら「三陸ひとつなぎ自然学校」を設立。 地元の人間として、これから自分たちが住むまちの未来を思い描きながら活動をしている。

 

 

★エコツアーカフェTOKYO★

釜石でソーシャルビジネス5年目 三陸ひとつなぎ自然学校のこれからを教えて!

 

【ゲストスピーカー】伊藤 聡氏(一般社団法人三陸ひとつなぎ自然学校代表理事

【日時】2015年5月28日(木)19:00-20:30

【参加費】500円(飲み物付)

【場所】日本エコツーリズムセンター事務所

    東京都荒川区西日暮里5-38-5

 

日本エコツーリズムセンター地図


より大きな地図で 日本エコツーリズムセンター を表示

【お問い合わせ】日本エコツーリズムセンター

TEL:03-5834-7966 FAX:03-5834-7972

【お申込み】下記のお申込みフォームまたは電話、ファックスでお名前、メールアドレス、ご連絡先電話番号を日本エコツーリズムセンター事務局にお知らせください。エコツアーカフェ終了後は食事をしながらの懇親会もあります(実費)。

 

Share/Bookmark

 


▲TOP | 問い合わせ