エコセン

 

「教育と刃物」セミナー報告

 

The World Travel & Tourism Council

Google

WWW を検索

エコセンの中を検索

連続セミナー「災害と減災」をベースにしたエコセン前代表広瀬敏通氏の新刊です!

災害を
生き抜く

申込受付中!
野生動物インタープリター

獣害対策や地域活性化を推進する人に!

野生動物インタープリター




自然学校「エネルギー・プログラム」アイデア集

身近な自然資源からエネルギーを自給!

自然学校「エネルギー・プログラム」アイデア集

フクシマBOOK

マスメディアからは聞こえない原発被害・福島の声!

フクシマBOOK




地域を元気にする地元学

地域活性化のヒントと実例がここにある。エコセンブックレット誕生!

地域を元気にする地元学

災害を生き抜く

エコセン連続セミナー「災害と減災」をベースにした前代表広瀬敏通氏の渾身の書

災害を生き抜く



RQ災害教育センター
地球環境基金
Share/Bookmark
エコツアーカフェ

エコツアーカフェ in 神戸

池亀はるみ
池亀はるみ
慈 憲一
出口晴久
永田宏和
小松恒久
福本市好
上田 均
浅野晴良
山納 洋
植田省吾
高見沢清隆
木村太郎
奥谷 崇
荒井 勣
砂川 孝則
鈴木 武
藤本清仁
中野弘巳
畑本真澄
三浦豊
多胡歩未
マスダマキコ
相良育弥
慈憲一
岡田充弘
座安真弓
小林仁
橋本憲一郎
塚本真理
岩野祥子
鈴木曜
小室哲郎
堀越大二郎
松尾由香
小下城民夫
岡田充弘
中川繁
鹿島基彦
伊藤浄真
荒井勣
小野涼子
高山傑
大滝あや
宮道成彦
広瀬敏通
cafeblock/null.gif
cafeblock/null.gif

[2011.11.09]エコツアーカフェ神戸36

★毎月第2水曜日はエコツアーカフェin神戸★

キノコ?キノコ!キノコ♪

 

ゲスト:植田 省吾さん(神戸キノコ観察会リーダー)

 

研究者ではなく、ただただきのこに魅かれ、素人目線でその魅力を追っている植田省吾さんの素朴なきのこばなしです。

 

 

食べる機会は多いけれど、実はあまりよく知らない「きのこ」にスポットライトを当て、その魅力に迫ります。美味しいきのこ、綺麗なきのこ、面白いきのこ、不思議なきのこ、怖いきのこ。そもそも「きのこ」とは? これを聞けば、あとはそれぞれがきのこを好きなように楽しめるようになります。

 

【うえだ しょうご】 神戸キノコ観察会リーダー。1962年大阪生まれ。8年前に子供と近くの里山をハイキング中、道端に巨大なきのこを見つけて「これは何だ!」というのが始まり。子供の夏休みの自由研究できのこを調べている間にはまってしまう。きのこ観察を再度公園で続ける中で集まった13人のメンバーで一昨年春に「神戸キノコ観察会」をスタート。

<神戸キノコ観察会 ウェブサイト>:http://plaza.rakuten.co.jp/shiogahara/

エコセンProject04

 

気になるけれどもよくわからない、きのこのあれこれを、きのこの一観察家である植田省吾さんにお話しいただきました。

 

植田 省吾

 

お子さんと一緒に発見した巨大きのこの正体を調べ始めたのがきっかけで、きのこのおもしろさに目覚め、ついに観察会まで立ち上げてしまったという植田さん。その大きのこの写真に始まり、手書きのきのこ解説図、気になる中毒きのこのデータなど、植田さんがきのこに引き込まれた足跡がわかるようなきのこ話に、最初から会場は釘付けとなりました。

 

きのこランキング

 

映し出される写真は、どれも植田さんのきのこへの優しい目線が表れていて、とてもきれい。また、それを紹介する口調も常に楽しげで、本当にきのこが好きなんだなと いうことが感じられます。その様子に、きのこには調べ込んだ人にしかわからない特別な吸引力があるのかしらなどと思い始めた頃、植田さんが一言。「私がきのこが好きな理由は、造形美です」。素人も玄人もないとてもシンプルな理由にちょっとびっくりしましたが、でもとても納得。改めて見ると、軸とかさとの危ういバランスであったり、色や模様であったり、ひだの透けるような繊細さであったり、と、きのこは全体でもパーツでも美しいのです!

 

きのこスライド

 

更に次々と紹介されるきのこたちの中には、とても意外なものも。例えば、お鍋に欠かせないエノキダケ。あの白さと華奢な姿かたちは、その名も「もやし栽培」のなせる業だとのこと。本家エノキダケは太くて茶色く、野性味たっぷりのたくましいきのこでした。また、よく見るとひだが「ぼんち揚げ」や「うまい棒」そっくりの、スナック系きのこたち、図鑑にも載っていない幻の(?)蛍光緑きのこ、自分の酵素で自分のかさを溶かしてしまう自虐的なきのこ、ヒトヨタケ(の仲間)。人によっては、近寄るだけで負けてしまうような強烈な毒性を持つというカエンダケには、ほんとうに要注意で す。

 

会場の様子

 

お話が終わった後も、植田さんが持って来てくださった本物のきのこに参加の皆さんが集まり、興味津々、おっかなびっくり、触ったりしげしげと眺めたりしていました。きっと皆さん、これからお庭の手入れをするときや森を歩くときには、きのこの姿を求めて目を走らせることでしょう。きのこ好きが、多くのきのこ好きを生んだエコツアーカフェでした。

 

きのこ実物

 

参加者の皆さん

 


参 加 者 の 声
  • たくさんのきのこが見られておもしろかった。
  •  

  • 写真がたくさんあって楽しかった。
  •  

  • 森林浴の際にきのこも探してみようと思う。
  •  

  • きれいな色やはかなげなのは要注意だと知った。
  •  

  • 「カエンダケ」には注意します。

 

 

 

 

 

★エコツアーカフェ in 神戸★

「キノコ?キノコ!キノコ♪」

 

【ゲストスピーカー】植田 省吾さん(神戸キノコ観察会 リーダー)

【日時】2011年11月9日(水)18:30-20:00

【場所】モンベルクラブ 神戸三宮店 2Fサロン

 

 


より大きな地図で エコツアーカフェ in 神戸(モンベルクラブ 神戸三宮店) を表示

 

 

【参加費】500円(飲み物付)

【お問い合わせ】日本エコツーリズムセンター

  TEL:03-5834-7966 FAX:03-5834-7972

 

 


▲TOP | 問い合わせ