エコセン

 

「教育と刃物」セミナー報告

 

The World Travel & Tourism Council

Google

WWW を検索

エコセンの中を検索

連続セミナー「災害と減災」をベースにしたエコセン前代表広瀬敏通氏の新刊です!

災害を
生き抜く

申込受付中!
野生動物インタープリター

獣害対策や地域活性化を推進する人に!

野生動物インタープリター




自然学校「エネルギー・プログラム」アイデア集

身近な自然資源からエネルギーを自給!

自然学校「エネルギー・プログラム」アイデア集

フクシマBOOK

マスメディアからは聞こえない原発被害・福島の声!

フクシマBOOK




地域を元気にする地元学

地域活性化のヒントと実例がここにある。エコセンブックレット誕生!

地域を元気にする地元学

災害を生き抜く

エコセン連続セミナー「災害と減災」をベースにした前代表広瀬敏通氏の渾身の書

災害を生き抜く



RQ災害教育センター
地球環境基金
Share/Bookmark
エコツアーカフェ

エコツアーカフェ in 神戸

池亀はるみ
池亀はるみ
慈 憲一
出口晴久
永田宏和
小松恒久
福本市好
上田 均
浅野晴良
山納 洋
植田省吾
高見沢清隆
木村太郎
奥谷 崇
荒井 勣
砂川 孝則
鈴木 武
藤本清仁
中野弘巳
畑本真澄
三浦豊
多胡歩未
マスダマキコ
相良育弥
慈憲一
岡田充弘
座安真弓
小林仁
橋本憲一郎
塚本真理
岩野祥子
鈴木曜
小室哲郎
堀越大二郎
松尾由香
小下城民夫
岡田充弘
中川繁
鹿島基彦
伊藤浄真
荒井勣
小野涼子
高山傑
大滝あや
宮道成彦
広瀬敏通
cafeblock/null.gif
cafeblock/null.gif

[2009.12.07]エコツアーカフェ神戸15

毎月第1月曜日はエコツアーカフェin神戸

「スカ・ヴィ・フィーカ(お茶しない)?」〜留学先スウェーデンから学んだ暮らし方・働き方〜

ゲスト:鈴木曜氏

 

サステナブル(持続可能)な国として有名なスウェーデンに留学した鈴木曜さんをゲストに迎えます。 

 

今回のゲストは、2006年からスウェーデンへの留学や、世界各国で生活をした経験を持つ鈴木曜さん。スウェーデンでは、環境とサステナビリティ(持続可能性)について、20カ国以上から集まったクラスメイトたちと学んだ2年間でした。

スウェーデン人が大好きな「フィーカ(お茶、コーヒーとクッキーなどの時間)」のこと、日本と異なる暮らし方や働き方、そして自ら企画したアースデイや環境イベントなどのスライドも交えながら、スウェーデンで学んだこと、出会った風景や人々についてお話しいただきました。

 

【すずきよう】

1977福井県生まれ、小学校1年まで家族とドイツ・デンマーク・アメリカを転々とする。小学校より高校まで大阪吹田の千里で育つ。東京に大学進学、就職した後、2003年から山梨県清里にて自然学校レンジャー、2005年より京都で国際協力NGOで働いた後、2006年から2008年にかけてスウェーデン・ルンド大学大学院に留学。2008年に環境学とサステナビリティ・サイエンスの修士号取得。

帰国後、神戸大学農学研究科地域連携センターで非常勤の研究員として働きつつ、2009年春からは農学研究科博士課程に在籍。食農教育や農業体験学習について研究をする傍ら、吹田モモの家で季刊誌の執筆・編集に関わったり、神戸で通年開講されているパーマカルチャー・デザインコースにも通っている。

エコセンProject04

 

 

開催当日はちょうどCOP15がコペンハーゲンで始まった12月7日。私たちの想いをコペンハーゲンまで飛ばしたい! 曜さんの提案で、皆さんにキャンドルを持ち寄っていただき、その灯りの中で開催しました。

その光のもと、詩の朗読から始まりました。谷川俊太郎さんのきれいな言葉とゆらゆら揺れる炎の光。曜さんの穏やかでのびのある声。室内にいるのに、私はざわざわと吹く風を感じました。

 

スウェーデンに習って、フィーカ(コーヒー)とペッパーカカというお菓子をいただきながら、きれいな町並みの写真を。都市のデザインも、生物が多様化するようデザインされています。集合住宅では、お庭にコンポストをつくり、堆肥をシェアする。毎日使わない電化製品をシェアして使う。日本でも取り入れられそうなアイディアが沢山ありました。

曜さんの呼びかけでキャンドルナイトやアースデイが開催されました。日本で実施されているアイディアが受け入れられ、大きなイベント開催に繋がったそうです。大変なこともあったけれども、世界20カ国以上から集まった素敵な仲間に出会えた留学生活。曜さんは自分のアンテナで、しっかりいろんなことをキャッチして学んでこられました。

 

沢山の写真とエピソードを、穏やかだけど情熱的に話してくれた曜さん。真剣に地球環境・人と向き合い、自分が出来ることを楽しくやる。いいものは、どんどん取り入れて試してみる。いいなと思ったことをどんどん世界に発信していく。曜さんは穏やかに、でも確実に一歩一歩進んでいるように感じました。日本での様々な活動にも注目です。

 

カネルブッラ:フィーカ(お茶)に欠かせないシナモンロール

 

キャンドルギャザリング:仲間達とのキャンドルナイト

 

クリスマスオーナメント:12月はクリスマスムード一色

 

クルトゥーレン:ルンド市の野外博物館

 

参 加 者 の 声
  • 北欧に興味があったので、スウェーデンのお話がきけて楽しかったです。スウェーデンのエコに対する考えを自分の生活にも取り入れたいです。
  •  

  • パーマカルチャーの施設が地域の人と繋がっていたり、子どもたちと施設を作り上げたりしている点で、地域の自然・社会・人に根付いていると思い、素敵でした!!
  •  

  • 日本ではエコというと、すごく特別なことしているようだけど、スウェーデンでは普通のことなのだと分かりました。
  •  

  • 写真だけのスライドでとても興味深いお話を沢山聞かせていただいて、充実した時間をすごせました。ありがとうございました。
  •  

  • 学童保育、私のやりたいことでした。また思いに火がついたように思います。キャンドルの火がもえうつったかな?
  •  

  • なかなか実現が難しい、循環型社会を実行に移している国があるという話を聞いて大変びっくりしました。日本でもどうやったら実行に移せるか、いろいろ方法を探りたいと思います。
  •  

  • スウェーデンの人たちのくらしがいきいき伝わってきてとても面白かったです。毎日の暮らしを大切にする、素敵なことですね。
  •  

  • スウェーデン事情や文化・風習・日常が分かって、行ってみたくなりました。

 

★エコツアーカフェ in 神戸★

「スカ・ヴィ・フィーカ(お茶しない)?」

〜留学先スウェーデンから学んだ暮らし方・働き方〜

 

【ゲストスピーカー】鈴木曜

【日時】2009年12月7日(月)18:30-20:00

【場所】モンベルクラブ 神戸三宮店 2Fサロン

 

 


大きな地図で見る

 

 

【参加費】500円(飲み物付)

【お問い合わせ】日本エコツーリズムセンター

  TEL:03-6457-3952 Fax:03-6457-3951

 

 


▲TOP | 問い合わせ