エコセン

 

「教育と刃物」セミナー報告

 

The World Travel & Tourism Council

Google

WWW を検索

エコセンの中を検索

連続セミナー「災害と減災」をベースにしたエコセン前代表広瀬敏通氏の新刊です!

災害を
生き抜く

申込受付中!
野生動物インタープリター

獣害対策や地域活性化を推進する人に!

野生動物インタープリター




自然学校「エネルギー・プログラム」アイデア集

身近な自然資源からエネルギーを自給!

自然学校「エネルギー・プログラム」アイデア集

フクシマBOOK

マスメディアからは聞こえない原発被害・福島の声!

フクシマBOOK




地域を元気にする地元学

地域活性化のヒントと実例がここにある。エコセンブックレット誕生!

地域を元気にする地元学

災害を生き抜く

エコセン連続セミナー「災害と減災」をベースにした前代表広瀬敏通氏の渾身の書

災害を生き抜く



RQ災害教育センター
地球環境基金
Share/Bookmark
エコツアーカフェ

エコツアーカフェぎふ美濃

深和英生
松本英揮
平野彰秀
入江鐵夫
大塚高明
小嶋智
高砂樹史
田村 明
北川健司
北村 周
池村周二
北川健司
川尻秀樹
萩原裕作
横山峰弘
広瀬敏通
佐々木豊志
cafeblock/null.gif

[2011.07.14]エコツアーカフェぎふ美濃07

「エコツアーカフェぎふ美濃」第7弾

今、私たちが知りたい放射能のこと

環境問題についての取組みを続けていらっしゃる亀崎敬介氏をゲストにお迎えし、いま市民が最も関心を寄せている放射能についてのお話をお聞きします。

 

福島県の原発に近い地域の子ども達10人に対する尿検査でセシウムが全員から検出され、また関東域やこの地方でも通常以上の放射線量が観測される今、原発の影響か否かも含め、市民レベルで私たちが知っておくとよいこと、するとよいと思われること、また生き方の選択への提案、提言をお聞きします。また、あなたがいま、疑問に思っていることなど自由闊達なディスカッションの場にもしたいと思います。お茶や、冷たいものでも飲みながら、気軽にご参加ください。

ぎふイメージ

 

 

【かめざき けいすけ】 1968年 熊本県生まれ。1993年より長良川・郡上に居住し、長良川河口堰問題をはじめ、川の環境問題に取り組む。渓流釣師(餌・テンカラ)、(財)日本自然保護協会・自然観察指導員。1980年代後半より長良川河口堰問題などのダム問題に関心を持ち、公共事業が自然環境や人々の生活にもたらす影響を一人の市民の目、自然を愛する者の目でみつめ感じたことをブログや、シンポジウムでのパネラー出演等の場で発信し続けている。また、月刊釣り人(つり人社)、日本自然保護協会会報誌メディアからの取材、 公務員職の傍ら自然農による野菜作りなど多忙を極めている。3・11の震災による原発の放射能漏れ事故以降は放射線による人体への影響、環境汚染に関心が向けられ、関係機関からの情報収集などに追われている。

<亀崎敬介氏のブログ>http://www.musublog.jp/blog/kawamutuuguioikawa/

 

エコセンProject04

 

★エコツアーカフェぎふ美濃★

「今、私たちが知りたい放射能のこと」

 

【ゲストスピーカー】亀崎敬介氏(長良川水系・水を守る会事務局)

【日 時】7月14日(木)18:30~20:00

【参加費】200円(飲み物代含む)

【場 所】まちかど情報ステーション 美濃俵町町屋(旧ふくべや)

岐阜県美濃市俵町2122

 


より大きな地図で まちかど情報ステーション 美濃俵町町屋 を見る

 

【お問い合わせ】まちかど情報ステーション 美濃俵町町屋

  TEL&FAX:0575-46-9232

  E-mail:eco@odss.co.jp

 

 

 

Share/Bookmark

 

自動タグのフォーマットエラーです。


▲TOP | 問い合わせ