エコセン

 

「教育と刃物」セミナー報告

 

The World Travel & Tourism Council

Google

WWW を検索

エコセンの中を検索

連続セミナー「災害と減災」をベースにしたエコセン前代表広瀬敏通氏の新刊です!

災害を
生き抜く

申込受付中!
野生動物インタープリター

獣害対策や地域活性化を推進する人に!

野生動物インタープリター




自然学校「エネルギー・プログラム」アイデア集

身近な自然資源からエネルギーを自給!

自然学校「エネルギー・プログラム」アイデア集

フクシマBOOK

マスメディアからは聞こえない原発被害・福島の声!

フクシマBOOK




地域を元気にする地元学

地域活性化のヒントと実例がここにある。エコセンブックレット誕生!

地域を元気にする地元学

災害を生き抜く

エコセン連続セミナー「災害と減災」をベースにした前代表広瀬敏通氏の渾身の書

災害を生き抜く



RQ災害教育センター
地球環境基金
Share/Bookmark

Mail Magazine★Vol.241

日本エコツーリズムセンター★Mail Magazine★Vol.241
★2014.10.03
………………………………………………………………………

読者のみなさま

今週もまたエコセンの業務から。農水省の事業で、外国人旅行者を日本の農山漁村に誘致していく受入れ基盤づくりを進めており、セミナーや研修を進めています。その一環で、外国人モニターによる、実際の農山漁村を訪ねるモニターツアーを全国6カ所で計画しています。すでに北海道上富良野で開催し、次は九州阿蘇、高知四万十と続きます。

日本人でさえも多くの人は体験していないと思うのですが、日本の地域の「素」の魅力を普通にふれ堪能する内容で、例えば、四万十の水の恵みを農作物と川の幸と地の酒で味わって、自転車で川に近い集落を巡るツアー。千葉県神崎では、古くからの蔵元やしょうゆ屋、豆腐屋を訪ね,発酵文化を知るツアー、南アルプス市では山中の神社で伝統の夜祭に参加して、果樹の里で干し柿をつくるツアーなど。手前味噌ですがとても面白い。

今回の目的は、外国人旅行者がいかに地域に滞在し交流していくかのニーズやポイントを知ることですが、こうやってプランを地元の方と練っていると、地域のDNAとか面的な地域の魅力が浮かび上がってくる感じがします。いいものはいい、本物をつくって育てていくことかなと思います。

10月15~17日の高知四万十のツアー、まだ定員に空きがあります。対象は外国籍の方に限りますが、高知集合解散で来られる方、どうぞお問い合わせください。詳しくは下記「☆エコセンNEWS☆」へ。[森 高一]


……………………………………………………………………………………
☆エコセンNEWS☆
★外国人が行きたくなるニッポン・グリーンツーリズム
 地域に受入体制・魅力をつくる実践研修会In倉敷・早島(岡山)[10/6-7]
★ニッポン・グリーンツーリズム2014九州セミナー[10/9 Thu]
★エコツアーカフェTOKYO “地球に暮らす”というプログラム
──僕の家に遊びにくるとみんな人生の舵を切りたくなるらしい。 [10/16 Thu]
【新着情報!】
★エコセンライフモデルエコツアー
「エコセン世話人を訪ねよう 生態系の中で自然と共に暮らすライフモデル体験」
 [11/11-12]
★NIPPON GREEN TOURISMモニターツアー 訪日・在日外国人参加者募集!

☆エコツー関連NEWS☆
★川嶋直の紙芝居プレゼンテーション法(KP法)初級講座[10/5 Sun]
★富士山・村山古道トレッキング~世界「文化」遺産の富士山の本当の魅力!~[10/13 Mon]
★“癒しの森”赤城自然園を歩く[10/18 Sat]

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆エコセンNEWS☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★★外国人が行きたくなるニッポン・グリーンツーリズム
 地域に受入体制・魅力をつくる実践研修会In倉敷・早島(岡山)★★   

年間1,000名以上の外国人を受入れるゲストハウスで、イ草で栄えた
早島と外国人に人気の倉敷で、インバウンドを受け入れるグリーン
ツーリズムに応用できるノウハウと必要な体制整備を実践的に学ぶ
研修会です。

【日 時】2014年10月6日(月)-7日(火)
【会 場】倉敷市ゲストハウス「くるま座有鄰庵」(岡山県倉敷市本町2‐15)
【参加費】無料*宿泊・食事は自己負担です。(宿泊はご自分で手配願います)
【お申込み】下記ページよりお申込みください。
  http://www.ecotourism-center.jp/article.php/gt_okayamakenshu
このプロジェクトは農林水産省都市農村共生・対流総合対策交付金共生・対流促進
計画(広域ネットワーク推進対策)外国人旅行者向けの受入体制の構築事業です。
 ……………………………………………………………………………………… 

★★ニッポン・グリーンツーリズム2014九州セミナー★★   

本セミナーでは、九州で農山漁村で滞在型・体験交流型観光をリード
する実践者たちの報告を聞き、どのように九州型グリーンツーリズム
を海外へ売り込むことが出来るかを会場全体で議論します。

【基調講演】養父信夫氏(九州ムラたび応援団団長、「九州のムラ」編集長)
【事例紹介・パネラー】大野博之氏(認定NPO法人地球市民の会(TPA)専務理
事)、吉澤寿康氏(ゲスト・ハウス「阿蘇び心」主宰)、大津愛梨氏(O2Farm、
NPO法人田舎のヒロインズ理事長)
【日 時】2014年10月9日(木)10:00-17:00
【会 場】 国立阿蘇青少年交流の家本館 2F 大研修室(熊本県阿蘇市)
【参加費】無料(定員100名)
【お申込み】下記ページよりお申込みください。
  http://www.ecotourism-center.jp/article.php/sympo_gt2014kyushu
このプロジェクトは農林水産省都市農村共生・対流総合対策交付金共生・対流促進
計画(広域ネットワーク推進対策)外国人旅行者向けの受入体制の構築事業です。
………………………………………………………………………………………

★★エコツアーカフェTOKYO73★★
“地球に暮らす”というプログラム
──僕の家に遊びにくるとみんな人生の舵を切りたくなるらしい。

有機農法・合鴨農法を行うなど、自然によりそった農的暮らしと、地球環境
や生物多様性へ配慮したまちづくりのNPO活動を行う加藤大吾さんの生活に
触れ、「地球に暮らす」プログラムを学ぶ入門編。

【ゲストスピーカー】加藤大吾氏(NPO法人都留環境フォーラム)
【日時】2014年10月16日(木)19:00-20:30
【参加費】500円(飲み物付)
【場所】モンベルクラブ 渋谷店 5F(渋谷区宇田川町11-5 モンベル渋谷ビル)
【申込・詳細】http://www.ecotourism-center.jp/article.php/cafe_tk141016
………………………………………………………………………………………

★エコセンライフモデルエコツアー
「エコセン世話人を訪ねよう 生態系の中で自然と共に暮らすライフモデル体験」

「持続可能な暮らし」を実践する二軒のお宅を訪ね、体験し・感じる「ライフ
モデル」体験エコツアー。
都会の暮らしを少し離れ、土や家畜にふれ、新鮮な食事をみんなで食べながら、
持続可能な里山の暮らしを体験しましょう。

【内容】
・風と土の自然学校 自然と共に暮らすライフスタイル見学と稲刈り
・都留環境フォーラム・加藤大吾さん宅で大豆狩り、または家畜調理
・座談会~ライフモデルについて
【日時】2014年11月11日(火)~11月12日(水)
【場所】山梨県都留市
【参加費】一般18,000円、エコセン会員17,000円
【申込・詳細】
http://www.ecotourism-center.jp/article.php/lifemodeltour_tsuru14
………………………………………………………………………………………

★★NIPPON GREEN TOURISMモニターツアー 訪日・在日外国人参加者募集!★★

海外からの旅行者を農山漁村などの地域が受け入れることは、交流活動の拡大
につながり、地域そのものや農産物などへのファンを増やしていくとともに、
地域にとっては、魅力の再認識と資源の活用や雇用の創出につながり、持続
可能な地域社会づくりへとつながっています。異文化交流が、地域に新しい風を
吹き込んでいきます。海外からの評価が国内の再評価につながるなど、さまざま
な効果がもたらされると考えています。
当センターでは、北海道・富良野、九州・阿蘇、高知・四万十、山梨・南アルプス、
千葉・神崎、京都・美山の6つの地区で、外国人を対象としたモニターツアーを
実施します。一緒に地域づくりや地域の魅力を体感するツアーづくりに参加いただ
ける訪日・在日外国人の方を募集します。

【詳細・申込方法】
ホームページで内容を確認し、メールにてお申込下さい。
http://www.ecotourism-center.jp/article.php/ngttesttour1_en
このプロジェクトは農林水産省都市農村共生・対流総合対策交付金共生・対流促進
計画(広域ネットワーク推進対策)外国人旅行者向けの受入体制の構築事業です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆エコツー関連NEWS☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★★川嶋直の紙芝居プレゼンテーション法(KP法)初級講座★★

環境教育とファシリテーションの達人、川嶋直氏のKP法(紙芝居プレゼンテーション法)を短時間で学ぶ講座です。A4用紙をホワイトボードに貼るだけのシンプルなKP法ですが、プレゼンテーション法としても思考整理法としても絶大な効果を発揮します。今回のセミナーでは、人にどう伝えるかというコミュニケーションの基本的な考え方からスタートして、KP法でひとつのプレゼンを作成、発表するところまで行います。

【日時】2014年10月5日(日曜日 14時~18時)
【会場】みくに出版セミナールーム(東京都渋谷区恵比寿西2-3-14)
【参加費】5,000円
【お申込み】http://kokucheese.com/event/index/210660/
……………………………………………………………………………………

★ ★富士山・村山古道トレッキング★★
~世界「文化」遺産の富士山の本当の魅力!~

世界「文化」遺産の富士山の本当の魅力を味わうならこのコース!歴史解説を交えながら、フカフカの苔エリアや人を寄せ付けない倒木エリア、修験道の修行場所など、変化のあるルートをご案内。5合目より上の登山道では見ることのできない、幅広い富士山の魅力を味わいませんか。

【日時】10月13日(月・祝) 9:00~17:00〈日帰り〉
【場所】富士山・村山古道
【料金】7,000円
【対象】12歳以上の男女、定員15名
【詳細・申込】下記URLから、お申込みフォームにご記入下さい。
http://wens.gr.jp/individual/outdoor/around_fuji_10.html.html
……………………………………………………………………………………

★★森の達人に聞く森林の現状&秋の散策会★★
「“癒しの森”赤城自然園を歩く」

渡り蝶「アサギマダラ」や珍しいキノコや樹木、そして秋の紅葉で知られる自然園! その広大(120ha)な森の中を歩いて各自の森の宝物を発見し、秋の森林浴をして元気になる会です。
【場所】赤城自然園(群馬県渋川市赤城町)
http://akagishizenen.jp/
【日時】2014年10月18日(土) 日帰り
9:30渋川駅集合【上野7:54-(新幹線)→高崎-(上越線)→渋川9:12】
17:30渋川駅・解散予定です。
【会費】1000円+入園料1000円(セゾンカード本人なら50%割引き)
車のガソリン・通行券などのシェアを各車で適宜にお願いいたします。
 【申込先】大森 vigor-o.family5☆k9.dion.ne.jp  中村 happysun9☆gmail.com
☆を@に変換してからご利用ください
………………………………………………………………………………………

★★エコツアー・ドット・ジェイピー★★

秋休みはどこ行こう? 何して遊ぼう?
エコツアー・ドット・ジェイピーで、探してみてください。
エコツアー・ドット・ジェイピーは無料でエコツアーやイベントの登録が
できます。ご活用ください。
www.eco-tour.jp
……………………………………………………………………………………

<好評発売中!!>エコセンライブラリー&エコセン前代表・広瀬敏通の本

◇書籍『災害を生き抜く 災害大国ニッポンの未来をつくる』(1620円)
◇『野生動物インタープリター』(500円)
◇『自然学校「エネルギー・プログラム」アイデア集』(500円)
◇エコセンブックレット『フクシマBOOK』(500円)
◇エコセンブックレット『地域を元気にする地元学』(500円)
ご購入やお申込は www.ecotourism-center.jp/ 左横の書籍の表紙をクリック!

◇電子書籍
『アッパーの動物記第1部 家畜と呼ばれた愛すべき仲間たち』
http://amzn.to/1vwfvBY
『アッパーの動物記・第2部』新発売!
http://amzn.to/1sOCpjq

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆メールマガジンへのご意見・ご感想をお待ちしております!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★★NPO法人日本エコツーリズムセンター発行 ★5.163★
〒116-0013 荒川区西日暮里5-38-5
TEL:03-5834-7966 FAX:03-5834-7972
HP www.ecotourism-center.jp/
facebook(フェイスブック) http://on.fb.me/MpZKF7
ツイッター http://twitter.com/ecotourismjapan
エコツアー・ドット・ジェイピー★ www.eco-tour.jp
☆日本エコツーリズムセンターは原子力発電に反対します。☆
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
 

 

 

サイト管理者はコメントに関する責任を負いません。


▲TOP | 問い合わせ