エコセン

 

「教育と刃物」セミナー報告

 

The World Travel & Tourism Council

Google

WWW を検索

エコセンの中を検索

連続セミナー「災害と減災」をベースにしたエコセン前代表広瀬敏通氏の新刊です!

災害を
生き抜く

申込受付中!
野生動物インタープリター

獣害対策や地域活性化を推進する人に!

野生動物インタープリター




自然学校「エネルギー・プログラム」アイデア集

身近な自然資源からエネルギーを自給!

自然学校「エネルギー・プログラム」アイデア集

フクシマBOOK

マスメディアからは聞こえない原発被害・福島の声!

フクシマBOOK




地域を元気にする地元学

地域活性化のヒントと実例がここにある。エコセンブックレット誕生!

地域を元気にする地元学

災害を生き抜く

エコセン連続セミナー「災害と減災」をベースにした前代表広瀬敏通氏の渾身の書

災害を生き抜く



RQ災害教育センター
地球環境基金
Share/Bookmark

Mail Magazine★Vol.270

 

日本エコツーリズムセンター★Mail MagazineVol.270
2015.5.7
………………………………………………………………………
読者のみなさま
 
今年のゴールデンウィークは全国的によく晴れ、快適な気候でした。
皆さまいかが過ごされましたでしょうか。
例年この時期に過ごす八ヶ岳北部の山里はどこもかしこも新緑で、
まさに「山笑う」。
この言葉とても好きです。日本らしいなと思います。
 
一方、東京の拙宅もわずかな地面ですが、ここ数日でぶわっと緑が
あふれだしてきました。植物の生命力、土の持つ力、すげぇと感じます。
隠れていた「野性」の力がしみだしている感じです。
折り合っていくには手間はかかるけれど、きっちり管理しつくさない緑が
ある都会っていいなと思います。
[森高一]
 
……………………………………………………………………………………
☆エコセンNEWS
★エコツアーカフェTOKYO79 元気な田舎!シリーズ
釜石でソーシャルビジネス5年目
三陸ひとつなぎ自然学校のこれからを教えて![5/28 Thu]
★連続セミナー『教育と刃物』報告レポート公開中
 
☆エコセンNEWS
★センス・オブ・ワンダー出版50周年記念フォーラム [5/9 Sat]
★一歩つっこんだ田舎体験プログラムづくりに挑む
「里山景観マイスター養成講座」
★狩猟サミットin京都 スケジュール決定![10/2426]
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ☆エコセンNEWS
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★★エコツアーカフェTOKYO79 元気な田舎!シリーズ★★
釜石でソーシャルビジネス5年目
三陸ひとつなぎ自然学校のこれからを教えて!
 
ボランティアコーディネートや復興ツーリズムを行ってきた
“三陸ひとつなぎ自然学校”は、起業3年目にして、ボランティ
ア・地元の人・起業家などと一緒に、「地域のために立ち上がり、
挑戦する人がおおいまち、釜石」を目指し、新たなステージへと
大きく舵を切りました。
これまでの苦労や今後の展望などお話を伺います。
 
【ゲストスピーカー】伊藤聡氏(一般社団法人三陸ひとつなぎ自然学校代表理事)
【日時】528日(木)19:00-20:30
【参加費】500円(飲み物付)
【場所】日本エコツーリズムセンター事務所
    東京都荒川区西日暮里5-38-5
……………………………………………………………………………………
 
★★ 連続セミナー『教育と刃物』報告レポート公開中★★
 
「教育」と「刃物」をテーマに、刃物と人間の本質的な関係を振り返り、
 刃物をめぐる現状と課題、刃物教育に関する各種の先進事例、専門家に
 よる教養・実技講座など、刃物を軸にした幅広いテーマで2013年6月から
2014年5月まで開催した連続セミナー「教育と刃物」の講演録を公開中です。
 
【既掲載テーマ】
「人類と刃物─ 考古学・文明学・身体科学の視点から」
「銃刀法の現状とその影響」(講師:服部夏生氏)
「子供と刃物─ 肥後守(ひごのかみ)で鉛筆を削る学校」
「子供と刃物─ 冒険遊び場プレーパークでの刃物の役割」
「子供と刃物─ 子供と刃物──ナイフメーカーの脳育教育の取り組み」
「野遊びと刃物 ──ガキ大将キャンプで30年間ナイフを与え続けて」
 
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ☆エコツー関連NEWS
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
★★センス・オブ・ワンダー出版50周年記念フォーラム★★
 
「沈黙の春」で、化学薬品による環境汚染に警鐘を鳴らした
レイチェル・カーソンが一番伝えたかったこと。それは、すべての
子どもが生まれながらに持っている「センス・オブ・ワンダー」、
つまり「神秘さや不思議さに目を見はる感性」を、いつまでも
失わないでほしいという願いでした。
名著「センス・オブ・ワンダー」の出版50年を記念したフォー
ラムを日比谷図書館で開催します。
 
【日時】59日(土)13時半~17
【場所】日比谷図書館地下ホール
【内容】<第一部>音楽朗読劇(13時半~1445分)
オーガニックシアター「レイチェル・カーソン物語」
 <第二部>パネルディスカッション(1650分終了予定)
 「センス・オブ・ワンダーのひろがり-自然 そして 社会へのまなざし」
【コーディネーター】上遠恵子氏(エッセイスト、レイチェル・カーソン日本協会会
長)
【参加費】1000
……………………………………………………………………………………
 
★★一歩つっこんだ田舎体験プログラムづくりに挑む★★
「里山景観マイスター養成講座」
 
従来の里山体験や農山村ツーリズムから、「一歩つっこんだ田舎体験」「より深い
知識」を求める顧客層に応える新しいプログラム提供や人材育成の試みとして、三ヶ
年計画の「里山景観マイスター養成講座」の二年目は、ベーシックとアドバンス
2つのコースを用意しています。
(1)里山の自然生態系、(2)里山の文化的背景、(3)伝えるスキル、
(4)里山保全・活用の仕組みの4本柱を学びながら、里山景観の美しさや
楽しさを伝えられる人、最終的には里山の現代的な活用法を提案し実践でき
る指導者(里山景観マイスター)を養成する講座です。
 
【場所】岐阜県立森林文化アカデミーおよび岐阜県関市の自然
【主な内容】ベーシックコース「田んぼの手入れと生物多様性の回復~身近な
自然にかかわる楽しさを伝える」/アドバンスコース「渋柿畑と里山を復元する
~カキシブの伝統復活と新たな活用法を目ざして」
【日程】<ベーシックコース>530日(土)、829日(土)~830日(日)、12
19日(土)
<アドバンスコース>613日(土)、95日(土)、117日(土)、116
(土)
【申込締切】520日(月)
【参加費】各コース一般20,000円/学生18,000円(4日分、保険料込み)
両コース同時履修の場合36,000円/学生34,000
【募集人数】各コース10
【主催・詳細】岐阜県立森林文化アカデミー
【申込・問合せ】東海サポ人ネット「里山景観マイスター養成プロジェクト」
TELFAX 0575-35-3880  E-mail: sagaforest.ac.jp 担当:嵯峨
☆を@に変えてご利用ください
……………………………………………………………………………………
 
★★狩猟サミットin京都 スケジュール決定!★★
 
「第3回狩猟サミットin京都」開催の第一報が届きました。
全国の狩猟者ならびに鳥獣保護に関わる方、またこれらに興味のある方、
ぜひ日程の確保をください。
 
【日時】20151024日(土)13時~26日(月)11
【場所】あうる京北(メイン会場/京都市内)
【定員】150
【内容】
1日目 開会式/基調講演/交流会/情報交換会
2日目 テーマ別分科会
3日目 全体会 *11時頃終了予定
終了後 オプショナルツアー開催
【主催】狩猟サミット実行委員会
【後援】京都府・京都市・京都大阪森林管理事務所・京都府猟友会ほか(申請予定)
【お問い合わせ】狩猟サミット実行委員会 summit_infoyaseifukki.jp
☆を@に変えてご利用ください
……………………………………………………………………………………
 
★★エコツアー・ドット・ジェイピー★★
 
山笑う。新緑の空気を吸い込んで皆さんも自然の中で笑いましょう。
エコツアー・ドット・ジェイピーで、探してみてください。
エコツアー・ドット・ジェイピーは無料でエコツアーやイベントの登録が
 できます。ご活用ください。
……………………………………………………………………………………
 
<好評発売中!!>エコセンライブラリー&エコセン前代表・広瀬敏通の本
 
◇書籍『災害を生き抜く 災害大国ニッポンの未来をつくる』(1620円)
◇『野生動物インタープリター』(500円)
◇『自然学校「エネルギー・プログラム」アイデア集』(500円)
◇エコセンブックレット『フクシマBOOK』(500円)
◇エコセンブックレット『地域を元気にする地元学』(500円)
ご購入やお申込は www.ecotourism-center.jp/ 左横の書籍の表紙をクリック!
 
◇電子書籍
 『アッパーの動物記第1部 家畜と呼ばれた愛すべき仲間たち』
『アッパーの動物記・第2部』新発売!
 
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ☆メールマガジンへのご意見・ご感想をお待ちしております!
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ★★NPO法人日本エコツーリズムセンター発行 ★5,440
116-0013 東京都荒川区西日暮里5-38-5
 TEL03-5834-7966 FAX03-5834-7972
 facebook(フェイスブック) http://on.fb.me/MpZKF7
エコツアー・ドット・ジェイピー★ www.eco-tour.jp
 ☆日本エコツーリズムセンターは原子力発電に反対します。☆
 ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

サイト管理者はコメントに関する責任を負いません。


▲TOP | 問い合わせ