エコセン

 

「教育と刃物」セミナー報告

 

The World Travel & Tourism Council

Google

WWW を検索

エコセンの中を検索

連続セミナー「災害と減災」をベースにしたエコセン前代表広瀬敏通氏の新刊です!

災害を
生き抜く

申込受付中!
野生動物インタープリター

獣害対策や地域活性化を推進する人に!

野生動物インタープリター




自然学校「エネルギー・プログラム」アイデア集

身近な自然資源からエネルギーを自給!

自然学校「エネルギー・プログラム」アイデア集

フクシマBOOK

マスメディアからは聞こえない原発被害・福島の声!

フクシマBOOK




地域を元気にする地元学

地域活性化のヒントと実例がここにある。エコセンブックレット誕生!

地域を元気にする地元学

災害を生き抜く

エコセン連続セミナー「災害と減災」をベースにした前代表広瀬敏通氏の渾身の書

災害を生き抜く



RQ災害教育センター
地球環境基金
Share/Bookmark

Mail Magazine★Vol.267

 

日本エコツーリズムセンター★Mail MagazineVol.268
2015.4.17
………………………………………………………………………
読者のみなさま
 
こんにちは、エコセン 共同代表 梅崎です。
私の住む山梨県都留市も、山が萌黄色に
染まり始めました。
一年のうち最も美しい季節のひとつです。
冬が終わり、草花が咲き乱れ、木々が芽吹くと
なんだかワクワクしてきます。
 
わが家の田植えは6月ですが、先日、種もみを
播きました。もっとも、周囲の田んぼは、
ゴールデンウィークの頃から水田に水がはられ
田植えが始まります。
山の緑が水面に映り、これはまた美しいものです。
 
エコセンでは自然や人とつながるライフスタイルを
実践する、エコセンの世話人を訪ねるライフモデル
ツアーをただいま企画中です。
様々な生き方暮らし方の体験を通じて、足元を
見つめ直す機会となるでしょう。
ぜひ楽しみにしていてくださいね!
 [梅崎靖志]
 
……………………………………………………………………………………
 
☆エコセンNEWS
★エコツアーカフェTOKYO78「縄文は生きている!」
  現代に受け継がれる狩猟・漁撈・採集文化と暮らしの思想[4/23 Thu]
★エコツアー保険加入受付中!
★連続セミナー『教育と刃物』報告レポート公開中
 
RQ・災害・復興関連NEWS
★災害時に自分の命を守る知恵と技術を学ぶ講座[4/18 Sat]
 
☆エコセンNEWS
★どうぶつとくらす1日 家畜を活かした循環の暮らし親子体験プログラム[5/2 Sat]
★自分の家は自分で建てる!セルフビルド小屋作り入門[5/3-5]
★第2回全国馬耕大会[5/16-17]
NEALリーダー養成講習(CONE主催)[5/16-17]
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ☆エコセンNEWS
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
★★エコツアーカフェTOKYO78「縄文は生きている!」★★
現代に受け継がれる狩猟・漁撈・採集文化と暮らしの思想
 
「動植物は生きるための糧。だから取りすぎを戒め分かち合う」。
 自然に寄り添うように暮らしてきた地方の古老は、都市型ライフスタイル
に染まった私たちとは大きく異なる自然観を持っています。
どんぐり食の習慣や、各種の狩猟漁撈、蜂遊びなど、山や川、海から
日々の糧を得ている“ネイティブ・ジャパニーズ”ともいうべき人たちを
例に、今もかろうじて残る列島文化の基層を旅してみましょう。
 
 【ゲストスピーカー】鹿熊勤氏(自然系ジャーナリスト)
【日時】423日(木)19:00-20:30
【参加費】500円(飲み物付)
 【場所】モンベルクラブ渋谷店 5
     東京都渋谷区宇田川町115号 モンベル渋谷ビル
 
……………………………………………………………………………………
 
★★エコツアー保険・加入受付中!★★
 
誰もが安心して参加できるエコツアーを目指して、日本エコツーリズムセン
 ターでは、エコツアー事業者のための保険制度「エコツアー保険」を用意
しています。2015年度の加入受付中です。
 思わぬ原因による事故など、万が一の事態に備えて、そして、責任ある
 エコツアーを実施し、エコツアーの安全度を高めて行くために、保険への加入
をおすすめします。
 
 【加入受付】201531日~520
 (新規申込み書類提出は420日まで、審査後520日までに必要書類提出)
 【詳細・お問合せ】
……………………………………………………………………………………
 
★★ 連続セミナー『教育と刃物』報告レポート追加! ★★
 
「教育」と「刃物」をテーマに、刃物と人間の本質的な関係を振り返り、
 刃物をめぐる現状と課題、刃物教育に関する各種の先進事例、専門家に
 よる教養・実技講座など、刃物を軸にした幅広いテーマで2013年6月から
2014年5月まで開催した連続セミナー「教育と刃物」の講演録を追加しました。
 
 
【新規】
11回「野遊びと刃物 ──ガキ大将キャンプで30年間ナイフを与え続けて」
(講師:アドベンチャー集団!Do 代表 黛徳男氏)
【既掲載】
1回「人類と刃物─ 考古学・文明学・身体科学の視点から」(講師:関根秀樹氏)
2回「銃刀法の現状とその影響」(講師:服部夏生氏)
3回「子供と刃物─ 肥後守(ひごのかみ)で鉛筆を削る学校」(講師:鹿熊勤氏)
4回「子供と刃物─ 冒険遊び場プレーパークでの刃物の役割」(講師:天野秀昭
 氏)
5回「子供と刃物─ 子供と刃物──ナイフメーカーの脳育教育の取り組み」
(ビクトリノックス・ジャパン株式会社 田中麻美子代表取締役)
*第6-8回は順次アップする予定です。
6回「子供と刃物──山村留学のこどもが言いました。「刃物は生活のタカラモ
 ノ」」
7回「3.11避難所での物づくり~刃物のチカラ~」
8回「狩猟とナイフ──自然教育ソフトとしての解体技術」
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 RQ・災害・復興関連NEWS
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
★★災害時に自分の命を守る知恵と技術を学ぶ講座★★
 
まず「なにがあれば自分自身や家族など、大切な人の命を守ることが
 できるのか」その法則を学ぶ講座です。
 法則に沿って「自分専用の非常用持ち出し袋」の作り方を紹介。
 災害時に役立つアイデアを紹介するというよりも、都市での災害時に
「生き延びるための基本的な法則」に焦点をあてた講座です。
 
 【講師】川口拓氏(WILD AND NATIVEネイチャースクール代表)
 【日時】418() 13:30-17:00 3.5時間
 【参加費】3,500円(早割! 410日までに申し込むと3,000円)
 【場所】RQ災害教育センター(東京都荒川区西日暮里5-38-5)
【定員】30
 【詳細・お申込み】 http://www.rq-center.jp/news/1706
 
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ☆エコツー関連NEWS
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
★★どうぶつとくらす1日★★
家畜を活かした循環の暮らし親子体験プログラム
 
日頃なかなか触れることの少ない、馬、羊、にわとり
そんなどうぶつたちと暮らすってどんなかんじだろう?エサをあげて、
一緒にお散歩して、触れ合って、動物のことをたくさん知ろう。
 
【日時】5月2日()10:30-16:30
【プログラム内容】羊からミサンガを作ろう/火おこし体験/動物とのふれあい
【入場料】大人300/小学生100
【主催】NPO法人都留環境フォーラム
……………………………………………………………………………………
 
★★自分の家は自分で建てる!セルフビルド小屋作り入門★★
 
昨年9月のワークショップ期間中に3日で建てた馬小屋。
今回は2階に床と壁を張って、馬を見ながら寝泊まりできる
スペースを作ってしまおうという計画です。
実際にセルフビルドで自宅を建てた加藤大吾直伝「大吾工法」も学べます。
 
【日時】201553日(日)?5日(祝)2泊3日  
【募集人数】10名程度
【料金 】大人(中学生以上):ビジター 15,000/NPO会員 12,000
小人(小学生以下):小学生 2,000円 / 小学生未満 1,000
【主催】NPO法人都留環境フォーラム
……………………………………………………………………………………
 
★★第2回全国馬耕大会★★
 
かつては、日本各地の暮らしの中に馬がいました。馬との暮らしにある
知恵や文化を知り、そこにある持続可能な暮らしのヒントを考えていく。
実際に馬と触れ合い、馬の力強さを知り、協議を楽しみ、子どもたちの
未来の為に馬の利用方法を考えるワークショップ等を実施します。
 
【日 程】2015516日(土)~17日(日)
【場所】山梨県都留市十日市場1531-2 
【内容】馬耕体験/馬搬体験/馬耕大会/馬と暮らしのワークショップ
【お申込み】 http://bit.ly/1DpfwbY
【主催】はたらく馬協会
……………………………………………………………………………………
 
★★NEALリーダー養成講習(CONE主催) 参加者募集中!★★
 
自然体験をより安全により楽しく活動しませんか?
応急処置方法や自然観察などの技術や、参加者の方などを案内する際の
話の仕方や注意点、プログラムの流れ等について学ぶことが出来ます。
 
【日 程】2015516日(土)~17日(日)
【会 場】YMCA三浦ふれあいの村
 神奈川県三浦市初声町和田3136番地
【受講要件】18歳以上 自然体験活動に興味のある方ならどなたでも!
【定 員】20名(最少催行人数16名)
【参加費】25,000円 ※宿泊、食費含む
【問い合わせ・申し込み】NPO法人 自然体験活動推進協議会(CONE/コーン)
TEL03-6407-8240 FAX03-6407-8241
……………………………………………………………………………………
 
★★エコツアー・ドット・ジェイピー★★
 
これからどんどん暑さが増していく新緑の季節。
カヤックやカヌー体験で自然を体感してみてはいかがですか。
エコツアー・ドット・ジェイピーで、探してみてください。
エコツアー・ドット・ジェイピーは無料でエコツアーやイベントの登録が
 できます。ご活用ください。
……………………………………………………………………………………
 
<好評発売中!!>エコセンライブラリー&エコセン前代表・広瀬敏通の本
 
◇書籍『災害を生き抜く 災害大国ニッポンの未来をつくる』(1620円)
◇『野生動物インタープリター』(500円)
◇『自然学校「エネルギー・プログラム」アイデア集』(500円)
◇エコセンブックレット『フクシマBOOK』(500円)
◇エコセンブックレット『地域を元気にする地元学』(500円)
ご購入やお申込は www.ecotourism-center.jp/ 左横の書籍の表紙をクリック!
 
 
◇電子書籍
 『アッパーの動物記第1部 家畜と呼ばれた愛すべき仲間たち』
『アッパーの動物記・第2部』新発売!
 
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ☆メールマガジンへのご意見・ご感想をお待ちしております!
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ★★NPO法人日本エコツーリズムセンター発行 ★5,436
116-0013 東京都荒川区西日暮里5-38-5
 TEL03-5834-7966 FAX03-5834-7972
 facebook(フェイスブック) http://on.fb.me/MpZKF7
エコツアー・ドット・ジェイピー★ www.eco-tour.jp
 ☆日本エコツーリズムセンターは原子力発電に反対します。☆
 ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
 
 

 

サイト管理者はコメントに関する責任を負いません。


▲TOP | 問い合わせ