エコセン

 

「教育と刃物」セミナー報告

 

The World Travel & Tourism Council

Google

WWW を検索

エコセンの中を検索

連続セミナー「災害と減災」をベースにしたエコセン前代表広瀬敏通氏の新刊です!

災害を
生き抜く

申込受付中!
野生動物インタープリター

獣害対策や地域活性化を推進する人に!

野生動物インタープリター




自然学校「エネルギー・プログラム」アイデア集

身近な自然資源からエネルギーを自給!

自然学校「エネルギー・プログラム」アイデア集

フクシマBOOK

マスメディアからは聞こえない原発被害・福島の声!

フクシマBOOK




地域を元気にする地元学

地域活性化のヒントと実例がここにある。エコセンブックレット誕生!

地域を元気にする地元学

災害を生き抜く

エコセン連続セミナー「災害と減災」をベースにした前代表広瀬敏通氏の渾身の書

災害を生き抜く



RQ災害教育センター
地球環境基金
Share/Bookmark

Mail Magazine★Vol.96

 

 

 

日本エコツーリズムセンター★Mail Magazine★Vol. 96

★2010.7.23★
…………………………………………………………………………………………

読者のみなさま

すごい暑さですね。あまりの陽差しに初めて日傘を買いました。スーツで
歩いている男性を見かけますが、営業の方は本当に大変ですね。みなさんも
水分補給を忘れず、夏バテしないように気をつけてください。
さて、先週エコツアーガイド養成講習会を実施するために、神津島に行って
きました。東京から高速船で3時間半で、美しい島に到着。残念ながら
海に入る時間はなかったのですが、青い海を見るたびにきゃぁきゃぁ
騒いでしまいました。
講習会では、熱い思いを持った方ばかりで、とても前向きな発言が
たくさん出ました。エコツーリズムで島を元気にしていく担い手が
誕生しました。
神津島は、海も山も地質も、そして歴史文化にも富んだ島で、歴史好きの人は
はまると思います。私も海と山の面白い楽しみ方を教えていただいたので
今度ゆっくり遊びに行きたいと思っています。   [中垣]

…………………………………………………………………………………………
☆エコセンNEWS☆
★エコツアーカフェTOKYO
 「元産業観光課クマ担当が語る野生動物との付き合い方」[8/2 Mon]
★復興応援「くりこまエコツアー」[10/9-10]
★エコツアー保険のご案内
★エコセンブックレット「地域を元気にする地元学」
★Twitter(ツイッター)
★クリック募金やっています。 ↓↓今すぐクリック!!
http://ecotourism.bokinbako.org/0002/?pg=1

☆エコツー関連NEWS☆
★第3回「つなぐ人フォーラム」
★本のご紹介:「地域再生マニュアル」
★職員募集:小値賀観光まちづくり公社
………………………………………………………………………………………

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆エコセンNEWS☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

        ★★エコツアーカフェTOKYO★★
   先日、私はカラスとアオサギとカワウの駆除に参加しました
   ーー元産業観光課クマ担当が語る野生動物との付き合い方

8月のエコツアーカフェは2日(月)に実施します。

広島県の小さな町の職員として20年間、野生動物と関わってきたのが、
「クマ問題」の核心と傾向、対策を提起した『熊と向き合う』(創森社)
の著者・栗栖浩司さん。
きれいごとだけでは済まされない野生動物との付き合い方を、都会に住む
あなたと共有しようというのが今回のカフェです。
「私はこの手でクマを殺してきましたが、守ってもきた」と語る栗栖さんは、
「日本の鳥獣行政に必要なことは、保護でも駆除でもなく双方のバランス。
守る者と駆除する者が別々では駄目ではないか」と考えています。
田舎のフィールドと都市部の持つ力が上手に組み合わされば、野生動物保護と
被害防止という相反する問題への解決策に違った方向性が見えるのでは?
「野生動物好き全員集合!」してほしいカフェです。
皆さまのご参加を、お待ちしております。

【ゲスト】栗栖浩司氏(NPO法人ひろしま自然学校)
【日時】8月2日(月)19:00-20:30
【場所】モンベルクラブ渋谷店5F
【参加費】500円(飲み物付)
【詳細・お申込み】http://www.ecotourism-center.jp/article.php/cafe_tk100802
【お問合せ】日本エコツーリズムセンター
 TEL:03-6457-3952 FAX:03-6457-3951
……………………………………………………………………………………

      ★★復興応援「くりこまエコツアー」★★

日本の原風景と言われる里山。くりこま高原自然学校の松倉校はそんな
里山の中で、ヤギや馬、鶏などを飼いながら、田んぼも耕す、農的暮らしを
しながら自然学校を運営しています。
10月のくりこまは、珍しい“ねじりほんにょ”と呼ばれるくい掛けがみられます。
そして、山では紅葉のシーズンを迎えています。運が良ければ真っ赤に
染まる栗駒山を見ながらトレッキングを楽しめます。
心もお腹も満たされるステキなシーズンです。
ぜひご参加ください!

【日時】10月9日(土)〜10日(日)の1泊2日
【場所】宮城県栗原市
【集合】東北新幹線くりこま高原駅10時45分集合
【解散】東北新幹線くりこま高原駅15時30分解散(予定)
【定員】12名 1時間程度の徒歩が出来る方(小学生以上)
【費用】12,000円(新幹線交通費別、宿泊は無料、食材費は込み、懇親会費別)
【お問合せ・申込み】NPO法人日本エコツーリズムセンター
http://www.ecotourism-center.jp/article.php/ecotour_kurikoma09
……………………………………………………………………………………

       ★★エコツアー保険のご案内★★

エコセンでは、誰もが安心して参加できるエコツアーを目指して、
エコツアー事業者のための保険制度「エコツアー保険」を団体会員
むけに用意しております。
思わぬ原因で事故が発生などの万が一の事態に備えて、そして、責任ある
エコツアーを実施し、エコツアーの安全度を高めて行くために、保険への
加入をおすすめします。
年間包括タイプの傷害保険と賠償責任保険に加入できる「エコツアー保険」を
ぜひご利用ください。
加入者が増えると団体割引も適用されるので、保険料の節約にもつながります!
3月10日からの年間包括となりますが、今からの加入も可能です。
ぜひこの機会にご加入ください。

詳細は下記ページよりご確認ください。
http://www.ecotourism-center.jp/staticpages/index.php/project10
……………………………………………………………………………………

  ★★エコセンブックレット「地域を元気にする地元学」★★

すごい勢いで売れてます♪♪ エコセンのコンセプトワーク等で行った
地元学の講演内容等をまとめたブックレットができました! 地域を
元気にするヒントがたくさん詰まった貴重な一冊です。
ぜひお買い求めください。

【目次】
地域を元気にするために地元学を始めよう
 ・・・福井 隆[東京農工大学大学院客員教授]
阿蘇カルデラツーリズムと地元学
 ・・・坂元英俊[財団法人阿蘇地域振興デザインセンター 事務局長]
費用は1万円。花見時の商店街に畳200枚を敷こう!
 ・・・[阿蘇市精肉店・とり宮2代目インタビュー]
地元学からの出発
 ・・・結城登美雄[民俗研究家]
地域に根ざす生き方
 ・・・高野孝子[NPO法人エコプラス代表理事]
農山漁村の5つの課題と地元学
 ・・・福井 隆[東京農工大学大学院客員教授]
【価格】500円
【送料】80円 *2冊以上お申込みの場合は送料無料です。
【詳細・ご購入】http://www.ecotourism-center.jp/article.php/booklet01
【お問合せ】日本エコツーリズムセンター
……………………………………………………………………………………

      ★★Twitter(ツイッター)へのお誘い★★

エコセンでも、ツイッターをやっています。ぜひフォローしてください。
http://twitter.com/ecotourismjapan

エコセン世話人のTwitterリストもあります。お見逃しなく。
http://twitter.com/ecotourismjapan/sewanin

エコセン一般会員の皆様には「会員Twitterリスト」をつくりたいと思います。
エコセンをフォローしたら、Twitterのダイレクトメールで会員名をお知らせ
ください。Twitterで会員同士新しいつながりをつくりましょう。
……………………………………………………………………………………

       ★★クリック募金やっています!★★

エコセンのHPでクリック募金を開始しました。クリックやお買い物、
資料請求で、エコセンに募金ができます。
http://ecotourism.bokinbako.org/

リンクのバナーをエコセンHPも掲載しております。ぜひご協力ください。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆エコツー関連NEWS☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

      ★★ 第3回「つなぐ人フォーラム」★★
    あたらしいつながりが、あたらしい動きをつくる!
        領域や分野を越えてつながる3日間。

つなぐ人フォーラムは、分野をこえた関係の生まれる場づくりを
大切にしています。
2008年の第一回では、これまで相互創発の少なかった環境教育と博物館・
美術館などのインタープリターたちが出会いました。翌年の第二回には、
アジア諸国で環境教育に携わるキーパーソンたちが来日し、第一回につづく
形で地域・街づくり分野の方々も参画。
さて、今年は第一期・最終回!
さらに異なる分野から、「つなぐ人」という言葉を手がかりに集い合い、
新しい人と人の組み合わせが生まれる、始まりの場を創りたいと思います。
直感で動く面白い人たち。(含む実行委員・下記参照)そんな人たちと
つながってみたい方々。
貴重な顔ぶれの集うこの3日間に、どうぞお集まりください!

◎ 第3回 つなぐ人フォーラム・実行委員
<実行委員長>
・小林毅 (日本インタープリテーション協会/
      帝京科学大学アニマルサイエンス 学科教授)
<実行委員(アイウエオ順)>
・阿部治 (立教大学社会学部教授、日本環境教育学会会長)
・海野義明(オーシャンファミリー海洋自然体験センター)
・川廷昌弘(博報堂DYメディアパートナーズ環境コミュニケーション部部長 )
・嵯峨創平(IDEC環境文化のための対話研究所 代表)
・佐藤初雄(NPO法人国際自然大学校 理事長)
・重盛恭一(まち研究所/了徳寺大学博物館学 担当非常勤講師)
・染川香澄(ハンズ・オン プランニング 代表/ミュージアム・アドバイザー)
・田井中慎(株式会社4CYCLE)
・高橋真理子(山梨県立科学館 主任学芸主事/山梨県立大学 非常勤講師)
・中西紹一((有)プラス・サーキュレーション・ジャパン 代表)
・西村佳哲(リビングワールド 代表)
・林浩二 (千葉県立中央博物館)
・広瀬敏通(日本エコツーリズムセンター 代表理事)
・古瀬浩史((株)自然教育研究センター 取締役)
・森一彦 (275研究所 主任研究員)
 <事務局長>
・川嶋直 (財団法人キープ協会/立教大学ESD研究センターCSRチーム 主幹)

【日程】2010年9月26日(日)〜9月28日(火)【2泊3日】
【会場】財団法人キープ協会 清泉寮(山梨県)
【対象】つなぐ人」というキーワードや、実行委員の顔ぶれ、
    プログラムの内容(予定)に興味のあるすべての方
    新しいつながりを楽しみに、お集まりください!
【参加費】一般30,000円  学生25,000円
【詳細】http://www.keep.or.jp/ja/foresters_school/2010/06/03000810.html
【申込み・問合せ】財団法人キープ協会
  電話:0551-48-3795  担当:石川
【後援】日本エコツーリズムセンター
……………………………………………………………………………………

      ★★本のご紹介:「地域再生マニュアル」★★

エコセン世話人の福井隆さんと一緒に地域再生に取り組む仲間の
山浦晴男氏の著書が出版されました。
合意形成から地域での計画づくりについて詳しく公開。
「ワークショップ」という用語が 中山間地や離島では受け入れられず、
あらたに作った言葉は「寄り合いワークショップ」です。
地域の再生は、まったなし。どんどんこのような手法を使っていただければ
幸いです。ぜひ、ご一読をお勧めいたします。

【著者】山浦晴男(著)
【定価】1,500円(税別)
【出版社】朝日新聞社

この本は、エコツアー・ドット・ジェイピー書店で販売しています!
http://www.eco-tour.jp/bookstore/index.html
(地域再生のカテゴリーをご覧下さい)
……………………………………………………………………………………

    ★★職員募集:小値賀観光まちづくり公社★★

西海の果て、小値賀島から私たちと一緒に、「新しい価値観」を発信
する人を募集中!!
小値賀観光まちづくり公社でオペレーションの担当(契約職員)を
募集しています。
詳細・応募は下記サイトをご覧ください。
http://rikunabi-next.yahoo.co.jp/rnc/docs/cp_s01800.jsp?rqmt_id=0007192557&vos=nynmalst000001012




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆メールマガジンへのご意見・ご感想をお待ちしております!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★★NPO法人日本エコツーリズムセンター発行 ★3,372★
〒169-0075 東京都新宿区高田馬場2-8-13 今井ビル東館201
TEL:03-6457-3952 FAX:03-6457-3951
HP www.ecotourism-center.jp/
★エコツアー・ドット・ジェイピー★ www.eco-tour.jp
★SNSエコたび★ www.eco-tour.jp/sns_ecotabi/

 


▲TOP | 問い合わせ