エコセン

 

「教育と刃物」セミナー報告

 

The World Travel & Tourism Council

Google

WWW を検索

エコセンの中を検索

連続セミナー「災害と減災」をベースにしたエコセン前代表広瀬敏通氏の新刊です!

災害を
生き抜く

申込受付中!
野生動物インタープリター

獣害対策や地域活性化を推進する人に!

野生動物インタープリター




自然学校「エネルギー・プログラム」アイデア集

身近な自然資源からエネルギーを自給!

自然学校「エネルギー・プログラム」アイデア集

フクシマBOOK

マスメディアからは聞こえない原発被害・福島の声!

フクシマBOOK




地域を元気にする地元学

地域活性化のヒントと実例がここにある。エコセンブックレット誕生!

地域を元気にする地元学

災害を生き抜く

エコセン連続セミナー「災害と減災」をベースにした前代表広瀬敏通氏の渾身の書

災害を生き抜く



RQ災害教育センター
地球環境基金
Share/Bookmark

[2010.10.10-11]くりこまエコツアー第8弾

復興応援エコツアー

くりこまエコツアー

紅葉&収穫シーズン、くりこまに行こう!

岩手・宮城内陸地震で被災した「くりこま高原自然学校」の復興を応援するエコツアーです。くりこまの自然や文化を楽しみながら、地域が元気になるよう応援しましょう!

日本の原風景と言われる里山。くりこま高原自然学校の松倉校はそんな里山の中で、ヤギや馬、鶏などを飼いながら、田んぼも耕す、農的暮らしをしながら自然学校を運営しています。

10月、里にはくい掛けの風景が広がります。松倉校周辺では珍しい“ねじりほんにょ”がみられます。少しずつずらして稲束をかけていくと、ソフトクリームのような形になります。

そして、山では紅葉のシーズンを迎えています。運が良ければ真っ赤に染まる栗駒山を見ながらトレッキングを楽しめます。

心もお腹も満たされるステキなシーズンです。ご参加、お待ちしております。

 

エコセンProject09

 

●これまでのくりこまエコツアーの様子はこちら

 

★復興応援エコツアー第8弾「くりこまエコツアー」★

【日時】2010年10月10日(日)〜11日(月・祝)1泊2日

【場所】宮城県栗原市

【集合】東北新幹線くりこま高原駅10時45分集合(翌日15時40分解散予定)

【定員】12名 1時間程度の徒歩が出来る方(小学生以上)

【費用】12,000円(新幹線交通費別、宿泊費無料、食材費込み、懇親会費別)

 ※参加費は全額くりこま高原自然学校にお渡しします。

【お問い合わせ】日本エコツーリズムセンター

  TEL:03-6457-3952 Fax:03-6457-3951

紅葉の栗駒山

栗駒山は紅葉シーズンです!

 

ねじりほんにょ

ねじりほんにょ

 

くりこま高原自然学校・松倉校の石窯

くりこま高原自然学校・松倉校のの石窯。地元の食材をつかった美味しいピザが食べられるかも!?

 

荒砥沢ダムをのぞむ展望台

各地でジオパークが注目されていますが、荒砥沢ダムの上流崩壊地は「日本の地質百選」に選定されています。

 

 

Share/Bookmark

 


▲TOP | 問い合わせ