エコセン

 

「教育と刃物」セミナー報告

 

The World Travel & Tourism Council

Google

WWW を検索

エコセンの中を検索

連続セミナー「災害と減災」をベースにしたエコセン前代表広瀬敏通氏の新刊です!

災害を
生き抜く

申込受付中!
野生動物インタープリター

獣害対策や地域活性化を推進する人に!

野生動物インタープリター




自然学校「エネルギー・プログラム」アイデア集

身近な自然資源からエネルギーを自給!

自然学校「エネルギー・プログラム」アイデア集

フクシマBOOK

マスメディアからは聞こえない原発被害・福島の声!

フクシマBOOK




地域を元気にする地元学

地域活性化のヒントと実例がここにある。エコセンブックレット誕生!

地域を元気にする地元学

災害を生き抜く

エコセン連続セミナー「災害と減災」をベースにした前代表広瀬敏通氏の渾身の書

災害を生き抜く



RQ災害教育センター
地球環境基金
Share/Bookmark

[2016.09.10]野生鳥獣皮はぎワークショップバスツアー

MATAGIプロジェクト

野生鳥獣皮はぎワークショップバスツアー

講師によりシカの皮剥ぎ、皮の肉脂を取り除き、保存のための塩蔵を皆さんで体験いただきます。皮を活かすための手法を学ぶワークショップです。

 

width="87"width="87"width="87"

近年、シカ・イノシシによる獣害被害が急増時、対策として駆除が進みますが、その肉や皮はほとんど利用されることなく捨てられています。

 

そこで、シカやイノシ シの獣皮を有効な資源として活用し、地域の活性化につなげる国内唯一の獣皮活用支援事業として始まったのがMATAGIプロジェクトです。

 

今回、捕獲したシカ・イノシシの皮を活用するために、なめし工程に入る前の下処理を体験するツアーを開催します。

 

講師によるシカの皮剥ぎ、皮の肉脂を取り除き、保存のための塩蔵を皆さんで体験いただきます。皮を活かすための手法を学ぶワークショップです。

 

エコセンProject11

エコセンProject13

 

 

MATAGIプロジェクト

野生鳥獣皮はぎワークショップバスツアー

【日時】2016年9月10日(土)

8:30   渋谷クロスタワー前集合
      チャーターバスで富士山麓へ移動

11:00  富士山環境交流プラザ 動物の解体についてのミニレクチャー

11:30  昼食・休憩

12:30  解体ワークショップ
      皮はぎと保存のしかたのレクチャー
      皮のなめし、利用について

15:00  終了、バスで会場出発

18:00  新宿到着予定、解散

【場所】富士山環境交流プラザ (〒418-0011 富士宮市粟倉1618-9)

【参加費】5,000円 (現地集合・解散の場合は2,000円)

【定員】30名
(往復バス代、プログラム費、保険料を含みます)

【主催】NPO法人日本エコツーリズムセンター
〒116-0013 東京都荒川区西日暮里5-38-5
TEL.03-5834-7966 FAX:03-5834-7972

 

※この事業は三井物産環境基金の助成により実施しています。

 

 

Share/Bookmark

 


▲TOP | 問い合わせ