エコセン

 

「教育と刃物」セミナー報告

 

The World Travel & Tourism Council

Google

WWW を検索

エコセンの中を検索

連続セミナー「災害と減災」をベースにしたエコセン前代表広瀬敏通氏の新刊です!

災害を
生き抜く

申込受付中!
野生動物インタープリター

獣害対策や地域活性化を推進する人に!

野生動物インタープリター




自然学校「エネルギー・プログラム」アイデア集

身近な自然資源からエネルギーを自給!

自然学校「エネルギー・プログラム」アイデア集

フクシマBOOK

マスメディアからは聞こえない原発被害・福島の声!

フクシマBOOK




地域を元気にする地元学

地域活性化のヒントと実例がここにある。エコセンブックレット誕生!

地域を元気にする地元学

災害を生き抜く

エコセン連続セミナー「災害と減災」をベースにした前代表広瀬敏通氏の渾身の書

災害を生き抜く



RQ災害教育センター
地球環境基金
Share/Bookmark

Mail Magazine★Vol.292

日本エコツーリズムセンター★Mail MagazineVol.292
★2015.10.16
………………………………………………………………………
 
読者の皆様
 
 昨日、地球環境基金の若手プロジェクトリーダー1期生として
 2日間の研修に参加しました。
 
 ファンドレイジングがテーマでしたが、その中で、
「NPOは社会課題(ミッション)を解決することを約束した存在であり、
 そのための問題解決シナリオ(仮説)が明確で、成果(ソーシャルインパクト)
 を追及する覚悟が必要。それができないNPOは迷惑だ!」
 というハッキリとした講師の言葉で改めて身が引き締まりました。
 
 人手や資金不足などの組織課題を多くのNPOが抱えていますが、
 社会課題解決を第一に活動できるところが強みでやりがいです。
 
「地域を元気に!」というエコセンが社会に約束したミッションに向けて、
 今日も翼を授かりながら膨大な仕事に取り組みたいと思います。
 
 [瀧野芳]
 
……………………………………………………………………………………
 
☆エコセンNEWS
★グリーンツーリズム・インバウンド受入体制整備事業
★エコツアーカフェTOKYO83
南フランスエコミュゼ訪問! 1000mの岩稜を結ぶルドゥール・ガボ地域[10/27 The]
★エコツアーカフェTOKYO84
中国で自然学校運動を仕掛ける! エコセン+CSネット+JICA+三年間+China Now[11/27 Fri]
★連続セミナー『教育と刃物』報告レポート公開中
 
☆RQ関連NEWS
★【緊急企画】常総での支援活動のための「足湯講習会」[10/21 Wed]
 
☆エコツー関連NEWS
★自然体験フォーラム2016でのワークショップ募集[10/31 締切]
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ☆エコセンNEWS
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
★★グリーンツーリズム・インバウンド受入体制整備事業★★
 
 農林水産省の『グリーンツーリズム・インバウンド受入体制整備事業』が
 本格的にスタートします。今後、2回のセミナー、3回の研修会、そして
 5カ所でのモニターツアーを予定しています。
「外国人を地域に呼び込みたい」「地域DMOを作っていきたい」という
 方には、ぜひ参加してほしい内容となっています。
 
【全国セミナー】
 ◆京都セミナー 11/19  ◆北海道セミナー 来年3月上旬頃
【全国研修会】
 ◆飯山研修 11/12-13  ◆北海道研修 11/14
 ◆九州研修 12/1
【モニターツアー】
 ◆倉敷ツアー 10/19-20  ◆かみえちごツアー 11/3-4  ◆北海道ツアー 11/4-6
 ◆臼杵ツアー 11/6-8   ◆美山・与謝野ツアー 来年1月頃
 ※モニターツアーに参加できるのは外国人(旅行者、日本在住)の方だけです。
 【詳細】 http://ecocen.jp/
 
 ……………………………………………………………………………………
 
★★エコツアーカフェTOKYO83★★
 南フランスエコミュゼ訪問
 1000mの岩稜を結ぶルドゥール・ガボ地域
 
 今も元気に存続する山岳居住の生活やアイデンティティー再構築のために
 取り組まれたエコミュゼ(エコミュージアム)についてご紹介します。
 
【ゲストスピーカー】高田 研(都留文科大学教授)
【日時】20151027日(火)19:00-20:30
【参加費】500
【場所】モンベルクラブ 渋谷店 5
 ……………………………………………………………………………………
 
★★エコツアーカフェTOKYO84★★
 中国で自然学校運動を仕掛ける!
 エコセン+CSネット+JICA+三年間+China Now
 
 中国で自然学校を作り、普及させていくための事業が終了しました。
 3年間の歩みをご紹介し、その成果と課題を共有します。
 
【ゲストスピーカー】李 ヤンヤン(駒澤大学教授/日中市民社会ネットワーク(CSネット)代表)
【日時】20151127日(金)19:00-20:30
【参加費】500
【場所】モンベルクラブ 御徒町店
 ……………………………………………………………………………………
 
 ★★ 連続セミナー『教育と刃物』報告レポート公開中★★
 
「教育」と「刃物」をテーマに、刃物と人間の本質的な関係を振り返り、
 刃物をめぐる現状と課題、刃物教育に関する各種の先進事例、専門家に
 よる教養・実技講座など、刃物を軸にした幅広いテーマで2013年6月から
 2014年5月まで開催した連続セミナー「教育と刃物」の講演録を公開中です。
 
 
【既掲載テーマ】
「人類と刃物─ 考古学・文明学・身体科学の視点から」
「銃刀法の現状とその影響」(講師:服部夏生氏)
「子供と刃物─ 肥後守(ひごのかみ)で鉛筆を削る学校」
「子供と刃物─ 冒険遊び場プレーパークでの刃物の役割」
「子供と刃物─ 子供と刃物──ナイフメーカーの脳育教育の取り組み」
「野遊びと刃物 ──ガキ大将キャンプで30年間ナイフを与え続けて」
 
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 RQ関連NEWS
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
★★【緊急企画】常総での支援活動のための「足湯講習会」★★
 
 RQ常総では、常総地域豪雨水害に関する支援活動の一環として
「RQJuMP合同足湯隊」を発足させ、避難所や、在宅避難の方の多い地域を
 巡回して「足湯」を実施することになりました。支援がなかなか進まず、
 被災者の心のケアができていない状況で、被災者の悩みやニーズを
 聞き取ることが緊急の課題になっています。足湯はそのために行います。
 足湯実施に先立ち、東京足湯プロジェクト代表の金子和巨さんをお迎えし、
「足湯講習会」を開催いたします。ぜひ、ご参加ください。
 
【日時】1021日(水)19時~21
【会場】RQ災害教育センター(東京都荒川区西日暮里)
【アクセス】 http://g.co/maps/ykrad
【参加費】無料
【詳細・お申込み】 http://www.rq-center.jp/news/1860
 
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ☆エコツー関連NEWS
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
★★自然体験フォーラム2016でのワークショップ募集★★
 
 国立赤城青少年交流の家で来年の2月に行われる「自然体験フォーラム」での
 ワークショップを募集いたします。
 実行委員会の想いを叶えてくれるワークショップをお待ちしています!
 
【日程】2016213日(土)~14日(日) 締切:1031日(土)
【場所】国立赤城青少年交流の家(群馬県前橋市富士見町赤城山27
【対象】自然体験フォーラムの趣旨に沿ったワークショップを行える団体または個人
【募集数】10
【時間】2時間30
【詳細・申込み】国立赤城青少年交流の家
……………………………………………………………………………………
 
 好評発売中!! エコセンライブラリー&エコセン前代表・広瀬敏通の本
 
 ◇書籍『災害を生き抜く 災害大国ニッポンの未来をつくる』(1,620円)
 ◇『野生動物インタープリター』(500円)
 ◇『自然学校「エネルギー・プログラム」アイデア集』(500円)
 ◇エコセンブックレット『フクシマBOOK』(500円)
 ◇エコセンブックレット『地域を元気にする地元学』(500円)
 ご購入やお申込は www.ecotourism-center.jp/ 左横の書籍の表紙をクリック!
 
 ◇電子書籍
 『アッパーの動物記第1部 家畜と呼ばれた愛すべき仲間たち』
 『アッパーの動物記・第2部』新発売!
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ☆メールマガジンへのご意見・ご感想をお待ちしております!
 宛先: jimukyokuecotourism-center.jp(☆を@に変えて送信ください)
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ★★NPO法人日本エコツーリズムセンター発行 ★5,612
 116-0013 東京都荒川区西日暮里5-38-5
 TEL:03-5834-7966 FAX03-5834-7972
 Mail: jimukyokuecotourism-center.jp(☆を@に変えて送信ください)
 facebook(フェイスブック) http://on.fb.me/MpZKF7
 エコツアー・ドット・ジェイピー★ www.eco-tour.jp
 ☆日本エコツーリズムセンターは原子力発電に反対します。☆
 ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

サイト管理者はコメントに関する責任を負いません。


▲TOP | 問い合わせ