エコセン

 

「教育と刃物」セミナー報告

 

The World Travel & Tourism Council

Google

WWW を検索

エコセンの中を検索

連続セミナー「災害と減災」をベースにしたエコセン前代表広瀬敏通氏の新刊です!

災害を
生き抜く

申込受付中!
野生動物インタープリター

獣害対策や地域活性化を推進する人に!

野生動物インタープリター




自然学校「エネルギー・プログラム」アイデア集

身近な自然資源からエネルギーを自給!

自然学校「エネルギー・プログラム」アイデア集

フクシマBOOK

マスメディアからは聞こえない原発被害・福島の声!

フクシマBOOK




地域を元気にする地元学

地域活性化のヒントと実例がここにある。エコセンブックレット誕生!

地域を元気にする地元学

災害を生き抜く

エコセン連続セミナー「災害と減災」をベースにした前代表広瀬敏通氏の渾身の書

災害を生き抜く



RQ災害教育センター
地球環境基金
Share/Bookmark

Mail Magazine★Vol.282

 

日本エコツーリズムセンター★Mail MagazineVol.282
★2015.7.31
………………………………………………………………………
 
読者のみなさま
 
ツバメが減ったというニュースを聞きますが、最近ツバメ見ましたか?
昨年、日本野鳥の会の仕事で「ツバメのねぐらマップ」というのを作りました。
ツバメは45月頃軒先などに巣をつくり、ひなを育てる姿を見かけます。
実はひなが巣立ったあとも、しばらく日本で夏を越して秋に東南アジアに渡ります。
ちょうど巣立って自然に生息しているのがこの季節。
日中はあちこちでえさを獲ってきたツバメが、夕方になると一斉にヨシ原などに集まり「ねぐら」をつくります。
時には数万羽にもなるそうですが、ねぐら入りの様子は壮観で「ツバメのねぐら観察会」なども開かれます。
あなたの住んでいる地域でも、もしかしたらツバメの集団ねぐらあるかもしれません。
遊水地や川原のヨシ原要チェックです。ちなみに珍しい事例で、中央道上り線の談合坂SAでも見られるそうです。
「ツバメのねぐらマップ」欲しい方は、このメルマガ内で詳しくご紹介しています。
 
[森高一]
……………………………………………………………………………………
☆エコセンNEWS
★サステイナブル・ツーリズム国際認証「尾瀬・片品フォーラム」[10/5-7]
★連続セミナー『教育と刃物』報告レポート公開中
 
☆RQ関連情報☆
★スパイダー没後1周年『蜘瀧仙人──僕が歌津にいた理由』刊行
 
☆エコツー関連NEWS
★採れたて野菜でピザ作り!~夏野菜の収穫&ピザ作り&お米の草取り~[8/1 Sat]
★集まれ!きのこと仲間たち ~広げよう菌輪の輪!~ [9/5 Sat]
★「ツバメのねぐらマップ」をプレゼント
 
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ☆エコセンNEWS
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
 ★★サステイナブル・ツーリズム国際認証「尾瀬・片品フォーラム」★★
 
 持続可能な観光を目指し、サステイナブル・ツーリズム国際認証導入を
 目的に議論を深めるフォーラムを、今年は尾瀬・片品をフィールドに観光地
 ・宿泊・オペレーター・インバウンド(DMO)をテーマに議論を深めます。
 
【日時】105-7(-)
【場所】片品村文化センター及び尾瀬国立公園等
【料金】3,000
 ……………………………………………………………………………………
 
 ★★ 連続セミナー『教育と刃物』報告レポート公開中★★
 
「教育」と「刃物」をテーマに、刃物と人間の本質的な関係を振り返り、
 刃物をめぐる現状と課題、刃物教育に関する各種の先進事例、専門家に
 よる教養・実技講座など、刃物を軸にした幅広いテーマで2013年6月から
 2014年5月まで開催した連続セミナー「教育と刃物」の講演録を公開中です。
 
 
【既掲載テーマ】
「人類と刃物─ 考古学・文明学・身体科学の視点から」
「銃刀法の現状とその影響」(講師:服部夏生氏)
「子供と刃物─ 肥後守(ひごのかみ)で鉛筆を削る学校」
「子供と刃物─ 冒険遊び場プレーパークでの刃物の役割」
「子供と刃物─ 子供と刃物──ナイフメーカーの脳育教育の取り組み」
「野遊びと刃物 ──ガキ大将キャンプで30年間ナイフを与え続けて」
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 RQ関連NEWS
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
 ★★スパイダー没後1周年『蜘瀧仙人──僕が歌津にいた理由』刊行★★
 
 宮城県南三陸町歌津で被災地のボランティアをしていたスパイダーこと
 蜘瀧仙人(本名:八幡明彦)さんが急逝されて1年になります。
 彼はなぜ歌津に居続けたのか?
 彼の3年間の軌跡が一冊の本になりました。
 読んでいただければ、スパイダーもきっと喜んでくれると思います。
 
 【書名】『蜘瀧仙人──僕が歌津にいた理由』
 【定価】2000円(送料200円)
 【体裁】A5版、224ページ、フルカラー、並装
 【編集・発行】RQ聞き書きプロジェクト
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ☆エコツー関連NEWS
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
 ★★採れたて野菜でピザ作り!~夏野菜の収穫&ピザ作り&お米の草取り~★★
 
 持続可能な「農的暮らし体験第9弾」は、夏野菜を収穫して、
 その場でピザ作りに挑戦。
 ピザはなんと段ボールで作るオーブンで焼きます!
 午後は田んぼの草取り。馬で耕し、手植えした馬田んぼ。
 大きく育った稲を見に来てくださいね。
 
【日時】201581日(土)10001700
【集合場所】富士急行線 都留市駅前(※詳しい場所はお申込み後にご連絡します)
【参加費用】大人(中学生以上):3,000 / NPO会員:2,500
      小学生:1,000円 幼児:500
【対象】子どもから大人までどなたでも(先着2025名程度)
【詳細・お申し込み】http://kokucheese.com/event/index/309055/
【問い合わせ】NPO法人都留環境フォーラム(担当:内山)
TEL:0554-46-0039 E-mail: taneteforum.org(◆を@に変えて送信してください)
 
 ……………………………………………………………………………………
 
 ★★集まれ!きのこと仲間たち~広げよう菌輪の輪!~★★
 
 見るからに不思議な存在キノコ。
 「なんだか難しそう」「ちょっと気持ち悪い」など近寄りがたい印象かもしれません。
 しかし!!そんな中でも「きのこ女子」など一部に熱烈なファンもいます。
 今回は「なんとなく興味がある」「もっと深く愛でたい」と考えている方々と
 スタッフでキノコ(菌類)の持つ楽しさ、魅力、可能性、を広めたいと思います。
 
【日時】95日(土)10001630
【会場】箱根ビジターセンター(神奈川県足柄下郡箱根町元箱根164
【参加費用】無料
【持ち物】弁当、水、きのこネタ(あれば)
【問い合わせ】箱根ビジターセンター(担当:須田)
TEL:0460-84-5720 FAX:0460-84-5721
E-mail: a-sudabes.or.jp(◆を@に変えて送信してください)
 ……………………………………………………………………………………
 
 ★★「ツバメのねぐらマップ」をプレゼント★★
 
 日本野鳥の会では、全国18か所のツバメのねぐらを紹介した
 パンフレット「ツバメのねぐらマップ」(B2判/裏表、8つ折り)を発行しました。
 ツバメのねぐらの場所やピークの時期、見どころのほか、ツバメの種類や
 1年を通した生活史についての解説も掲載しています。
 
 お申込みは、以下の専用サイトから。
【PC・スマホの方】http://www.birdshop.jp/nature2/
 
 公益財団法人日本野鳥の会
 ……………………………………………………………………………………
 
 ★★エコツアー・ドット・ジェイピー★★
 
 夏休みの予定は決まった?
 エコツアー・ドット・ジェイピーで、探してみてください。
 エコツアー・ドット・ジェイピーは無料でエコツアーやイベントの登録が
 できます。ご活用ください。
 ……………………………………………………………………………………
 
 好評発売中!! エコセンライブラリー&エコセン前代表・広瀬敏通の本
 
 ◇書籍『災害を生き抜く 災害大国ニッポンの未来をつくる』(1,620円)
 ◇『野生動物インタープリター』(500円)
 ◇『自然学校「エネルギー・プログラム」アイデア集』(500円)
 ◇エコセンブックレット『フクシマBOOK』(500円)
 ◇エコセンブックレット『地域を元気にする地元学』(500円)
 ご購入やお申込は www.ecotourism-center.jp/ 左横の書籍の表紙をクリック!
 
 ◇電子書籍
 『アッパーの動物記第1部 家畜と呼ばれた愛すべき仲間たち』
 『アッパーの動物記・第2部』新発売!
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ☆メールマガジンへのご意見・ご感想をお待ちしております!
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ★★NPO法人日本エコツーリズムセンター発行 ★5,456
 116-0013 東京都荒川区西日暮里5-38-5
 TEL:03-5834-7966 FAX03-5834-7972
 Mail: jimukyokuecotourism-center.jp(◆を@に変えて送信してください)
 facebook(フェイスブック) http://on.fb.me/MpZKF7
 エコツアー・ドット・ジェイピー★ www.eco-tour.jp
 ☆日本エコツーリズムセンターは原子力発電に反対します。☆
 ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

 

サイト管理者はコメントに関する責任を負いません。


▲TOP | 問い合わせ