エコセン

 

「教育と刃物」セミナー報告

 

The World Travel & Tourism Council

Google

WWW を検索

エコセンの中を検索

連続セミナー「災害と減災」をベースにしたエコセン前代表広瀬敏通氏の新刊です!

災害を
生き抜く

申込受付中!
野生動物インタープリター

獣害対策や地域活性化を推進する人に!

野生動物インタープリター




自然学校「エネルギー・プログラム」アイデア集

身近な自然資源からエネルギーを自給!

自然学校「エネルギー・プログラム」アイデア集

フクシマBOOK

マスメディアからは聞こえない原発被害・福島の声!

フクシマBOOK




地域を元気にする地元学

地域活性化のヒントと実例がここにある。エコセンブックレット誕生!

地域を元気にする地元学

災害を生き抜く

エコセン連続セミナー「災害と減災」をベースにした前代表広瀬敏通氏の渾身の書

災害を生き抜く



RQ災害教育センター
地球環境基金
Share/Bookmark

[2014.12.3]研修会 In北海道

スキルアップとネットワークで地域を元気にしよう

外国人が行きたくなるニッポン・グリーンツーリズム

インバウンド受け入れについて学ぶ研修ツアー

日本国内有数のグリーンツーリズムの先進地・北海道の魅力とインバウンドの実績を持つ実践者たちから学ぶ研修ツアーを実施します。

NPO法人日本エコツーリズムセンター(東京都)では、「地域の自然や文化を活かした交流活動が、地域を元気にする」と考え、エコツーリズム・グリーンツーリズムの全国の実践者・研究者とネットワークを築いてきました。海外からの旅行者を農山漁村などの地域が受け入れることは、交流活動の拡大につながり、地域そのものや農産物などへのファンを増やしていくでしょう。異文化交流が、地域に新しい風を吹き込んでいきます。海外からの評価が国内の再評価につながるなど、さまざまな効果がもたらされると考えています。

 

本研修では、25年のノウハウを蓄積する北海道グリーン・ツーリズムネットワークと共同で、インバウンドの受け入れの実績のあるグリーンツーリズムの現場を訪ね、実践者を講師として、グリーンツーリズムプログラムとインバウンド受け入れのポイントについて学びます。

地域の個別課題を直接相談できる相談会も同時開催いたします。

 

このプロジェクトは農林水産省都市農村共生・対流総合対策交付金共生・対流促進計画(広域ネットワーク推進対 策)外国人旅行者向けの受入体制の構築事業です。

 

エコセンProject03

 

開催概要

外国人が行きたくなるニッポン・グリーンツーリズム

インバウンド受け入れについて学ぶ研修ツアー

【日 時】2014年12 月3日(水)8:00-18:00

【場 所】札幌駅出発・集合~新得町 ~鹿追町など実地

【研修参加費】無料

*<自己負担分>

・昼食代:1,200円

・集合解散場所(札幌駅)までの交通費

・前日のセミナーとあわせて遠隔地から参加される方には3,000円の宿泊費を補助します。

【主 催】NPO法人日本エコツーリズムセンター/北海道グリーン・ツーリズムネットワーク

【お問合せ】北海道グリーン・ツーリズムネットワーク

TEL:011-252-2115 Fax:011-252-2117

【お申込み】申込書をダウンロードして、お申込ください。

 

【定員】30名

【研修の対象者】

◎グリーンツーリズムに取り組む自治体、地域協議会、観光協会

◎宿泊施設・体験施設、NPO団体

◎田舎で働き隊員、地域おこし協力隊員

など、現在グリーンツーリズムに関わる事業を企画・実施・コーディネートし、現在または今後、インバウンド受け入れを行ないたい団体・個人の皆さまです。

 

研修内容

8:00

札幌駅北口「鐘の広場」集合・出発(貸切バスにて研修地を巡る

10:30

新得町「ヨークシャーファーム」代表・竹田英一氏によるミニセミナーと施設案内

11:45

「ヨークシャーファーム」にてハンバーグランチ(自己負担:1,200円)

13:00

鹿追町のインバウンドを受け入れている<グリーンツーリズム・プレイヤー>施設めぐり

北海道グリーン・ツーリズムネットワーク会長・山岸宏氏の案内で 「カントリーパパ」「大草原の小さな家」「三部牧場」「藤田牧場」などを巡り、外国人受入について実地で学ぶ

14:30

バス内にて、十勝で活動する「いただきますカンパニー」代表・井口芙美子氏によるミニセミナーの後、活動圃場等案内

15:30

振り返り・まとめ、および相談会

 

18:00

札幌駅北口到着・解散.

  

 

 

Share/Bookmark

 


▲TOP | 問い合わせ