エコセン

 

「教育と刃物」セミナー報告

 

The World Travel & Tourism Council

Google

WWW を検索

エコセンの中を検索

連続セミナー「災害と減災」をベースにしたエコセン前代表広瀬敏通氏の新刊です!

災害を
生き抜く

申込受付中!
野生動物インタープリター

獣害対策や地域活性化を推進する人に!

野生動物インタープリター




自然学校「エネルギー・プログラム」アイデア集

身近な自然資源からエネルギーを自給!

自然学校「エネルギー・プログラム」アイデア集

フクシマBOOK

マスメディアからは聞こえない原発被害・福島の声!

フクシマBOOK




地域を元気にする地元学

地域活性化のヒントと実例がここにある。エコセンブックレット誕生!

地域を元気にする地元学

災害を生き抜く

エコセン連続セミナー「災害と減災」をベースにした前代表広瀬敏通氏の渾身の書

災害を生き抜く



RQ災害教育センター
地球環境基金
Share/Bookmark

[2010.10.24〜26]野生動物インタープリター研修会

動物が見られなくても大丈夫?!

野生動物インタープリター研修会

ありそうでなかった野生動物をテーマにしたインタプリター研修を実施します。

野生動物をテーマにしたエコツアー・環境教育プログラムは見ることがメインになりがち。

しかし、本来のねらいを考えれば、動物が見られなくても参加者に満足してもらったり、ねらいを達成したりできるはずです。そのようなプログラムを計画し、運営する手法が身につく研修を実施します。

現役ガイドさんはもちろん、ガイドを目指している方、ガイドではないけど野生動物に興味のある方にもおすすめです。学生も歓迎です。

みなさまのご参加をお待ちしています。

 

エコセンProject02


tr/animal_ip/okutama1.JPG

主任講師の小林毅さん

 

tr/animal_ip/okutama2.JPG

アイスブレイクも動物ネタです

 

tr/animal_ip/okutama3.JPG

動物ウォッチングを実体験。ムササビを探しにでかけます。

じっと待っていたらあきらめたころに、かわいいムササビが巣から飛び立つ姿が見られました!

 

tr/animal_ip/okutama4.JPG

田畑伊織さんに野生動物ウォッチングのコツを教わります。

 

tr/animal_ip/okutama6.JPG

昆虫もいました

 

参 加 者 の 声
  • とても楽しい3日間であっという間でした。今後、この体験を生かせる場を探してつかってみたいともいます。ぜひ、また参加したいです。

     

  • 自分とは異なる意見や考えがとても勉強になりました。ディスカッション形式がとても重要であると思いました。実際に働いている方々のお話がとても弁口になりました。何よりもとても楽しかったです!

     

  • インタープリターはたくさんいるから「いまさら研修は」と思っているかもしれない。そういう人にこぞぜひ参加してほしい。

     

  • 日ごろから漠然と何かしなければ、自分の見解をもたなければと思っていた。今回の研修で道のりを整理し、一段階ずつ考えを深めることによって、少しではあるが自分が持っている想いが見えてきた。

     

  • 自分の知らない農業と家畜の歴史や現況が危機的であることを知り、人間と家畜動物、あるいは野生動物の関係を知るよい機会となりました。

     

  • なんとなくわかっていたことも、改めて納得し勉強になった。「直接見せることが目的にならないように」プログラムを企画したい。

tr/animal_ip/okutama8.JPG

夜の時間もグループディスカッションで盛り上がりました。

 

tr/animal_ip/okutama9.JPG

各自で作成した野生動物ウォッチングエコツアーを発表。

 

tr/animal_ip/okutama10(1).jpg

エコツアーをつくるときのポイントを広瀬敏通さんが語ります。

 

tr/animal_ip/okutama5.JPG

奥多摩も獣害の被害が深刻です。ネットの中で耕作します。

 

tr/animal_ip/okutama11.JPG

ウォッチングの途中で、ナンバリングされたアサヒマダラをみつけました。

 


 

野生動物インタープリター研修会

【日 時】2010年10月24日(日)〜26日(火)2泊3日

【場 所】山のふるさと村ビジターセンター(東京・奥多摩)

【参加費】エコセン会員:20,000円、一般:22,000円

 (2泊6食、保険代込み。現地までの交通費、交流会費は含みません)

【主 催】NPO法人日本エコツーリズムセンター

※この研修は平成22年度日本郵便の動物愛護寄付金の助成を受けて実施しています。

【申込み】下記の申込フォームよりお申し込みください。

 

講習内容

【1日目・10/24】(13:00開講)

・目的の共有化(野生動物ウォッチングの必要性、課題、研修の意図など)

・アイスブレイク~インタープリテーション入門

・野生動物ウォッチングとは(直接観察で楽しめることは何?/伝えたいことは何?/そのための伝え方のコツは?)【ディスカッション方式】

・野生動物観察(ムササビウォッチング、ライトセンサスなど)【野外で体験】

・野生動物ウォッチングの事例紹介

【2日目・10/25】

・野生動物ウォッチング(あるいはプログラム化されたもの)の体験(現場でのリスクマネジメントも)【野外で体験】

・野生動物ウォッチングのためのフィールドワーク入門【実習形式】

・地域の野生動物の現状/動物と人との付き合い方(保護・共生のあり方・スタンスについて外来生物に関して、生物多様性に関して、野生動物による農作物被害など)

・プログラムデザイン(各自、野生動物ウォッチングのプログラム計画をしてみる)

【3日目・10/26】

・プログラム案の発表~ディスカッション(プログラムのねらい・大切にしたい視点など)

・安全管理について

・野生動物ウォッチングで伝えたいこと

(15:00閉講)

 

講師

 

小林毅

小林毅

(財)日本自然保護協会主任研究員、(株)自然教育研究センター代表などを経て、現職。一環してビジターセンターのインタープリテーション、インタープリターの養成を手がけてきた。野生動物を素材としたエコツーリズムを国内外で実施。

 

帝京科学大学アニマルサイエンス科 教授/インタープリテーション(IP)協会代表

 

広瀬敏通

広瀬敏通

日本の自然学校3000校の最初の一校であるホールアース自然学校設立者。日本におけるエコツーリズムの実践と研究では第一人者として知られ、全国のエコツアー前線で長年、仕組みづくりや人材育成を担ってきた。

 

ホールアース自然学校会長/日本エコツーリズムセンター代表理事]

 

Share/Bookmark

 


▲TOP | 問い合わせ