エコセン

 

「教育と刃物」セミナー報告

 

The World Travel & Tourism Council

Google

WWW を検索

エコセンの中を検索

連続セミナー「災害と減災」をベースにしたエコセン前代表広瀬敏通氏の新刊です!

災害を
生き抜く

申込受付中!
野生動物インタープリター

獣害対策や地域活性化を推進する人に!

野生動物インタープリター




自然学校「エネルギー・プログラム」アイデア集

身近な自然資源からエネルギーを自給!

自然学校「エネルギー・プログラム」アイデア集

フクシマBOOK

マスメディアからは聞こえない原発被害・福島の声!

フクシマBOOK




地域を元気にする地元学

地域活性化のヒントと実例がここにある。エコセンブックレット誕生!

地域を元気にする地元学

災害を生き抜く

エコセン連続セミナー「災害と減災」をベースにした前代表広瀬敏通氏の渾身の書

災害を生き抜く



RQ災害教育センター
地球環境基金
Share/Bookmark

[2011.3.12-13]郡上・猟師エコツアー

本日(3/11)発生した地震の影響で、ツアーは中止いたします

ジビエでグルメな1泊2日

イケ面猟師と行く、冬の郡上
若者猟師エコツアー

食の根源を知る画期的なエコツアーが登場! 猟師が森を案内するツアーです。これまでのエコツアーでは飽き足りない方、ジビエ(野生の鳥獣)料理に興味のある方、そして獣害があらたな産業になることを実感したい方にもお勧めです。

猟猟猟

半農半Xならぬ、半インタープリター半猟師を目指す若者たちが郡上八幡にいます。狩猟免許をとり、この冬初めて猪を捕まえました。

猟師ってどんなことをやるの? 郡上では何がとれるの?

彼らの猟師としての冬の生活をのぞいてみます。

捕ったらどうするの?? その答えは・・・おいしいラーメンに!! 豚骨ならぬ猪骨(ちょこつ)ラーメンを売り出すべく挑戦中です。すでに出来上がっているスープは笑顔の出るお味とか。

天気がよければスノーシューでお散歩も。彼らのインタープリターとしての顔ものぞけます。

 

エコセンProject11

 

★イケ面猟師と行く、冬の郡上『若者猟師エコツアー』★

【内容】

【1日目】

 ・オリエンテーション

 ・解体見学

 ・猪骨ラーメンづくり 

 ・猟師さんと一緒の交流会

【2日目】

 ・猟師体験(スノーシューで散策します)

 ・猪骨ラーメン実食!

 

【日時】2011年3月12日(土)~13日(日)

【場所】岐阜県郡上市八幡町

【集合】岐阜バス・八幡営業所(バス停): 12日11:39集合、13日17:00解散

 (岐阜からの近距離高速バス・高速八幡線に時間を合わせています。)

【定員】15名

【申込締切】3月9日(水)

【費用】20,000円(保険、宿泊、食事3食込み)

※このツアーは平成22年度日本郵便の動物愛護寄付金の助成を受けて実施しています。

 

【お問い合わせ】日本エコツーリズムセンター

  TEL:03-5834-7966 FAX:03-5834-7972

 

猟師

 

スノーシュー

猪

 

 

 

Share/Bookmark

 


▲TOP | 問い合わせ