エコセン事務所開所日

月水金(祝日の場合は休)
エコセン

 

「教育と刃物」セミナー報告

 

The World Travel & Tourism Council

Google

WWW を検索

エコセンの中を検索

連続セミナー「災害と減災」をベースにしたエコセン前代表広瀬敏通氏の新刊です!

災害を
生き抜く

申込受付中!
野生動物インタープリター

獣害対策や地域活性化を推進する人に!

野生動物インタープリター




自然学校「エネルギー・プログラム」アイデア集

身近な自然資源からエネルギーを自給!

自然学校「エネルギー・プログラム」アイデア集

フクシマBOOK

マスメディアからは聞こえない原発被害・福島の声!

フクシマBOOK




地域を元気にする地元学

地域活性化のヒントと実例がここにある。エコセンブックレット誕生!

地域を元気にする地元学

災害を生き抜く

エコセン連続セミナー「災害と減災」をベースにした前代表広瀬敏通氏の渾身の書

災害を生き抜く



RQ災害教育センター
地球環境基金
Share/Bookmark

Mail Magazine★Vol.36

日本エコツーリズムセンター★Mail Magazine★Vol. 36
★2008.10.6★
…………………………………………………………………………………………

読者のみなさま

6月14日に岩手・宮城内陸地震が発生して以来、みなさんに支援の呼びかけを
してきました。9月19日現在、延べ人数256名 合計金額 4,476,860円が
寄せられました。たいへん多くの方々にご協力いただきました。あらためて、
深くお礼申し上げます。お蔭様で基金は当初の役割を果たすことができ、
9月末日を持って閉めさせていただきました。この基金は全額をくりこま高原
自然学校宛に寄付させていただくことになりました。
くりこま高原自然学校では、被災前の状態を回復するのではなく、これを機に
自然や地域環境の持続的な発展をめざした「循環型の地域社会づくり」を
計画しているそうです。意欲的な試みで、今後が楽しみです。
エコセンでも引き続き復興支援のためのツアーを実施していきます。
みなさまのご参加、お待ちしております。    [中垣]

…………………………………………………………………………………………
☆エコセンNEWS☆
★佐渡に行きませんか? カーフェリー乗船券プレゼント!
★エコツアーカフェTOKYO・スペシャル[10/27 Mon]=場所・日程にご注意!=
★「くりこま復興支援ツアー」第3弾[10/8-9]
★エコツアーカフェin神戸
 「地域密着型の環境に優しいエコロッジに泊まろう!」[今夜です!]
★エコプロダクツ2008 [12/11-13]
 アウトドア&エコツーリズムコーナー <出展者&ボランティア募集!>
★エコツアーカフェin山形[11/21Fri]
★エコツアーカフェin幡多[10/13 Mon]

☆カフェNEWS☆
★第3回ESDカフェ「持続可能な 未来の描き方」 <エコセン協力>

☆エコツー関連NEWS☆
★シンポジウム「農と自然を基礎とした循環型社会を目指して」
…………………………………………………………………………………………

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆エコセンNEWS☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★★佐渡に行きませんか? カーフェリー乗船券プレゼント!★★

トキが佐渡の空に放鳥されたニュースを耳にした方も多いと
思います。また、佐渡金銀山が世界文化遺産登録の暫定リストに
加えられることも決定し、注目度アップ中ですね。
その佐渡島に行く、通常35,350円のカーフェリー乗用車(5m未満)
往復航送券を 「エコセンのメルマガ読者に」と、佐渡汽船株式会社様から
10枚いただきました。これを読者の皆様にプレゼントします!!
これからの季節は、紅葉もきれいで、新鮮な魚介類も楽しめます。
ぜひこの機会に佐渡に行ってみませんか?
みなさまからのご応募、お待ちしております。

【乗船券の有効期間】2008年11月24日(月)往路ご乗船まで
【航  路】 新潟県直江津港ー小木港
【適用条件】 乗用車が上記航路を10日以内に往復すること
 *同乗者は通常片道2.650円のところ2,320円です。
 *詳しくは佐渡汽船のホームページをご覧ください。
【応募・お問い合せ先】 日本エコツーリズムセンター事務局
 住所・氏名・年齢・職業・電話番号を明記の上、メールか
 ファックスにてお申し込みください。
 TEL:03-3954-2239 FAX:03-3954-2203
 【締め切り】 10月15日(水)
【チケット提供】佐渡汽船株式会社 http://www.sadokisen.co.jp/
……………………………………………………………………………………………

     ★★エコツアーカフェTOKYO・スペシャル★★
    「日米インタープリター イエローストーンを語る」

毎月第1水曜日に開催しているエコツアーカフェTOKYOですが、
11月のカフェは10月27日に日程を変更して実施します。

8月にアメリカ・イエローストーンに行ってきた小林毅さんと
そのイエローストーンからやってきたインタプリターのスティーブ・
ブラウンさんが登場します!
小林さんはイエローストーンで実施したインタプリター研修会の報告を
してくださいます。ブラウンさんからは、イエローストーンをはじめ
アラスカからカリフォルニアまでのアメリカの国立公園の魅力を、そして
ブラウンさんが見る日本の自然についても語っていただきます。
2人とも日本語がペラペラですので、安心してご参加ください。
お待ちしています!

【ゲスト】小林毅氏(岐阜県立森林文化アカデミー教授、IP協会代表)
 スティーブ・ブラウン氏(イエローストーングレイシャーアドベンチャー)
【日時】10月27日(月)19:00-20:30
【場所】東京都内で調整中です。
【参加費】500円(飲み物代)
【詳細・お申込み】http://www.ecotourism-center.jp/cafe/cafe_tk081027.html
【お問い合せ】日本エコツーリズムセンター
 Tel: 03-3954-2239 Fax:03-3954-2203
……………………………………………………………………………………………

     ★★「くりこま復興支援ツアー」第3弾★★

6月14日に発生した岩手・宮城内陸地震で、甚大な被害を受けた
くりこま高原自然学校や耕英地区の復興を支援するエコツアーを
実施します。
くりこま高原自然学校・代表の佐々木豊志さんも「来てくれるだけで
嬉しい」とおっしゃっていますが、復興に向けて動き出している地域には
実際に訪れることや、全国の人々からの励ましが大きな支えとなります。
災害の多い日本に住む私たちは、いつ被災者になってもおかしくありません。
このツアーは実際に被災地の現場に立って、学び、考えるよい機会となります。
今回も佐々木さんの案内と耕英の開拓の方々との交流を予定しています。
ぜひご参加ください!

【日時】10月8日(水)〜9日(木)の1泊2日
【場所】宮城県栗原市
【集合】東北新幹線くりこま高原駅10時45分集合
【解散】東北新幹線くりこま高原駅15時30分解散
【定員】15名 1時間程度の徒歩が出来る方(小学生以上)
【費用】12,000円(新幹線交通費別、宿泊は無料、食材費は込み、懇親会費別)
【お問合せ・申込み】NPO法人日本エコツーリズムセンター
 http://www.ecotourism-center.jp/news/news081008.html
 ●第1回くりこま復興支援ツアーの様子はこちらから↓
 http://www.ecotourism-center.jp/news/news080720.html
……………………………………………………………………………………………

         ★★エコツアーカフェin神戸★★
    「地域密着型の環境に優しいエコロッジに泊まろう!」

毎月第1月曜日開催のエコツアーカフェin神戸。
今回のゲストはエコロッジ協会・代表理事の高山傑さん。日本ではまだあまり
なじみのない”エコロッジ”。世界各国を巡った経験を生かし、日本でもエコロッジを
広めるべく活動しているのが高山さんです。
空調、給湯、調理などによるエネルギー消費、食材の調達・処理、グリーン
建材等、宿泊施設環境に配慮した運営で差別化する宿泊施設のあり方と先進事例を
ご案内いただきます。
みなさまのご参加、お待ちしております!

【ゲスト】高山傑氏(NPO法人エコロッジ協会 代表理事)
【日 時】10月6日(月)18:30-20:00
【場 所】モンベルクラブ 神戸三宮店
【参加費】500円
【詳細・お申込み】http://www.ecotourism-center.jp/cafe/cafe_kb081006.html
【お問合せ】日本エコツーリズムセンター
 Tel: 03-3954-2239 Fax:03-3954-2203
……………………………………………………………………………………………

★★エコプロダクツ2008
  アウトドア&エコツーリズムコーナーの出展者&ボランティア募集!★★

環境系では国内最大規模の展示会であるエコプロダクツ展。今年のアウトドア&
エコツーリズムコーナーをエコセンでプロデュースすることになりました!
17万人の来場が見込まれる今年のエコプロダクツ展で、一緒にエコツーの
魅力をアピールしませんか?
アウトドア&エコツーリズムコーナーに一緒に出展する方を募集しています。
詳細はエコセン事務局までお問い合せください。
また、このコーナーを一緒にプロデュースしてくれるボランティアも募集
しています。事前準備や当日の出展のお手伝をお願いします。
全日程でなく、一部だけでもOKですので、お気軽にお問い合せください。
みなさまからのご連絡、お待ちしております!

【期間】2008年12月11日(木)〜13日(土)10:00〜18:00 (13日は10:00〜17:00)
【場所】東京ビッグサイト[東展示場 1〜6ホール]
【入場料】無料
【公式HP】http://eco-pro.com/
【お問合せ】NPO法人日本エコツーリズムセンター
 TEL:03-3954-2239  FAX:03-3954-2203
……………………………………………………………………………………………

           ★★エコツアーカフェin山形★★
       「山形発、エコツーで地域ば元気にすっべ!」

山形でもエコツアーカフェを実施します!
今回は、豪華ゲスト3名を迎えて、エコツーリズムで地域を元気にするために
語り合っていただきます。ご参加お待ちしております!

【ゲスト】広瀬敏通氏(エコセン代表理事、ホールアース自然学校代表)
     佐藤初雄氏(国際自然大学校代表、自然体験活動推進協議会副代表理事)
     若林千賀子氏(若林環境教育事務所主宰)
【日時】11月21日(金)18:00-20:00
 ※終了後、懇親会があります。(希望者のみ、実費)
【場所】山形市市民活動支援センター(JR山形駅隣接、霞城セントラルビル23階)
【定員】30人
【参加費】500円(茶菓付き)
【詳細・お申込み】http://www.ecotourism-center.jp/cafe/cafe_yg081121.html
【お問合せ】日本エコツーリズムセンター事務局
……………………………………………………………………………………………

        ★★エコツアーカフェin幡多★★

3連休最後の夜に、高知県・幡多でエコツアーカフェを開催します。
自慢の手作りの料理をみんなでシェアーしながら食べます。
家族全員でご参加いただける、幡多らしいアットホームなカフェです。
ご参加、お待ちしています!

【日時】2008年10月13日(月・祝)
 トーク事例発表 18時-19時  交流会 19:00-20:30
【場所・申込】『海癒』(高知県土佐清水市大岐)
 電話 0880-82-8500  
 ※ 一人原価1,000円程度のものをお持ちください。時間の無い方は
  事前連絡ください。
 ※飲み物は自分の好きなものをもって来て下さい。
 ※宿泊希望者は事前連絡下さい。
  雑魚寝 温泉付きで4000円〜 部屋もとれます2名10000円〜

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆カフェNEWS☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

環境問題や持続可能な社会を考えられる場として「カフェ」が増えてきて
います。こうした活動をエコセンでは積極的に協力・応援しています。
みなさんもぜひご参加ください!

   ★★ESDカフェ「持続可能な 未来の描き方」★★
  〜 あなたは20年後の持続可能な社会を描けますか?〜

持続可能な未来のための学びにおいて、未来を多様な人たちと一緒に“描く”
という作業はとっても重要です。そして、みんなで描いた未来を実現する
ために、バックキャスティングで、何に取り組んでいくべきか考え、実行
する。そのプロセスも“ESD”の大切なアプローチだと思います。
第3回のESDカフェは「未来をスケッチVision2020」の編集にもかかわり、
現在多くの企業のCSRをコンサルティングされている薗田綾子さんと一緒に
持続可能な未来の描き方について考えていきたいと思います。
お気軽にご参加ください。

【日時】10月29日(水) 19:00-21:00
【場所】地球環境パートナーシップオフィス EPO会議室(東京都渋谷区)
【参加費】ESD-J会員・学生500円、非会員1500円 (当日入会可)
【詳細】http://www.ecotourism-center.jp/cafe/cafe_esd081029.html
【お問合せ】NPO法人持続可能な開発のための教育の10年推進会議(ESD-J)
 担当:佐々木、高井、千葉
 TEL:03-3797-7227 
《協力》日本エコツーリズムセンター

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆エコツー関連NEWS☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★★シンポジウム「農と自然を基礎とした循環型社会を目指して」 ★★

農と自然を基礎とした循環型社会の形成を目指すために、わが国が今後
どのような方向に向かうべきかを4名の専門家とともに、江戸時代の
多元的社会に学び、持続可能な共生社会への転換を考えていきます。

【日時】2008年10月24日(金)13時〜17時
【会場】オリンピック記念青少年総合センター 国際会議室
【参加費】無料
【定員】200名
【講演】石川英輔(作家)、千賀裕太郎(東京農工大学大学院)、
 甲斐良治(社団法人農村漁村文化協会)、高橋周子(農林水産省)
【お申込み】氏名、勤務先、住所、電話番号、懇親会参加可否 を
 FAX(03-5272-0278)か メールにて。
【詳細・お問い合せ】認定NPO法人 自然環境復元協会
 TEL:03-5272-0254 FAX:03-5272-0278 
 http://www.narec.or.jp/index.php?option=com_content&task=view&id=134&Itemid=25

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆メールマガジンへのご意見・ご感想をお待ちしております!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★★NPO法人日本エコツーリズムセンター発行 ★★
〒171-0031東京都豊島区目白3-13-20 DAIGOビル201
TEL:03-3954-2239 FAX:03-3954-2203
HP www.ecotourism-center.jp/
★エコツアー・ドット・ジェイピー★ www.eco-tour.jp
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

Mail Magazine★Vol.35

日本エコツーリズムセンター★Mail Magazine★Vol. 35
★2008.9.26★
…………………………………………………………………………………………

読者のみなさま

エコツアー・ドット・ジェイピー(www.eco-tour.jp)がリニューアルしました!
エコツアーや体験プログラムなどを実施している方は、無料で情報登録ができ、
旅に出たい人は、自由に検索できるサイトになっています。
エコセンのカエルキャラクターが、いろんな所に潜んでますので、カエル探しも
楽しめます!みなさんのお気に入りを見つけてご一報くださいませ。
見やすく、使いやすくなったエコツアー・ドット・ジェイピーをぜひ
ご利用ください! ご意見・ご感想もお待ちしております。    [中垣]

…………………………………………………………………………………………
☆エコセンNEWS☆
★エコツアーカフェTOKYO[10/1Wed]
★「くりこま復興支援ツアー」第3弾[10/8-9]
★モンベルクラブ・フレンドフェア in 東京  [今週末です!]
★エコツアーカフェin神戸
 「地域密着型の環境に優しいエコロッジに泊まろう!」[10/6 Mon]
★エコプロダクツ2008 [12/11-13]
 アウトドア&エコツーリズムコーナー <出展者&ボランティア募集!>
★エコツアーカフェin山形[11/21Fri]

☆カフェNEWS☆
★第3回ESDカフェ「持続可能な 未来の描き方」 <エコセン協力>

☆エコツー関連NEWS☆
★国際海洋環境シンポジウム2008
…………………………………………………………………………………………

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆エコセンNEWS☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

       ★★エコツアーカフェTOKYO★★
   「今年は国際サンゴ礁年! サンゴの魅力に迫ります」

サンゴ礁の海でのスノーケリングやダイビング、シーカヤックは、南の島
での極上の楽しみです。しかし、サンゴ礁生態系は地球温暖化の影響を
もっとも受けやすい場所の一つでもあります。2008年は国際サンゴ礁年。
海系のNGOやエコツー事業者、行政などが協力してサンゴ礁の環境教育
取り組んでいます。サンゴ礁保全の現状や、ツーリストが楽しみながら貢献
できるサンゴ礁のモニタリング調査などについてお話しいただきます。
ご参加お待ちしています!

【ゲスト】古瀬 浩史氏(自然教育研究センター)
【日時】10月1日(水)18:30-20:00
【場所】SOiL CAFE (目白駅より徒歩2分)
【参加費】500円(飲み物代)
【詳細・お申込み】http://www.ecotourism-center.jp/cafe/cafe_tk081001.html
【お問い合せ】日本エコツーリズムセンター
 Tel: 03-3954-2239 Fax:03-3954-2203
……………………………………………………………………………………………

     ★★「くりこま復興支援ツアー」第3弾★★

6月14日に発生した岩手・宮城内陸地震で、甚大な被害を受けた
くりこま高原自然学校や耕英地区の復興を支援するエコツアーを
実施します。
くりこま高原自然学校・代表の佐々木豊志さんも「来てくれるだけで
嬉しい」とおっしゃっていますが、復興に向けて動き出している地域には
実際に訪れることや、全国の人々からの励ましが大きな支えとなります。
災害の多い日本に住む私たちは、いつ被災者になってもおかしくありません。
このツアーは実際に被災地の現場に立って、学び、考えるよい機会となります。
今回も佐々木さんの案内と耕英の開拓の方々との交流を予定しています。
ぜひご参加ください!

【日時】10月8日(水)〜9日(木)の1泊2日
【場所】宮城県栗原市
【集合】東北新幹線くりこま高原駅10時45分集合
【解散】東北新幹線くりこま高原駅15時30分解散
【定員】15名 1時間程度の徒歩が出来る方(小学生以上)
【費用】12,000円(新幹線交通費別、宿泊は無料、食材費は込み、懇親会費別)
【お問合せ・申込み】NPO法人日本エコツーリズムセンター
 http://www.ecotourism-center.jp/news/news081008.html
 ●第1回くりこま復興支援ツアーの様子はこちらから↓
 http://www.ecotourism-center.jp/news/news080720.html

……………………………………………………………………………………………

     ★★モンベルクラブ・フレンドフェア in 東京 ★★

モンベルクラブ会員さまに贈る秋の感謝祭! 「買・遊・食・知」が一堂に
会するイベントです。お買い得なファクトリー・アウトレット商品コーナーの
ほか、体験会、フレンドエリアやフレンドショップによる名産品コーナー、
情報満載のブースなどをご用意。
このイベントはモンベルクラブ会員さまご優待のイベントです。
エコセンの会員にまだなっていない方は、ぜひこの機会に入会して
会場に遊びにきてください! (当日入会可。受付でエコセンに入会したいと
お伝えください)
ご家族やお友達をお誘い合わせのうえ、ぜひご来場ください!

【期 間】9月27日(土)、28日(日)10:00〜16:00
【場 所】東京流通センター
【入場料】無料
 ※会員と同伴のご家族・ご友人の方に限り、ご入場できます。
【詳 細】http://www.montbell.jp/generalpage/index.php?general_id=64
【ボランティアに関するお問合せ】NPO法人日本エコツーリズムセンター
 TEL:03-3954-2239  FAX:03-3954-2203
……………………………………………………………………………………………

         ★★エコツアーカフェin神戸★★
    「地域密着型の環境に優しいエコロッジに泊まろう!」

毎月第1月曜日開催のエコツアーカフェin神戸。
今回のゲストはエコロッジ協会・代表理事の高山傑さん。日本ではまだあまり
なじみのない”エコロッジ”。世界各国を巡った経験を生かし、日本でもエコロッジを
広めるべく活動しているのが高山さんです。
空調、給湯、調理などによるエネルギー消費、食材の調達・処理、グリーン
建材等、宿泊施設環境に配慮した運営で差別化する宿泊施設のあり方と先進事例を
ご案内いただきます。
みなさまのご参加、お待ちしております!

【ゲスト】高山傑氏(NPO法人エコロッジ協会 代表理事)
【日 時】10月6日(月)18:30-20:00
【場 所】モンベルクラブ 神戸三宮店
【参加費】500円
【詳細・お申込み】http://www.ecotourism-center.jp/cafe/cafe_kb081006.html
【お問合せ】日本エコツーリズムセンター
 Tel: 03-3954-2239 Fax:03-3954-2203
……………………………………………………………………………………………

★★エコプロダクツ2008
  アウトドア&エコツーリズムコーナーの出展者&ボランティア募集!★★

環境系では国内最大規模の展示会であるエコプロダクツ展。今年のアウトドア&
エコツーリズムコーナーをエコセンでプロデュースすることになりました!

17万人の来場が見込まれる今年のエコプロダクツ展で、一緒にエコツーの
魅力をアピールしませんか?
アウトドア&エコツーリズムコーナーに一緒に出展する方を募集しています。
詳細はエコセン事務局までお問い合せください。

また、このコーナーを一緒にプロデュースしてくれるボランティアも募集
しています。事前準備や当日の出展のお手伝をお願いします。
全日程でなく、一部だけでもOKですので、お気軽にお問い合せください。

みなさまからのご連絡、お待ちしております!

【期間】2008年12月11日(木)〜13日(土)10:00〜18:00 (13日は10:00〜17:00)
【場所】東京ビッグサイト[東展示場 1〜6ホール]
【入場料】無料
【公式HP】http://eco-pro.com/
【お問合せ】NPO法人日本エコツーリズムセンター
 TEL:03-3954-2239  FAX:03-3954-2203
……………………………………………………………………………………………

           ★★エコツアーカフェin山形★★
       「山形発、エコツーで地域ば元気にすっべ!」

山形でもエコツアーカフェを実施します!
今回は、豪華ゲスト3名を迎えて、エコツーリズムで地域を元気にするために
語り合っていただきます。
ご参加お待ちしております!

【ゲスト】
 広瀬敏通氏
  (日本エコツーリズムセンター代表理事、ホールアース自然学校代表)
 佐藤初雄氏
  (国際自然大学校代表、自然体験活動推進協議会副代表理事)
 若林千賀子氏
  (若林環境教育事務所主宰)
【日時】11月21日(金)18:00-20:00
 ※終了後、懇親会があります。(希望者のみ、実費)
【場所】山形市市民活動支援センター(JR山形駅隣接、霞城セントラルビル23階)
【定員】30人
【参加費】500円(茶菓付き)
【詳細・お申込み】http://www.ecotourism-center.jp/cafe/cafe_yg081121.html
【お問合せ】日本エコツーリズムセンター
  TEL:03-3954-2239 Fax:03-3954-2203

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆カフェNEWS☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

環境問題や持続可能な社会を考えられる場として「カフェ」が増えてきて
います。こうした活動をエコセンでは積極的に協力・応援しています。
みなさんもぜひご参加ください!

   ★★ESDカフェ「持続可能な 未来の描き方」★★
  〜 あなたは20年後の持続可能な社会を描けますか?〜

持続可能な未来のための学びにおいて、未来を多様な人たちと一緒に“描く”
という作業はとっても重要です。そして、みんなで描いた未来を実現する
ために、バックキャスティングで、何に取り組んでいくべきか考え、実行
する。そのプロセスも“ESD”の大切なアプローチだと思います。
第3回のESDカフェは「未来をスケッチVision2020」の編集にもかかわり、
現在多くの企業のCSRをコンサルティングされている薗田綾子さんと一緒に
持続可能な未来の描き方について考えていきたいと思います。
お気軽にご参加ください。

【日時】10月29日(水) 19:00-21:00
【場所】地球環境パートナーシップオフィス EPO会議室(東京都渋谷区)
【参加費】ESD-J会員・学生500円、非会員1500円 (当日入会可)
【詳細】http://www.ecotourism-center.jp/cafe/cafe_esd081029.html
【お問合せ】NPO法人持続可能な開発のための教育の10年推進会議(ESD-J)
 担当:佐々木、高井、千葉
 TEL:03-3797-7227 

《協力》日本エコツーリズムセンター

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆エコツー関連NEWS☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

     ★★国際海洋環境シンポジウム2008★★
    ー海から魚が消える? 私たちに今できることー

地球温暖化のもたらす影響やマグロの漁獲量減少ーー世界の海洋生態系を
とりまく深刻な状況が伝えられています。豊かな海の自然環境を未来に
残すためには? 持続可能な漁業とは? お寿司をはじめ、おいしい
魚料理をいつまでも楽しめるように、国内外の研究者・関係者とともに、
私たちが今できることを考えませんか。

【日時】 10月17日(金)09:30-17:30
【会場】 国際連合大学ウタントホール国際会議場(東京都渋谷区)
【参加費】無料。事前申込が必要です。
【申込み・詳細】 http://www.greenpeace.or.jp/susea2008
【お問合せ】事務局(サイマルインターナショナル内)
 Tel: 03-3524-3132 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆メールマガジンへのご意見・ご感想をお待ちしております!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★★NPO法人日本エコツーリズムセンター発行 ★★
〒171-0031東京都豊島区目白3-13-20 DAIGOビル201
TEL:03-3954-2239 FAX:03-3954-2203
HP www.ecotourism-center.jp/
★エコツアー・ドット・ジェイピー★ www.eco-tour.jp
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
 

Mail Magazine★Vol.34

日本エコツーリズムセンター★Mail Magazine★Vol. 34
★2008.9.18★
…………………………………………………………………………………………

読者のみなさま

3連休はどう過ごされましたか? 私は記念すべき第10回目となる東北環境
教育ミーティングに参加するため秋田に行ってきました。秋田は暑かった&
熱かったです! 食とツーリズムをテーマにしていた今回のミーティングは
パネルトークに地元、秋田県八峰町からのパネリストを4名むかえました。
その内1名は“超”こだわった日本酒の蔵元の方で、杜氏制を廃止し自ら酒造りを
しています。今年からなんと酒米も自分で作り始めているのです。こだわりの
お酒はとても美味しいです!
そして、もう1名。まだ30代前半ですが、沖合底引網漁船の船長さん。
秋田で魚をとっても、一端築地に出て、また秋田に戻ってくるため、せっかく
地元でとっているのに、地元では鮮度のいい魚が手に入らない。そういうことに
疑問を感じ、自分で捕った魚を自分で売るために、仲買人の資格を取ったのです。
日本では初めてのことのようです。(漁師さんは仲買人の資格がなければ、
直接消費者に魚を売ることはできません。)
このところ、事故米など食に関する悪い話題が多いですが、本当にいい物を
つくっている人たちがいます。本物を買いたいですね。
そして、東北は空気も水も人も素晴らしいです! 地震の影響で東北は
全体的に風評被害にあっています。風評なんて気にせず、さあ、みなさん、
東北に出かけましょう!     [中垣]

…………………………………………………………………………………………
☆エコセンNEWS☆
★エコツアーカフェTOKYO[10/1Wed]
★「くりこま復興支援ツアー」第3弾[10/8-9]
★モンベルクラブ・フレンドフェア in 東京  [9/27-28] ボランティア募集!
★エコツアーカフェin神戸
 「地域密着型の環境に優しいエコロッジに泊まろう!」[10/6 Mon]
★エコプロダクツ2008 [12/11-13]
 アウトドア&エコツーリズムコーナー <出展者&ボランティア募集!>

☆カフェNEWS☆
★第2回ESDカフェ「ESD先進国・ドイツの取り組み」 <エコセン協力>

☆エコツー関連NEWS☆
★がんばろう!耕英 震災復興ワークキャンプ
…………………………………………………………………………………………

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆エコセンNEWS☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

       ★★エコツアーカフェTOKYO★★
   「今年は国際サンゴ礁年! サンゴの魅力に迫ります」

サンゴ礁の海でのスノーケリングやダイビング、シーカヤックは、南の島
での極上の楽しみです。しかし、サンゴ礁生態系は地球温暖化の影響を
もっとも受けやすい場所の一つでもあります。2008年は国際サンゴ礁年。
海系のNGOやエコツー事業者、行政などが協力してサンゴ礁の環境教育に
取り組んでいます。サンゴ礁保全の現状や、ツーリストが楽しみながら貢献
できるサンゴ礁のモニタリング調査などについてお話しいただきます。
ご参加お待ちしています!

【ゲスト】古瀬 浩史氏(自然教育研究センター)
【日時】10月1日(水)18:30-20:00
【場所】SOiL CAFE (目白駅より徒歩2分)
【参加費】500円(飲み物代)
【詳細・お申込み】http://www.ecotourism-center.jp/cafe/cafe_tk081001.html
【お問い合せ】日本エコツーリズムセンター
 Tel: 03-3954-2239 Fax:03-3954-2203
◎過去のエコツアーカフェのページを更新しました。ぜひ、ご覧ください。
 第6回 江崎絢子氏(国際エコツーリズム協会 TIES)
 http://www.ecotourism-center.jp/cafe/cafe_tk080604.html
 第7回 三好直子氏(環境教育指導者)
 http://www.ecotourism-center.jp/cafe/cafe_tk080702.html
 第8回 中野民夫氏(ワークショップ企画プロデューサー)
 http://www.ecotourism-center.jp/cafe/cafe_tk080806.html
 第9回 佐々木豊志氏(くりこま高原自然学校代表)
 http://www.ecotourism-center.jp/cafe/cafe_tk080903.html
……………………………………………………………………………………………

     ★★「くりこま復興支援ツアー」第3弾★★

6月14日に発生した岩手・宮城内陸地震で、甚大な被害を受けた
くりこま高原自然学校や耕英地区の復興を支援するエコツアーを
実施します。
くりこま高原自然学校・代表の佐々木豊志さんも「来てくれるだけで
嬉しい」とおっしゃっていますが、復興に向けて動き出している地域には
実際に訪れることや、全国の人々からの励ましが大きな支えとなります。
災害の多い日本に住む私たちは、いつ被災者になってもおかしくありません。
このツアーは実際に被災地の現場に立って、学び、考えるよい機会となります。
今回も佐々木さんの案内と耕英の開拓の方々との交流を予定しています。
ぜひご参加ください!

【日時】10月8日(水)〜9日(木)の1泊2日
【場所】宮城県栗原市
【集合】東北新幹線くりこま高原駅10時45分集合
【解散】東北新幹線くりこま高原駅15時30分解散
【定員】15名 1時間程度の徒歩が出来る方(小学生以上)
【費用】12,000円(新幹線交通費別、宿泊は無料、食材費は込み、懇親会費別)
【お問合せ・申込み】NPO法人日本エコツーリズムセンター
 http://www.ecotourism-center.jp/news/news081008.html
 ●第1回くりこま復興支援ツアーの様子はこちらから↓
 http://www.ecotourism-center.jp/news/news080720.html

……………………………………………………………………………………………

     ★★モンベルクラブ・フレンドフェア in 東京 ★★

モンベルクラブ会員さまに贈る秋の感謝祭! 「買・遊・食・知」が一堂に
会するイベントです。お買い得なファクトリー・アウトレット商品コーナーの
ほか、体験会、フレンドエリアやフレンドショップによる名産品コーナー、
情報満載のブースなどをご用意。
このイベントはモンベルクラブ会員さまご優待のイベントです。
エコセンの会員にまだなっていない方は、ぜひこの機会に入会して
会場に遊びにきてください! (当日入会可。受付でエコセンに入会したいと
お伝えください)
ご家族やお友達をお誘い合わせのうえ、ぜひご来場ください!

エコセンの出展コーナーを一緒にセッティングし、当日も出展のお手伝いを
してくれるボランティアを募集しています。もちろん、部分参加でもOK。
イベントではこういうことをして欲しいというリクエストや、こんな
ことをしたら面白いというご提案も大募集です!!
ご連絡、お待ちしております。

【期 間】9月27日(土)、28日(日)10:00〜16:00
【場 所】東京流通センター
【入場料】無料
 ※会員と同伴のご家族・ご友人の方に限り、ご入場できます。
【詳 細】http://www.montbell.jp/generalpage/index.php?general_id=64
【ボランティアに関するお問合せ】NPO法人日本エコツーリズムセンター
 TEL:03-3954-2239  FAX:03-3954-2203
……………………………………………………………………………………………

         ★★エコツアーカフェin神戸★★
    「地域密着型の環境に優しいエコロッジに泊まろう!」

毎月第1月曜日開催のエコツアーカフェin神戸。
今回のゲストはエコロッジ協会・代表理事の高山傑さん。日本ではまだあまり
なじみのない”エコロッジ”。世界各国を巡った経験を生かし、日本でもエコロッジを
広めるべく活動しているのが高山さんです。
空調、給湯、調理などによるエネルギー消費、食材の調達・処理、グリーン
建材等、宿泊施設環境に配慮した運営で差別化する宿泊施設のあり方と先進事例を
ご案内いただきます。
みなさまのご参加、お待ちしております!

【ゲスト】高山傑氏(NPO法人エコロッジ協会 代表理事)
【日 時】10月6日(月)18:30-20:00
【場 所】モンベルクラブ 神戸三宮店
【参加費】500円
【詳細・お申込み】http://www.ecotourism-center.jp/cafe/cafe_kb081006.html
【お問合せ】日本エコツーリズムセンター
 Tel: 03-3954-2239 Fax:03-3954-2203
……………………………………………………………………………………………

★★エコプロダクツ2008
  アウトドア&エコツーリズムコーナーの出展者&ボランティア募集!★★

環境系では国内最大規模の展示会であるエコプロダクツ展。今年のアウトドア&
エコツーリズムコーナーをエコセンでプロデュースすることになりました!

17万人の来場が見込まれる今年のエコプロダクツ展で、一緒にエコツーの
魅力をアピールしませんか?
アウトドア&エコツーリズムコーナーに一緒に出展する方を募集しています。
詳細はエコセン事務局までお問い合せください。

また、このコーナーを一緒にプロデュースしてくれるボランティアも募集
しています。事前準備や当日の出展のお手伝をお願いします。
全日程でなく、一部だけでもOKですので、お気軽にお問い合せください。

みなさまからのご連絡、お待ちしております!

【期間】2008年12月11日(木)〜13日(土)10:00〜18:00 (13日は10:00〜17:00)
【場所】東京ビッグサイト[東展示場 1〜6ホール]
【入場料】無料
【公式HP】http://eco-pro.com/
【お問合せ】NPO法人日本エコツーリズムセンター
 TEL:03-3954-2239  FAX:03-3954-2203

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆カフェNEWS☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

環境問題や持続可能な社会を考えられる場として「カフェ」が増えてきて
います。こうした活動をエコセンでは積極的に協力・応援しています。
みなさんもぜひご参加ください!

   ★★ESDカフェ「ESD先進国・ドイツの取り組み」★★
       〜 ESDの普及戦略と学校教育改革〜

EUのなかでもESD推進の主導的な役割を担っているドイツ。2002年の
ヨハネスブルク・サミット後、全国の10%の学校にESD導入を目標とした
プロジェクト「Transfer21」がスタート。一方、「ESDの10年プロジェクト」
というESD認定事業を実施し、すでに660を越すプロジェクトが認定されています。
第2回のESDカフェは、昨年までドイツのベルリン自由大学でESDを研究されて
いた、高雄綾子さんをゲストに迎え、ドイツのESDについてお話し頂きます。
どうぞお気軽にご参加ください。

【日時】9月19日(金) 19:00〜21:00
【場所】地球環境パートナーシップオフィス EPO会議室
【参加費】ESD-J会員・学生500円、非会員1500円 (当日入会可)
【詳細】http://www.esd-j.org/j/activity/activity.php?itemid=2345&catid=254
【お問い合せ】NPO法人 持続可能な開発のための教育の10年推進会議(ESD-J)
 担当:佐々木、高井、千葉
 TEL:03-3797-7227 
《協力》日本エコツーリズムセンター

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆エコツー関連NEWS☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   ★★「がんばろう!耕英 震災復興ワークキャンプ」★★

耕英地区は冬になると2メートルを超える積雪があり、11月の雪の
時期の前までに復興のための作業が必要です。そこで、10月の雪が
降る前に、復興のための様々なお手伝いをするために、「がんばろう!
耕英 震災復興ワークキャンプ」をくりこま高原自然学校と共に開催
することとなりました。ご参加、お待ちしております。

【日程】第1期間:2008年10月 1日(水)〜10日(金)
    第2期間: 2008年10月11日(土)〜20日(月)
    第3期間: 2008年10月21日(火)〜31日(金)
【活動内容】震災復興のためのお手伝い、自然学校の新たな拠点作り
 (部屋・駐車場・畑作りなど)
 *活動は状況によって変わりますので、予めご理解下さい。
【募集人員】各4名(定員になり次第締め切ります。)
【活動場所】宮城県栗原市
【参加に関する費用】
 ○1回参加 NICE会員:23,000円 非会員 :27,000円
 ○2回参加 NICE会員:33,000円 非会員 :38,000円
 ○3回参加 NICE会員:33,000円 非会員 :38,000円
 ●今回の参加費用はかかる経費分を差し引いて、震災復興のための
  資金として、現地に寄付されます。
【詳細】 http://nice1.gr.jp/wc-japan/kurikoma-info.html
【お問い合せ】特定非営利活動法人 NICE(日本国際ワークキャンプセンター)
 担当:上田・沖野
 電話 : 03-3358-7140 (月〜金 10:00-12:30, 13:30-18:00)
 FAX: 03-3358-7149  

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆メールマガジンへのご意見・ご感想をお待ちしております!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★★NPO法人日本エコツーリズムセンター発行 ★★
〒171-0031東京都豊島区目白3-13-20 DAIGOビル201
TEL:03-3954-2239 FAX:03-3954-2203
HP www.ecotourism-center.jp/
★エコツアー・ドット・ジェイピー★ www.eco-tour.jp
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

Mail Magazine★Vol.33

 

日本エコツーリズムセンター★Mail Magazine★Vol. 33
★2008.9.12★
…………………………………………………………………………………………

読者のみなさま

ようやく涼しい秋風が吹くようになってきましたが、今日の東京は夏の
暑さです。さて、週初めに清里で実施された「つなぐ人フォーラム」に
参加してきました。自然系だけでなく、博物館や科学館など異分野の
人たちが集まり、伝える技術について様々な視点で話し合いました。
美術館やサイエンス系の人とは普段全く接点がなく、あまり興味を持って
いない分野だったのですが、みなさん面白い取り組みをしていて、とても
興味がわきました。参加者全員が刺激を受けたフォーラムだったと
思います。私は自然系が好きですが、今回は異分野からの刺激があり、
新鮮な風をうけた感じでした。みなさんはどんな風をうけていますか?
[中垣]

…………………………………………………………………………………………
☆エコセンNEWS☆
★「くりこま復興支援ツアー」第3弾[10/8-9]
★エコプロダクツ2008 [12/11-13]
 アウトドア&エコツーリズムコーナーの出展者&ボランティア募集!
★モンベルクラブ・フレンドフェア in 東京  [9/27-28] ボランティア募集!
★インタビュー@エコツアー・ドット・ジェイピー:中根忍さん
★エコツアーカフェin神戸
 「地域密着型の環境に優しいエコロッジに泊まろう!」[10/6 Mon]

☆カフェNEWS☆
★第2回ESDカフェ「ESD先進国・ドイツの取り組み」 <エコセン協力>

☆エコツー関連NEWS☆
★世界おんだんか紀行 ブラジル・アマゾン編
…………………………………………………………………………………………

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆エコセンNEWS☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

     ★★「くりこま復興支援ツアー」第3弾★★

6月14日に発生した岩手・宮城内陸地震で、甚大な被害を受けた
くりこま高原自然学校や耕英地区の復興を支援するエコツアーを
実施します。
くりこま高原自然学校・代表の佐々木豊志さんも「来てくれるだけで
嬉しい」とおっしゃっていますが、復興に向けて動き出している地域には
実際に訪れることや、全国の人々からの励ましが大きな支えとなります。
災害の多い日本に住む私たちは、いつ被災者になってもおかしくありません。
このツアーは実際に被災地の現場に立って、学び、考えるよい機会となります。
今回も佐々木さんの案内と耕英の開拓の方々との交流を予定しています。
ぜひご参加ください!

【日時】10月8日(水)〜9日(木)の1泊2日
【場所】宮城県栗原市
【集合】東北新幹線くりこま高原駅10時45分集合
【解散】東北新幹線くりこま高原駅15時30分解散
【定員】15名 1時間程度の徒歩が出来る方(小学生以上)
【費用】12,000円(新幹線交通費別、宿泊は無料、食材費は込み、懇親会費別)
【お問合せ・申込み】NPO法人日本エコツーリズムセンター
 http://www.ecotourism-center.jp/news/news081008.html
 ●第1回くりこま復興支援ツアーの様子はこちらから↓
 http://www.ecotourism-center.jp/news/news080720.html
……………………………………………………………………………………………

★★エコプロダクツ2008
  アウトドア&エコツーリズムコーナーの出展者&ボランティア募集!★★

環境系では国内最大規模の展示会であるエコプロダクツ展。今年のアウトドア&
エコツーリズムコーナーをエコセンでプロデュースすることになりました!

17万人の来場が見込まれる今年のエコプロダクツ展で、一緒にエコツーの
魅力をアピールしませんか?
アウトドア&エコツーリズムコーナーに一緒に出展する方を募集しています。
詳細はエコセン事務局までお問い合せください。

また、このコーナーを一緒にプロデュースしてくれるボランティアも募集
しています。事前準備や当日の出展のお手伝をお願いします。
全日程でなく、一部だけでもOKですので、お気軽にお問い合せください。

みなさまからのご連絡、お待ちしております!

【期間】2008年12月11日(木)〜13日(土)10:00〜18:00 (13日は10:00〜17:00)
【場所】東京ビッグサイト[東展示場 1〜6ホール]
【入場料】無料
【公式HP】http://eco-pro.com/
【お問合せ】NPO法人日本エコツーリズムセンター
 TEL:03-3954-2239  FAX:03-3954-2203
……………………………………………………………………………………………

     ★★モンベルクラブ・フレンドフェア in 東京 ★★

モンベルクラブ会員さまに贈る秋の感謝祭! 「買・遊・食・知」が一堂に
会するイベントです。お買い得なファクトリー・アウトレット商品コーナーの
ほか、体験会、フレンドエリアやフレンドショップによる名産品コーナー、
情報満載のブースなどをご用意。
このイベントはモンベルクラブ会員さまご優待のイベントです。
エコセンの会員にまだなっていない方は、ぜひこの機会に入会して
会場に遊びにきてください! (当日入会も可能)
ご家族やお友達をお誘い合わせのうえ、ぜひご来場ください!

エコセンの出展コーナーを一緒に作成し、当日も出展のお手伝いをして
くれるボランティアを募集しています。もちろん、部分参加でもOK。
イベントではこういうことをして欲しいというリクエストや、こんな
ことをしたら面白いというご提案も大募集です!!
ご連絡、お待ちしております。

【期 間】9月27日(土)、28日(日)10:00〜16:00
【場 所】東京流通センター
【入場料】無料
 ※会員と同伴のご家族・ご友人の方に限り、ご入場できます。
【詳 細】http://www.montbell.jp/generalpage/index.php?general_id=64
【ボランティアに関するお問合せ】NPO法人日本エコツーリズムセンター
 TEL:03-3954-2239  FAX:03-3954-2203
……………………………………………………………………………………………

 ★★インタビュー@エコツアー・ドット・ジェイピー:中根忍さん★★
    『大自然の宝庫「やんばる」で環境教育の可能性に挑む』

エコセンが運営する自然と環境のポータルサイト「エコツアー・ドット・ジェイピー」で
地域で活躍するメンバーにインタビューをしています。

青い海、鬱蒼と茂る原生林、ヤンバルクイナをはじめとする希少動植物。
沖縄の北部のやんばる(山原)地方は、まさに大自然の宝庫です。
そんなやんばるで、エコツアーを通して、自然保護と環境教育、
地域活性化に取り組んでいる中根忍さんにお話を伺いました。

やんばるエコツーリズム研究所 サンゴとブロッコリーの森自然学校
代表 中根忍さん
http://www.eco-tour.jp/special/yanbal-interview/index.html

ぜひご一読ください!
……………………………………………………………………………………………

  ★★エコツアーカフェin神戸
      「地域密着型の環境に優しいエコロッジに泊まろう!」★★

毎月第1月曜日開催のエコツアーカフェin神戸。
今回のゲストはエコロッジ協会・代表理事の高山傑さん。日本ではまだあまり
なじみのない”エコロッジ”。世界各国を巡った経験を生かし、日本でもエコロッジを
広めるべく活動しているのが高山さんです。
空調、給湯、調理などによるエネルギー消費、食材の調達・処理、グリーン
建材等、宿泊施設環境に配慮した運営で差別化する宿泊施設のあり方と先進事例を
ご案内いただきます。
みなさまのご参加、お待ちしております!

【ゲスト】高山傑氏(NPO法人エコロッジ協会 代表理事)
【日 時】10月6日(月)18:30-20:00
【場 所】モンベルクラブ 神戸三宮店
【参加費】500円
【詳細・お申込み】http://www.ecotourism-center.jp/cafe/cafe_kb081006.html
【お問合せ】日本エコツーリズムセンター
 Tel: 03-3954-2239 Fax:03-3954-2203

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆カフェNEWS☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

環境問題や持続可能な社会を考えられる場として「カフェ」が増えてきて
います。こうした活動をエコセンでは積極的に協力・応援しています。
みなさんもぜひご参加ください!

   ★★ESDカフェ「ESD先進国・ドイツの取り組み」★★
       〜 ESDの普及戦略と学校教育改革〜

EUのなかでもESD推進の主導的な役割を担っているドイツ。2002年の
ヨハネスブルク・サミット後、全国の10%の学校にESD導入を目標とした
プロジェクト「Transfer21」がスタート。一方、「ESDの10年プロジェクト」
というESD認定事業を実施し、すでに660を越すプロジェクトが認定されています。
第2回のESDカフェは、昨年までドイツのベルリン自由大学でESDを研究されて
いた、高雄綾子さんをゲストに迎え、ドイツのESDについてお話し頂きます。
どうぞお気軽にご参加ください。

【日時】2008年9月19日(金) 19:00〜21:00
【場所】地球環境パートナーシップオフィス EPO会議室
【参加費】ESD-J会員・学生500円、非会員1500円 (当日入会可)
【詳細】http://www.esd-j.org/j/activity/activity.php?itemid=2345&catid=254
【お問い合せ】NPO法人 持続可能な開発のための教育の10年推進会議(ESD-J)
 担当:佐々木、高井、千葉
 TEL:03-3797-7227 
《協力》日本エコツーリズムセンター

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆エコツー関連NEWS☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   ★★世界おんだんか紀行_ ブラジル・アマゾン編★★
 「新聞記者アマゾンをゆく!〜地球の肺をのぞいてみたら〜」

世界各地の今を知るシリーズイベント「世界おんだんか紀行♪」
今回は、世界を飛び回る現役の新聞記者・佐藤淳さんをゲストに迎え、
ブラジルの秘境 アマゾン川流域を取り上げます。森林、エネルギー、食、
貧困…。“地球の肺”と呼ばれる世界最大の熱帯林で起きていることは、
世界の問題の縮図でした!
現場を取材して得られた最新情報のほか、世界各地を歩かれたジャーナリストの
視点から、お話をうかがいます。

【ゲスト】佐藤淳さん(読売新聞社科学部記者)
【日 時】9月20日  13:30〜15:00
【場 所】ストップおんだん館 ワークショップコーナー
【参加費】無料
【定 員】50名
【詳細・申込み】http://www.jccca.org/ondankan/event/20080920.html
【お問い合せ】全国地球温暖化防止活動推進センター ストップおんだん館
 担当:小山 TEL:03-5114-1284 FAX:03-5114-1285
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆メールマガジンへのご意見・ご感想をお待ちしております!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★★NPO法人日本エコツーリズムセンター発行 ★★
〒171-0031東京都豊島区目白3-13-20 DAIGOビル201
TEL:03-3954-2239 FAX:03-3954-2203
HP www.ecotourism-center.jp/
★エコツアー・ドット・ジェイピー★ www.eco-tour.jp
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

Mail Magazine★Vol.32

 

日本エコツーリズムセンター★Mail Magazine★Vol. 32
★2008.9.1★
…………………………………………………………………………………………

読者のみなさま

今日は防災の日ですね。東北で起きた地震や各地で発生している大雨による
洪水など災害が多発しています。天災をさけることは難しいですが、備える
ことはできます。防災グッズを揃えたり、避難経路を確認したりするのも
大事ですが、地域づくりも防災につながると思います。自分の住む地域を
よく知っていること、地域の人たちが繋がり合っていること、他の地域との
繋がりをもっていること。普段から繋がりを意識し、大切にしていると
いざと言う時に、お互いに助け合ったり、非常時の対応も動きやすくなるの
ではないでしょうか。
また、繋がりを広げていくことは、お互いを大切にし合い、争いをなくし
平和な社会をつくっていくことでもあると思います。みなさんの中には
自然と人、地域同士、人と人、色んな形で繋ぐことをお仕事にしている方が
たくさんいると思いますが、ぜひ私たちも繋がりを持って、平和な社会を
つくっていきましょう。    [中垣]

…………………………………………………………………………………………
☆エコセンNEWS☆
★エコツアーカフェTOKYO  くりこま・佐々木さんが来ます![9/3 Wed]
★エコツアーカフェin神戸
 「地域密着型の環境に優しいエコロッジに泊まろう!」[10/6 Mon]

☆カフェNEWS☆
★第2回ESDカフェ「ESD先進国・ドイツの取り組み」 <エコセン協力>

☆エコツー関連NEWS☆
★へいわフォーラム2008@築地本願寺
★ファシリテーション・企画とプログラムデザイン講座
★第10回 東北環境教育ミーティングinあきた白神
…………………………………………………………………………………………

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆エコセンNEWS☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

       ★★エコツアーカフェTOKYO★★
  「地震発生! その時と復興に向けての僕たちの取り組み」

これまで、このメルマガやHPなどを通して、岩手・宮城内陸地震で
被災したくりこま高原自然学校や自然学校のある耕英地区の情報を
お伝えしてきましたが、9月のエコツアーカフェでは佐々木さん
(くりこま高原自然学校代表)から直接お話を聞くことができます!
地震の時のことや復興について、佐々木さんとの語らいに、
ぜひご参加ください。ご予約はお早めに!

【ゲスト】佐々木豊志氏(くりこま高原自然学校代表)
【日時】9月3日(水)18:30-20:00
【場所】SOiL CAFE (目白駅より徒歩2分)
【参加費】500円(飲み物代)
【詳細・お申込み】http://www.ecotourism-center.jp/cafe/cafe_tk080903.html
【お問い合せ】日本エコツーリズムセンター
 Tel:03-3954-2239 Fax:03-3954-2203
……………………………………………………………………………………………

  ★★エコツアーカフェin神戸
      「地域密着型の環境に優しいエコロッジに泊まろう!」★★

毎月第1月曜日開催のエコツアーカフェin神戸。
今回のゲストはエコロッジ協会・代表理事の高山傑さん。日本ではまだあまり
なじみのない”エコロッジ”。世界各国を巡った経験を生かし、日本でもエコロッジを
広めるべく活動しているのが高山さんです。
空調、給湯、調理などによるエネルギー消費、食材の調達・処理、グリーン
建材等、宿泊施設環境に配慮した運営で差別化する宿泊施設のあり方と先進事例を
ご案内いただきます。
みなさまのご参加、お待ちしております!

【ゲスト】高山傑氏(NPO法人エコロッジ協会 代表理事)
【日時】10月6日(月)18:30-20:00
【場所】モンベルクラブ 神戸三宮店
【参加費】500円
【詳細・お申込み】http://www.ecotourism-center.jp/cafe/cafe_kb081006.html
【お問い合せ】日本エコツーリズムセンター
 Tel: 03-3954-2239 Fax:03-3954-2203

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆カフェNEWS☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

環境問題や持続可能な社会を考えられる場として「カフェ」が増えてきて
います。こうした活動をエコセンでは積極的に協力・応援しています。
みなさんもぜひご参加ください!

   ★★ESDカフェ「ESD先進国・ドイツの取り組み」★★
       〜ESDの普及戦略と学校教育改革〜

EUのなかでもESD推進の主導的な役割を担っているドイツ。2002年の
ヨハネスブルク・サミット後、全国の10%の学校にESD導入を目標とした
プロジェクト「Transfer21」がスタート。一方、「ESDの10年プロジェクト」
というESD認定事業を実施し、すでに660を越すプロジェクトが認定されています。
第2回のESDカフェは、昨年までドイツのベルリン自由大学でESDを研究されて
いた、高雄綾子さんをゲストに迎え、ドイツのESDについてお話し頂きます。
どうぞお気軽にご参加ください。

【日時】2008年9月19日(金) 19:00〜21:00
【場所】地球環境パートナーシップオフィス EPO会議室
【参加費】ESD-J会員・学生500円、非会員1500円 (当日入会可)
【詳細】http://www.ecotourism-center.jp/cafe/cafe_esd080919.html
【お問い合せ】NPO法人 持続可能な開発のための教育の10年推進会議(ESD-J)
 担当:佐々木、高井、千葉
 TEL:03-3797-7227 
《協力》日本エコツーリズムセンター

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆エコツー関連NEWS☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
      ★★へいわフォーラム2008@築地本願寺★★

9.11はアメリカ自爆テロと云う一国家への影響だけでなく世界中の
人々にとって命の尊さ、戦争の過ちを考えると共に環境問題など様々な
事を改めて考えさせられる結果となる事件でした。
2001年の事件から今年で7年が経ち、今も尚、世界を取り巻く環境は激変し、
緊迫し続ける平和問題、温暖化や自然破壊を初めとする環境問題、病気や
貧困を生み出す格差問題、石油の枯渇から広がるエネルギー問題と様々な
大きな問題が溢れかえり、私達の身近なところでは、生活・仕事・教育育児・老後・政治など様々な問題で溢れています。
日本に住む私たちにとって、古来より多くの人々に親しまれている仏教の
築地本願寺を会場に、キャンドルナイトを実施すると共に、宗教・民族・
人種の垣根を越えた世界に想いを馳せ、アクションを起こすきっかけと
なるイベントを開催します。

【日 時】2008年9月11日(木) 18:00〜21:30
【会 場】築地本願寺 本堂(東京都中央区)
【参加費】無料
【出演者】阿部信幾(本願寺派布教使)、中川誼美(お宿吉水 女将)
     高樹沙耶(女優/Free Diver)
【詳細】 http://www.sloth.gr.jp/aboutus/event/2008/080911.htm
【問合せ】ナマケモノ倶楽部 
……………………………………………………………………………………………

    ★★ファシリテーション・企画とプログラムデザイン講座★★

一人ひとりの思いや意見を引き出し、深い学びや創造へとつなげていく参加型の
場づくりには、的確な企画と入念な準備が大切です。
この講座は、まず企画づくりに有効な手順やツールをお伝えしたのち、実践合宿で
受講生が企画した内容を自らファシリテーターとして試してみる体験型の講座です。
合宿に向けての講師陣による企画相談や、実践体験へのフィードバックを通じて、
より確実にノウハウを身につけていきます。
参加型の場を創りたい方、コーディネイトする必要のある方にお薦めです

【日 程】 夜間講座・9/24(水)+10/1(水)+8(水)毎回19:00〜21:45
      実践合宿・10/18(土)〜19(日)
【会 場】 夜間講座・T's東宝ビル別館 2F 201会議室(東京都渋谷区)
      実践合宿・八王子セミナーハウス(東京都八王子市)
【参加費】 58,000円  ※企業からの派遣参加の場合+10,000円となります
      ※合宿実費として宿泊食費が別途必要になります
【詳 細】 http://www.be-nature.jp/facilitation/program/2008/fourth.php
【お申込み】お電話またはメールにてお申し込みください。
      ミニレポート:「あなたがファシリテーションを必要としている
      具体的な状況や思い」(A4/1枚程度)も事前にご提出ください。
【お問合せ】Be-Nature School Tel:03-5774-5801
……………………………………………………………………………………………

    ★★第10回 東北環境教育ミーティングinあきた白神★★
  『つながろう!あきた白神の郷から、環境教育とツーリズムで』

1998年第1回東北環境教育ミーティングが山形県鮭川村エコパークで
開催されてから、今年で第10回となりました。
ワークショップ体験やテーマ別分科会を通じて、東北の自然・文化に
基づいた、これからの東北型環境教育のあり方を探るとともに、お互い
交流を深め、情報交換を行い、環境教育に対する気運を高めるのが目的です。
ご参加、お待ちしております!

【開催場所】あきた白神体験センター
【定員】100名(先着順)
【参加費】 一般:13,000円 学生:10,000円(2泊6食.体験料.保険含む)
 体験プログラムのみ:3,500円(昼食、保険含む)
 基調講演.パネルトークは無料公開
※開催案内・申込書(pdf)
 http://yyjazz999.up.seesaa.net/image/10th_thkee.pdf
※申込書(Excel)
 http://yyjazz999.up.seesaa.net/image/BFBDB9FEBDF1A4.xls
【申込・問合せ先】NPO法人 あきた海辺の自然学校
 TEL:018-839-4343 FAX: 018-829-2716
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆メールマガジンへのご意見・ご感想をお待ちしております!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★★NPO法人日本エコツーリズムセンター発行 ★★
〒171-0031東京都豊島区目白3-13-20 DAIGOビル201
TEL:03-3954-2239 FAX:03-3954-2203
HP www.ecotourism-center.jp/
★エコツアー・ドット・ジェイピー★ www.eco-tour.jp
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

Mail Magazine★Vol.31

日本エコツーリズムセンター★Mail Magazine★Vol. 31
★2008.8.25★
…………………………………………………………………………………………

読者のみなさま

冷たい雨がつづき、夏の終わりを惜しむどころか、一気に秋に突入した感じが
しますね。みなさま、お変わりないでしょうか。
週末は第2回目の「くりこま復興応援ツアー」を実施しました。限られた
時間の中ですが、実際に被災地へ行って、お手伝いをしてきました。また、
くりこま高原自然学校代表の佐々木さんや耕英地区のいちご農家の方のお話を
伺うこともでき、震災から2ヶ月たった今の状況を知ることができました。
雨が降ると土砂が川に流れ込むために、市内を流れる川は1ヶ月前よりも
ずっと濁っていました。昨日は大雨になったため、被災した地域のニュースが
久しぶりに東京でも流れていましたが、最近は殆どニュースにならなく
なってしまいましたね。復興へはまだまだ時間がかかります。今後とも
みなさんの応援をお願いいたします。    [中垣]

…………………………………………………………………………………………
☆エコセンNEWS☆
★エコツアーカフェTOKYO  くりこま・佐々木さんが来ます![9/3 Wed]
★エコツアーカフェin神戸「“旅”を彩る“形”をつくる」[9/1 Mon]

☆カフェNEWS☆
★第1回ESDカフェ「自然と共に生きる、暮らし・技・心に学ぶ ESD」
 <エコセン協力>

☆エコツー関連NEWS☆
★第10回 東北環境教育ミーティングinあきた白神
★「川ガキのいるところ」スライドトークイベント
★丹沢エコツーリズム担い手育成講座の受講生を募集します!
…………………………………………………………………………………………

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆エコセンNEWS☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

       ★★エコツアーカフェTOKYO★★
  「地震発生! その時と復興に向けての僕たちの取り組み」

これまで、このメルマガやHPなどを通して、岩手・宮城内陸地震で
被災したくりこま高原自然学校や自然学校のある耕英地区の情報を
お伝えしてきましたが、9月のエコツアーカフェでは佐々木さん
(くりこま高原自然学校代表)から直接お話を聞くことができます!
地震の時のことや復興について、佐々木さんとの語らいに、
ぜひご参加ください。ご予約はお早めに!

【ゲスト】佐々木豊志氏(くりこま高原自然学校代表)
【日時】9月3日(水)18:30-20:00
【場所】SOiL CAFE (目白駅より徒歩2分)
【参加費】500円(飲み物代)
【詳細・お申込み】http://www.ecotourism-center.jp/cafe/cafe_tk080903.html
【お問い合せ】日本エコツーリズムセンター
 Tel:03-3954-2239 Fax:03-3954-2203
……………………………………………………………………………………………

     ★★エコツアーカフェin神戸「“旅”を彩る“形”をつくる」★★

神戸でのエコツアーカフェを毎月第1月曜日に開催することになりました!
9月のゲストはエコセン世話人でもある大滝あやさん。
夏休みも終わり、あー宿題終わらないよぅ・・・というつぶやきが渦巻いて
いそうな時期。そこで、「旅」を切り口にそれぞれの夏を持ち寄り、お土産話に
花を咲かせてみませんか。
インタープリティブデザイン(建築や展示物等のハードと、プログラム・ソフトを
つなぎ、教育的効果を発揮する手法)を手がける大滝さんが、「一人旅を支援する
システムづくり」と「ホテルプログラムの試み」紹介してくれます。
一緒に“旅”を彩る“形”の可能性を探ってみませんか?
ご予約はお早めに!

【ゲスト】大滝あや氏(Eco-Navi研究所 チーフディレクター)
【日時】9月1日(月)18:30-20:00
【場所】モンベルクラブ 神戸三宮店
【参加費】500円
【詳細・お申込み】http://www.ecotourism-center.jp/cafe/cafe_kb080901.html
【お問い合せ】日本エコツーリズムセンター
 Tel: 03-3954-2239 Fax:03-3954-2203

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆カフェNEWS☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

環境問題や持続可能な社会を考えられる場として「カフェ」が
増えてきています。
こうした活動をエコセンでは積極的に協力・応援していきます。
みなさんもぜひご参加ください!

★★ESDカフェ「自然と共に生きる、暮らし・技・心に学ぶ ESD」★★
    〜エコミュージアムでつなぐ地域、都市-農山村交流〜

ESDカフェでは、ゲストと参加者でESD的な学びの場について、
持続可能な社会について、一緒に考え、語り合います。ESDのことは
よく知らない、これから学びたいという方も、どうぞお気軽にご参加ください。

【カフェ・ゲスト】嵯峨創平さん
 NPO法人 環境文化のための対話研究所(IDEC)・代表、エコセン世話人
【日時】2008年8月29日(金) 19:00〜21:00
【場所】地球環境パートナーシップオフィス EPO会議室
【詳細】http://www.esd-j.org/archives/000678.html
【お問い合せ】NPO法人 持続可能な開発のための教育の10年推進会議(ESD-J)
 担当:佐々木、高井、千葉
 TEL:03-3797-7227 E-mail:cafe☆esd-j.org ☆を@に変えてください
《協力》日本エコツーリズムセンター

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆エコツー関連NEWS☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  ★★第10回 東北環境教育ミーティングinあきた白神★★
『つながろう!あきた白神の郷から、環境教育とツーリズムで』

1998年第1回東北環境教育ミーティングが山形県鮭川村エコパークで
開催されてから、今年で第10回となりました。
ワークショップ体験やテーマ別分科会を通じて、東北の自然・文化に
基づいた、これからの東北型環境教育のあり方を探るとともに、お互い
交流を深め、情報交換を行い、環境教育に対する気運を高めるのが目的です。
ご参加、お待ちしております!

【開催場所】あきた白神体験センター
【定員】100名(先着順)
【参加費】 一般:13,000円 学生:10,000円(2泊6食.体験料.保険含む)
 体験プログラムのみ:3,500円(昼食、保険含む)
 基調講演.パネルトークは無料公開
※開催案内・申込書(pdf)
 http://yyjazz999.up.seesaa.net/image/10th_thkee.pdf
※申込書(Excel)
 http://yyjazz999.up.seesaa.net/image/BFBDB9FEBDF1A4.xls
【申込・問合せ先】NPO法人 あきた海辺の自然学校
 TEL:018-839-4343 FAX: 018-829-2716
……………………………………………………………………………………………

    ★★「川ガキのいるところ」スライドトークイベント★★

8月1日〜9月15日の期間、2004年より続けているソーシャルイベント
water planet2008を開催しています。
今年のテーマは「チェンジ・ウォーター!」。
日本人が日頃あまり意識をしない「水」について知り、かしこく「えらぶ」
暮らしにチェンジすることで、環境への負担を減らし、世界の水問題をより良い
方向へと変えていくアクションを展開します。今回は、水に関する現場で活躍
される方々によるスライドトークイベントを2回開催します。
第1回は、水辺で元気に遊ぶ子どもたちを撮影し続けている川ガキ写真家の
村山嘉昭さん。村山さんは川ガキを絶滅危惧種と捉え、彼らの元気な姿を撮影
することで、水辺環境の改善に一石を投じたいと考えています。
青い空を映し流れる川に身体をおもいっきり浸し、鮎、エビ、ヤマメを追い
かけた夏。川面いっぱいに響く笑い声。そんな煌めく子どもたちの時間を切り
取ったスライドショーを軸に、日本各地の清流の現状などについてお話しい
ただきます。
Water Planet2008の関連イベントとして開催中(東京ミッドタウン・ガーデン
エリア)の屋外写真展も合わせてご覧ください。

【ゲスト】川ガキ写真家 村山嘉昭さん http://www.kawagaki.net
【日時】2008年8月30日(土)14:00〜15:30
【場所】東京ミッドタウン・デザインハブ
【料金】無料
【定員】50人(申し込み先着順です)
【募集期間】8月28日(木)まで
【お申込】参加希望の方は下記アドレスまでメールにてお申し込みください。
 応募の際は、ご自身のお名前(フルネーム)を添えてください。
 ※メールの件名は「ウォーター・プラネット 8/30トークイベント参加申込」
 と記入してください。
 http://www.thinktheearth.net/jp/waterplanet/concept.html
……………………………………………………………………………………………

  ★★丹沢エコツーリズム担い手育成講座の受講生を募集します!★★
      〜丹沢の森、山、ふもとで、共にまなぶ〜

プロの山岳ガイドやインタープリテーション(自然解説)の指導者など、
一流の講師陣と熱く丹沢を語る、4ヶ月間の連続講座に参加してみませんか。
丹沢の自然の語り部を目指す方、アウトドアの安全指導技術を習得したい方・・・
そんな方のご参加をお待ちしています。

【内容】エコツーリズムの理念や伝える技術(インタープリテーション)を
 学ぶ講座と、山岳地での安全ガイド・事故発生時の対応技術等を学ぶ講座です。
【期間】平成20年9月〜12月の連続講座(合宿2回、日帰り2回)
 第1回合宿は9月26日(金)〜28日(日)で行ないます。
【受講費用】43,000円(計3泊分の宿泊費、保険、用具代などを含みます)
【募集人数】20名
【応募方法】 郵送で9月12日までに下記申込先までお申込みください。
 明記事項: 氏名、住所、電話番号、メールアドレス、性別、年齢、
 エコツーリズム・自然体験・登山等の指導経歴、応募動機(100字程度)
【詳細・問合せ・申込先】自然環境保全センター 自然保護課 吉田直哉
 〒243-0121 厚木市七沢657  電話046−248−6682

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆メールマガジンへのご意見・ご感想をお待ちしております!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★★NPO法人日本エコツーリズムセンター発行 ★★
〒171-0031東京都豊島区目白3-13-20 DAIGOビル201
TEL:03-3954-2239 FAX:03-3954-2203
HP www.ecotourism-center.jp/
★エコツアー・ドット・ジェイピー★ www.eco-tour.jp
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

Mail Magazine★Vol.30

 

日本エコツーリズムセンター★Mail Magazine★Vol. 30
★2008.8.12★
…………………………………………………………………………………………

読者のみなさま

昨年12月よりスタートしたエコセンのメルマガもあっという間に30号です。
既に1,200名以上の方々に読んで頂いています。ご愛読感謝です。
さて、先日、ある方が、「経済、消費優先で作ってきたこれまでの社会の
価値観を変えるのは不可能だ」という話をしていました。それで思い出しました。
6年前、海外で暮らしていて日本に帰国する際に「エコツーリズムで社会を
変えることに貢献したい!」という思いを知人に話したら「思いは素晴らしい
けど不可能だ」と言われたことを。
みなさんはどう思いますか?
不可能でしょうか??
もちろん、自分一人で社会を変えるのは不可能ですが、色んな人と一緒に
動きをつくり、後にもつながるようなことやっていけば、社会も少しずつ
変わっていくのではないでしょうか。
不可能と決めつけてしまうのは簡単ですが、可能性にかけて人生頑張るほうが
面白いですよね!     [中垣]

…………………………………………………………………………………………
☆エコセンNEWS☆
★震災エコツアー第2弾「くりこま復興支援ツアー」[8/23-24]
★エコツアーカフェTOKYO  くりこま・佐々木さんが来ます![9/3 Wed]
★エコツアーカフェin神戸「“旅”を彩る“形”をつくる」[9/1 Mon]

☆カフェNEWS☆
★第1回ESDカフェ「自然と共に生きる、暮らし・技・心に学ぶ ESD」
 <エコセン協力>

☆エコツー関連NEWS☆
★EARTH VISION 生命 生まれる/消えゆく 干潟 <韓国と日本の一風景>
…………………………………………………………………………………………

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆エコセンNEWS☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  ★★震災エコツアー第2弾「くりこま復興支援ツアー」★★

6月14日に発生した岩手・宮城内陸地震で、甚大な被害を受けた
くりこま高原自然学校や耕英地区の復興を支援するエコツアーを
実施します。
くりこま高原自然学校・代表の佐々木豊志さんも「来てくれるだけで
嬉しい」とおっしゃっていますが、復興に向けて動き出している地域には
実際に訪れることや、全国の人々からの励ましが大きな支えとなります。
災害の多い日本に住む私たちは、いつ被災者になってもおかしくありません。
このツアーは実際に被災地の現場に立って、学び、考えるよい機会となります。
今回も佐々木さんの案内と耕英の開拓の方々との交流を予定しています。
ぜひご参加ください!

【日時】 8月23日(土)〜24日(日)の1泊2日
【場所】 宮城県栗原市
【集合】 東北新幹線くりこま高原駅10時45分集合
【定員】 15名 1時間程度の徒歩が出来る方(小学生以上)
【費用】 12,000円(新幹線交通費別、宿泊は無料、食材費は込み、懇親会費別)
【お問合せ・申込み】NPO法人日本エコツーリズムセンター
 http://www.ecotourism-center.jp/news/news080823.html
……………………………………………………………………………………………

     ★★エコツアーカフェTOKYO★★
  「地震発生! その時と復興に向けての僕たちの取り組み」

これまで、このメルマガやHPなどを通して、岩手・宮城内陸地震で
被災したくりこま高原自然学校や自然学校のある耕英地区の情報を
お伝えしてきましたが、9月のエコツアーカフェでは佐々木さん
(くりこま高原自然学校代表)から直接お話を聞くことができます!
地震の時のことや復興について、佐々木さんとの語らいに、
ぜひご参加ください。ご予約はお早めに!

【ゲスト】佐々木豊志氏(くりこま高原自然学校代表)
【日時】9月3日(水)18:30-20:00
【場所】SOiL CAFE (目白駅より徒歩2分)
【参加費】500円(飲み物代)
【詳細・お申込み】http://www.ecotourism-center.jp/cafe/cafe_tk080903.html
【お問い合せ】日本エコツーリズムセンター
 Tel:03-3954-2239 Fax:03-3954-2203
……………………………………………………………………………………………

     ★★エコツアーカフェin神戸「“旅”を彩る“形”をつくる」★★

神戸でのエコツアーカフェを毎月第1月曜日に開催することになりました!
9月のゲストはエコセン世話人でもある大滝あやさん。
夏休みも終わり、あー宿題終わらないよぅ・・・というつぶやきが渦巻いて
いそうな時期。そこで、「旅」を切り口にそれぞれの夏を持ち寄り、お土産話に
花を咲かせてみませんか。
インタープリティブデザイン(建築や展示物等のハードと、プログラム・ソフトを
つなぎ、教育的効果を発揮する手法)を手がける大滝さんが、「一人旅を支援する
システムづくり」と「ホテルプログラムの試み」紹介してくれます。
一緒に“旅”を彩る“形”の可能性を探ってみませんか?
ご予約はお早めに!

【ゲスト】大滝あや氏(Eco-Navi研究所 チーフディレクター)
【日時】9月1日(月)18:30-20:00
【場所】モンベルクラブ 神戸三宮店
【参加費】500円
【詳細・お申込み】http://www.ecotourism-center.jp/cafe/cafe_kb080901.html
【お問い合せ】日本エコツーリズムセンター
 Tel: 03-3954-2239 Fax:03-3954-2203

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆カフェNEWS☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

環境問題や持続可能な社会を考えられる場として「カフェ」が
増えてきています。
こうした活動をエコセンでは積極的に協力・応援していきます。
みなさんもぜひご参加ください!

★★ESDカフェ「自然と共に生きる、暮らし・技・心に学ぶ ESD」★★
    〜エコミュージアムでつなぐ地域、都市-農山村交流〜

ESDカフェでは、ゲストと参加者でESD的な学びの場について、
持続可能な社会について、一緒に考え、語り合います。ESDのことは
よく知らない、これから学びたいという方も、どうぞお気軽にご参加ください。

【カフェ・ゲスト】嵯峨創平さん
 NPO法人 環境文化のための対話研究所(IDEC)・代表、エコセン世話人
【日時】2008年8月29日(金) 19:00〜21:00
【場所】地球環境パートナーシップオフィス EPO会議室
【詳細】http://www.esd-j.org/archives/000678.html
【お問い合せ】NPO法人 持続可能な開発のための教育の10年推進会議(ESD-J)
 担当:佐々木、高井、千葉
 TEL:03-3797-7227 
《協力》日本エコツーリズムセンター

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆エコツー関連NEWS☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ★★生命 生まれる/消えゆく 干潟 <韓国と日本の一風景>★★
       EARTH VISION in 新宿御苑vol.28

8月のアース・ビジョン in 新宿御苑は、干潟をテーマとした韓国と
日本の最新ドキュメンタリーを上映いたします。
暑い夏の昼下がり、
無数の生命のゆりかご「干潟」に会いに来て下さい。

【日時】 8月24日(日)12:50 開場 13:00 開演
【会場】新宿御苑インフォメーションセンター
http://www.env.go.jp/garden/shinjukugyoen/2_guide/access.html
【協力費】500円 <予約不要>
【詳細】http://d.hatena.ne.jp/Best-of-EARTH-VISION/20080824
【問い合せ】アース・ビジョン組織委員会
 http://www.earth-vision.jp
 Tel: 03-5802-0525

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆メールマガジンへのご意見・ご感想をお待ちしております!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★★NPO法人日本エコツーリズムセンター発行 ★★
〒171-0031東京都豊島区目白3-13-20 DAIGOビル201
TEL:03-3954-2239 FAX:03-3954-2203
HP www.ecotourism-center.jp/
★エコツアー・ドット・ジェイピー★ www.eco-tour.jp
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

Mail Magazine★Vol.29

 

日本エコツーリズムセンター★Mail Magazine★Vol. 29
★2008.8.5★
…………………………………………………………………………………………
※このメールマガジンは当センター世話人と繋がりのある方々に送信しております。
送信をご希望でない場合は、お手数ですが事務局までお知らせ下さい。

読者のみなさま

東京では連日雷が鳴り響いています。外に出るのが怖くなるぐらいの
すごさです。雨のおかげで少しだけ気温が下がるのですが、ほんとに
少しだけ。私は夏バテ気味ですが、みなさんはいかがでしょうか。
ここ数日、出張が続いているのですが、エコツアー事業者や自然学校、
企業や行政など、全国各地で色んな活動を実践していますね。
そうした実践者や興味のある人をつなぐフォーラムやミーティングも
次々と開催されています。このメルマガでも紹介していますが、ぜひ
みなさんも参加してみてください。
私も、できるだけ参加しようと思っていますので、会場でみなさんに
お会いして、お話できることを楽しみにしております。  [中垣]

…………………………………………………………………………………………
☆エコセンNEWS☆
★エコツアーカフェTOKYO [9/3 Wed]
★エコツアーカフェin神戸 [9/1 Mon]
★震災エコツアー第2弾「くりこま復興支援ツアー」[8/23-24]

☆エコツー関連NEWS☆
★日本的自然観を次世代へ伝えるワークショップ
★第10回 東北環境教育ミーティングinあきた白神
★環境(地域)保全活動を通じた若者の育成プログラム
…………………………………………………………………………………………

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆エコセンNEWS☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
       ★★エコツアーカフェTOKYO★★
  「地震発生! その時と復興に向けての僕たちの取り組み」

これまで、このメルマガやHPなどを通して、岩手・宮城内陸地震で
被災したくりこま高原自然学校や自然学校のある耕英地区の情報を
お伝えしてきましたが、9月のエコツアーカフェでは佐々木さん
(くりこま高原自然学校代表)から直接お話を聞くことができます!
地震の時のことや、復興について、。佐々木さんとの語らいに、
ぜひご参加ください。ご予約はお早めに!

【ゲスト】佐々木豊志氏(くりこま高原自然学校代表)
【日時】9月3日(水)18:30-20:00
【場所】SOiL CAFE (目白駅より徒歩2分)
【参加費】500円(飲み物代)
【詳細・お申込み】http://www.ecotourism-center.jp/cafe/cafe_tk080903.html
【お問い合せ】日本エコツーリズムセンター
 Tel:03-3954-2239 Fax:03-3954-2203
……………………………………………………………………………………………

          ★★エコツアーカフェin神戸★★
    「インタープリティブデザインへの誘い(仮題)」

神戸でのエコツアーカフェを毎月第1月曜日に開催することになりました!
9月のゲストはエコセン世話人でもある大滝あやさん。
大滝さんは、インタープリティブデザイン(建築や展示物等のハードと、
プログラム・ソフトをつなぎ、教育的効果を発揮する手法)を広げることを
目指し、デザイナー・プランナーと共に設立したEco-Navi研究所のチーフ
ディレクター。
学びだけでもなくデザインだけでもない、学び×デザインの観点について
お話いただきます。
ご予約はお早めに!

【ゲスト】大滝あや氏(Eco-Navi研究所 チーフディレクター)
【日時】9月1日(月)18:30-20:00
【場所】モンベルクラブ 神戸三宮店
【参加費】500円
【詳細・お申込み】http://www.ecotourism-center.jp/cafe/cafe_kb080901.html
【お問い合せ】日本エコツーリズムセンター
 Tel: 03-3954-2239 Fax:03-3954-2203
……………………………………………………………………………………………

  ★★震災エコツアー第2弾「くりこま復興支援ツアー」★★

6月14日に発生した岩手・宮城内陸地震で、甚大な被害を受けた
くりこま高原自然学校や耕英地区の復興を支援するエコツアーを
実施します。
くりこま高原自然学校・代表の佐々木豊志さんも「来てくれるだけで
嬉しい」とおっしゃっていますが、復興に向けて動き出している地域には
実際に訪れることや、全国の人々からの励ましが大きな支えとなります。
災害の多い日本に住む私たちは、いつ被災者になってもおかしくありません。
このツアーは実際に被災地の現場に立って、学び、考えるよい機会となります。
今回も佐々木さんが案内と耕英の開拓の方々との交流を予定しています。
ぜひご参加ください!

【日時】 8月23日(土)〜24日(日)の1泊2日
【場所】 宮城県栗原市
【集合】 東北新幹線くりこま高原駅10時45分集合
【定員】 15名 1時間程度の徒歩が出来る方(小学生以上)
【費用】 12,000円(新幹線交通費別、宿泊は無料、食材費は込み、懇親会費別)
【お問合せ・申込み】NPO法人日本エコツーリズムセンター
 http://www.ecotourism-center.jp/news/news080823.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆エコツー関連NEWS☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   ★★ 日本的自然観を次世代へ伝えるワークショップ ★★
       「日本人が大切にしたい自然観と出会う」

「日本的」「日本型」「日本的自然観」など、さまざまな分野において
これらの言葉に、今、関心が高まってきているようです。その日本的
自然観を大切にすることの意味・意義が社会的評価を得るためにはまず
概念を提示、実践、そして評価を行い整理するという循環過程が必要では
ないでしょうか。
今回、その循環過程を大切にし、継続的で実用的な成果を社会へ提供する
ことを目指したワークショップを開催いたします。里山や伝統文化に興味の
ある方、環境教育の場に取り入れたいと考えている方、地域興しに取り
組んでいる方、このような言葉に少しでも心が動かされた方、是非
ご参加ください。

【日程】 10月4日(土)〜6日(月) 2泊3日   
【定 員】60名 
【参加費】一般:25,000円 学生:22,000円
【ゲスト】菅井啓之氏(京都ノートルダム女子大学教授)
     湊秋作氏(財団法人キープ協会やまねミュージアム館長)
【対象者】日本的自然観に少しでも心を動かされた個人や団体、企業や自治体
【会 場】トヨタ白川郷自然學校
【詳 細】http://www.toyota.eco-inst.jp/event/e40.html
【お申込み・お問合せ】トヨタ白川郷自然學校環境教育事業部 
 担当:野沢佳世 TEL: 05769-6-1380   
………………………………………………………………………………

  ★★第10回 東北環境教育ミーティングinあきた白神★★
『つながろう!あきた白神の郷から、環境教育とツーリズムで』

1987年日本にもっと自然学校を作りたいという人たちが集まり
「第1回清里環境教育フォーラム」がスタートしました。その後
年1回「清里ミーティング」という名前で環境教育の全国ミーティング
として開催されています。その後各地で地域ミーティングが開催される
ようになりました。
東北では1998年第1回東北環境教育ミーティングが山形県鮭川村
エコパークで開催されてから各県持ち回りで開催されて今年で第10回
となりました。そして初めて秋田県で開催されることになりました。

【開催場所】あきた白神体験センター
【定員】100名(先着順)
【参加費】 一般:13,000円 学生:10,000円(2泊6食.体験料.保険含む)
 体験プログラムのみ:3,500円(昼食、保険含む)
 基調講演.パネルトークは無料公開
※開催案内・申込書(pdf)
 http://yyjazz999.up.seesaa.net/image/10th_thkee.pdf
※申込書(Excel)
 http://yyjazz999.up.seesaa.net/image/BFBDB9FEBDF1A4.xls
【申込・問合せ先】NPO法人 あきた海辺の自然学校
 TEL:018-839-4343 FAX: 018-829-2716  
………………………………………………………………………………

 ★★フォーラム 米国Conservation Corpsに学ぶ、
   環境(地域)保全活動を通じた若者の育成プログラム★★
 〜若者が地域を変え、地域が若者を変える仕組みづくりを〜

「米国には年間23,000人の若者がフルタイムで(延べ1,450,000時間)
 環境保全活動に取り組むプログラムがあります」

自然環境の悪化や限界集落の増加など地域が抱える課題、ニート状態の
若者の増加など若者が抱える課題、いずれも現在の日本にとって深刻な
ものです。しかし、地域と若者を上手くつなぎ、若者が地域で活動し、
環境保全、耕作放棄地の再生などに成果をあげながら、同時に、次代を
担う若者をその実践活動を通じて育むことができたなら、大きな変化が
うまれるはずです。
そのプログラムの良いモデルが米国にあります。Conservation Corps
(コンサベーション コア)です。年間23,000人以上の若者が参加し、
20人程度のグループで9-12ヶ月間、植林や自然公園の建設など地域で
必要な活動に取り組み大きな成果をあげています。
若者は日々の活動の中で、自然から、仲間から、地域の人から、経験
から、チャレンジから、たくさんのことを学び成長しています。
本フォーラムでは、米国シアトル市でプログラムを実施する
EarthCorpsの代表Steve氏を招き、Conservation Corpsについて
紹介いただくとともに、日本での類似活動の実践者と日本への
応用・導入の可能性を探ります。

【日時】2008年8月27日(水) 14:00-17:00
【会場】角筈(つのはず)地域センター8F レクリエーションホール
【参加者】50名(参加費無料。先着順)
【詳細・申込み】http://www.nice1.gr.jp/forum.html
【お問合せ】NPO法人 NICE(日本国際ワークキャンプセンター)
 担当:塚本、尾
 電話: 03-3358-7140 FAX: 03-3358-7149

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆メールマガジンへのご意見・ご感想をお待ちしております!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★★NPO法人日本エコツーリズムセンター発行 ★★
〒171-0031東京都豊島区目白3-13-20 DAIGOビル201
TEL:03-3954-2239 FAX:03-3954-2203
HP www.ecotourism-center.jp/
★エコツアー・ドット・ジェイピー★ www.eco-tour.jp 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆ 

Mail Magazine★Vol.28

 

日本エコツーリズムセンター★Mail Magazine★Vol. 28
★2008.7.29★
…………………………………………………………………………………………

読者のみなさま

夏ですね。東京は連続夏日が既に、昨年よりも長くなってしまったそうです。
8月になったらどれだけ暑くなるのでしょうか。くれぐれも熱中症などに
お気をつけください。
夏休みですので、各地のエコツアーガイドさんは大忙しですね。今日、とある
自然学校のHPを見たら、満員御礼の文字がずらずらっと並んでいました。
エコセンにも、全国各地で盛んにエコツアーや自然体験活動が実施されている
様子がメールされてきます。
エコセンは「エコツーをメジャーにしよう!」ということで活動していますが
エコツーはメジャーではないのでしょうか? 実際はエコツアーやエコツーリズム
という言葉がメジャーでないだけのような気がします。世界各国を見渡しても、
これだけ全国各地、多種多様なエコツアーを実施している国はないのでは
ないでしょうか。
自然や歴史、文化、地域を大切にするために頑張っている人がたくさんいます。
その人たちの声をより多くの人に伝えるために、エコセンは活動していきます。
みなさんも、ぜひご一緒に!        [中垣]

…………………………………………………………………………………………
☆エコセンNEWS☆
★震災エコツアー第2弾「くりこま復興支援ツアー」[8/23-24]
★エコツアーカフェin神戸 [8/4 Mon]
★エコツアーカフェTOKYO [8/6 Wed]※ボランティア募集!

☆エコツー関連NEWS☆
★環境と地域に配慮した宿泊施設向け登録認定制度のお知らせ
★第1回「つなぐ人フォーラム〜自然・文化・地域・人をつなぐ〜」
 ↑エコセン世話人多数が実行委員メンバーです。ぜひご参加ください!
★私の食が世界・地球をつくる「日本と世界の食糧事情」
…………………………………………………………………………………………

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆エコセンNEWS☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ★★震災エコツアー第2弾「くりこま復興支援ツアー」★★

6月14日に発生した岩手・宮城内陸地震で、甚大な被害を受けた
くりこま高原自然学校や耕英地区の復興を支援するエコツアーを
実施します。
くりこま高原自然学校・代表の佐々木豊志さんも「来てくれるだけで
嬉しい」とおっしゃっていますが、復興に向けて動き出している地域には
実際に訪れることや、全国の人々からの励ましが大きな支えとなります。
災害の多い日本に住む私たちは、いつ被災者になってもおかしくありません。
このツアーは実際に被災地の現場に立って、学び、考えるよい機会となります。
今回も佐々木さんが案内と耕英の開拓の方々との交流を予定しています。
ぜひご参加ください!

【日時】 8月23日(土)〜24日(日)の1泊2日
【場所】 宮城県栗原市
【集合】 東北新幹線くりこま高原駅10時45分集合
【定員】 15名 1時間程度の徒歩が出来る方(小学生以上)
【費用】 12,000円(新幹線交通費別、宿泊は無料、食材費は込み、懇親会費別)
【お問合せ・申込み】NPO法人日本エコツーリズムセンター
 http://www.ecotourism-center.jp/news/news080823.html
……………………………………………………………………………………………

  ★★エコツアーカフェin神戸「神戸の海の仲間たち」★★

神戸でのエコツアーカフェを毎月第1月曜日に開催することに
なりました!
第2回目の今回は、その神戸の海のお話。
六甲山系の南に広がる、神戸の海。閉鎖性水域である大阪湾に位置し、
153万人が暮らす大都会神戸の海の中には、どんな生き物が暮らして
いるのでしょうか。この海の撮影を13年にわたって行った水中写真家の
宮道成彦さんが今回のゲストです。ちょっと潜ってみるつもりで、
大都会の海との関わりなどを考えてみませんか?
ご予約はお早めに!

【ゲスト】宮道成彦氏(水中写真家)
【日時】8月4日(月)18:30-20:00
【場所】モンベルクラブ 神戸三宮店
【参加費】500円
【詳細・お申込み】http://www.ecotourism-center.jp/cafe/cafe_kb080804.html
【申込先・お問い合せ】日本エコツーリズムセンター
 Tel: 03-3954-2239 Fax:03-3954-2203
……………………………………………………………………………………………

★★エコツアーカフェTOKYO「8月6日、自分という自然に出会う」★★

自然というと、森や海を思い出しますかもしれませんが、私たち人間も
自然の一部ですよね。都会にいると、人間だけで世界は回っているかと
錯覚しがちですが、食べ物や空気を通して自然界ともしっかり
つながっています。
今回のゲスト中野民夫さんが、自分という自然に出会わせてくれます。
満員となり、受付は終了しました。次回をお楽しみに!

【ゲスト】中野 民夫氏(ワークショップ企画プロデューサー)
【日時】8月6日(水)18:30-20:00
【場所】SOiL CAFE (目白駅より徒歩2分)
【参加費】500円(飲み物代)
【詳細】http://www.ecotourism-center.jp/cafe/cafe_tk080806.html
【お問い合せ】日本エコツーリズムセンター
 Tel:03-3954-2239 Fax:03-3954-2203
※ボランティア募集!
当日、18時よりお手伝いいただけるボランティアを募集しております。
詳しくはお問い合せください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆エコツー関連NEWS☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★★環境と地域に配慮した宿泊施設向け登録認定制度のお知らせ★★

みなさま、お気づきでしょうか。地球温暖化や環境保全等が世間でも関心を
持つ時代に突入し、お客様も環境負荷の少ない宿泊施設を選択、利用する
ようになってきています。今後は宿泊施設としても、快適なサービスや
衛生的な施設運営だけにとどまらず、環境配慮や地域住民への還元等
地域活性化に結びつけるその仕組みが求められています。
この度NPO法人エコロッジ協会では、このような先進的な取組みをされて
いる意識の高い宿泊施設や自治体・観光協会等を中心に、登録認定制度を
利用して頂きたいと考えています。私たちのような第3機関が登録または
認定のお手伝いをさせて頂くことで、環境と地域に配慮する宿泊施設の
取組みを確実に社会にアピールすることができると信じております。
関心のある宿泊施設を運営されている方々からの応募を広くお待ちして
おります。詳しくはウェブサイトをご参照ください。
【http://www.japan-ecolodge.org/】

【お問合せ・詳細】NPO法人エコロッジ協会
 京都市下京区烏丸松原下ル五条烏丸町400 欧風館5階
 Tel: 075-344-5254  Fax:075-344-0518
 E-mail: ecomail@japan-ecolodge.org
 HP: http://www.japan-ecolodge.org/
………………………………………………………………………………

★★第1回「つなぐ人フォーラム〜自然・文化・地域・人をつなぐ〜」★★

「インタープリテーション」はメッセージと人をつなぐ技術です。
「インタープリテーション」は野外での自然解説の分野で使われるだけではなく、
動物園・博物館・科学館・美術館等の展示解説やエコツアーガイド等の場で
盛んに行われるようになってきました。しかし、以上の分野の人たちが集い、
情報交流を行う場はこれまで設けられていません。
領域を超えて「インタープリテーション」(伝える技術)の役割を確認し、
様々な現場の経験や技術を分かち合うことによって、「つなぐ技術」や
「学びの場づくりの知恵」を高めあうことをねらいとして、
「第1回 つなぐ人フォーラム」を企画しました。
2009年には、韓国、中国、台湾、インドネシア、マレーシアなど
アジア各国からの「つなぐ人」にも参加いただく集いに
拡大してゆきたいと計画中です。

【期日】2008年9月7日(日)14時〜9月9日(火)14時
【場所】財団法人キープ協会清泉寮
【参加対象者】自然の中でのインタープリテーション」
 「動物園・博物館などでの解説活動」「エコツアーでのガイド」
  などに関わる人=つなぐ人(50人〜100人)
■ねらい:領域を超えて、つなぐ仕事をしている人々が集うフォーラムを
 開催する。自然(公園)の中で、動物園・博物館・科学館・美術館などの
 展示の前で、エコツアーなどの機会に行われている、「インタープリテーション」
 (伝える技術)の役割を確認し、様々な現場の経験や技術を分かち合う
 ことによって、「つなぐ技術」や「学びの場づくりの知恵」を高めあう
 ことを目的とする。
 詳しい内容は、現在調整中です。随時ホームページにアップいたします。
【参加費】25,000円(2泊6食含む)
【お問い合せ・お申込み】財団法人キープ協会 担当:山本
 TEL:0551-48-3795
 http://www.keep.or.jp/FORESTERS/tunaguhito01.htm

◎エコセン世話人<小林毅さん、川嶋直さん、阿部治さん、海野義明さん、
嵯峨創平さん、佐藤初雄さん、広瀬敏通さん>が実行委員に加わっています。
ぜひ、みなさんも、つなぐ人たちに繋がりに来てください!
………………………………………………………………………………

★★私の食が世界・地球をつくる「日本と世界の食糧事情」★★

誰もが食への不安を抱く時代です。日本は食品の60%以上を海外に
頼り、大量に食糧を輸入しています。日本の食が生産国に及ぼす影響、
日本の食糧事情、フードマイレージ、地産地消、食を無駄にしない生活
など、食の現実をきちんと知り、私たちができることを、一緒に考えて
みませんか?
食問題の専門家、近藤惠津子さん(NPO法人コミュニティスクール・
まちデザイン理事長)が、多角的な視点から、やさしく、わかりやすく
お話します。

【日程】8月8日(金) 午後1時30分〜3時30分
【開催場所】財団法人ベターホーム協会 渋谷教室
【参加費】1,200円
【お問合せ・申込】	電話でお申し込みください。
 財団法人ベターホーム協会
 03-3407-0471(月〜土 9:30〜5:30)
【詳細】http://www.betterhome.jp/school/culture/shoku0808.php

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆メールマガジンへのご意見・ご感想をお待ちしております!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★★NPO法人日本エコツーリズムセンター発行 ★★
〒171-0031東京都豊島区目白3-13-20 DAIGOビル201
TEL:03-3954-2239 FAX:03-3954-2203
HP www.ecotourism-center.jp/
★エコツアー・ドット・ジェイピー★ www.eco-tour.jp
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

Mail Magazine★Vol.27

 

日本エコツーリズムセンター★Mail Magazine★Vol. 27
★2008.7.23★
…………………………………………………………………………………………
読者のみなさま

週末に日本初、いえ、世界初であろう『震災エコツアー』を実施しました。
被災地を訪れるツアーということで、参加者自身も「いいのだろうか」
「でも何かしたい」という気持ちをいだきながらの参加でした。
実際に被災をしたくりこま高原自然学校の佐々木さんから「来てくれただけで
嬉しい」という声に安堵し、そしてツアーの最後には
「これから長いこと復興を応援していきたいという気持ちを持つようになった」
「この時期だからこそ、このツアーだからこそのことが体験できて良かった」
「風評被害に対してエコツアーが役立つと思った」などの感想を聞くことが
できました。
地震の爪痕を実際に見る機会は本当に少ないです。そして、被災した人たちや
復興の支援をしている人たちの声を聞くことも。それらを通して、災害とは、
被災とは、ボランティアとは何かなど、多くを感じる機会になったと思います。
そして、遠くでの出来事が、身近に感じられるようになりました。
次回は8月30日、31日に実施する予定です。ぜひご参加ください。
今回参加された方も、次回に参加される方も、そして残念ながら参加できない方も、
引き続きくりこまを、耕英地区を応援していきましょう!
震災エコツアーの報告、次回の詳細は近日中にエコセンHPに掲載します。
   [中垣]

…………………………………………………………………………………………
☆エコセンNEWS☆
★エコツアーカフェin神戸 [8/4 Mon]
★エコツアーカフェin海老名 海野さん登場! [7/26 Sat]
★エコツアーカフェTOKYO [8/6 Wed]※ボランティア募集!

☆エコツー関連NEWS☆
★沖縄県恩納村で感動体験コーディネーターを募集中
★スローライフ学会フォーラムin鳥取
★「暮らしの中からエコシフト!」講座 自然エネルギー入門
…………………………………………………………………………………………

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆エコセンNEWS☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ★★エコツアーカフェin神戸「神戸の海の仲間たち」★★

神戸でのエコツアーカフェを毎月第1月曜日に開催することに
なりました!
第2回目の今回は、その神戸の海のお話。
六甲山系の南に広がる、神戸の海。閉鎖性水域である大阪湾に位置し、
153万人が暮らす大都会神戸の海の中には、どんな生き物が暮らして
いるのでしょうか。この海の撮影を13年にわたって行った水中写真家の
宮道成彦さんが今回のゲストです。ちょっと潜ってみるつもりで、
大都会の海との関わりなどを考えてみませんか?
ご予約はお早めに!

【ゲスト】宮道成彦氏(水中写真家)
【日時】8月4日(月)18:30-20:00
【場所】モンベルクラブ 神戸三宮店
【参加費】500円
【詳細・お申込み】http://www.ecotourism-center.jp/cafe/cafe_kb080804.html
【申込先・お問い合せ】日本エコツーリズムセンター
 Tel: 03-3954-2239 Fax:03-3954-2203
……………………………………………………………………………………………

    ★★エコツアーカフェin海老名ハウジングセンター★★
     「海・川・森 神奈川のエコツアーは面白いぞっ」
      夏休みが倍楽しくなる!  親子参加歓迎!

神奈川県には海も川も山も、遊べる場所がいっぱい! 夏休みには遠くに
行かなくても、自然を楽しめるところがすぐそばにあります。
故ジャック・モイヤー博士と共に三宅島で子どもを中心に海の環境教育を実践し、
現在地元葉山で海の自然体験活動・環境教育を実施している、海野義明さん
(オーシャンファミリー海洋自然体験センター 代表理事)が、自然の中での
楽しみ方を紹介してくれます。

【ゲスト】海野義明さん
     エコセン理事・オーシャンファミリー海洋自然体験センター 代表理事
【日程】7月26日(土)
【メニュー】トーク:11時〜、13時〜、15時〜 各30分
      園内ミニツアー:11時半〜、13時半〜、15時半〜 各30分
【参加費】無料、申込不要
【場所】海老名ハウジングセンター www.webhousingnet.com/ebina/map.html
【お問い合せ】日本エコツーリズムセンター
 Tel: 03-3954-2239 Fax:03-3954-2203
……………………………………………………………………………………………

★★エコツアーカフェTOKYO「8月6日、自分という自然に出会う」★★

自然というと、森や海を思い出しますかもしれませんが、私たち人間も
自然の一部ですよね。都会にいると、人間だけで世界は回っているかと
錯覚しがちですが、食べ物や空気を通して自然界ともしっかり
つながっています。
今回のゲスト中野民夫さんが、自分という自然に出会わせてくれます。
お申し込みはお早めに!

【ゲスト】中野 民夫氏(ワークショップ企画プロデューサー)
【日時】8月6日(水)18:30-20:00
【場所】SOiL CAFE (目白駅より徒歩2分)
【参加費】500円(飲み物代)
【詳細・お申込み】http://www.ecotourism-center.jp/cafe/cafe_tk080806.html
【お問い合せ】日本エコツーリズムセンター
 Tel:03-3954-2239 Fax:03-3954-2203
※ボランティア募集!
当日、受付などのお手伝いをしていただけるボランティアを募集しております。
詳しくはお問い合せください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆エコツー関連NEWS☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  ★★沖縄県恩納村で感動体験コーディネーターを募集中★★

沖縄県恩納村で、沖縄本島に行かないと絶対に体験出来ないような魅力の
あるプログラムづくりを行っている「沖縄体験ニライカナイ」にて
「営業企画課長(感動体験コーディネーター)候補」を募集しています。
ご応募、お待ちしております。

【業務内容】感動体験コーディネート及び体験指導
【採用枠】1〜2名
【勤務地】沖縄県国頭郡恩納村・恩納村ふれ愛センター
【期間】平成20年9月1日(応相談)から
【資格】普通自動車免許(マイカー必要)、学歴年齢不問、ワード・
 エクセル・メール等が出来、感動体験や環境、体験教育等に関わって
 いた人か興味関心のある人、喫煙習慣がなく協調性のある人(男女可)
【勤務時間】8時頃〜20時頃の連続9時間・食事休憩1時間含む
 (シフト制又は定時も可) ※シーズン中は早出や遅番あり
【給与】月給 19万〜25万程度(能力・年齢による)
 ※試用期間は2か月まで(最短1か月)
【待遇】特殊技能や技術による割増あり・こども手当(中学生まで一人5千円)あり
 賞与(1か月程度:年2回)、そのほか業績により期末手当あり
 社会保険完備、通勤手当、通信手当、退職金制度あり
【休日】2週3休+祝祭日、年末年始(12月30日〜1月3日)、
 特別休暇、年休制度あり
【会社案内】有限会社ニライカナイ(沖縄体験ニライカナイ)
 正社員10名・契約社員3名・役員2名(内女性6名)・契約指導員約100名
 恩納村ふれ愛センター(ホール520名・体験棟320名)指定管理者、恩納村
 真栄田体験施設(収容280名)、恩納村体験ひろば(収容300名)ほか運営
 沖縄県体験型観光推進協議会代表幹事兼事務局、沖縄県カヤックガイド協会所属
 沖縄エコツーリズム推進協議会所属、沖縄観光未来を考える会所属ほか多数
【応募方法】1.履歴書(必ず自筆) 2.応募動機(800字以上1,000字以内)を郵送
【応募締切】平成20年8月11日(月)18時
【面接】  平成20年8月13日(水)〜18日(月)の間
【決定連絡】平成20年8月20日(水)までを予定
【お問合せ】 沖縄体験ニライカナイ
 〒904‐0411 沖縄県国頭郡恩納村恩納5973
 TEL(098)966-1600
  URL:http://www.niraikanai.co.jp
………………………………………………………………………………

    ★★スローライフ学会フォーラムin鳥取★★

「スローライフ」が注目される中、因幡のよさを再発見し、スローライフの
考えを深めるフォーラムを開催します。
8月1日(金)は岩美分科会・若桜分科会を開催
8月2日(土)は智頭分科会・八頭分科会を開催
8月3日(日)は鳥取市で筑紫哲也さんをコーディネーターとし
“白うさぎスローライフ--鳥取・因幡で「環境」を考える”を開催します。
鳥取スローライフへ、ふるってご参加ください。

【期日】8月1日(金)、2日(土)、3日(日)
会場、参加費などは分科会によって違います。
詳細はHPでご確認ください:http://www.slowlife-japan.jp/
【お問合せ】スローライフ学会事務局
 NPOスローライフ・ジャパン
 TEL:03-3221-5113 FAX:03-3221-5114
………………………………………………………………………………

★★「暮らしの中からエコシフト!」講座 自然エネルギー入門 ★★

循環型社会を支える次世代のエネルギーとして注目されている
「自然エネルギー」。その種類や特徴、毎日の生活に取り入れる
方法などを学びます。ワークショップも行ないます。

【日時】7月29日(火)19:00〜20:15(受付開始18:30)
【場所】Nature Info Plaza 丸の内さえずり館
【スピーカー】伊藤吉幸(GREENSTYLEプロデューサー)
【定員】先着25名(要事前申込み)
【持ち物】筆記用具
【参加費】1,000円
【申込み・詳細】Nature Info Plaza 丸の内さえずり館
 TEL:03-3283-3536 
 http://www.m-nature.info/event/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆メールマガジンへのご意見・ご感想をお待ちしております!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★★NPO法人日本エコツーリズムセンター発行 ★★
〒171-0031東京都豊島区目白3-13-20 DAIGOビル201
TEL:03-3954-2239 FAX:03-3954-2203
HP www.ecotourism-center.jp/
★エコツアー・ドット・ジェイピー★ www.eco-tour.jp
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

 


▲TOP | 問い合わせ