エコセン

 

「教育と刃物」セミナー報告

 

The World Travel & Tourism Council

Google

WWW を検索

エコセンの中を検索

連続セミナー「災害と減災」をベースにしたエコセン前代表広瀬敏通氏の新刊です!

災害を
生き抜く

申込受付中!
野生動物インタープリター

獣害対策や地域活性化を推進する人に!

野生動物インタープリター




自然学校「エネルギー・プログラム」アイデア集

身近な自然資源からエネルギーを自給!

自然学校「エネルギー・プログラム」アイデア集

フクシマBOOK

マスメディアからは聞こえない原発被害・福島の声!

フクシマBOOK




地域を元気にする地元学

地域活性化のヒントと実例がここにある。エコセンブックレット誕生!

地域を元気にする地元学

災害を生き抜く

エコセン連続セミナー「災害と減災」をベースにした前代表広瀬敏通氏の渾身の書

災害を生き抜く



RQ災害教育センター
地球環境基金
Share/Bookmark

Mail Magazine★Vol.311

日本エコツーリズムセンター★Mail MagazineVol.311
★2016.3.2
………………………………………………………………………
読者のみなさま
 
 
政権に批判的なコメンテーターの番組降板が相次ぐ中、
2月上旬に高市早苗総務大臣から「政治的に公平性を欠く
放送局の電波停止」の可能性について言及されました。
 
報道機関の自粛ムードが拡がることを懸念して、池上彰さんが
朝日新聞のコラムで、高市大臣の発言を批判するほか、
田原総一朗さん、鳥越俊太郎さんらジャーナリスト6名が
抗議声明を発表するなどの動きがあります。
 
もともと放送法は、戦争時の苦い経験を踏まえ、放送番組への
政府の干渉の排除、放送の自由独立を確保するために定められたもの
とのことなので、今回の大臣発言は、放送法の趣旨にも憲法にも
反するのではないか、ということです。
 
様々な意見が自由闊達に行き交うからこそ、議論が深まります。
電波停止を気にして時の政権に遠慮する「自粛報道」に陥らない
よう、声をあげたジャーナリストのみなさんを応援します!
【梅崎靖志】
……………………………………………………………………………………
 
☆エコセンNEWS
★連続セミナー『教育と刃物』ヤマケイ新書で発売中!
 
☆RQ関連NEWS
★3.11から5年。自然学校は何をしたか? 佐々木豊志とくりこま高原
 自然学校の軌跡から振り返る[3/17 Thu]
 
☆エコツー関連NEWS
★穴蔵 麹仕込みツアー 2016[3/10-12]
★Meetup Kamaishi~鉄人だけが知っている釜石の魅力~[3/19-21]
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆エコセンNEWS
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
★★連続セミナー『教育と刃物』ヤマケイ新書で発売中!★★
 
教育と刃物がヤマケイ新書の本になりました。
タイトルは『刃物と日本人 ナイフが育む生きる力』(税込864円)。
全国の書店、アマゾンなどでお求めください。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆RQ関連NEWS
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
★★3.11から5年。自然学校は何をしたか?★★
佐々木豊志とくりこま高原自然学校の軌跡から振り返る
 
東日本大震災の支援活動をいち早く開始し、RQ市民災害救援センターを
立ち上げたのが、エコセンを中心とした自然学校でした。自然学校はこれ
から災害とどのように向き合っていくのでしょう?
RQ東北本部長として活動を行った佐々木豊志(くりこま高原自然学校代表)
の5年間の軌跡を振り返りながら、これからを考えます。
持続可能な社会づくりをめざす人たちと、改めてつながるために。
 
【日時】2016317日(木)19:0021:00
【会場】西日暮里・日能研6階会議室
 (東京都荒川区西日暮里5-38-5
【アクセス】 http://g.co/maps/ykrad
【定員】 30名程度
【参加費】1,000円(軽く飲食をしながら。持ち込み大歓迎です)
【主催】一般社団法人RQ市民災害救援センター
【詳細・申込み】 http://rq-center.jp/news/1981
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆エコツー関連NEWS
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
★★穴蔵 麹仕込みツアー 2016★★
 
山梨は道志村、穴蔵での麹づくりを村のおばあちゃんに習います。
斜面を掘って作った穴蔵の中で、炭火を焚き続けて麹を咲かせる昔ながらのやり方で、
味噌にすると燻製のような深い味わいです。
伝統的な麹の仕込みを学び、さらに自分たちでも穴蔵を掘ってしまう!?
昔の知恵をこれからの暮らしにつなぎましょう。
 
【日時】31012(土・日)1330
【場所】山梨県道志村および都留市(NPO法人都留環境フォーラム)
【参加費】ビジター 18,000円/NPO会員 17,000
        (食費7回分・シーツ代・保険代・資料代込)
【主催】NPO法人都留環境フォーラム/協力:道志村地域おこし協力隊
【詳細・お申込み】 http://kokucheese.com/event/index/370377/
……………………………………………………………………………………
 
★★Meetup Kamaishi~鉄人だけが知っている釜石の魅力~★★
 
市内各所でさまざまな観光体験プログラムを開催します。
釜石のおいしいを楽しむ、歴史・文化を学ぶ、仕事を体験する、
新しい挑戦を応援する・・・プログラムを案内するのは、釜石の鉄人たち。
鉄人だけが知っている釜石の魅力をお伝えします。
 
【実施期間】31921(土~月)
【場所】岩手県釜石市 各所
……………………………………………………………………………………
 
好評発売中!! エコセンライブラリー&エコセン前代表・広瀬敏通の本
 
◇書籍『災害を生き抜く 災害大国ニッポンの未来をつくる』(1,620円)
◇『野生動物インタープリター』(500円)
◇『自然学校「エネルギー・プログラム」アイデア集』(500円)
◇エコセンブックレット『フクシマBOOK』(500円)
◇エコセンブックレット『地域を元気にする地元学』(500円)
 
◇電子書籍
『アッパーの動物記第1部 家畜と呼ばれた愛すべき仲間たち』
『アッパーの動物記・第2部』新発売!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆メールマガジンへのご意見・ご感想をお待ちしております!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★★NPO法人日本エコツーリズムセンター発行 ★5,736
〒116-0013 東京都荒川区西日暮里5-38-5
TEL:03-5834-7966 FAX03-5834-7972
facebook(フェイスブック) http://on.fb.me/MpZKF7
エコツアー・ドット・ジェイピー★ www.eco-tour.jp
  ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

サイト管理者はコメントに関する責任を負いません。


▲TOP | 問い合わせ