エコセン

 

「教育と刃物」セミナー報告

 

The World Travel & Tourism Council

Google

WWW を検索

エコセンの中を検索

連続セミナー「災害と減災」をベースにしたエコセン前代表広瀬敏通氏の新刊です!

災害を
生き抜く

申込受付中!
野生動物インタープリター

獣害対策や地域活性化を推進する人に!

野生動物インタープリター




自然学校「エネルギー・プログラム」アイデア集

身近な自然資源からエネルギーを自給!

自然学校「エネルギー・プログラム」アイデア集

フクシマBOOK

マスメディアからは聞こえない原発被害・福島の声!

フクシマBOOK




地域を元気にする地元学

地域活性化のヒントと実例がここにある。エコセンブックレット誕生!

地域を元気にする地元学

災害を生き抜く

エコセン連続セミナー「災害と減災」をベースにした前代表広瀬敏通氏の渾身の書

災害を生き抜く



RQ災害教育センター
地球環境基金
Share/Bookmark

Mail Magazine★Vol.280

 

日本エコツーリズムセンター★Mail MagazineVol.280
★2015.7.17
………………………………………………………………………
読者のみなさま
 
こんにちは、共同代表の梅崎です。
西日本を中心に台風が直撃。土砂災害や河川の増水
などに、引き続き、ご注意ください。
 
さて、衆院本会議では、安全保障関連法案が可決されました。
読売、朝日、毎日の世論調査では、いずれも過半数が
今国会での成立に反対。これに対して、賛成は3割前後。
 
民主主義は、民意を汲み取ることで実現するのであって
議席の多数決ではないはず。過半数を占めるからこそ、
民意に耳を傾けなければ民主主義とは言えません。
 
参院での審議は、まだこれから。
日本の未来にとってよい形とするために、今国会での
成立にこだわらず、私たち国民も、何が大事かを
よく考えて見極める必要があります。
エコツーリズムで地域を元気にするには、なんといっても
平和が欠かせません。
 
[梅崎靖志]
……………………………………………………………………………………
☆エコセンNEWS
★エコセン世話人加藤大吾さん「地平線報告会」に登壇[7/24 Fri]
★連続セミナー『教育と刃物』報告レポート公開中
 
☆RQ関連情報☆
★スパイダー没後1周年『蜘瀧仙人──僕が歌津にいた理由』刊行
 
☆エコツー関連NEWS
★農的空間で土に触れ、無農薬野菜を食す[7/19 Sun]
★集落再生・地域づくりカレッジ「里創義塾 夏期講習」参加者募集[7/24 Fri〆切]
 
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ☆エコセンNEWS
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
★★エコセン世話人加藤大吾さん「地平線報告会」に登壇[7/24 Fri]★★
 
探検・冒険から登山、旅、さらには民族調査やボランティア活動まで、
世界を舞台に活動を続けている行動者たちのネットワーク「地平線会議」の
報告会に、エコセン世話人・理事の加藤大吾さんが登壇します。
山梨県都留市に山林を購入して友人たちと開拓、セルフビルドの国産丸太小屋で
妻と4人の子どもと40羽のニワトリ、4頭の綿羊と農耕馬に囲まれ、
田んぼや畑を耕し、生態系の中で暮らす加藤さんの「冒険」を知る報告会です。
 
【日時】724() 18:3021:00
【会場】新宿区スポーツセンター2F http://www.shinjuku.esforta.jp/info_access.html
【参加費】500円(受付は直接会場で)
 ……………………………………………………………………………………
 
 ★★ 連続セミナー『教育と刃物』報告レポート公開中★★
 
「教育」と「刃物」をテーマに、刃物と人間の本質的な関係を振り返り、
 刃物をめぐる現状と課題、刃物教育に関する各種の先進事例、専門家に
 よる教養・実技講座など、刃物を軸にした幅広いテーマで2013年6月から
 2014年5月まで開催した連続セミナー「教育と刃物」の講演録を公開中です。
 
 
【既掲載テーマ】
「人類と刃物─ 考古学・文明学・身体科学の視点から」
「銃刀法の現状とその影響」(講師:服部夏生氏)
「子供と刃物─ 肥後守(ひごのかみ)で鉛筆を削る学校」
「子供と刃物─ 冒険遊び場プレーパークでの刃物の役割」
「子供と刃物─ 子供と刃物──ナイフメーカーの脳育教育の取り組み」
「野遊びと刃物 ──ガキ大将キャンプで30年間ナイフを与え続けて」
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 RQ関連NEWS
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
 ★★スパイダー没後1周年『蜘瀧仙人──僕が歌津にいた理由』刊行★★
 
 宮城県南三陸町歌津で被災地のボランティアをしていたスパイダーこと
 蜘瀧仙人(本名:八幡明彦)さんが急逝されて1年になります。
 彼はなぜ歌津に居続けたのか?
 彼の3年間の軌跡が一冊の本になりました。
 読んでいただければ、スパイダーもきっと喜んでくれると思います。
 
 【書名】『蜘瀧仙人──僕が歌津にいた理由』
 【定価】2000円(送料200円)
 【体裁】A5版、224ページ、フルカラー、並装
 【編集・発行】RQ聞き書きプロジェクト
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ☆エコツー関連NEWS
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
 ★★農的空間で土に触れ、無農薬野菜を食す★★
 
農作業と有機無農薬素材を使ったランチづくりを体験。
そしてRIVENDELの熊澤弘之氏、Be-Nature school代表の森雅浩氏と共に
「いままで」と「いま」を見つめ、未来に続く「冒険の書」を紡ぎます。
いつもと違う時間の中で人生の来し方と行く末を思う1日です。
 
【日時】719() 10:0017:00
【会場】RIVENDEL(神奈川県茅ケ崎市)
【定員】12
【参加費】9,000円(※ランチ付き)
【問い合わせ】Be-Nature school
TEL:03-6450-6481 FAX:03-6450-6482
 ……………………………………………………………………………………
 
 ★★集落再生・地域づくりカレッジ「里創義塾夏期講習」参加者募集★★
 
かみえちご山里ファン倶楽部のフィールド視察に加え、
「里創義塾」塾長の結城登美雄氏、かみえちご山里ファン倶楽部専務理事の
関原剛氏から集落再生の基礎を学ぶ3日間のショートスクーリングです。
 
【日時】824日(月)~ 26日(水)
【場所】新潟県上越市横畑集落 茅葺き古民家 ゆったりの家
【宿泊】くわどり湯ったり村
【定員】15名ほど
【聴講料】38,000
【申込み期限】724日(金)まで
【問い合わせ・申込み】NPO法人かみえちご山里ファン倶楽部
TEL/FAX:025-541-2602(担当:松川)
MAIL: Kamiechigonifty.com
☆を@に変換してから利用ください
 ……………………………………………………………………………………
 
 ★★エコツアー・ドット・ジェイピー★★
 
 夏休みが決まった人も多いでしょうか?
 エコツアー・ドット・ジェイピーで、探してみてください。
 エコツアー・ドット・ジェイピーは無料でエコツアーやイベントの登録が
 できます。ご活用ください。
 ……………………………………………………………………………………
 
 <好評発売中!! エコセンライブラリー&エコセン前代表・広瀬敏通の本
 
 ◇書籍『災害を生き抜く 災害大国ニッポンの未来をつくる』(1620円)
 ◇『野生動物インタープリター』(500円)
 ◇『自然学校「エネルギー・プログラム」アイデア集』(500円)
 ◇エコセンブックレット『フクシマBOOK』(500円)
 ◇エコセンブックレット『地域を元気にする地元学』(500円)
 ご購入やお申込は www.ecotourism-center.jp/ 左横の書籍の表紙をクリック!
 
 ◇電子書籍
 『アッパーの動物記第1部 家畜と呼ばれた愛すべき仲間たち』
 『アッパーの動物記・第2部』新発売!
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ☆メールマガジンへのご意見・ご感想をお待ちしております!
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ★★NPO法人日本エコツーリズムセンター発行 ★5,455
 116-0013 東京都荒川区西日暮里5-38-5
 TEL:03-5834-7966 FAX03-5834-7972
 HP:www.ecotourism-center.jp/
 facebook(フェイスブック) http://on.fb.me/MpZKF7
 エコツアー・ドット・ジェイピー★ www.eco-tour.jp
 ☆日本エコツーリズムセンターは原子力発電に反対します。☆
 ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

サイト管理者はコメントに関する責任を負いません。


▲TOP | 問い合わせ