エコセン

 

「教育と刃物」セミナー報告

 

The World Travel & Tourism Council

Google

WWW を検索

エコセンの中を検索

連続セミナー「災害と減災」をベースにしたエコセン前代表広瀬敏通氏の新刊です!

災害を
生き抜く

申込受付中!
野生動物インタープリター

獣害対策や地域活性化を推進する人に!

野生動物インタープリター




自然学校「エネルギー・プログラム」アイデア集

身近な自然資源からエネルギーを自給!

自然学校「エネルギー・プログラム」アイデア集

フクシマBOOK

マスメディアからは聞こえない原発被害・福島の声!

フクシマBOOK




地域を元気にする地元学

地域活性化のヒントと実例がここにある。エコセンブックレット誕生!

地域を元気にする地元学

災害を生き抜く

エコセン連続セミナー「災害と減災」をベースにした前代表広瀬敏通氏の渾身の書

災害を生き抜く



RQ災害教育センター
地球環境基金
Share/Bookmark

Mail Magazine★Vol.248

日本エコツーリズムセンター★Mail Magazine★Vol.248
★2014.11.21
………………………………………………………………………

読者のみなさま

 冬が近づき、寒さがますます身に沁みます。各地では講習会やミーディングが盛んにおこなわれる時期となりました。多くの関係者に会う機会が増えるのが楽しみです。

 先日、保育園での保護者の意見交換会で、生活習慣の難しさが話題となりました。「何時に寝る?」「うち9時」「早い!」「でも家族が朝5:45起床で起こすと不機嫌」。「テレビ見ちゃう」「作業を頼むと喜ぶよ」「でもすぐ飽きるから」「あの手この手しないとね…」「結局親ががんばれば、自分たちが余裕を持てればいいのよね…。」その家の、親の生活や兄弟のスケジュールに合わせて、小さな子どもたちも育っています。

 子どもの育ちの環境が変わっている。テレビ、スマートフォン、タブレット…受け身のメディアとの接触が増え、対人コミュニケーションの時間が減る子どもたちはデータでも明らかです。低年齢児はまだ視力が1.0に満たない発達中のこともあり、テレビなど見るときは、その刺激に驚くほど近寄って集中してしまいます。

 成熟した大人人間社会の「あたりまえ」が、自然本来体質の子どもにとって「あたりまえだけど心身が辛い」にならないよう、親もまわりも寛容でないと…。学術分野では現在、この子どもへの生活習慣等の影響が注目されています。同時に自然との付き合い方も昔と違うアプローチが必要で…、エコツーリズムにもその場が求められている気がします。
 [中澤朋代]

……………………………………………………………………………………

☆エコセンNEWS☆
★ゆったり・たっぷり・の~んびり☆
温泉好きがそれぞれの思いのたけを語る「温泉トーーク!」[11/26 Wed]
★エコツーリズムコーディネーター養成講座・スキルアップ講座@岐阜[11/26-27]
★NIPPON GREEN TOURISMモニターツアー 訪日・在日外国人参加者募集!
★文化と自然を守りながら地域が潤う、持続可能な観光地域づくり[1/30-2/1]*NEW

☆エコツー関連NEWS☆
★自然学校の若手職員のための「自然学校的コミュニケーションの基礎が身につく新
入職員研修」[1/13-15、3/3-5]
★『プロが教えるファシリテーションの極意セミナー  』~双方向のコミュニケーションで、場を活性化する技術を手に入れる~[12/21 Sun]
★書籍『インタープリター・トレーニング』自然・文化・人をつなぐインタープリテーションへのアプローチ
★中国の環境教育リーダーによる、日本の自然学校報告会[11/25 Tue]

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆エコセンNEWS☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★★エコツアーカフェTOKYO74★★
ゆったり・たっぷり・の~んびり☆
温泉好きがそれぞれの思いのたけを語る「温泉トーーク!」

温泉についてアツく語りたい人、集まれ~! 環境業界きっての温泉好きの中西紹一
氏、森高一をはじめ、温泉好きな人たちと、「本当は教えたくなかった温泉おすす
め」「私的楽しみ方カミングアウト、など某・お笑いトーク番組形式でお届けしま
す。

【温泉かたりすと】中西紹一氏(立教大学大学院特任准教授)
森高一(日本エコツーリズムセンター 共同代表理事) 他、温泉好きのみなさま
【日時】2014年11月26日(水)19:00-20:30
【参加費】500円(飲み物付)
【場所】モンベルクラブ 渋谷店 5F(渋谷区宇田川町11-5 モンベル渋谷ビル)
【申込・詳細】http://www.ecotourism-center.jp/article.php/cafe_tk141126
………………………………………………………………………………………

★★エコツーリズムコーディネーター養成講座・スキルアップ講座★★

過疎化や高齢化が進む地域では、将来を見据えて、地域の歴史的資産や文化・食など
を生かして再生を目指す取り組みが増えています。各地域性を生かした多くの取り組
みを知ると共に、いかに自分たちでの力で地域での取り組みを作っていくかを考える
機会としてこの講座を企画しました。

【テーマ】「どうやって地域おこしする? エコツーリズムで地域を元気にする!」
【講師】鹿熊勤氏(自然系ジャーナリスト)/中澤朋代(松本大学准教授)
北川健司氏(アウトドアサポートシステム代表取締役)
【日時】2014年11月26日9時‐27日18時
【参加費】4000円*宿泊費・現地までの交通費は自己負担
【場所】荘川コミニケーションセンター(荘川支所内:岐阜県高山市荘川町新渕)
【詳細】 http://www.ecotourism-center.jp/article.php/shokawa2014
【申込・詳細】荘川観光協会(岐阜県高山市荘川町新渕446)担当:三島氏
TEL 05769-2-2272 FAX 05769-2-3255 Email shokan☆shokawa.net
☆を@に変換してからご使用ください
………………………………………………………………………………………

★★NIPPON GREEN TOURISMモニターツアー 訪日・在日外国人参加者募集!★★

海外からの旅行者を農山漁村などの地域が受け入れることは、交流活動の拡大
につながり、地域そのものや農産物などへのファンを増やしていくとともに、
地域にとっては、魅力の再認識と資源の活用や雇用の創出につながり、持続
可能な地域社会づくりへとつながっています。
当センターでは、北海道・富良野、九州・阿蘇、高知・四万十、山梨・南アルプス、
千葉・神崎、京都・美山の6つの地区で、外国人を対象としたモニターツアーを
実施します。一緒に地域づくりや地域の魅力を体感するツアーづくりに参加いただ
ける訪日・在日外国人の方を募集します。
【詳細・申込方法】
ホームページで内容を確認し、メールにてお申込下さい。
http://www.ecotourism-center.jp/article.php/ngttesttour1_en
このプロジェクトは農林水産省都市農村共生・対流総合対策交付金共生・対流促進
計画(広域ネットワーク推進対策)外国人旅行者向けの受入体制の構築事業です。
………………………………………………………………………………………

★★サステイナブル・ツーリズム国際認証 熊野フォーラム★★
文化と自然を守りながら地域が潤う、持続可能な観光地域づくり
熊野をモデルとし、国際基準の導入について考える

地域の文化及び自然資源への配慮を前提としたサステイナブル・ツーリズムへの取り組みは、受け入れ規模に関わらず高品質なサービスを提供することが可能で、地域への経済効果のほか、良好な環境および文化資源への理解促進と保全をもたらすことが期待できます。
今回は、世界遺産の熊野古道をケーススタディーとして国際基準の導入をテーマに議論を深めます。
 
【日 時】平成27年1月30日~2月1日(金-日)
【場 所】熊野本宮館 とその周辺
【参加費】30,000円程度を予定(現地までの交通費は含みません)
【主 催】NPO法人日本エコツーリズムセンター
【共 催】 国連世界観光機関(UNWTO)アジア太平洋センター / 一般財団法人アジア太平洋観光交流センター(APTEC) /観光庁
【旅行企画実施】 (一社)田辺市熊野ツーリズムビューロー
【専用ページ】http://www.ecotourism-center.jp/article.php/forum150130
※お申込み受付は11月下旬を予定しています
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆エコツー関連NEWS☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★★自然学校の若手職員のための★★
「自然学校的コミュニケーションの基礎が身につく新入職員研修」
~書く・話す・まとめるをとことん鍛える3日間~

若くて元気な新人スタッフが入ってきてくれたのは嬉しいけど、
なかなか社会人としての基礎をしっかりと教えられていない。
ならば、「指導者養成」を掲げる安藤百福センターが、
その課題解決のために学びの場をつくりたい!と企画しました。

【日程】第1回 2015年1月13日(火)~15日(木)
 第2回 2015年3月3日(火)~5日(木)
【詳細】http://www.momofukucenter.jp/schedule/workshop_schedule/1606.html
【主催】安藤百福記念 自然体験活動指導者養成センター
【共催】公益社団法人日本環境教育フォーラム
………………………………………………………………………………………

★★プロが教えるファシリテーションの極意セミナー★★
双方向のコミュニケーションで、場を活性化する技術を手に入れる

参加者同士が交流して、活気が生まれ、創造的な場を作るのに欠かせないファシリテーション。
プロのファシリテーターとして活躍する川嶋直さんと、風と土の自然学校 梅崎のコンビで、ファシリテーションの極意をお伝えします。

【日時】2014年12月21日(日)10:00~17:30
【会場】東京都内(新宿駅から約15分)
【講師】川嶋直((公財)日本環境教育フォーラム 理事長)
    梅崎靖志(風と土の自然学校 代表)
【詳しくは】http://www.reservestock.jp/events/52941
【お問い合わせ】風と土の自然学校 担当:梅崎
wind_earth☆lifestyle-model.jp
☆を@に変換してからご使用ください
………………………………………………………………………………………

★★書籍『インタープリター・トレーニング』★★
自然・文化・人をつなぐインタープリテーションへのアプローチ

エコセン世話人で昨年急死された帝京科学大学小林毅さんが、生前取りまとめていた本が完成しました。自然や文化や歴史などの対象を媒介にして、参加者の知識体系を揺さぶり理解を深めるためのトレーニング教本です。
【詳細】ナカニシヤ出版 http://www.nakanishiya.co.jp/book/b185655.html
【価格】本体2,500円+税
………………………………………………………………………………………

★★中国の環境教育リーダーによる、日本の自然学校報告会★★

中国では草の根レベルで自然教育の事業と運動を志す人が非常に増えています。
私たちは、中国で自然学校運動の形成と展開を仕掛け、今年も、中国で自然教育・
環境教育の活動に従事しているリーダーを迎え入れ、日本の自然学校でインターン
シップを実施しました。彼らの学び・意見をシェアしていきたいと思います。

【日時】11月25日(火) 18:00-21:00
【場所】日本ツーリズムセンター (日能研西日暮里ビル6F)
【言語】逐語通訳
【費用】無料(軽食あり)
【中国側研修生の紹介】
 林紅(福建省福州楽享自然スタジオ 代表)
 胡偉和(四川省成都花渓農場 顧問)
 魏然(北京市海淀科普教育協会 自然科普部部長)
【お申し込み】 info☆csnet.asia 11月25日(火)昼締め切り
☆を@に変換してからご使用ください
【事務局】日中市民社会ネットワーク(CSネット) 
………………………………………………………………………………………

★★エコツアー・ドット・ジェイピー★★

雪遊びもいいし、スキーやスケートも。雪のないところもいいね。
冬の情報も集まってきました。
エコツアー・ドット・ジェイピーで、探してみてください。
エコツアー・ドット・ジェイピーは無料でエコツアーやイベントの登録が
できます。ご活用ください。
www.eco-tour.jp
……………………………………………………………………………………

<好評発売中!!>エコセンライブラリー&エコセン前代表・広瀬敏通の本

◇書籍『災害を生き抜く 災害大国ニッポンの未来をつくる』(1620円)
◇『野生動物インタープリター』(500円)
◇『自然学校「エネルギー・プログラム」アイデア集』(500円)
◇エコセンブックレット『フクシマBOOK』(500円)
◇エコセンブックレット『地域を元気にする地元学』(500円)
ご購入やお申込は www.ecotourism-center.jp/ 左横の書籍の表紙をクリック!


◇電子書籍
『アッパーの動物記第1部 家畜と呼ばれた愛すべき仲間たち』
http://amzn.to/1vwfvBY
『アッパーの動物記・第2部』新発売!
http://amzn.to/1sOCpjq

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆メールマガジンへのご意見・ご感想をお待ちしております!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★★NPO法人日本エコツーリズムセンター発行 ★5,275★
〒116-0013 荒川区西日暮里5-38-5
TEL:03-5834-7966 FAX:03-5834-7972
HP www.ecotourism-center.jp/
facebook(フェイスブック) http://on.fb.me/MpZKF7
ツイッター http://twitter.com/ecotourismjapan
エコツアー・ドット・ジェイピー★ www.eco-tour.jp
☆日本エコツーリズムセンターは原子力発電に反対します。☆
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
 

 

 

サイト管理者はコメントに関する責任を負いません。


▲TOP | 問い合わせ