エコセン

 

「教育と刃物」セミナー報告

 

The World Travel & Tourism Council

Google

WWW を検索

エコセンの中を検索

連続セミナー「災害と減災」をベースにしたエコセン前代表広瀬敏通氏の新刊です!

災害を
生き抜く

申込受付中!
野生動物インタープリター

獣害対策や地域活性化を推進する人に!

野生動物インタープリター




自然学校「エネルギー・プログラム」アイデア集

身近な自然資源からエネルギーを自給!

自然学校「エネルギー・プログラム」アイデア集

フクシマBOOK

マスメディアからは聞こえない原発被害・福島の声!

フクシマBOOK




地域を元気にする地元学

地域活性化のヒントと実例がここにある。エコセンブックレット誕生!

地域を元気にする地元学

災害を生き抜く

エコセン連続セミナー「災害と減災」をベースにした前代表広瀬敏通氏の渾身の書

災害を生き抜く



RQ災害教育センター
地球環境基金
Share/Bookmark

Mail Magazine★Vol.245

日本エコツーリズムセンター★Mail Magazine★Vol.245
★2014.10.28
………………………………………………………………………

読者の皆さま

先週のメルマガでご紹介した、アジア太平洋エコツーリズム会議。
この中で、台湾や韓国、スリランカをはじめ、各国のエコツーリズムに取り組む
方々とつながることができました。

エコセンの合い言葉は、「エコツーリズムで地域を元気にしよう!」です。
エコツーリズムを通じて、地域の課題に取り組むために、仲間とつながり、
地域とつながる。
そして今後は、世界各地の人たちとも、情報と人の交流を通じてつながる
ことで、エコセンにできることがさらに拡がって行きそうです。

日本政府が取り組むビジット・ジャパン・キャンペーンでは、2020年に
2000万人の外国人旅行者を迎えることを目標にしています。
エコセンとしては、ツーリズムを通じて持続可能な地域づくりを進める
とてもよい機会です。

地域の自然や生活文化を守り、価値を高めていくことを念頭に、国内の仕組み
づくりを応援していく。そして、海外と日本の地域をつなげ、ツーリズムを
通じた地域の課題解決に取り組み、持続可能な社会づくりに関わっていきたい。
今回のアジア太平洋エコツーリズム会議に参加して、こうした思いが強くなり
ました。[梅崎 靖志]

……………………………………………………………………………………

☆エコセンNEWS☆
★小値賀島で世界を駆けるアレックス・カー氏に学ぶ研修会[11/18-20]
★エコセンライフモデルエコツアー
「エコセン世話人を訪ねよう 生態系の中で自然と共に暮らすライフモデル体験」
[11/11-12]
★NIPPON GREEN TOURISMモニターツアー 訪日・在日外国人参加者募集!
 11月22‐23日山梨県南アルプス市「 水の恵み旅 」  

☆エコツー関連NEWS☆
★オーライニッポン大賞表彰式 [11/4]
★在来作物の魅力「めぐるタネ展」[11/3-9]
★環境教育最前線・清里ミーティング受付延長 [11/6締切]
★明日へのツーリズム大賞募募集 [11/14締切]
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆エコセンNEWS☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★★外国人が行きたくなるニッポン・グリーンツーリズム★★
小値賀島で体感する「美しき日本の残像」
世界がナンバー1に選んだ小値賀島で
世界を駆けるアレックス・カー氏に学ぶ研修会

アメリカの修学旅行生の評価ナンバーワンにも輝いた小値賀ブランドとして
確立されつつある取組・魅力を、フランスのプロヴァンスやイタリアのトス
カーナと並ぶ何気ない田舎の美しさがあると小値賀を評し、島内の古民家を
プロデュースするアレックス・カー氏とともに実地で学びます。

【講師】アレックス・カー氏、高砂樹史氏(株式会社小値賀観光まちづくり公社 代
表取締役)
【日時】2014年11月18日(火)-11月20日(木)
【参加費】研修費は参加費無料/島での滞在宿泊費、島までの交通費、交流会費は自
己負担
【会場】小値賀島(長崎県北松浦郡小値賀町)
【申込・詳細】http://www.ecotourism-center.jp/article.php/gt_odikakenshu
………………………………………………………………………………………

★エコセンライフモデルエコツアー
「エコセン世話人を訪ねよう 生態系の中で自然と共に暮らすライフモデル体験」★

「持続可能な暮らし」を実践する二軒のお宅を訪ね、体験し・感じる「ライフ
モデル」体験エコツアー。
都会の暮らしを少し離れ、土や家畜にふれ、新鮮な食事をみんなで食べながら、
持続可能な里山の暮らしを体験しましょう。
【内容】
・風と土の自然学校 自然と共に暮らすライフスタイル見学と稲刈り
・都留環境フォーラム・加藤大吾さん宅で大豆狩り、または家畜調理
・座談会~ライフモデルについて
【日時】2014年11月11日(火)-11月12日(水)
【場所】山梨県都留市
【参加費】一般18,000円、エコセン会員17,000円
【申込・詳細】 http://www.ecotourism-center.jp/article.php/lifemodeltour_tsuru14
………………………………………………………………………………………

★★NIPPON GREEN TOURISMモニターツアー 訪日・在日外国人参加者募集!★★

海外からの旅行者を農山漁村などの地域が受け入れることは、交流活動の拡大
につながり、地域そのものや農産物などへのファンを増やしていくとともに、
地域にとっては、魅力の再認識と資源の活用や雇用の創出につながり、持続
可能な地域社会づくりへとつながっています。異文化交流が、地域に新しい風を
吹き込んでいきます。海外からの評価が国内の再評価につながるなど、さまざま
な効果がもたらされると考えています。
当センターでは、北海道・富良野、九州・阿蘇、高知・四万十、山梨・南アルプス、
千葉・神崎、京都・美山の6つの地区で、外国人を対象としたモニターツアーを
実施します。一緒に地域づくりや地域の魅力を体感するツアーづくりに参加いただ
ける訪日・在日外国人の方を募集します。
【詳細・申込方法】
ホームページで内容を確認し、メールにてお申込下さい。
http://www.ecotourism-center.jp/article.php/ngttesttour1_en
このプロジェクトは農林水産省都市農村共生・対流総合対策交付金共生・対流促進
計画(広域ネットワーク推進対策)外国人旅行者向けの受入体制の構築事業です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆エコツー関連NEWS☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★★第12回オーライ!ニッポン大賞表彰式★★

オーライ!ニッポン大賞では、都市と農山漁村を往来する新たなライフ
スタイルの普及と定着を図るため、「人・もの・情報」の行き来を活発化
する活動を積極的に進めている団体、個人を表彰しています。
今年はNPO法人 東村観光推進協議会をはじめ、魅力的な取組を行う地域
や人が表彰や事例発表を行います。
都市農村交流やグリーン・ツーリズムなどの取組をされている方はもちろん、
ご関心のある方どなたでもご参加ください。

【開催日時】2014年11月4日(火)
1.表彰式:13 時-15 時(養老孟司氏基調講演等)/2.事例発表会:16時-18時
【参加費】無料
【申込方法】オーライ!ニッポン会議事務局にFAX、お電話又はE-Mail でお申し込みください。
 事務局(TEL:03-4335-1985、FAX:03-5256-5211、e-mail: ohrai(あ)kouryu.or.jp)
 *(あ)の部分を@マークに変えて、メールください。
【主催】オーライ!ニッポン会議(都市と農山漁村の共生・対流推進会議)、農林水産省
【詳細】申し込みURL: http://kouryu.or.jp/ohrai/20141021ohrai.html (10/31まで)
………………………………………………………………………………………

★★在来作物の魅力「めぐるタネ展」★★
 
地域のなかで世代を超えてタネ採りをしながら育てられ続けている作物の
ことを、わたしたちは「在来作物」と呼んでいます。
「めぐるタネ展」では、在来作物の魅力、タネ採りのおもしろさ、そして
タネや暮らしが「めぐる」ことの心地よさを、お伝えします!
 
【日時】11月3日(月祝)‐9日(日)
【場所】フロマエcafe&gallery(東京都荒川区西日暮里) http://furomae.jimdo.co
【主催】都留環境フォーラム(山梨県都留市)
………………………………………………………………………………………

★★環境教育最前線・清里ミーティング受付延長★★

さまざまな環境教育の分科会の体験と交流の場「清里ミーティング」。
今年は、ESD-J最終年を迎えて関係者より、開催直後の最新情報報告や、
エコセンセミナー「教育と刃物」の分科会など話題が豊富です。

【日時】2014年11月15日-17日
【場所】キープ協会清泉寮、山梨県立八ヶ岳自然ふれあいセンター(山梨県北杜市高根町清里)
【参加費】一般35,000円(JEEF会員・学生は30,000円)
【主催・詳細・申込】http://www.jeef.or.jp/activities/kiyosato/kikakau/ (11/6まで)
………………………………………………………………………………………

★★「明日へのツーリズム賞」募集中!★★

WTTC(世界旅行ツーリズム協議会)による、持続可能型旅行における世界の
先駆者を表彰する権威ある賞「明日へのツーリズム賞」を募集しています。

【カテゴリー】地域貢献部門/デスティネーション部門/自然環境部門/
革新部門/人材部門/持続可能ビジネス部門
【対象】世界中のツーリズム関連企業、団体、そして地域の方々
【〆切】2014年11月14日(金)
【詳細】 http://www.wttc.org/tourism-for-tomorrow-awards/apply/
※英語のみのページとなります
………………………………………………………………………………………

★★エコツアー・ドット・ジェイピー★★

キャンプ、紅葉、トレッキング。楽しみいっぱい秋のエコツアー。
エコツアー・ドット・ジェイピーで、探してみてください。
エコツアー・ドット・ジェイピーは無料でエコツアーやイベントの登録が
できます。ご活用ください。
www.eco-tour.jp
……………………………………………………………………………………

<好評発売中!!>エコセンライブラリー&エコセン前代表・広瀬敏通の本

◇書籍『災害を生き抜く 災害大国ニッポンの未来をつくる』(1620円)
◇『野生動物インタープリター』(500円)
◇『自然学校「エネルギー・プログラム」アイデア集』(500円)
◇エコセンブックレット『フクシマBOOK』(500円)
◇エコセンブックレット『地域を元気にする地元学』(500円)
ご購入やお申込は www.ecotourism-center.jp/ 左横の書籍の表紙をクリック!


◇電子書籍
『アッパーの動物記第1部 家畜と呼ばれた愛すべき仲間たち』
http://amzn.to/1vwfvBY
『アッパーの動物記・第2部』新発売!
http://amzn.to/1sOCpjq

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆メールマガジンへのご意見・ご感想をお待ちしております!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★★NPO法人日本エコツーリズムセンター発行 ★5,229★
〒116-0013 荒川区西日暮里5-38-5
TEL:03-5834-7966 FAX:03-5834-7972
HP www.ecotourism-center.jp/
facebook(フェイスブック) http://on.fb.me/MpZKF7
ツイッター http://twitter.com/ecotourismjapan
エコツアー・ドット・ジェイピー★ www.eco-tour.jp
☆日本エコツーリズムセンターは原子力発電に反対します。☆
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
 

 

 

サイト管理者はコメントに関する責任を負いません。


▲TOP | 問い合わせ