エコセン

 

「教育と刃物」セミナー報告

 

The World Travel & Tourism Council

Google

WWW を検索

エコセンの中を検索

連続セミナー「災害と減災」をベースにしたエコセン前代表広瀬敏通氏の新刊です!

災害を
生き抜く

申込受付中!
野生動物インタープリター

獣害対策や地域活性化を推進する人に!

野生動物インタープリター




自然学校「エネルギー・プログラム」アイデア集

身近な自然資源からエネルギーを自給!

自然学校「エネルギー・プログラム」アイデア集

フクシマBOOK

マスメディアからは聞こえない原発被害・福島の声!

フクシマBOOK




地域を元気にする地元学

地域活性化のヒントと実例がここにある。エコセンブックレット誕生!

地域を元気にする地元学

災害を生き抜く

エコセン連続セミナー「災害と減災」をベースにした前代表広瀬敏通氏の渾身の書

災害を生き抜く



RQ災害教育センター
地球環境基金
Share/Bookmark

Mail Magazine★Vol.244

日本エコツーリズムセンター★Mail Magazine★Vol.244
★2014.10.24
………………………………………………………………………

読者のみなさま

アジア太平洋エコツーリズム会議(APECO)に、エコセンとして参加してきました。
今回は、19カ国からエコツーリズムに携わる専門家、実践家の約200名が参加。
今年のテーマは、「エコツーリズムを通じてどのように価値を生み出すか」です。

エコツーリズムが、環境保全やコミュニティへどのように貢献できるのか、
また経済的に回すためのしくみなど、様々な角度から、具体的な取り組み事例や
視点が紹介され、テーマ別の分科会なども行われました。

今回、改めて感じたのは、エコツーリズムが地域課題を解決するための
手段として、様々な役割を果たしうるということ。
そして、地域とつながり、協働することを通じて信頼関係を育むことの
重要性が強調されていました。

世界各地で、エコツーリズムの導入により、自然環境の保全や野生生物の保護や
地域雇用の創出はもちろん、エコツアーが生み出した収益を安全な水の供給や、
子供たちへの教育機会の提供などが行われています。
どれも、地域それぞれが抱える課題を解決するための取り組みです。

様々な取り組みの中から、どのような視点を持ってエコツーリズムの仕組みを
作っていけばいいのか、たくさんのヒントを得ることが出来ました。[梅崎靖志]

……………………………………………………………………………………

☆エコセンNEWS☆
★小値賀島で世界を駆けるアレックス・カー氏に学ぶ研修会[11/18-20]
★エコセンライフモデルエコツアー
「エコセン世話人を訪ねよう 生態系の中で自然と共に暮らすライフモデル体験」
[11/11-12]
★NIPPON GREEN TOURISMモニターツアー 訪日・在日外国人参加者募集!

☆エコツー関連NEWS☆
★全国の島々が集まる、年に1度の島の祭典!『アイランダー2014』 [11/22.23]
★RQ広島報告会@東京[11/5 Wed]
★全国草原サミット・シンポジウム阿蘇 [11/22-24]
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆エコセンNEWS☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★★外国人が行きたくなるニッポン・グリーンツーリズム★★
小値賀島で体感する「美しき日本の残像」
世界がナンバー1に選んだ小値賀島で
世界を駆けるアレックス・カー氏に学ぶ研修会

アメリカの修学旅行生の評価ナンバーワンにも輝いた小値賀ブランドとして
確立されつつある取組・魅力を、フランスのプロヴァンスやイタリアのトス
カーナと並ぶ何気ない田舎の美しさがあると小値賀を評し、島内の古民家を
プロデュースするアレックス・カー氏とともに実地で学びます。

【講師】アレックス・カー氏、高砂樹史氏(株式会社小値賀観光まちづくり公社 代
表取締役)
【日時】2014年11月18日(火)-11月20日(木)
【参加費】研修費は参加費無料/島での滞在宿泊費、島までの交通費、交流会費は自
己負担
【会場】小値賀島(長崎県北松浦郡小値賀町)
【申込・詳細】http://www.ecotourism-center.jp/article.php/gt_odikakenshu
………………………………………………………………………………………

★エコセンライフモデルエコツアー
「エコセン世話人を訪ねよう 生態系の中で自然と共に暮らすライフモデル体験」★

「持続可能な暮らし」を実践する二軒のお宅を訪ね、体験し・感じる「ライフ
モデル」体験エコツアー。
都会の暮らしを少し離れ、土や家畜にふれ、新鮮な食事をみんなで食べながら、
持続可能な里山の暮らしを体験しましょう。
【内容】
・風と土の自然学校 自然と共に暮らすライフスタイル見学と稲刈り
・都留環境フォーラム・加藤大吾さん宅で大豆狩り、または家畜調理
・座談会~ライフモデルについて
【日時】2014年11月11日(火)-11月12日(水)
【場所】山梨県都留市
【参加費】一般18,000円、エコセン会員17,000円
【申込・詳細】
http://www.ecotourism-center.jp/article.php/lifemodeltour_tsuru14
………………………………………………………………………………………

★★NIPPON GREEN TOURISMモニターツアー 訪日・在日外国人参加者募集!★★

海外からの旅行者を農山漁村などの地域が受け入れることは、交流活動の拡大
につながり、地域そのものや農産物などへのファンを増やしていくとともに、
地域にとっては、魅力の再認識と資源の活用や雇用の創出につながり、持続
可能な地域社会づくりへとつながっています。異文化交流が、地域に新しい風を
吹き込んでいきます。海外からの評価が国内の再評価につながるなど、さまざま
な効果がもたらされると考えています。
当センターでは、北海道・富良野、九州・阿蘇、高知・四万十、山梨・南アルプス、
千葉・神崎、京都・美山の6つの地区で、外国人を対象としたモニターツアーを
実施します。一緒に地域づくりや地域の魅力を体感するツアーづくりに参加いただ
ける訪日・在日外国人の方を募集します。
 【詳細・申込方法】
ホームページで内容を確認し、メールにてお申込下さい。
http://www.ecotourism-center.jp/article.php/ngttesttour1_en
このプロジェクトは農林水産省都市農村共生・対流総合対策交付金共生・対流促進
計画(広域ネットワーク推進対策)外国人旅行者向けの受入体制の構築事業です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆エコツー関連NEWS☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★★全国の島々が集まる、年に1度の島の祭典!★★
『アイランダー2014』

今年の参加島は約200島!!島の美しい自然や独自の歴史・文化に惹かれませんか。
島での漁業や農業に関心がありませんか。今回のアイランダーでは、
島の魅力を体験する情報や島での求人情報などを幅広くPRします。
住宅、求人、留学、行政からの支援などについて行政職員、UIターン経験者
などの島活相談員がブースで皆さんの来場をお待ちしています!!

【日時】2014年11月22.23日10:00-18:00
【場所】池袋サンシャインシティ
文化会館3F展示ホールC[入場無料!]
【詳細】 http://www.i-lander.com/
………………………………………………………………………………………

★★RQ広島報告会@東京★★

局地的な災害といわれたのが今回の広島土砂災害。地震や津波に限らず、
身近な住宅地に大きな危険が潜んでいることを改めて気づかせました。
約3週間という短い期間でしたが、当地に拠点を設けて活動を行ったRQ広島は、
今回の支援で多くのことを学びました。
次回の災害支援に備えるために、あるいは自らが被災したときに備えるために、
RQ広島の経験を広く共有したいと思います。

【日時】2014年11月5日(水) 19:00-21:00
【会場】RQ災害教育センター
 東京都荒川区西日暮里5-38-5 日能研ビル6階
【アクセス】 http://g.co/maps/ykrad
【参加費】500円
【詳細・お申込み】 http://www.rq-center.jp/news/1623 ………………………………………………………………………………………

★★全国草原サミット・シンポジウム阿蘇★★

日本全国には二百数十カ所にも及ぶ草原が分布しており、美しい草原景観やそれらの
環境がもたらす生態系サービスを享受しています。しかし、社会経済的な状況の変化
により、近年、草原の保全・管理が困難になってきました。
今回、改めて「草原が持つ公益的機能と経済的価値」に焦点を当て、多様な恵みを
提供してくれる草原の価値を広く理解してもらうとともに、今後の草原保全に弾みを
つける大会にしたいと考えています。

【日時】2014年11月22日-24日
【場所】阿蘇プラザホテル
【詳細・お申込み】 http://www.asogreenstock.com/sougensummit/#promotion
………………………………………………………………………………………

★★エコツアー・ドット・ジェイピー★★

食も楽しめるエコツアーシーズン到来!
エコツアー・ドット・ジェイピーで、探してみてください。
エコツアー・ドット・ジェイピーは無料でエコツアーやイベントの登録が
できます。ご活用ください。
www.eco-tour.jp
……………………………………………………………………………………

<好評発売中!!>エコセンライブラリー&エコセン前代表・広瀬敏通の本

◇書籍『災害を生き抜く 災害大国ニッポンの未来をつくる』(1620円)
◇『野生動物インタープリター』(500円)
◇『自然学校「エネルギー・プログラム」アイデア集』(500円)
◇エコセンブックレット『フクシマBOOK』(500円)
◇エコセンブックレット『地域を元気にする地元学』(500円)
ご購入やお申込は www.ecotourism-center.jp/ 左横の書籍の表紙をクリック!


◇電子書籍
『アッパーの動物記第1部 家畜と呼ばれた愛すべき仲間たち』
http://amzn.to/1vwfvBY
『アッパーの動物記・第2部』新発売!
http://amzn.to/1sOCpjq

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆メールマガジンへのご意見・ご感想をお待ちしております!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★★NPO法人日本エコツーリズムセンター発行 ★5,193★
〒116-0013 荒川区西日暮里5-38-5
TEL:03-5834-7966 FAX:03-5834-7972
HP www.ecotourism-center.jp/
facebook(フェイスブック) http://on.fb.me/MpZKF7
ツイッター http://twitter.com/ecotourismjapan
エコツアー・ドット・ジェイピー★ www.eco-tour.jp
☆日本エコツーリズムセンターは原子力発電に反対します。☆
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
 

 

サイト管理者はコメントに関する責任を負いません。


▲TOP | 問い合わせ