エコセン

 

「教育と刃物」セミナー報告

 

The World Travel & Tourism Council

Google

WWW を検索

エコセンの中を検索

連続セミナー「災害と減災」をベースにしたエコセン前代表広瀬敏通氏の新刊です!

災害を
生き抜く

申込受付中!
野生動物インタープリター

獣害対策や地域活性化を推進する人に!

野生動物インタープリター




自然学校「エネルギー・プログラム」アイデア集

身近な自然資源からエネルギーを自給!

自然学校「エネルギー・プログラム」アイデア集

フクシマBOOK

マスメディアからは聞こえない原発被害・福島の声!

フクシマBOOK




地域を元気にする地元学

地域活性化のヒントと実例がここにある。エコセンブックレット誕生!

地域を元気にする地元学

災害を生き抜く

エコセン連続セミナー「災害と減災」をベースにした前代表広瀬敏通氏の渾身の書

災害を生き抜く



RQ災害教育センター
地球環境基金
Share/Bookmark

Mail Magazine★Vol.204


 
 

日本エコツーリズムセンター★Mail Magazine★Vol.204
★2013.12.24★
…………………………………………………………………………………………

読者のみなさま
 
エコセン設立以来6年4か月、事務局を務めてきましたが、年内で退職する
こととなりました。みなさまには本当にお世話になりありがとうございました。
いろいろな出会いに恵まれ、多くの刺激を受け、とても勉強になり、
また成長できたと思います。とても充実した6年あまりでした。
エコツーリズムや自然学校の仕事に携わってよかったと思うのは、
やはり、この世界が持っているポジティブな側面に日々接することができたこと。
世の中には不条理なことがいっぱいありますが、それでも前向きに取り組んで
いくことは絶対に必要なことで、そういう輪を広げていけるのが、我々の大きな
力だと思っています。ぜひみなさんも引き続き、ポジティブな輪を広げて
いってください。私もまた違う立場からやっていきたいと思います。
こうしてみなさんにご案内を出すのもこれが最後になるかと思うと、寂しい
思いでいっぱいになりますが、また別の機会にみなさんと再会できることを
楽しみにしています。長い間ご愛読いただきありがとうございました。
 
今年最後のメルマガにもなります。来年からまた新たなメンバーでお届け
しますのでどうぞお楽しみに。
みなさま、メリークリスマス! そしてよいお年をお迎えください。 [中垣]
 
…………………………………………………………………………………………
☆エコセンNEWS☆
★エコツアーカフェTOKYO「もう教えるのはヤーメタ!?
脱!環境教育を目指す 森林文化アカデミーの人づくり」 [1/9 Thu]
★野生動物インタープリター講習会《初級》in丹沢 [2/1-2]
★連続セミナー「教育と刃物」 [2/28 Fri]
第9回「スカウティングと刃物~世界最大の青少年野外活動組織とナイフ」
★エコセン前代表・広瀬敏通の「アッパーの動物記」が発刊!
★エコツアー・ドット・ジェイピー
★エコセンブックレット「フクシマBOOK」
★エコセンブックレット「地域を元気にする地元学」
★facebook(フェイスブック)&Twitter(ツイッター)
☆RQ情報:「災害教育」のブックレットが完成しました!
 
☆エコツー関連NEWS☆
★『新年 もちつき & 自然農体験会』風と土の自然学校
★狩猟合宿in大三島
★狩猟体験(大物猟編)参加者募集!
★標高600mの森で過ごす週末 おとなの“たきび時間”
………………………………………………………………………………………
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆エコセンNEWS☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
        ★★エコツアーカフェTOKYO★★
「もう教えるのはヤーメタ!?
 脱!環境教育を目指す 森林文化アカデミーの人づくり」
 
「教えない」「とにかく自然、とにかく子ども」「混ぜる&つなげる」
そんなことを大切にしながら、高卒&社会人を受け入れ森と人をつないで
いく人材を育成している地方自治型自由学校、岐阜県立森林文化アカデミー。
一体どのような環境教育を子どもたちに提供し、どのように環境教育指導者や
インタープリターを養成しているのか、紹介したいと思います。
また、環境教育のゴールでもある「行動する」人材を育成するには
どんなことが大切なのか、皆さんと一緒に話し合いたいと思います。
 
【ゲストスピーカー】萩原裕作氏(岐阜県立森林文化アカデミー)
【日時】2014年1月9日(木)19:00-20:30
【場所】モンベルクラブ渋谷店
【参加費】500円
【詳細・申込】 http://www.ecotourism-center.jp/article.php/cafe_tk140109
【お問合せ】日本エコツーリズムセンター
 TEL:03-5834-7966 FAX:03-5834-7972
………………………………………………………………………………………
 
★★野生動物インタープリター講習会《初級》in丹沢★★
 
動物の生態や人との関わりを題材にしたプログラムとはどんなものか?
野生動物と人との関係性をあらためて見つめ直し、共生を探るインタープリターを
育成する講習会《初級編》を開催します。動物インタープリターの入り口と
なる《初級編》は、野生動物もたくさん生息し、シカの食害も深刻化する
丹沢が舞台。動物を素材にしたインタープリテーションプログラムや、獣害に
ついて知り、人と動物、人と自然をつなぐインタープリターを目指します。
 
【日時】2014年2月1日(土)~2日(日)
【講師】青木雄司氏(神奈川県立生命の星・地球博物館外来研究員/ モニタ
リングサイト1000検討委員)、吉田直哉氏(丹沢自然学校/神奈川県環境計画課)、
浅子智昭氏(ホールアース自然学校 コーディネーター/猟師)
【場所】表丹沢野外活動センター(秦野市菩提2046-5)
【定員】18名
【参加費】学生割引:16,000円、エコセン会員:19,000円、一般:21,000円
《早割》1/15(水)までお申込の方は1,000円割引となります。
  (現地までの交通費、宿泊・食費、交流会費は含みません)
【詳細・申込】 http://www.ecotourism-center.jp/article.php/wlip_2013beginner
【お問合せ】NPO法人日本エコツーリズムセンター
 TEL:03-5834-7966 Fax:03-5834-7972
※この研修はセブン-イレブン記念財団の公募助成を受けて実施しています。
………………………………………………………………………………………
 
   ★★第9回 エコセン連続セミナー「教育と刃物」★★
「スカウティングとナイフ~世界最大の青少年野外活動組織とナイフ」
 
刃物と教育の事情に通じた講師12人による年間リレー式の連続セミナー。
第9回は、世界162の国と地域、約3,000万人が加盟する世界最大の青少年
運動を行うボーイスカウト日本連盟、山中野営場場長・佐久間宣吉氏を
お招きします。子どもたちの野外教育を長きにわたり行ってきたボーイスカウト。
その象徴が腰に装着されたナイフです。しかし、時代と共にボーイスカウトの
シンボルである刃物の状況にも変化が起こりつつあるようです。2012年に
行われたボーイスカウト全国大会では、ナタによる外傷が152件に及ぶと
いう非常的事態が発生。急きょ調査委員会が立ち上がりました。その調査と
分析のとりまとめを行った佐久間氏に、子供達の身体感覚の変化や対応策に
ついてお話しいただきます。
 
【ゲストスピーカー】佐久間宣吉氏(ボーイスカウト 山中野営場場長)
【コーディネーター】山中俊幸氏・鹿熊勤氏
【日時】2014年2月28日(金)17:30-21:00
 ★「刃物のミニ博」も臨時開設!
【参加費】1,500円(お茶、お土産、資料つき)
【場所】日本エコツーリズムセンター 6F
【詳細・申込】http://www.ecotourism-center.jp/article.php/seminar140228
【facebook「教育と刃物」】 http://on.fb.me/15DC9bh
【主催・問合せ】日本エコツーリズムセンター
【協力・後援】ビクトリノックス・ジャパン株式会社
【協力】ワールドフォトプレス『ナイフマガジン』編集部
 
<満員御礼!第8回狩猟とナイフ 自然教育ソフトとしての動物解体>
http://www.ecotourism-center.jp/article.php/seminar140130
………………………………………………………………………………………
 
★★エコセン前代表・広瀬敏通の「アッパーの動物記」が発刊!★★
 
自然学校やエコツーリズムの先駆者で、災害救援活動や火山洞窟研究でも
知られる、日本エコツーリズムセンター初代代表・広瀬敏通氏の家畜たち
との交流の記録が、電子書籍になりました。富士山の麓の農場で、
13種1300頭羽もの家畜と生活をしていた広瀬氏。ペットでもなく畜産
のためでもない個性的な家畜たちと、“脇役”の魅力的な人間たちが
ときには心の交流をし、ときには正面からぶつかり合い、ときには自ら屠って
食べる、という姿が描かれています。環境学習、体験学習にかかわる方は
もちろん、田舎暮らしを考える方にもお勧めの1冊。
続&続々アッパーの動物記も来年、発刊予定です。どうぞお楽しみに。
 
『アッパーの動物記第1部 家畜と呼ばれた愛すべき仲間たち』(電子書籍)
【著者】広瀬敏通
【販売価格】300円(税別)*一部の書店では値段が異なります
【出版社】みくに出版
【購入できる電子書店】
<amazon>
http://amzn.to/1aK3JDN
<楽天>
http://books.rakuten.co.jp/rk/c1c58c6aeae131c2ab42b95f6936a187/
ほか、紀伊国屋kinoppyなど
 
★30数年にわたって災害や紛争の現場を歩いてきた広瀬敏通の渾身の一冊、
「災害を生き抜く 災害大国ニッポンの未来をつくる」が2014年2月発刊予定!
………………………………………………………………………………………
 
      ★★エコツアー・ドット・ジェイピー★★
  
雪遊び、スノーシュー、かまくら、温泉・・。
冬休みの旅をエコツアー・ドット・ジェイピーで、探してみてください。
www.eco-tour.jp
 
エコツアーや体験イベント実施している方、ぜひ情報をご登録ください。
エコツアー・ドット・ジェイピーは無料でエコツアーやイベントの登録が
できます。ご活用ください。
http://www.eco-tour.jp/mem/
……………………………………………………………………………………
 
     ★★エコセンブックレット「フクシマBOOK」★★
 
2011年9月、地震・津波・原発(放射能)・風評という4つの複合的な
被害を受けている福島を訪れ、今後どのような支援ができるかを考える
コンセプトワークを開催しました。
マスメディアからは聞こえない、飯舘村やいわき市からの生の声を盛り
込んだ1冊です。
 
【目次】
■序文 「エコツーリズム」が福島にできること
 ・・・広瀬敏通[日本エコツーリズムセンター代表理事]
■福島からの声 1
ここで農業を続けられるのか、無理なのか
はく結論を。生殺しだけはごめんだ!
 ・・・佐藤 茂さん[農業・飯舘村
■福島からの声 2
漁師町の歴史を刻む貴重な建築物群が
「解体同意」の張り紙とともに消えてゆく
 ・・・豊田善幸さん[豊田設計事務所・いわき市]
■座談会
被災地を歩いて考えたこと
■福島からの声 3
福島の子どもたちに教えられた自然学校の新たな役割
  ・・・進士 徹[あぶくまエヌエスネット代表理事・鮫川村]
【価格】500円
【送料】80円 *2冊以上お申込みの場合は送料無料です。
【詳細・ご購入】 http://www.ecotourism-center.jp/article.php/booklet02
【お問合せ】日本エコツーリズムセンター
…………………………………………………………………………………………
 
    ★★エコセンブックレット「地域を元気にする地元学」★★
 
すごい勢いで売れてます♪♪ エコセンのコンセプトワーク等で行った
地元学の講演内容等をまとめたブックレットができました! 地域を
元気にするヒントがたくさん詰まった貴重な一冊です。
ぜひお買い求めください。
 
【目次】
地域を元気にするために地元学を始めよう
 ・・・福井 隆[東京農工大学大学院客員教授]
阿蘇カルデラツーリズムと地元学
 ・・・坂元英俊[財団法人阿蘇地域振興デザインセンター 事務局長]
費用は1万円。花見時の商店街に畳200枚を敷こう!
 ・・・[阿蘇市精肉店・とり宮2代目インタビュー]
地元学からの出発
 ・・・結城登美雄[民俗研究家]
地域に根ざす生き方
 ・・・高野孝子[NPO法人エコプラス代表理事]
農山漁村の5つの課題と地元学
 ・・・福井 隆[東京農工大学大学院客員教授]
【価格】500円
【送料】80円 *2冊以上お申込みの場合は送料無料です。
【詳細・ご購入】 http://www.ecotourism-center.jp/article.php/booklet01
【お問合せ】日本エコツーリズムセンター
…………………………………………………………………………………………
 
 ★★facebook(フェイスブック)&Twitter(ツイッター)へのお誘い★★
 
フェイスブック、みなさんの「いいね!」をお待ちしています。
http://on.fb.me/MpZKF7
 
ツイッターもやっています。ぜひフォローしてください。
http://twitter.com/ecotourismjapan
エコセン世話人のTwitterリストもあります。お見逃しなく。
http://twitter.com/ecotourismjapan/sewanin
…………………………………………………………………………………………
 
    ☆☆「災害教育」のブックレットが完成しました!☆☆
 
RQ災害教育センターの「災害教育」のブックレットが完成しました。
災害教育とは何かを知るための日本初の出版物です。
 
【目次】
■巻頭言 広瀬敏通[一般社団法人RQ災害教育センター 代表理事]
■東日本大震災における災害教育の再評価
 島野智之[宮城教育大学環境教育実践研究センター]
 広瀬敏通[一般社団法人RQ災害教育センター 代表理事]
■災害教育と自然学校
 ──災害支援活動を通じて自然学校の教育機能を問う
 佐々木豊志[くりこま高原自然学校 代表]
■災害教育とボランティアツーリズム
 ──第1回モニターツアーの報告と今後に向けて
 八木和美[一般社団法人RQ災害教育センター 理事・事務局長]
■どんな人が災害ボランティアに参加したのか
 ──RQ市民災害救援センターのアンケートを通じて
 落合大祐[一般社団法人RQ災害教育センター 運営委員]
■都留文科大学災害ボランティアチーム
 「VS(バーサス)」のこれまでの活動
 宮下凌瑚[都留文科大学文学部国文学科3年]
■徳島県立阿波高等学校災害教育試案
 高田 研[都留文科大学 教授]
■「災害教育」分野の基礎文献・関連文献
 降旗信一[東京農工大学大学院 准教授]ほか
【価格】500円
【送料】80円 *2冊以上お申込みの場合は送料無料です。
【見本・詳細・ご購入】 http://www.rq-center.jp/item/itemreco/1157
【お問合せ】一般社団法人RQ災害教育センター
 http://www.rq-center.jp/contact
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆エコツー関連NEWS☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
 ★★『新年 もちつき & 自然農体験会』 風と土の自然学校★★
 
循環する手づくりの暮らしを楽しみながら実践する、山梨県・都留市の
風と土の自然学校。自然とつながる手づくりする暮らしの楽しさと豊かさを
実感し、自分でも「やってみたい!」と思ってしまう自然農や手作り野外
調理など季節の行事を行っていますが、新年早々、田んぼでとれたご飯を
いただき、餅つきを楽しみます! 当日はペール缶で作ったロケットコンロ、
もみ殻でご飯を炊く手づくり“ぬかくど”、一斗缶の簡単スモーカーが
活躍します。お気軽にご参加ください。
 
☆エコセン共同代表でもある梅崎家でお正月気分を一緒に楽しみませんか。☆
 
【日時】2014年1月4日(土)10:00~15:30
【会場】風と土の自然学校(山梨県都留市)※新宿から高速バスで90分!
【参加費】2,000円、小学生以下700円、3才未満は200円
【詳細・申込】 http://bit.ly/1evmtPo
【お問合せ】風と土の自然学校
E-mail: event★food.gr.jp
※ @を★に変換してからご使用ください
………………………………………………………………………………………
 
  ★★狩猟合宿in大三島 ~島で猟師に命をまなべ!~★★
 
瀬戸内しまなみ海道のちょうど真ん中にある、大三島(おおみしま)にて
実施する本格的な狩猟プログラムです。一泊二日でワナ猟を体験し、
イノシシまるごと一頭を参加者自身の手で解体します。講師は30代の
若き猟師「なべちゃん」こと渡邉秀典氏。彼から猟と解体作業の手ほどきを
うけ、人と動物と「命」の関係性を考えます。
 
【期日】2014年1月25日(土)11時~26日 (日)16時頃解散
【場所】愛媛県今治市大三島多々羅キャンプ場
【対象】16歳以上の狩猟、野生動物、アウトドアに興味のある方、
人と「命」との関わりに関心のある方
【定員】15名
【参加費】19,800円(宿泊、モモ肉丸焼き等猪肉満喫の食費込み!)
【詳細・申込】 http://gigax.jp/blog/wokasiya/29014/
【問合わせ】よろず体験事務所 をかしや
 info★wokasiya.jp TEL:0898-55-3976
※ @を★に変換してからご使用ください
…………………………………………………………………………………………
 
     ★★狩猟体験(大物猟編)参加者募集!★★
 
昨今の鳥獣被害の増加から社会的な役割が見直されつつある狩猟。なかなか
実際の現場を体験する事ができない狩猟を身近かな体験としていただく機会です。
会場は南アルプスの麓、狩猟文化が息づく山梨県早川町。この地域で長年わなと
猟銃を使った大物猟(シカ、イノシシ対象)をされてきた猟師さんを講師に迎えて
実際にくくりわなを仕掛け、狩猟にも同行します。獲物が獲れた場合は実際に
捕殺と解体、生ハム作りの下準備なども体験できます。
狩猟に興味があるけどこれまで機会がなかった皆さま、ぜひ参加ください。
 
【日時】2014年1月12日(日)13:00~13日(祝月)11:30 1泊2日
【会場】山梨県・早川町
【参加費】15,000円(プログラム・保険・1泊2食・資料代 含む)
【定員】3名 ※安全確保上、少人数での実施です。
【申込・詳細】 http://bit.ly/1cSmnhv
【お問合せ】Hug! Hug! Nature
TEL:080-5652-3988 MAIL: tora-kei★tbe.t-com.ne.jp
※ @を★に変換してからご使用ください
…………………………………………………………………………………………
 
 ★★標高600mの森で過ごす週末 おとなの“たきび時間”★★
 
八ヶ岳南麓標高600mの森で、たきびを囲む週末です。地元のワインや
日本酒と、シカ肉を味わいながら現在の森林の問題、動物との共存など素敵な
森の恵みを持続可能にするには今、何が問題なのか? 暖かい火を囲んで、
楽しく、語り合いたいと考えます。火おこしから・・・火を育てて
愛でましょう。
 
【日時】2014年1月25日(土)14:00~26日(日)14:30
【集合場所】国際自然大学校 日野春校(JR日野春駅13:27着送迎あり)
【参加費】大人20,000円
【募集定員】20名 定員になり次第締め切らせていただきます。
【申込締切】2014年1月11日(金)17時まで
【詳細・申込】 http://www.hokuto-retreat.jp/tourplan/2143/index.php
【お問合せ】北杜市リトリートの杜 事務局 担当:原
電話:0551-42-2083 FAX:0551-42-5514 E-mail: info★hokuto-retreat.jp
※ @を★に変換してからご使用ください
 
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆メールマガジンへのご意見・ご感想をお待ちしております!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★★NPO法人日本エコツーリズムセンター発行 ★4,998★
〒116-0013 荒川区西日暮里5-38-5
TEL:03-5834-7966 FAX:03-5834-7972
HP www.ecotourism-center.jp/
エコツアー・ドット・ジェイピー★ www.eco-tour.jp
★SNSエコたび★ www.eco-tour.jp/sns_ecotabi/
☆日本エコツーリズムセンターは原子力発電に反対します。☆
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

サイト管理者はコメントに関する責任を負いません。


▲TOP | 問い合わせ