エコセン

 

「教育と刃物」セミナー報告

 

The World Travel & Tourism Council

Google

WWW を検索

エコセンの中を検索

連続セミナー「災害と減災」をベースにしたエコセン前代表広瀬敏通氏の新刊です!

災害を
生き抜く

申込受付中!
野生動物インタープリター

獣害対策や地域活性化を推進する人に!

野生動物インタープリター




自然学校「エネルギー・プログラム」アイデア集

身近な自然資源からエネルギーを自給!

自然学校「エネルギー・プログラム」アイデア集

フクシマBOOK

マスメディアからは聞こえない原発被害・福島の声!

フクシマBOOK




地域を元気にする地元学

地域活性化のヒントと実例がここにある。エコセンブックレット誕生!

地域を元気にする地元学

災害を生き抜く

エコセン連続セミナー「災害と減災」をベースにした前代表広瀬敏通氏の渾身の書

災害を生き抜く



RQ災害教育センター
地球環境基金
Share/Bookmark

Mail Magazine★Vol.179


 日本エコツーリズムセンター★Mail Magazine★Vol.179
★2013.5.24★
…………………………………………………………………………………………

読者のみなさま

先日、テキサスで「シボロネイチャーセンター」を運営するアメリカ人ご夫妻が
訪ねてきてくれ、国際的にも活動しているエコセン世話人と交流をもちました。
「シボロネイチャーセンター」では、地域の環境保全のための活動を実施していて
そのために、住民への普及啓発活動や学校への環境教育などを行っています。
全米には大小500のネイチャーセンターがあり、地域とつながりをもった活動を
しているそうです。環境教育の手法などについては、日本の自然学校とよく似て
いますが、ボランティアコーディネートや組織マネジメントは全然違います。
そもそものコンセプトや社会背景の違いなどもありますが、寄付金の規模は
そんなにも!と驚きました。
彼らは日本の次は中国も訪問しています。「ネイチャーセンター」という本を
日本語でも中国語でも出していて、ネイチャーセンターを立ち上げたい人への
ガイドブックになっているそうです。すべての手法が日本で使えるわけではないと
思いますが、お互いにいいところ、苦労したところも学び合って、地球単位で
環境保全・教育の輪を広げていきたいですね。      [中垣]

…………………………………………………………………………………………
☆エコセンNEWS☆
★自然学校エネルギーフォーラムin東京 [6/14 Fri]
★エコツアーカフェTOKYO「都会の公園で自然を楽しもう!」 [5/28 Tue]
★エコセン連続セミナー「教育と刃物」:第1回「人類と刃物」 [6/28 Fri]
★エコツーリズム地域コーディネーター養成講習会 [6/29-7/1]
★エコツアー保険募集中
★エコツアー・ドット・ジェイピー
★エコセンブックレット「フクシマBOOK」
★エコセンブックレット「地域を元気にする地元学」
★facebook(フェイスブック)&Twitter(ツイッター)
★【エコセン共催】自然学校的野生鳥獣対策のススメ~利活用編~ [6/8-9]
☆RQ情報:アンケートご協力お願い

☆エコツー関連NEWS☆
★休日農業講座「田んぼのイロハ」田植えと山菜講座
………………………………………………………………………………………

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆エコセンNEWS☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

         ★★自然学校エネルギーフォーラムin東京★★

自然エネルギー推進自然学校ネットワーク(略称・自然学校エネルギーネット)は、
「自然学校」+「自然エネルギー」を推進することで、原子力に頼らない持続可能な
ライフスタイルへの転換を目指す全国ネットワークです。
昨年から、東京や京都でフォーラムを開催していますが、今年も東京での開催が
決まりました。
今回は、自然エネルギーを実際に自然学校のプログラムや生活に導入している
実践者からの声をお届けします。
自然エネルギーの導入や体験プログラムをお考えの方、地域でのエネルギー
自給に関心のある方など、この機会に是非ご参加ください!

【基調報告】
辻 英之氏(グリーンウッド自然体験教育センター)
中澤朋世氏(松本大学)
藤原 誉氏(田歌舎)
遠藤 亮氏(柏崎夢の森公園)
辻 一憲氏(自然体験共学センター)
【日時】6月14日(金) 16:00-19:30
【場所】NPO法人日本エコツーリズムセンタ─(東京・西日暮里)
【参加費】500円
【詳細・お申込】 http://www.ecotourism-center.jp/article.php/symposium130614
【お問合せ】日本エコツーリズムセンター
TEL:03-5834-7966 FAX:03-5834-7972
※展示・情報コーナーの参加者も募集しています!
自然エネルギーに関する活動のPRをお寄せください。(幅90cm以内)
……………………………………………………………………………………

  ★★エコツアーカフェTOKYO「都会の公園で自然を楽しもう!」★★

散歩やキャッチボール、そして憩いの場として訪れる公園。東京23区内だけでも
約5,500ヵ所もあり、とても身近な存在です。そんな公園は、実は自然の魅力が
たっくさんある場所であることをご存知でしたか? 植物や生き物を観察する
ことも公園の自然を楽しむ1つの方法ですが、常識にとらわれない見方・体験で
自然の魅力を教えてくれるのが今回のゲスト宮村知行さん(株式会社自然教育
研究センター)です。
自分の感性をつかい、自然解説を単に情報発信として行うのではなく、聞き手に
新しい見方・視点・理解を知ってもらうこと、つまり『見えるものを使って見えない
ことを伝える』仕事をしている宮村さん。
身近な場所から自然とのかかわりを深めていきたい方、公園を新たな視点で
満喫したい方、インタープリテーションに興味がある方などにオススメのカフェと
なっています。是非ご参加ください。

【ゲスト】宮村知行氏(株式会社自然教育研究センター)
【日時】5月28日(火)19:00-20:30
【参加費】500円(飲み物付)
【場所】日本エコツーリズムセンター(東京・西日暮里)
【詳細・申込】 http://www.ecotourism-center.jp/article.php/cafe_tk130528
【お問合せ】日本エコツーリズムセンター
TEL:03-5834-7966 FAX:03-5834-7972
………………………………………………………………………………………

   ★★エコセン連続セミナー「教育と刃物」:第1回「人類と刃物」★★

エコセン連続セミナーの第2弾「教育と刃物」がいよいよスタート。
刃物を使う習慣が日常から失われていった結果、子供たちの発達に関わる
領域ではさまざまな変化が起きています。子供たちばかりか、刃物を使いこなす
ことを忘れた日本人は、もう2世代から3世代にも及びつつあります。この異変を、
エコセンはとても重大なことととらえ、全12回のセミナーを企画しました。刃物と
人間の本質的な関係に振り返り、刃物を軸にしたテーマを幅広く取り上げていく
予定です。
第1回は原始技術、鉱物、民俗楽器の専門家である関根秀樹さんをゲストに
迎えます。 刃物に関する造詣が深く、特に石器、日本の鍛冶技術を含む
民俗刃物に通じる関根さんが、考古学・文明学・身体科学の視点から刃物を
紐解きます。

【講師】関根秀樹氏(和光大学非常勤講師/原始技術史)
【日程】6月28日(金)17:30~21:00
【内容】
○第一部 初心者向け教室
「クラフトで覚えよう! ナイフの使い方」17:30~18:50
○第二部 トークセミナー『人類と刃物』  19:00~21:00
【会場】日本エコツーリズムセンター(東京・西日暮里)
【コーディネーター】広瀬敏通氏・山中俊幸氏・鹿熊勤氏(日本エコツーリズムセンター)
【参加費】1500円 飲み物・自作クラフト作品のお土産付き
【詳細・お申込】 http://www.ecotourism-center.jp/article.php/seminar130628
【facebook「教育と刃物」】 http://on.fb.me/15DC9bh
【主催・問合せ】日本エコツーリズムセンター
【協力】ビクトリノックス・ジャパン株式会社
………………………………………………………………………………………

    ★★エコツーリズム地域コーディネーター養成講習会★★

エコツーリズムの手法によって、地域を元気にするアクションを生み出す地域
コーディネーターを養成する講習会を開催します。全国各地のエコツーリズムに
取り組む実践者・団体の全国組織である日本エコツーリズムセンターが、第一線で
活躍する講師陣とともにコーディネーターを養成します。

【日時】6月29日(土)~7月1日(月)
【参加費】エコセン会員:30,000円、一般:33,000円
(会場までの交通費、宿泊・食費、交流会費は含みません)
【場所】日本エコツーリズムセンター(東京・西日暮里)
【詳細・お申込】
http://www.ecotourism-center.jp/article.php/co_tokyo2013summer
【お問合せ】日本エコツーリズムセンター
TEL:03-5834-7966 FAX:03-5834-7972
………………………………………………………………………………………

        ★★エコツアー保険募集中★★

エコセンでは、誰もが安心して参加できるエコツアーを目指して、エコツアー
事業者のための保険制度「エコツアー保険」を団体会員向けに用意しております。
思わぬ原因による事故など、万が一の事態に備えて、そして、責任ある
エコツアーを実施し、エコツアーの安全度を高めて行くために、保険への
加入をおすすめします。
年間包括タイプの傷害保険と賠償責任保険に加入できる「エコツアー保険」を
ぜひご利用ください。
加入者が増えると団体割引も適用されるので、保険料の節約にもつながります!
3月1日からの年間包括となります。
ぜひこの機会にご加入ください。

詳細は下記ページよりご確認ください。
http://www.ecotourism-center.jp/staticpages/index.php/project10
………………………………………………………………………………………

    ★★エコツアー・ドット・ジェイピー★★

いいお天気が続き、暑いくらいですね。エコツアー・ドット・ジェイピーには、すでに

夏休みの情報がたくさん入ってきています。
ここで、ぜひあなたに合った旅をみつけてください。
www.eco-tour.jp

エコツアーや体験イベント実施している方、ぜひ情報をご登録ください。
エコツアー・ドット・ジェイピーは無料でエコツアーやイベントの登録が
できます。ご活用ください。
http://www.eco-tour.jp/mem/
……………………………………………………………………………………

     ★★エコセンブックレット「フクシマBOOK」★★

2011年9月、地震・津波・原発(放射能)・風評という4つの複合的な
被害を受けている福島を訪れ、今後どのような支援ができるかを考える
コンセプトワークを開催しました。
マスメディアからは聞こえない、飯舘村やいわき市からの生の声を盛り
込んだ1冊です。

【目次】
■序文 「エコツーリズム」が福島にできること
・・・広瀬敏通[日本エコツーリズムセンター代表理事]
■福島からの声 1
ここで農業を続けられるのか、無理なのか
早く結論を。生殺しだけはごめんだ!
・・・佐藤 茂さん[農業・飯舘村]
■福島からの声 2
漁師町の歴史を刻む貴重な建築物群が
「解体同意」の張り紙とともに消えてゆく
・・・豊田善幸さん[豊田設計事務所・いわき市]
■座談会
被災地を歩いて考えたこと
■福島からの声 3
福島の子どもたちに教えられた自然学校の新たな役割
・・・進士 徹[あぶくまエヌエスネット代表理事・鮫川村]
【価格】500円
【送料】80円 *2冊以上お申込みの場合は送料無料です。
【詳細・ご購入】 http://www.ecotourism-center.jp/article.php/booklet02
【お問合せ】日本エコツーリズムセンター
…………………………………………………………………………………………

  ★★エコセンブックレット「地域を元気にする地元学」★★

すごい勢いで売れてます♪♪ エコセンのコンセプトワーク等で行った
地元学の講演内容等をまとめたブックレットができました! 地域を
元気にするヒントがたくさん詰まった貴重な一冊です。
ぜひお買い求めください。

【目次】
地域を元気にするために地元学を始めよう
・・・福井 隆[東京農工大学大学院客員教授]
阿蘇カルデラツーリズムと地元学
・・・坂元英俊[財団法人阿蘇地域振興デザインセンター 事務局長]
費用は1万円。花見時の商店街に畳200枚を敷こう!
・・・[阿蘇市精肉店・とり宮2代目インタビュー]
地元学からの出発
・・・結城登美雄[民俗研究家]
地域に根ざす生き方
・・・高野孝子[NPO法人エコプラス代表理事]
農山漁村の5つの課題と地元学
・・・福井 隆[東京農工大学大学院客員教授]
【価格】500円
【送料】80円 *2冊以上お申込みの場合は送料無料です。
【詳細・ご購入】 http://www.ecotourism-center.jp/article.php/booklet01
【お問合せ】日本エコツーリズムセンター
…………………………………………………………………………………………

★★facebook(フェイスブック)&Twitter(ツイッター)へのお誘い★★

フェイスブック、始めました。
http://on.fb.me/MpZKF7
みなさんの「いいね!」をお待ちしています。

ツイッターもやっています。ぜひフォローしてください。
http://twitter.com/ecotourismjapan
エコセン世話人のTwitterリストもあります。お見逃しなく。
http://twitter.com/ecotourismjapan/sewanin
…………………………………………………………………………………………

      ★★自然学校的野生鳥獣対策のススメ~利活用編~★★

現在、全国各地で実施されている野生鳥獣対策。ホールアース自然学校でも
富士山周辺の野生鳥獣対策に取り組んでいます。今回は鹿に限定し、捕獲後の
「皮」や「肉」などの野生動物の恵みを最後まで大切にいただく。それが「自然学校的

野生鳥獣対策のススメ」です。
今回の利活用編では、専門家を招いての革なめしのお話や、鹿革を使ったクラフト
作り、ジビエ料理など野生動物の皮や肉の活用法が体験できます。

【日時】6月8日(土)13時~9日(日)15時
【料金】18,000円
【場所】ホールアース自然学校、柚野山(静岡県)
【定員】10名
【詳細・申込】 http://wens.gr.jp/individual/inaka/yaseichojyu_susume.html
【お問合せ】ホールアース自然学校 担当:井戸、川道
TEL:0544-66-0152
………………………………………………………………………………………

        ☆☆RQ情報:アンケートご協力お願い☆☆

RQ市民災害救援センター(レコーダーズ)では、ボランティア参加者の定量的な
統計のためアンケートを実施します。RQの活動実態を振り返るとともに、
センターの業務を引き継いだRQ災害教育センターの研究の一環として今後の
災害救援ボランティア活動に役立てる狙いです。
2011年3月の活動開始から現在に至るまでRQ関連の活動に参加された方すべての
方にアンケート回答をお願いします。あなたが該当するすべての設問にお答え
ください。一部には今後の詳細な調査のための具体的な質問(任意回答)も
含まれています。
このアンケートにご記入いただいた個人情報は、今後RQ市民災害救援センターの
資料として管理し、追加調査が必要な場合に使用させていただきます。
多くの方々のご回答をよろしくお願いします。

【アンケート】 http://www.rq-center.jp/news/896
【お問合せ】一般社団法人RQ災害教育センター
http://www.rq-center.jp/contact


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆エコツー関連NEWS☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

     ★★休日農業講座「田んぼのイロハ」田植えと山菜講座★★

コシヒカリの本場、新潟県南魚沼市で有機無農薬天日乾燥という伝統的な
稲作を学びます。越後三山を見渡す壮大なパノラマを背景に、田植えから
収穫祭まで、全5回。命あふれる無農薬田んぼで、カエルやトンボにふれあい
ながら、地域の豊かさを体感します。5月は「田植え」がテーマです。今回は
山菜講座との同時開 催。幅広い参加をお待ちしています。

【日時】5月25日(土)10時集合、 26日(日)15時半解散(1泊2日)
【以降の予定】
6月1-2日 草取り
7月6-7日 田の草取り
10月5-6日 あぜの草取り
11月2-3日 収穫祭
【場所】新潟県南魚沼市栃窪集落
【定員】15人程度(子ども同伴可)
【参加費】1回1万円(地元の素材を使った昼食付き)
【詳細】 http://tappo.ecoplus.jp/showart.php?lang=ja&genre=2&aid=1082
【問い合わせ】NPO法人エコプラス TAPPOやまとくらしの学校
TEL:025-782-5103 tappo★ecoplus.jp
(★を@に変更してから使用下さい)

 


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆メールマガジンへのご意見・ご感想をお待ちしております!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★★NPO法人日本エコツーリズムセンター発行 ★4,907★
〒116-0013 荒川区西日暮里5-38-5
TEL:03-5834-7966 FAX:03-5834-7972
HP www.ecotourism-center.jp/
★エコツアー・ドット・ジェイピー★ www.eco-tour.jp
★SNSエコたび★ www.eco-tour.jp/sns_ecotabi/
☆日本エコツーリズムセンターは原子力発電に反対します。☆
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


 

 

サイト管理者はコメントに関する責任を負いません。


▲TOP | 問い合わせ