エコセン

 

「教育と刃物」セミナー報告

 

The World Travel & Tourism Council

Google

WWW を検索

エコセンの中を検索

連続セミナー「災害と減災」をベースにしたエコセン前代表広瀬敏通氏の新刊です!

災害を
生き抜く

申込受付中!
野生動物インタープリター

獣害対策や地域活性化を推進する人に!

野生動物インタープリター




自然学校「エネルギー・プログラム」アイデア集

身近な自然資源からエネルギーを自給!

自然学校「エネルギー・プログラム」アイデア集

フクシマBOOK

マスメディアからは聞こえない原発被害・福島の声!

フクシマBOOK




地域を元気にする地元学

地域活性化のヒントと実例がここにある。エコセンブックレット誕生!

地域を元気にする地元学

災害を生き抜く

エコセン連続セミナー「災害と減災」をベースにした前代表広瀬敏通氏の渾身の書

災害を生き抜く



RQ災害教育センター
地球環境基金
Share/Bookmark

Mail Magazine★Vol.151

日本エコツーリズムセンター★Mail Magazine★Vol.151
★2012.7.5★
…………………………………………………………………………………………

読者のみなさま

一気に夏の暑さがやってきました。九州での豪雨が心配ですね。
さて、昨日は都内の中学校でエコツーリズムについて話をしてきました。
英語の教科書にコスタリカのエコツーリズムについての話題が出てきたが
エコツーリズムの詳しい記載がなかったので、ちゃんと知りたいという
生徒と先生の思いから、話を聞こう、ということになったそうです。
この学校では、いろんな方をゲストに呼んで話を聞かれているそうで、
「教科書だけで学ぶのではなく、いろんな大人の話を聞いて、そして体験を
して価値観をかえる様々な体験をして欲しい」と先生が熱く語ってくれました。
コスタリカでエコツーリズムに出会った私としても、力を入れて話を
することができました。こうした機会が多くでき、この中から将来
エコツーリズムや地域を元気にする仕事に就く人がたくさん生まれると
いいですね。  [中垣]
 
…………………………………………………………………………………………
☆エコセンNEWS☆
★エコツーリズム地域コーディネーター養成in西日暮里 [7/6-8]
★エコツアー・ドット・ジェイピー
★エコツアー保険のご案内[今月末まで]
★エコセンブックレット「フクシマBOOK」
★エコセンブックレット「地域を元気にする地元学」
★facebook(フェイスブック)&Twitter(ツイッター)
☆RQ情報:第1回『被災地で学ぶワイルドキャンプ』@歌津 [7/14-16]
☆RQ情報:RQ聞き書きプロジェクト「自分史」公開サイト公開
☆RQ情報:RQ登米復興交流センター、ボランティア募集しています!
 
☆エコツアーカフェNEWS☆
★エコツアーカフェ@えひめ、命を食べる[7/14 Sat]
★丹沢よろずカフェ[7/7 Sat]
「大人の水遊び-北海道、ニュージーランド、そして丹沢」
 
☆エコツー関連NEWS☆
★大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2012 鑑賞パスポート
★映画&トーク「市民発電がひらく原発のない未来」
………………………………………………………………………………………
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆エコセンNEWS☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
★★エコツーリズム地域コーディネーター養成in西日暮里★★
 
エコツーリズムの手法によって、地域を元気にするアクションを生み出す
地域コーディネーターを養成する講習会を開催します。資源を発掘し
商品化する、人を活かしてネットワークを構築する際、必要な人材が
“地域コーディネーター”です。
コーディネーターに必要な実践的知識とスキルを学び、エコツーリズムの
第一線で活躍する講師陣との交流の時間を通じて、自身の活動のパワー
アップや、地域活性化の推進や課題解決につなげましょう。みなさんの
活躍が日本を元気にしていきます!
みなさまのご参加をお待ちしています。
 
【講師陣】
広瀬敏通[エコセン代表理事]
福井 隆[東京農工大学大学院客員教授]
山中俊幸[エコツアー・ドット・ジェイピー編集人/クールインク代表]
中澤朋代[松本大学総合経営学部観光ホスピタリティ学科 専任講師]
【日時】7月6日(金)~8日(日)
【場所】日本エコツーリズムセンター事務所
【参加費】エコセン会員:30,000円、一般:33,000円
(現地までの交通費、宿泊・食費、交流会費は含みません)
【詳細・お申込み】 http://www.ecotourism-center.jp/article.php/co_tokyo2012
【お問合せ】日本エコツーリズムセンター
TEL:03-5834-7966 FAX:03-5834-7972
……………………………………………………………………………………
 
★★エコツアー・ドット・ジェイピー★★
 
夏休みの予定は決まりましたか?
エコツアーやアウトドアの情報が満載!
エコツアー・ドット・ジェイピーで探してみませんか?
 
情報をお持ちの方、エコツアー・ドット・ジェイピーは無料でエコツアーや
イベントの登録ができます。ぜひご活用ください。
http://www.eco-tour.jp/
……………………………………………………………………………………
 
★★エコツアー保険のご案内★★
 
エコセンでは、誰もが安心して参加できるエコツアーを目指して、
エコツアー事業者のための保険制度「エコツアー保険」を団体会員
向けに用意しております。
事故は思わぬことが原因になります。万が一の事態に備えて、そして、
責任あるエコツアーを実施し、エコツアーの安全度を高めて行くために、
保険への加入をおすすめします。
年間包括タイプの傷害保険と賠償責任保険に加入できる「エコツアー保険」を
ぜひご利用ください。
加入者が増えると団体割引も適用されるので、保険料の節約にもつながります!
3月1日からの年間包括となります。7月31日まで申込ができます。
ぜひこの機会にご加入ください。
 
詳細は下記ページよりご確認ください。
http://www.ecotourism-center.jp/staticpages/index.php/project10
……………………………………………………………………………………
 
★★エコセンブックレット「フクシマBOOK」★★
 
2011年9月、地震・津波・原発(放射能)・風評という4つの複合的な
被害を受けている福島を訪れ、今後どのような支援ができるかを考える
コンセプトワークを開催しました。
マスメディアからは聞こえない、飯舘村やいわき市からの生の声を盛り
込んだ1冊です。
 
【目次】
■序文 「エコツーリズム」が福島にできること
・・・広瀬敏通[日本エコツーリズムセンター代表理事]
■福島からの声 1
ここで農業を続けられるのか、無理なのか
早く結論を。生殺しだけはごめんだ!
・・・佐藤 茂さん[農業・飯舘村]
■福島からの声 2
漁師町の歴史を刻む貴重な建築物群が
「解体同意」の張り紙とともに消えてゆく
・・・豊田善幸さん[豊田設計事務所・いわき市]
■座談会
被災地を歩いて考えたこと
■福島からの声 3
福島の子どもたちに教えられた自然学校の新たな役割
・・・進士 徹[あぶくまエヌエスネット代表理事・鮫川村]
【価格】500円
【送料】80円 *2冊以上お申込みの場合は送料無料です。
【詳細・ご購入】 http://www.ecotourism-center.jp/article.php/booklet02
【お問合せ】日本エコツーリズムセンター
……………………………………………………………………………………
 
★★エコセンブックレット「地域を元気にする地元学」★★
 
すごい勢いで売れてます♪♪ エコセンのコンセプトワーク等で行った
地元学の講演内容等をまとめたブックレットができました! 地域を
元気にするヒントがたくさん詰まった貴重な一冊です。
ぜひお買い求めください。
 
【目次】
地域を元気にするために地元学を始めよう
・・・福井 隆[東京農工大学大学院客員教授]
阿蘇カルデラツーリズムと地元学
・・・坂元英俊[財団法人阿蘇地域振興デザインセンター 事務局長]
費用は1万円。花見時の商店街に畳200枚を敷こう!
・・・[阿蘇市精肉店・とり宮2代目インタビュー]
地元学からの出発
・・・結城登美雄[民俗研究家]
地域に根ざす生き方
・・・高野孝子[NPO法人エコプラス代表理事]
農山漁村の5つの課題と地元学
・・・福井 隆[東京農工大学大学院客員教授]
【価格】500円
【送料】80円 *2冊以上お申込みの場合は送料無料です。
【詳細・ご購入】 http://www.ecotourism-center.jp/article.php/booklet01
【お問合せ】日本エコツーリズムセンター
……………………………………………………………………………………
 
★★facebook(フェイスブック)&Twitter(ツイッター)へのお誘い★★
 
フェイスブック、始めました。
http://on.fb.me/MpZKF7
みなさんの「いいね!」をお待ちしています。
 
ツイッターもやっています。ぜひフォローしてください。
http://twitter.com/ecotourismjapan
エコセン世話人のTwitterリストもあります。お見逃しなく。
http://twitter.com/ecotourismjapan/sewanin
……………………………………………………………………………………
 
☆☆第1回『被災地で学ぶワイルドキャンプ』☆☆
 
被災状況下を想定したサバイバルキャンプを南三陸町で行います。道具も
ライフラインもない中、自分たちで生き抜く姿勢を身につけることを目標にします。
津波の被災現場を歩き、被災された方に当時のお話をうかがい当時の状況に
想像を膨らませます。
限られたもので火を起こし、水を汲み、米を炊くことに挑戦。自分たちで役割や
方法を話し合い、工夫して取り組みます。
 
【日時】7月14日(土)~16日(祝) 2泊3日
【対象】小学校3年生~中学校3年生とその保護者(家族単位での参加)
【定員】20人
【開催場所】宮城県本吉郡南三陸町歌津伊里前
【参加費】1人10,000円 (初回モニター価格)
【内容】森歩き、津波の被災現場訪問、さえずりの谷でのテント泊、焚き火調理、
そこにある物で工夫するサバイバルキャンプ、被災した人の体験談。
【詳細・お申込み】 http://utatsu.blogspot.jp/p/blog-page_16.html
【お問い合わせ】 歌津てんぐのヤマ学校
TEL:080-3933-3684
……………………………………………………………………………………
 
☆☆RQ聞き書きプロジェクト「自分史」公開サイト公開☆☆
 
昨年8月に始まったRQの「聞き書きプロジェクト」は、被災地域の皆さんの
小さな歴史(自分史)を聞き書きで作る活動です。
被災地域の皆さんの、ご自身の歩みや、暮らしに根付いた伝統や文化の思い出、
産業再生への強い思いなどを聞きとって、それを文字と写真や地図、年表を
組み合わせた立体的な自分史にしてお渡ししています。
その自分史公開サイトが7月1日、オープンしました。
http://kikigaki.rq-center.jp/
第一弾は7名の自分史。公開許可をいただいた自分史のみを掲載しています。
サイトでは順次、自分史をアップしていく予定。その数が増えてくると、
被災地の文化や歴史が明確に浮かび上がってくるはずです。
どうぞご期待ください。
……………………………………………………………………………………
 
☆☆RQ登米復興交流センター、ボランティア募集中!☆☆
 
RQ災害教育センターでは、RQ東北現地本部(登米市鱒淵小学校)に
「RQ登米復興交流センター」を設置し、今後のボランティアの受付や
地元との交流事業などを行っていきます。
現地では、まだまだやるべきことはたくさんあります。ボランティアに
ぜひご応募ください。
 
【詳細】 http://www.rq-center.jp/volunteer
 
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆エコツアーカフェNEWS☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
★★エコツアーカフェ@えひめ、命を食べる★★

エコツアーカフェが愛媛に上陸! エコセン代表理事の広瀬敏通が日本の
エコツーリズムの最先端について語ります。初めての方でも、地域資源を
活用して地域を元気にする手法「エコツーリズム」についてわかりやすく
知ることができます。
翌日には、ホールアース自然学校の代表的なプログラムである「命を食べる」
を実施します。鶏を自らの手でしめ、いただく。そのプロセスを通じて
「いただきます」の意味を深いレベルで理解することができます。
両プログラムとも、多くの皆さんにご参加いただきたく思います。

【日時】7月14日(土)13:00~16:30(エコツアーカフェ)
7月15日(日) 9:00~14:00(命を食べる)
【講師】広瀬敏通氏(エコセン代表理事、ホールアース自然学校創設者)
【場所】カフェ:ひめぎんホール 第2会議室(松山市道後町)
命を食べる:松山市野外活動センター
【参加費】カフェ:500円
命を食べる:3,800円(一般)、4,800円(小学生以上の親子参加)
【詳細】 http://www.ecotourism-center.jp/article.php/cafe_iyo120714
【お問合せ】よろず体験事務所 をかしや
電話・FAX:0898-55-3976   
……………………………………………………………………………………
 
★★丹沢よろずカフェ★★
「大人の水遊び -北海道、ニュージーランド、そして丹沢-」
 
丹沢よろずカフェは、丹沢の自然をディープに追及しているゲストを
お招きし美味しいお茶をいただきながら、丹沢を学び、語りあう催しです。
今回は、ニュージーランドや北海道でのエコツアーガイド経験豊富な
丹沢自然学校のガイド藤原伸裕さんが、カヌーやシャワークライムなど、
大人の水遊びの魅力を、楽しく、熱く(涼しく)ご紹介します。
 
【日時】7月7日(土) 18時~19時
【場所】小田急線渋沢駅近くにあるレストラン「ぶらっすりー千元屋」
【参加費】500円(ワンドリンクつき)
終了後、藤原さんを囲んでお食事会も開催します(別料金、当日申込OK)
【詳細・申込】 http://www.tes21.org/Tour_info/Tour_Cafe.htm#NO6
【お問合せ】NPO法人丹沢自然学校
電話 080-5528-1491 FAX 0463-71-6117
 
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆エコツー関連NEWS☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
★★大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2012 鑑賞パスポート★★
 
越後妻有地域(新潟県十日町市・津南町)を舞台にアートを媒介し、
地域の営み・自然・民俗・文化を世界に発信する三年大祭。会期中、
全作品と関連施設を鑑賞できるパスポートがお得です。今回、サポーター
チーム「こへび隊」玉木有紀子までお申込いただくと、「おばさんこへびは
見た!ここがおすすめ 大地の芸術祭2012ひみつの裏ばなし」を特別に
お届けします (*^_^*)
 
【期 間】7月29日(日)~9月17日(月・祝) 51日間
【料金】一般前売3,000円(当日3,500 円)/
高・専・大学生 前売 2,500円(当日3,000 円)/中学生以下無料
【詳細】 http://www.echigo-tsumari.jp/
【お問合せ・お申込】NPO法人越後妻有里山協働機構
お名前(複数枚の場合は、代表の方)、ご連絡先、お電話、
メールアドレス、ご住所(鑑賞パスポートのお送り先)
e-mail:tamakiak(あ)infoibis.ne.jp
  *(あ)をアットマークに変えてメールください。
  TEL:090-3045-3225
……………………………………………………………………………………
 
★★映画&トーク「市民発電がひらく原発のない未来」★★
 
このドイツ映画は、ドイツ南西部、黒い森の中にある小さな町シェーナウ市の
住民グループが、チェルノブイリ原発事故をきっかけに「自然エネルギー
社会を子どもたちに」と言う想いから、ドイツ史上初の「市民の市民による
市民のための」電力供給会社を誕生させるまでの軌跡を綴るドキュメンタリーです。
 
【プログラム】
第1部(14:00~15:10)ドキュメンタリー映画「シェーナウの想い」上映
第2部(15:15~16:30)レクチャー&フロア討論「町ぐるみ発電所のススメ」
遠州 尋美・大阪経済大学教授
【日時】7月16日(月・祝) 14時~16時30分 (開場/13時30分~)
【場所】シアターセブン(大阪市淀川区) http://www.theater-seven.com/
【定員】100名(先着順申込制・空きがあれば当日も可)
【資料代】:500円(当日申し受けます)
【申込&お問合せ】ECOまちネットワーク・よどがわ事務局
電話(月~金の10~13時・14~17時)大阪経済大学06-6328-2431
地域活性化支援センターを呼び出し、お名前と連絡先をお知らせ下さい。
 
 
 
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆メールマガジンへのご意見・ご感想をお待ちしております!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★★NPO法人日本エコツーリズムセンター発行 ★4,512★
〒116-0013 荒川区西日暮里5-38-5
TEL:03-5834-7966  FAX:03-5834-7972
HP www.ecotourism-center.jp/
★エコツアー・ドット・ジェイピー★ www.eco-tour.jp
★SNSエコたび★ www.eco-tour.jp/sns_ecotabi/
☆日本エコツーリズムセンターは原子力発電に反対します。☆
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
 

 


▲TOP | 問い合わせ