エコセン

 

「教育と刃物」セミナー報告

 

The World Travel & Tourism Council

Google

WWW を検索

エコセンの中を検索

連続セミナー「災害と減災」をベースにしたエコセン前代表広瀬敏通氏の新刊です!

災害を
生き抜く

申込受付中!
野生動物インタープリター

獣害対策や地域活性化を推進する人に!

野生動物インタープリター




自然学校「エネルギー・プログラム」アイデア集

身近な自然資源からエネルギーを自給!

自然学校「エネルギー・プログラム」アイデア集

フクシマBOOK

マスメディアからは聞こえない原発被害・福島の声!

フクシマBOOK




地域を元気にする地元学

地域活性化のヒントと実例がここにある。エコセンブックレット誕生!

地域を元気にする地元学

災害を生き抜く

エコセン連続セミナー「災害と減災」をベースにした前代表広瀬敏通氏の渾身の書

災害を生き抜く



RQ災害教育センター
地球環境基金
Share/Bookmark

Mail Magazine★Vol.136

日本エコツーリズムセンター★Mail MagazineVol.136
2012.1.23
…………………………………………………………………………………………
 
読者のみなさま
 
14
日は1月恒例になっているエコセンシンポジウムを開催しました。
今回のテーマは法律とエコツーリズム。エコツーリズムに取り組むなかで
ぶつかる様々な法律の壁について、各地からの事例報告に加え、エコセン代表の
広瀬が裏技を大公開。みなさん必死にメモを取っていました! また法律に
詳しい日本環境教育フォーラムの岡田会長からは、どういう形で法律を変えて
いけるか具体的な話をしていただき、今後政策提言を行っていくために必要な
手法を考えさせられました。
裏技をみんなで使って、“表技”になるようにしよう!という声が多くあがりました。
エコツーリズムの実践者ではない参加者はからも同じ声があがり、多くの方に
社会の現状に法律が追いついていない状況を分かってもらうことができました。
 
さて、22日に福島県の子どもを北海道などでのびのびと遊ばせてあげる
「ふくしまキッズ」プロジェクトを実施している進士徹さんにエコツアーカフェ
TOKYO
に来ていただきます。福島の現状もお話しいただきますので、ぜひ
ご参加ください。お待ちしています。       [中垣]
 
…………………………………………………………………………………………
☆エコセンNEWS
★エコツアーカフェTOKYO [2/2 Thu]
 「笑顔と元気を応援したい ふくしまキッズ-子ども親善大使」
★エコセン全国シンポジウムin都留 [2/11-12]
 「若手猟師の活躍で獣害の現場はどう変わる?」
★エコセンエコツアー「世界遺産白神山地マタギから学ぶ生き方暮らし方」[1/27-29]
★野生動物インタープリター&エコツアーガイド養成会in丹沢[2/3-5]
★エコセンブックレット「地域を元気にする地元学」
Twitter(ツイッター)
RQ情報:一般社団法人RQ災害教育センター
 
☆エコツー関連NEWS
★日本山岳ガイド協会認定登山ガイド・自然ガイド養成事業
★脱原発へ、社会を変えるためのノウハウを学ぼう!
………………………………………………………………………………………
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆エコセンNEWS
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
        ★★エコツアーカフェTOKYO★★
    「笑顔と元気を応援したい 生き抜く力を伝えたい
         ふくしまキッズ-子ども親善大使」
 
「ふくしまキッズ」は、原発事故により子ども達の野外での活動が極端に
制限される中で、少しでも笑顔と元気を応援したい、と結成したプロジェクト
です。多くの支援が集まり、夏休みに500人が、冬休みには188人の
子ども達が参加。北海道・横浜・愛媛の3箇所で活動して、笑顔と元気を
回復できました。
都心からIターンの地に福島県・阿武隈地方を選んで約四半世紀、ふくしまと
子どもたちを見つめ続け、今厳しい状況にある“ふくしまキッズ”の成長を
見守る進士徹さんに福島からの声を届けていただきます。
ご参加お待ちしております。
 
【ゲスト】進士徹氏(NPO法人あぶくまエヌエスネット理事長)
【日時】22日(木)19:00-20:30
【場所】モンベルクラブ渋谷店5F
【参加費】500円(飲み物付)
【詳細・お申込み】 http://www.ecotourism-center.jp/article.php/cafe_tk120202
【お問合せ】日本エコツーリズムセンター
 TEL03-5834-7966 FAX03-5834-7972
……………………………………………………………………………………
 
       ★★エコセン全国シンポジウムin都留★★
       若手猟師の活躍で獣害の現場はどう変わる?
 
イノシシ、シカ、サルなどの野生動物が、農村部で農家を苦しめています。
全国の被害額は200億円とも言われる中、農作物や森林にこれ以上被害が
及ばないよう、各地で様々な取り組みが行われています。そのひとつが狩猟。
自然学校で働きながらや、エコツアーガイドをやりながら猟師として活躍する
若者もいます! 実際に野山をフィールドに活躍する猟師の声を聞きながら、
野生動物との付き合い方、駆除と保護のバランスを考えるシンポジウムを開催
します。シンポジウム翌日には猟の現場を見にいくエクスカーションを実施します。
ふるってご参加ください。
 
【日時】2012211日(土・祝)1330-1730 1300受付開始
 *エクスカーション「かとうさんち裏山ツアー」212日(日)
【会場】都留文科大学(山梨県都留市)
【スピーカー】鹿熊勤氏(ビーパル地域活性化総合研究所主任研究員)
 井戸直樹氏(ホールアース自然学校職員)
 虎谷健氏(農業法人勤務)、加藤大吾氏(NPO法人都留環境フォーラム代表)
【参加費】500円、一般:1,000円、学生:無料
【詳細・申込】 http://www.ecotourism-center.jp/article.php/symposium120211
【お問合せ】日本エコツーリズムセンター
 TEL03-5834-7966 FAX03-5834-7972
……………………………………………………………………………………
 
★★エコセンエコツアー「世界遺産白神山地マタギから学ぶ生き方暮らし方」★★
 
手付かずの広大なブナ原生林が広がる、白神山地。半年間も雪に閉ざされる
この地域では、その昔、クマやシカなどの獲物を捕らえて生計を立てる
マタギが数多くいました。しかし、高齢化や後継者不足で、今では失われ
つつあるのがマタギ文化です。
青森県西目屋村で活躍する「白神マタギ舎」の工藤光治さんは、数少ない
マタギの一人。白神山地におけるマタギ文化伝承の第一人者が、マタギしか
知らない白神山地を案内します。白神山地での狩りの手法やマタギの生活、
マタギ鍋の作り方など、マタギの自然との付き合い方を手がかりに、
野生動物と私たち人間との共生・共存の道を探ってみましょう。
 
【日時】2012127日(金)13:0029日(日)15:00 2泊3日
【場所】岩木山麗温泉ペンションワンダーランド泊(青森県弘前市)
【集合】JR弘前駅(奥羽本線):2713:00集合
【解散】JR新青森駅:2915:00解散
【定員】15
【費用】42,000円(保険、宿泊、食事5食込み。3日目昼食代・入浴代別。)
 ※現地までの往復交通費は各自ご負担下さい。
【申込・詳細】 http://www.ecotourism-center.jp/article.php/ecotour_aomori
【お問い合わせ】日本エコツーリズムセンター
 TEL03-5834-7966 FAX03-5834-7972
※このツアーは一般社団法人セブン-イレブン記念財団の公募助成を受け、
日本エコツーリズムセンターと岩木山麗温泉ペンションワンダーランドの
共催で実施しています。
……………………………………………………………………………………
 
★★野生動物インタープリター&エコツアーガイド養成会in丹沢★★
 
国内では初めてのエコツアーガイド+野生動物インタープリターの養成
講習会を開催します! 自然との共生を掲げるエコツアーガイドに求め
られる野生鳥獣への認識と距離感のとり方について、実際のフィールドを
ベースに実践的に学びます。
実際の猟師と山を歩きを体験するツアーも開催します。鹿肉の利用、調理
なども体験できるまたとない機会です。
ぜひご参加ください。
 
【日 時】201223日(金)~5日(日)
【場 所】表丹沢野外活動センター(神奈川県秦野市)
【参加費】エコセン会員:25,000円、一般:28,000
(現地までの交通費、宿泊・食費、交流会費は含みません)
【主催】NPO法人日本エコツーリズムセンター
【協力】丹沢自然学校
【詳細・申込】 http://www.ecotourism-center.jp/article.php/wlip_tanzawa2012
【お問合せ】日本エコツーリズムセンター
 TEL03-5834-7966 FAX03-5834-7972
※この研修は一般社団法人セブン-イレブン記念財団の公募助成を受けて実施しています。
……………………………………………………………………………………
 
  ★★エコセンブックレット「地域を元気にする地元学」★★
 
すごい勢いで売れてます♪♪ エコセンのコンセプトワーク等で行った
地元学の講演内容等をまとめたブックレットができました! 地域を
元気にするヒントがたくさん詰まった貴重な一冊です。
ぜひお買い求めください。
 
【目次】
地域を元気にするために地元学を始めよう
 ・・・福井隆[東京農工大学大学院客員教授]
阿蘇カルデラツーリズムと地元学
 ・・・坂元英俊[財団法人阿蘇地域振興デザインセンター事務局長]
費用は1万円。花見時の商店街に畳200枚を敷こう!
 ・・・[阿蘇市精肉店・とり宮2代目インタビュー]
地元学からの出発
 ・・・結城登美雄[民俗研究家]
地域に根ざす生き方
 ・・・高野孝子[NPO法人エコプラス代表理事]
農山漁村の5つの課題と地元学
 ・・・福井隆[東京農工大学大学院客員教授]
【価格】500
【送料】80円 *2冊以上お申込みの場合は送料無料です。
【詳細・ご購入】 http://www.ecotourism-center.jp/article.php/booklet01
【お問合せ】日本エコツーリズムセンター
……………………………………………………………………………………
 
      ★★Twitter(ツイッター)へのお誘い★★
 
エコセンでも、ツイッターをやっています。ぜひフォローしてください。
http://twitter.com/ecotourismjapan
 
エコセン世話人のTwitterリストもあります。お見逃しなく。
http://twitter.com/ecotourismjapan/sewanin
 
エコセン一般会員の皆様には「会員Twitterリスト」をつくりたいと思います。
エコセンをフォローしたら、Twitterのダイレクトメールで会員名をお知らせ
ください。Twitterで会員同士新しいつながりをつくりましょう。
……………………………………………………………………………………
 
☆☆一般社団法人RQ災害教育センター ご入会・支援金カンパのお願い☆☆
 
被災地支援を続ける新たなRQをバックアップする「一般社団法人RQ災害
教育センター」では、一般会員、団体会員、賛助会員の募集を開始してい
ます。また、今後もボランティア活動を継続していくための活動支援金の
カンパも募っています。どうぞご支援よろしくお願いいたします。
http://www.rq-center.jp/
 
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆エコツー関連NEWS
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
 ★★日本山岳ガイド協会認定登山ガイド・自然ガイド養成事業★★
      研 修 生 募 集(4名)
 
岐阜県の委託を受けた、登山ガイド養成事業の受講者を募集します。
この事業では、岐阜県の豊かな自然を生かして登山ガイド・自然ガイド
として活動する人材を育成する事を目的としています。
日本山岳ガイド協会の認定講習会を受講するとともに、ガイドとしての
スキルを身につけるための各種研修や調査、OJTを通じて認定ガイド
資格合格までを目標とする1年間の雇用育成制度です。
登山ガイドや自然ガイドとして自立を目指す方には最適な研修助成事業です。
中部山岳ガイド協会や各地の観光協会、自然学校、観光事業者と協働
現場経験を学びます。専門家や講師による指導を受けることができます。
 
【勤務地・研修地】1.美濃俵町町屋(美濃市) 2.リバーベース長良川(郡上市)
 3.ODSSひるがのブランチ(郡上市) 4.ODファーム荘川※仮称(高山市)
【勤務】2012221日より2013220日迄 12ケ月
 (研修期間終了後、正社員への応募も可能です)
【応募条件】100日以上の登山経験または自然体験の経験のある方
 研修終了後に自立や就業できるよう1年間活動するモチベーションの
 ある方。パソコン(ワード、エクセル等)できる方、普通免許所持者
【給与】月額14万円、交通費支給、社会保険加入
【その他】隔週週休2日制(その他の休暇年間12日間)寮完備、各種保険完備!
【応募】履歴書(写真付)及び作文(題:1年間の研修終了後の目標、
 1年間で目指すスキルなど800文字程度)
【締切】2月5日(必着)までに下記の本社までお送りください。
 ・2月10日面談(岐阜市内)2月12日に決定します。
【応募先】(株)アウトドアサポートシステム 山岳事業部
 〒500-8141岐阜市月丘町5-13  TEL058-248-4711 
 FAX058-248-4722   URL http://www.odss.co.jp
……………………………………………………………………………………
 
     ★★グリーンピース・キャンペーン塾★★
   脱原発へ、社会を変えるためのノウハウを学ぼう!
 
2011
年、国際環境NGOグリーンピースは、スーパーマーケット大手の
イオンの放射性物質自主検査の実現、ユニクロの有害物質削減ポリシーの
改善など様々な成果をあげ、具体的に社会を変えてきました。
グリーンピースは、社会を変えていく活動を「キャンペーン」とよび、
入念な計画と戦略のもと効果的かつ成果をあげることを重視しています。
キャンペーンの構築と実施には、すぐに使えるコツやアイデアがたくさんあります。
3.11
以降は、多くの市民が「何かをしたい」と立ち上がり、「どうやったら、
社会が変わるのか、何をしたらよいのかわからない」という問い合わせも
多く受けています。
そこで、グリーンピースが蓄積するノウハウをできるだけ多くの方と共有し、
脱原発への力としてゆくためグリーンピース・キャンペーン塾を開講します。
 
【講師】国際環境NGOグリーンピース・ジャパン 事務局長 佐藤潤一
【日時】24日(土)13 17
【場所】グリーンピース・キャンペーン塾(東京都新宿区)
【費用】5,000円 (サポーターは2,000)
【定員】20
【詳細・お申込】 http://www.greenpeace.org/japan/120204/?gv20120121
【お問合】一般社団法人グリーンピース・ジャパン
 http://www.greenpeace.org/japan/
 
 
 
 
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆メールマガジンへのご意見・ご感想をお待ちしております!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★★NPO法人日本エコツーリズムセンター発行 ★4,327★
〒116-0013 荒川区西日暮里5-38-5
TEL:03-5834-7966  FAX:03-5834-7972
HP 
www.ecotourism-center.jp/
★エコツアー・ドット・ジェイピー★ www.eco-tour.jp
★SNSエコたび★ www.eco-tour.jp/sns_ecotabi/
☆日本エコツーリズムセンターは原子力発電に反対します。☆
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

 


▲TOP | 問い合わせ