エコセン

 

「教育と刃物」セミナー報告

 

The World Travel & Tourism Council

Google

WWW を検索

エコセンの中を検索

連続セミナー「災害と減災」をベースにしたエコセン前代表広瀬敏通氏の新刊です!

災害を
生き抜く

申込受付中!
野生動物インタープリター

獣害対策や地域活性化を推進する人に!

野生動物インタープリター




自然学校「エネルギー・プログラム」アイデア集

身近な自然資源からエネルギーを自給!

自然学校「エネルギー・プログラム」アイデア集

フクシマBOOK

マスメディアからは聞こえない原発被害・福島の声!

フクシマBOOK




地域を元気にする地元学

地域活性化のヒントと実例がここにある。エコセンブックレット誕生!

地域を元気にする地元学

災害を生き抜く

エコセン連続セミナー「災害と減災」をベースにした前代表広瀬敏通氏の渾身の書

災害を生き抜く



RQ災害教育センター
地球環境基金
Share/Bookmark

Mail Magazine★Vol.133

日本エコツーリズムセンター★Mail MagazineVol.133
2011.12.21
…………………………………………………………………………………………
読者のみなさま
 
12
月も下旬に入り、今年も残すところわずかですね。なのに東京では
まだイチョウが紅葉しています。
先日実施したRQシンポジウムには370人もの人が参加し、これまでの
活動を振り返るとともに、今後の支援のあり方についても考えました。
被災地からかけつけてくれた皆さんからは、RQへの暖かい言葉をいただき
RQ
が作ってきた絆の深さを改めて感じました。今後も被災地への支援は
続きますので、みなさんもぜひご参加ください。
年明けの114日に実施するエコセン全国シンポジウムの募集を
いよいよ開始します。先日のエコプロダクツ展でも展示をしましたが
エコツーリズムや自然学校が地域を元気にする体験産業として大いに
期待される一方で、さまざまな法規制が活動を制限している状況について
岐阜や沖縄からゲストを迎え現状をうかがうとともに、対策や提言に
ついてディスカッションしていきます。土曜日の開催になりますので、
これまで平日に参加できなかった方もぜひご参加ください。地域を元気に
する体験事業が提供できる社会へ変えていきましょう。    [中垣] 
 
…………………………………………………………………………………………
☆エコセンNEWS
★エコセン全国シンポジウム2012 [1/14 Sat]
 「自然の中で働きたい人たちへ~体験プログラムで仕事が出来る社会にしよう」
★エコツアーカフェTOKYO@西日暮里 [1/11 Wed]
 「カタい話をやわらか~く。ジオパークでめぐる地球46億年」
★エコセンエコツアー「世界遺産白神山地マタギから学ぶ生き方暮らし方」[1/27-29]
★田舎で働き隊・研修生募集中 <残り1地域!>
★エコセンの今後の活動予定
★エコセンブックレット「地域を元気にする地元学」
Twitter(ツイッター)
 
☆エコツー関連NEWS
★「地域と学び(Place-Based Education)を考える」
………………………………………………………………………………………
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆エコセンNEWS
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
       ★★エコセン全国シンポジウム2012★★
自然の中で働きたい人たちへ~体験プログラムで仕事が出来る社会にしよう
 
エコセン全国シンポジウム2012は「法の壁」をテーマに、エコツーリズム・
グリーンツーリズム・体験活動に、どのような法規制があるのか、法の壁に
行き当たった経験、それらを乗り越えどのように企画・運営しているかを
実践者の方々にご報告いただきます。
また、自然学校運営側が注意すべきポイントを公開し、プログラムの組み
立てに役立つ奥の手を紹介。
エコセンがまとめた提言をもとに、パネラーと参加された皆さんとともに、
自然を相手に働きたい人たちが、地域を元気にする体験事業を提供するための
法改正をディスカッションします。
みなさまのご参加、お待ちしています。
 
【日時】2012114日(土)1500-1900 1430受付開始
【場所】日本エコツーリズムセンター(東京・西日暮里)
【内容】第1部◎事例報告《法規制と体験プログラム運営》
 第2部◎自然学校運営側が注意すべきポイント大公開
 第3部◎体験プログラムで仕事ができるための社会と法改正への提言
【参加費】エコセン会員:1,000円、一般:1,500円、学生:500
【スピーカー】北川健司氏、加蘭明宏氏、広瀬敏通氏ほか
【詳細・申込】 http://www.ecotourism-center.jp/article.php/symposium120114
【お問合せ】日本エコツーリズムセンター
 TEL03-5834-7966 FAX03-5834-7972
……………………………………………………………………………………
 
      ★★エコツアーカフェTOKYO@西日暮里★★
  「カタい話をやわらか~く。ジオパークでめぐる地球46億年」
 
近年国内でも注目されている“ジオパーク”。地質・地層・噴火口など、
知れば知るほどおもしろい!悠久の歴史を感じられるダイナミックな
世界へお連れします。
人間の生活や動植物といった内容も合わせて紹介しながら、地質という
カタイ話をやわらかく~、国内外のジオパークを研究する山本隆太先生を
お迎えしてお届けします。
ご参加お待ちしております。
 
【ゲスト】山本隆太氏(早稲田大学助手/地理教育学)
【日時】111日(水)19:00-20:30
【場所】日本エコツーリズムセンター(西日暮里)
【参加費】500円(飲み物付)
【詳細・お申込み】 http://www.ecotourism-center.jp/article.php/cafe_tk120111
【お問合せ】日本エコツーリズムセンター
 TEL03-5834-7966 FAX03-5834-7972
……………………………………………………………………………………
 
★★エコセンエコツアー「世界遺産白神山地マタギから学ぶ生き方暮らし方」★★
 
手付かずの広大なブナ原生林が広がる、白神山地。半年間も雪に閉ざされる
この地域では、その昔、クマやシカなどの獲物を捕らえて生計を立てる
マタギが数多くいました。しかし、高齢化や後継者不足で、今では失われ
つつあるのがマタギ文化です。
青森県西目屋村で活躍する「白神マタギ舎」の工藤光治さんは、数少ない
マタギの一人。白神山地におけるマタギ文化伝承の第一人者が、マタギしか
知らない白神山地を案内します。白神山地での狩りの手法やマタギの生活、
マタギ鍋の作り方など、マタギの自然との付き合い方を手がかりに、
野生動物と私たち人間との共生・共存の道を探ってみましょう。
 
【日時】2012127日(金)13:0029日(日)15:00 2泊3日
【場所】岩木山麗温泉ペンションワンダーランド泊(青森県弘前市)
【集合】JR弘前駅(奥羽本線):2713:00集合
【解散】JR新青森駅:2915:00解散
【定員】15
【費用】42,000円(保険、宿泊、食事5食込み。3日目昼食代・入浴代別。)
 ※現地までの往復交通費は各自ご負担下さい。
【申込・詳細】 http://www.ecotourism-center.jp/article.php/ecotour_aomori
【お問い合わせ】日本エコツーリズムセンター
 TEL03-5834-7966 FAX03-5834-7972
※このツアーは一般社団法人セブン-イレブン記念財団の公募助成を受け、
日本エコツーリズムセンターと岩木山麗温泉ペンションワンダーランドの
共催で実施しています。
……………………………………………………………………………………
 
     ★★田舎で働き隊・研修生募集中!★★
 
田舎で働き隊!とは農山村の活性化のために人材が必要な地域と、田舎で
暮らしたい、働いてみたいと思っている都市の人材とをつなげる事業です。
【研修内容】
交流事業の企画運営  ・地域行事への参加
地区内の交流の促進  など
【研修地域】残り1箇所の募集です。
今年度から地域協議会が運営を実施。エコセンが研修をサポートします。
・鮫川村地域協議会(福島県東白川郡鮫川村)
【研修期間】1月から3月末まで
【手当】最大14万円/月(この中から滞在費(宿泊費等)をお支払いいただきます)
【募集条件】20歳以上の健康な男女
【募集人数】1
【詳細・応募方法】
http://www.ecotourism-center.jp/staticpages/index.php/inaka2011
……………………………………………………………………………………
 
       ★★エコセン2012年の活動予定★★
 
23日(金)~5日(日):人材育成講習会in丹沢。
211日(土)~12日(日):エコセンシンポジウムin都留
……………………………………………………………………………………
 
  ★★エコセンブックレット「地域を元気にする地元学」★★
 
すごい勢いで売れてます♪♪ エコセンのコンセプトワーク等で行った
地元学の講演内容等をまとめたブックレットができました! 地域を
元気にするヒントがたくさん詰まった貴重な一冊です。
ぜひお買い求めください。
 
【目次】
地域を元気にするために地元学を始めよう
 ・・・福井隆[東京農工大学大学院客員教授]
阿蘇カルデラツーリズムと地元学
 ・・・坂元英俊[財団法人阿蘇地域振興デザインセンター事務局長]
費用は1万円。花見時の商店街に畳200枚を敷こう!
 ・・・[阿蘇市精肉店・とり宮2代目インタビュー]
地元学からの出発
 ・・・結城登美雄[民俗研究家]
地域に根ざす生き方
 ・・・高野孝子[NPO法人エコプラス代表理事]
農山漁村の5つの課題と地元学
 ・・・福井隆[東京農工大学大学院客員教授]
【価格】500
【送料】80円 *2冊以上お申込みの場合は送料無料です。
【詳細・ご購入】 http://www.ecotourism-center.jp/article.php/booklet01
【お問合せ】日本エコツーリズムセンター
……………………………………………………………………………………
 
      ★★Twitter(ツイッター)へのお誘い★★
 
エコセンでも、ツイッターをやっています。ぜひフォローしてください。
http://twitter.com/ecotourismjapan
 
エコセン世話人のTwitterリストもあります。お見逃しなく。
http://twitter.com/ecotourismjapan/sewanin
 
エコセン一般会員の皆様には「会員Twitterリスト」をつくりたいと思います。
エコセンをフォローしたら、Twitterのダイレクトメールで会員名をお知らせ
ください。Twitterで会員同士新しいつながりをつくりましょう。
 
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆エコツー関連NEWS
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
  ★★「地域と学び(Place-Based Education)を考える」
        ・・・米国のグレッグ・スミス氏を迎えて★★
 
持続可能な社会づくりが大きな課題となる中、環境・野外教育はさらに
広範な学びに発展しつつあります。環境教育の第一人者グレッグ・スミス氏を
米国から招き、東京と新潟でイベントを開催します。地域再生から学校教育、
社会教育までの幅広い皆さんの参加をお待ちしています。
 
東京シンポジウム:「地域にどう根ざすか・・・持続可能な社会づくりに
向けた新たな環境教育の枠組み」
【日時】2012121日(土) 10:00 - 17:00
【場所】東京・池袋 立教大学太刀川記念館多目的ホール
【入場】無料、先着順(出来るだけ事前にお申し込み下さい)
【内容】午前、スミス氏の基調講演など。午後、事例紹介とパネル討論
【講師】阿部治立教大学教授、木俣美樹男東京学芸大学教授、横山隆一日本自然
保護協会常勤理事ほか
【詳細】 http://www.ecoplus.jp/showart.php?lang=ja&genre=9&aid=720
 ○新潟は「地域と教育」119日(木)開催
 http://www.ecoplus.jp/showart.php?lang=ja&genre=9&aid=723
【問合せ・申込】NPO法人エコプラス
 Tel: 03-5294-1441   
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆メールマガジンへのご意見・ご感想をお待ちしております!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★★NPO法人日本エコツーリズムセンター発行 ★4,307★
〒116-0013 荒川区西日暮里5-38-5
TEL:03-5834-7966  FAX:03-5834-7972
HP www.ecotourism-center.jp/
★エコツアー・ドット・ジェイピー★ www.eco-tour.jp
★SNSエコたび★ www.eco-tour.jp/sns_ecotabi/
☆日本エコツーリズムセンターは原子力発電に反対します。☆
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

 


▲TOP | 問い合わせ