エコセン

 

「教育と刃物」セミナー報告

 

The World Travel & Tourism Council

Google

WWW を検索

エコセンの中を検索

連続セミナー「災害と減災」をベースにしたエコセン前代表広瀬敏通氏の新刊です!

災害を
生き抜く

申込受付中!
野生動物インタープリター

獣害対策や地域活性化を推進する人に!

野生動物インタープリター




自然学校「エネルギー・プログラム」アイデア集

身近な自然資源からエネルギーを自給!

自然学校「エネルギー・プログラム」アイデア集

フクシマBOOK

マスメディアからは聞こえない原発被害・福島の声!

フクシマBOOK




地域を元気にする地元学

地域活性化のヒントと実例がここにある。エコセンブックレット誕生!

地域を元気にする地元学

災害を生き抜く

エコセン連続セミナー「災害と減災」をベースにした前代表広瀬敏通氏の渾身の書

災害を生き抜く



RQ災害教育センター
地球環境基金
Share/Bookmark

Mail Magazine★Vol.113

日本エコツーリズムセンター★Mail Magazine★Vol. 113
★2011.1.25★
…………………………………………………………………………………………

読者のみなさま

先週18日にエコセン全国シンポジウムを開催しました。今年のテーマは
「野生動物とエコツーリズム」で、全国各地からはもちろんのこと
アメリカや中国からもご参加いただき、会場は満員御礼。新年にふさわしく
活気のあるシンポジウムとなりました。4名のゲストにはそれぞれの現場の
生の声をお届けいただきました。農家の和田さんの講演は、都心からすぐ
そばの神奈川県での獣害問題で、獣害の深刻さをあらためて実感しました。
第2部のグループディスカッションでは、猟師になりたい! という女子学生が
でたり、今後の活動の提案もあったりで、活発な議論になりました。
アンケートには半日ではなく、1日かけてやってほしいという意見が複数あり
関心の高さがうかがえました。
2月には野生動物インタープリター研修会やエコツアーも実施しますし、
来年度も引き続き取り組んでいきます。
ぜひ、みなさんの地域からの情報もお寄せください。  [中垣]

…………………………………………………………………………………………
☆エコセンNEWS☆
★エコツアーカフェin神戸「見て感じる アートで散歩」[2/9 Wed]
★「田舎で働き隊!」研修生募集 <<定員間近>>
★エコツアーガイド養成講習会in西日暮里 [2/1-3]
★野生動物インタープリター研修会in 愛媛 [2/11-13]
★復興応援「くりこまエコツアー」[2/12-13]

★エコセンブックレット「地域を元気にする地元学」
★Twitter(ツイッター)
★エコセンの今後の活動予定

☆エコツー関連NEWS☆
★NPO法人かみえちご山里ファン倶楽部 職員採用案内
★サラワクの先住民は今 ~森林伐採、オイルパームと熱帯雨林~
★丹沢自然学校エコツアー やまざと時間
………………………………………………………………………………………

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆エコセンNEWS☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ★★ エコツアーカフェin神戸「見て感じる アートで散歩」★★

芸術大好きなあなたや芸術アレルギー気味のあなたにぜひ聞いていただき
たいのが、今回のゲスト・畑本真澄さんのお話です。
美術館はちょっと・・・・、知識がないと行きにくいところ? ちょっと
敷居が高い? 静かにしないといけない? と思われている方も多いのでは
ないでしょうか。それは、まったくの誤解なのです。美術館では五感を働かせ、
対話をしながら作品を見ると、楽しい場所に生まれ変わるのです。さらに
カラダ全体で感じたことを他者に伝えることは、実は、新たな自分を発見
することなのです。

【ゲスト】畑本 真澄 さん(神戸市立小磯記念美術館)
【日時】2月9日(水)18:30-20:00
【場所】モンベルクラブ神戸三宮店2Fサロン
【参加費】500円(飲み物付)
【詳細・お申込み】http://www.ecotourism-center.jp/article.php/cafe_kb110209
【お問合せ】日本エコツーリズムセンター Tel:03-5834-7966
 または、ホールアース自然学校・神戸六甲分校 TEL/FAX:078-891-1162
……………………………………………………………………………………

       ★★「田舎で働き隊!」研修生募集!★★

【田舎で働き隊!とは】
農山村の活性化のために人材が必要な地域と、田舎で暮らしたい、
働いてみたいと思っている都市の人材とをつなげる事業です。
【研修内容】
・ 交流事業の企画運営  ・ 地域行事への参加
・ 地域の情報収集と配信 ・ 地区内の交流の促進
・ 地区でのワークショップおよび活動報告
・ 自然学校の運営手法を学ぶ  など
【研修地域/受入地区コーディネーター】
 宮城県栗原市松倉地区/くりこま自然学校
 石川県白山市白峰地区/NPO法人白山しらみね自然学校
 高知県幡多郡柏島/黒潮実感センター
【研修期間】2011年1月下旬以降より1~2ヶ月
【手当】最大14万円/月(この中から滞在費(宿泊費等)をお支払いいただきます)
【募集条件】20歳以上の健康な男女
【募集人数】各地域1名
【詳細・応募方法】下記ページの応募フォームよりご応募ください。
 http://www.ecotourism-center.jp/staticpages/index.php/inaka2010
……………………………………………………………………………………

    ★★エコツアーガイド養成講習会in西日暮里★★

「今まで受けた講習の中で一番身になった講習会でした!」と毎回大好評
の講習会です。エコツーリズムに取り組み地域で活動していく上で必要な
知識が身につけられます。もちろん、エコツアーの現場で実際に必要な
スキルも満載です! 現役ガイドさんはもちろん、ガイドになりたい方、
エコツーリズムに興味の学生や自治体の方にもおすすめです。
ご参加、お待ちしております。

【講師陣】
 広瀬敏通[エコセン代表理事]
 小林 毅[帝京科学大学教授/インタープリテーション協会代表]
 嵯峨創平[環境文化のための対話研究所(IDEC)代表]
 佐藤初雄[国際自然大学校代表・CONE代表]
 梅崎靖志[風と土の自然学校代表]
【日時】2月1日(火)~3日(木)
【場所】日本エコツーリズムセンター
【参加費】エコセン会員:25,000円、一般:28,000円
(現地までの交通費、宿泊・食費、交流会費は含みません)
【詳細・申込】http://www.ecotourism-center.jp/article.php/g_tokyo2011
【お問合せ】日本エコツーリズムセンター
 TEL:03-6457-3952 FAX:03-6457-3951
……………………………………………………………………………………

    ★★野生動物インタープリター研修会in 愛媛★★

野生動物をテーマにしたエコツアー・環境教育プログラムは「見ること」が
メインになりがち。
しかし、本来のねらいを考えれば、動物が見られなくても参加者に満足して
もらえるはずです。そのようなプログラムを計画し、運営する手法が身に
つく研修を実施します。
現役ガイドさんはもちろん、ガイドを目指している方、ガイドではない
けど野生動物に興味のある方にもおすすめです。学生も歓迎です。
みなさまのご参加をお待ちしています。

【日時】2月11日(金・祝)~13日(日)
【場所】野外活動センター(愛媛県松山)
【参加費】10,000円
(現地までの交通費、宿泊・食費、交流会費は含みません)
※この研修は平成22年度日本郵便の動物愛護寄付金の助成を受けて実施しています。
【詳細・申込】http://www.ecotourism-center.jp/article.php/g_ip_ehime
【お問合せ】日本エコツーリズムセンター
 TEL:03-6457-3952 FAX:03-6457-3951
……………………………………………………………………………………

       ★★復興応援「くりこまエコツアー」★★

恒例となった荒砥沢ダムの視察や岩ヶ崎のまち歩きに加えて、冬ならではの
体験プログラムを加えました。真冬こそが栗駒山の魅力! 寒さに負けずに、
スノーシュー体験で冬の栗駒を満喫しましょう。耕英地区の温泉で体も心も
ホカホカに! 夜は薪ストーブを囲んでゆったりと交流を深めましょう♪
ご参加、お待ちしております。

【日時】2月12日(土)~13日(日)の1泊2日
【場所】宮城県栗原市
【集合】東北新幹線くりこま高原駅10時45分集合
【解散】東北新幹線くりこま高原駅15時30分解散(予定)
【定員】12名 1時間程度の徒歩が出来る方(小学生以上)
【費用】12,000円(新幹線交通費別、宿泊は無料、食材費は込み、懇親会費別)
【お問合せ・申込み】NPO法人日本エコツーリズムセンター
 http://www.ecotourism-center.jp/article.php/ecotour_kurikoma9
……………………………………………………………………………………

  ★★エコセンブックレット「地域を元気にする地元学」★★

すごい勢いで売れてます♪♪ エコセンのコンセプトワーク等で行った
地元学の講演内容等をまとめたブックレットができました! 地域を
元気にするヒントがたくさん詰まった貴重な一冊です。
ぜひお買い求めください。

【目次】
地域を元気にするために地元学を始めよう
 ・・・福井 隆[東京農工大学大学院客員教授]
阿蘇カルデラツーリズムと地元学
 ・・・坂元英俊[財団法人阿蘇地域振興デザインセンター 事務局長]
費用は1万円。花見時の商店街に畳200枚を敷こう!
 ・・・[阿蘇市精肉店・とり宮2代目インタビュー]
地元学からの出発
 ・・・結城登美雄[民俗研究家]
地域に根ざす生き方
 ・・・高野孝子[NPO法人エコプラス代表理事]
農山漁村の5つの課題と地元学
 ・・・福井 隆[東京農工大学大学院客員教授]
【価格】500円
【送料】80円 *2冊以上お申込みの場合は送料無料です。
【詳細・ご購入】http://www.ecotourism-center.jp/article.php/booklet01
【お問合せ】日本エコツーリズムセンター
……………………………………………………………………………………

      ★★Twitter(ツイッター)へのお誘い★★

エコセンでも、ツイッターをやっています。ぜひフォローしてください。
http://twitter.com/ecotourismjapan

エコセン世話人のTwitterリストもあります。お見逃しなく。
http://twitter.com/ecotourismjapan/sewanin

エコセン一般会員の皆様には「会員Twitterリスト」をつくりたいと思います。
エコセンをフォローしたら、Twitterのダイレクトメールで会員名をお知らせ
ください。Twitterで会員同士新しいつながりをつくりましょう。
……………………………………………………………………………………

       ★★エコセンの今後の活動予定★★

●2月27日 野生動物エコツアーin奥多摩
●3月9日(水)~11日(金)コーディネーター養成講習会in西日暮里
●3月12日(土)~13日(日)郡上・猟師エコツアー


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆エコツー関連NEWS☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  ★★NPO法人かみえちご山里ファン倶楽部 職員採用案内★★

当NPO法人は新潟県上越市の西部中山間地を中心とした自然、景観、文化、
産業を「守る、深める、創造する」ことで豊かな地域文化を育む団体です。
具体的には、1.地域の伝統行事や環境保全などの地域活動の支援、
2.農林水産業など地域の資源を掘り起こし、記録、調査し、それを生かした
体験事業の企画・運営、3.上越市から環境教育施設、市民の森管理・運営の
受託など、市との連携活動のほか、独自のネットワークを生かし、中山間地と
首都圏を結ぶお手伝いもしています。

【募集人員】正職員 若干名
【待遇】正職員採用後は月給給与 14~16万円(支給額)
【詳細(PDF)】http://homepage3.nifty.com/kamiechigo/1.top/H23staffbosyu.pdf
【お問合せ】NPO法人かみえちご山里ファン倶楽部 担当:渡邉
 上越市大字増沢962番地1 TEL/FAX:025-541-2602
……………………………………………………………………………………

★★サラワクの先住民は今 ~森林伐採、オイルパームと熱帯雨林~★★

熱帯林の破壊で直接的な被害を受けるのは、野生動物だけではありません。
ボルネオ島のサラワク州では、森林伐採やオイルパームプランテーション
開発によって、先住民達が代々暮らしを営んでいた森が奪われてきました。
また、プランテーションで使われる農薬による健康被害も深刻な状態です。
今回、2010年9月に森林で暮らす移動プナン族の取材を行ったフォト
ジャーナリストの前田実津さんと、同年9~10月にカヤン族の取材を行った
ライターの伴昌彦さんから、サラワク先住民の暮らしと森林伐採やオイル・
プランテーション開発の最新の状況について、写真を見ながら報告をして
いただきます。

【日時】1月26日(水)19:00~20:30
【場所】JICA地球広場 セミナールーム401(東京・広尾)
【参加費】500円
【詳細】http://www.realiser.org/wordpress/?p=970
【参加申込み】INDEPENDENT MEDIA [レアリゼ]
……………………………………………………………………………………

     ★★丹沢自然学校エコツアー やまざと時間★★
      -樹齢二千年の箒杉が見てきた山里の暮らし-

神奈川県・西丹沢の奥深く、ひっそりとたたずむ山里の集落・箒沢で
集落の方々に教わりながら、ものづくりや伝統行事を体験する
手づくりのエコツアー「やまざと時間」を、今年も開催します。

【内容】ものづくり体験(カツの木の魔よけづくり)、集落の方々との交流
 山の神めぐり、郷土料理の食事、伝統行事「お地蔵さん」への参加など
【日時】2月19日(土)~20日(日) 1泊2日
【場所】神奈川県足柄上郡山北町中川 箒沢集落
 小田急線新松田駅よりバス1時間、東名大井松田ICより車で45分
【参加費】15,000円(宿泊、19日夕食と20日朝・昼食、保険)
【申込】http://www.tes21.org/Tour_info/Tour_Sato.htm
【問合せ】丹沢自然学校
 電話・FAX 0465-72-5243

 


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆メールマガジンへのご意見・ご感想をお待ちしております!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★★NPO法人日本エコツーリズムセンター発行 ★3,649★
〒116-0013 荒川区西日暮里5-38-5
TEL:03-5834-7966  FAX:03-5834-7972
HP www.ecotourism-center.jp/
★エコツアー・ドット・ジェイピー★ www.eco-tour.jp
★SNSエコたび★ www.eco-tour.jp/sns_ecotabi/
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


▲TOP | 問い合わせ