エコセン

 

「教育と刃物」セミナー報告

 

The World Travel & Tourism Council

Google

WWW を検索

エコセンの中を検索

連続セミナー「災害と減災」をベースにしたエコセン前代表広瀬敏通氏の新刊です!

災害を
生き抜く

申込受付中!
野生動物インタープリター

獣害対策や地域活性化を推進する人に!

野生動物インタープリター




自然学校「エネルギー・プログラム」アイデア集

身近な自然資源からエネルギーを自給!

自然学校「エネルギー・プログラム」アイデア集

フクシマBOOK

マスメディアからは聞こえない原発被害・福島の声!

フクシマBOOK




地域を元気にする地元学

地域活性化のヒントと実例がここにある。エコセンブックレット誕生!

地域を元気にする地元学

災害を生き抜く

エコセン連続セミナー「災害と減災」をベースにした前代表広瀬敏通氏の渾身の書

災害を生き抜く



RQ災害教育センター
地球環境基金
Share/Bookmark

Mail Magazine★Vol.101

日本エコツーリズムセンター★Mail Magazine★Vol. 101
★2010.9.10★
…………………………………………………………………………………………

読者のみなさま

東京では昨日久しぶりに雨が降り、1カ月ぶりに熱帯夜から脱出。やっと
秋の気配がすこーし感じられます。週末はまた34度だそうですが。
平成22年度日本郵便の動物愛護寄付金の助成を受けて、野生動物を
テーマにした活動を実施しています。10月には野生動物インタープリター
研修会を実施します。10月24~26日の予定です。詳細はまたご案内しますが
ぜひ予定をキープいただきご参加ください!
さて、既に読んだ方もいると思いますが、エコセン理事の福井隆さんが、
あの日経ビジネスオンラインで連載コラム「辺境でかがやく」を始めました!
もちろんビジネス論を説くわけではなく、お金だけじゃない、価値観を
説いていくコラムです。初回はラー油ブームの火付け役、石垣島ラー油の
辺銀夫婦のストーリーです。
http://business.nikkeibp.co.jp/article/life/20100901/216071/
[中垣]

…………………………………………………………………………………………
☆エコセンNEWS☆
★エコツアーカフェTOKYO[10/7 Thu]
 「行かなきゃソン? 手軽になった海外登山の現状」
★復興応援「くりこまエコツアー」[10/10-11]
★エコセンブックレット「地域を元気にする地元学」
★Twitter(ツイッター)
★クリック募金やっています。 ↓↓今すぐクリック!!
http://ecotourism.bokinbako.org/0002/?pg=1

☆エコセン後援☆
★【続報!】第3回「つなぐ人フォーラム」

☆エコツー関連NEWS☆
★日豪環境ボランティア2010 in 白川郷
★シンポジウム:オランウータンの森を守れ!~生物多様性と日本の消費
★市民のための環境公開講座「日本の文化と生物多様性の調和」
………………………………………………………………………………………

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆エコセンNEWS☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
        ★★エコツアーカフェTOKYO★★
    「行かなきゃソン? 手軽になった海外登山の現状」

世界七大陸最高峰を23歳と9日で制覇し、世界最年少記録(当時)を樹立した
山田淳さんがゲストです!
昔に比べてはるかに行きやすくなった海外登山。一方で世界各地の山々で
出てきている環境問題、オーバーユースの問題からは、日本で出てきている
登山の問題点の縮図が浮かび上がってくる。そんな時代に登山をどういう風に
楽しんでいくか、考えてみませんか?
山田さんは小さいころは喘息で身体が弱かったそうです。それでも、世界
最年少で世界七大陸最高峰を制覇できた。登山は選ばれたものだけがする
ものではない、と今は登山の楽しみを伝えるガイドもしています。
山田さんだから語れる登山の世界にふれてみませんか?
みなさまのご参加、お待ちしております。

【ゲスト】山田淳氏(登山家・山岳ガイド)
【日時】10月7日(木)19:00-20:30
【場所】モンベルクラブ渋谷店5F
【参加費】500円(飲み物付)
【詳細・お申込み】http://www.ecotourism-center.jp/article.php/cafe_tk101007
【お問合せ】日本エコツーリズムセンター
 TEL:03-6457-3952 FAX:03-6457-3951
……………………………………………………………………………………

      ★★復興応援「くりこまエコツアー」★★

日本の原風景と言われる里山。くりこま高原自然学校の松倉校はそんな
里山の中で、ヤギや馬、鶏などを飼いながら、田んぼも耕す、農的暮らしを
しながら自然学校を運営しています。
10月のくりこまは、珍しい“ねじりほんにょ”と呼ばれるくい掛けがみられます。
そして、山では紅葉のシーズンを迎えています。運が良ければ真っ赤に
染まる栗駒山を見ながらトレッキングを楽しめます。
心もお腹も満たされるステキなシーズンです。
ぜひご参加ください!

【日時】10月10日(日)~11日(月・祝)の1泊2日
【場所】宮城県栗原市
【集合】東北新幹線くりこま高原駅10時45分集合
【解散】東北新幹線くりこま高原駅15時30分解散(予定)
【定員】12名 1時間程度の徒歩が出来る方(小学生以上)
【費用】12,000円(新幹線交通費別、宿泊は無料、食材費は込み、懇親会費別)
【お問合せ・申込み】NPO法人日本エコツーリズムセンター
http://www.ecotourism-center.jp/article.php/ecotour_kurikoma09
……………………………………………………………………………………

  ★★エコセンブックレット「地域を元気にする地元学」★★

すごい勢いで売れてます♪♪ エコセンのコンセプトワーク等で行った
地元学の講演内容等をまとめたブックレットができました! 地域を
元気にするヒントがたくさん詰まった貴重な一冊です。
ぜひお買い求めください。

【目次】
地域を元気にするために地元学を始めよう
 ・・・福井 隆[東京農工大学大学院客員教授]
阿蘇カルデラツーリズムと地元学
 ・・・坂元英俊[財団法人阿蘇地域振興デザインセンター 事務局長]
費用は1万円。花見時の商店街に畳200枚を敷こう!
 ・・・[阿蘇市精肉店・とり宮2代目インタビュー]
地元学からの出発
 ・・・結城登美雄[民俗研究家]
地域に根ざす生き方
 ・・・高野孝子[NPO法人エコプラス代表理事]
農山漁村の5つの課題と地元学
 ・・・福井 隆[東京農工大学大学院客員教授]
【価格】500円
【送料】80円 *2冊以上お申込みの場合は送料無料です。
【詳細・ご購入】http://www.ecotourism-center.jp/article.php/booklet01
【お問合せ】日本エコツーリズムセンター
……………………………………………………………………………………

      ★★Twitter(ツイッター)へのお誘い★★

エコセンでも、ツイッターをやっています。ぜひフォローしてください。
http://twitter.com/ecotourismjapan

エコセン世話人のTwitterリストもあります。お見逃しなく。
http://twitter.com/ecotourismjapan/sewanin

エコセン一般会員の皆様には「会員Twitterリスト」をつくりたいと思います。
エコセンをフォローしたら、Twitterのダイレクトメールで会員名をお知らせ
ください。Twitterで会員同士新しいつながりをつくりましょう。
……………………………………………………………………………………

       ★★クリック募金やっています!★★

エコセンのHPでクリック募金を開始しました。クリックやお買い物、
資料請求で、エコセンに募金ができます。
http://ecotourism.bokinbako.org/

リンクのバナーをエコセンHPも掲載しております。ぜひご協力ください。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆エコセン後援☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

       ★★ 第3回「つなぐ人フォーラム」★★
     あたらしいつながりが、あたらしい動きをつくる!
        領域や分野を越えてつながる3日間。

人と人、人と自然、人と世界をつなぐ仕事をしている人たちが、分野の垣根を
越えてつながり合う、究極の出遭い系企画、第三回「つなぐ人フォーラム」。
2日目のメインプログラムのラインナップが、ほぼ出揃いました!
http://bit.ly/alItp8
環境教育から、シビックプライドまで。チームマイナス6℃のような国民
運動のつくり方から、具体的なワークショップの手法のプチ講座まで。全23本。
残り約10枠について、一般参加者からの募集受付も始めています。
貴重な顔ぶれの集うこの3日間を、一緒に楽しみましょう。
お申込みはお早めに!

◎ 第3回 つなぐ人フォーラム・実行委員
・小林毅 (日本インタープリテーション協会/帝京科学大学教授)
・阿部治 (立教大学社会学部教授、日本環境教育学会会長)
・海野義明(オーシャンファミリー海洋自然体験センター)
・川廷昌弘(博報堂DYメディアパートナーズ環境コミュニケーション部部長 )
・嵯峨創平(IDEC環境文化のための対話研究所 代表)
・佐藤初雄(NPO法人国際自然大学校 理事長)
・重盛恭一(まち研究所/了徳寺大学博物館学 担当非常勤講師)
・染川香澄(ハンズ・オン プランニング 代表/ミュージアム・アドバイザー)
・田井中慎(株式会社4CYCLE)
・高橋真理子(山梨県立科学館 主任学芸主事/山梨県立大学 非常勤講師)
・中西紹一((有)プラス・サーキュレーション・ジャパン 代表)
・西村佳哲(リビングワールド 代表)
・林浩二 (千葉県立中央博物館)
・広瀬敏通(日本エコツーリズムセンター 代表理事)
・古瀬浩史((株)自然教育研究センター 取締役)
・森一彦 (275研究所 主任研究員)
・川嶋直 (財団法人キープ協会顧問/立教大学ESD研究センターCSRチーム 主幹)

【日程】9月26日(日)~9月28日(火)【2泊3日】
【会場】財団法人キープ協会 清泉寮(山梨県)
【参加費】一般30,000円  学生25,000円
【詳細・申込み】
http://www.keep.or.jp/ja/foresters_school/2010/06/03000810.html
【問合せ】財団法人キープ協会   電話:0551-48-3795  担当:石川


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆エコツー関連NEWS☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

      ★★日豪環境ボランティア2010 in 白川郷★★
「白川郷の景観と文化を継承する里山保全整備作業」ボランティア募集!

伝統的な文化が現在でも人々に受け継がれている岐阜県大野郡白川村にて、
オーストラリアからのボランティアの方たちと一緒に里山・景観保全作業を
行います。合掌家屋の屋根に使用する茅(カヤ)の刈り取り作業や白山国立
公園区域の外来種駆除作業など自然や文化の環境保全に関わる活動を通して
ボランティア同士はもちろん、地元住民の方たちとも交流しながら白川郷の
伝統文化や自然に触れることができます。

【日程】2010年10月21日(木)~28日(木)8日間(実働作業4日)
    ※参加日数は調整できます。ご相談ください。
【場所】岐阜県大野郡白川村各地にての作業(宿泊は村内の宿泊施設)
【参加費】7泊8日 22,500円(宿泊費、食事代含む)
【対象】18歳以上の健康な方ならどなたでも 募集人数10名
【お申込・詳細】トヨタ白川郷自然學校 環境教育事業部 野沢
http://www.toyota.eco-inst.jp/event/e76.html
 TEL.05769-6-1187 FAX.05769-6-1287
……………………………………………………………………………………

★★シンポジウム:オランウータンの森を守れ!~生物多様性と日本の消費★★

世界でも有数の生物多様性を誇るボルネオの森。かつては豊かだった
森は、熱帯木材の乱伐採、アブラヤシ・プランテーション開発等によって
急速に失われていきました。それにつれて、森の住民・オランウータンが、
今、絶滅の危機に瀕しています。
このシンポジウムでは、ボルネオの豊かな森と私たちの消費の関係を
考えるとともに、残された森を守るための行動を呼びかけます。

【日時】9月22日(水)13:30-16:30
【場所】東京ウィメンズプラザ ホール(東京都渋谷区)
【プログラム(予定)】
・ボルネオの森林と日本の木材輸入(三柴淳一/国際環境NGO FoEJapan)
・オランウータンと生物多様性の危機(Dr. Ir. Bungaran Saragih/BOSF財団)
・森とプランテーションはどう違う?~先住民族の知恵に学ぶ森の多様性  など
【参加費】1,000円(主催・協力団体の会員は無料)
【詳細・申込】http://www.foejapan.org/forest/doc/evt_100922.html
【問合せ】FoE Japan
 Tel: 03-6907-7217
……………………………………………………………………………………

★★市民のための環境公開講座「日本の文化と生物多様性の調和」★★

市民講座パート2では、COP10を目前に、社会、哲学、 文化、科学など
様々な切り口で、日本発の生物多様性を考えます。

【9月14日(火)】
  日本人の自然観 ~ 佛教と先祖教 ~
  講師:梶田 真章氏(法然院貫主)
【9月21日(火)】
  生きものの多様性とつながり
  講師:中村 桂子氏(JT生命誌研究館館長)
【時間】18:30~20:15(受付開始 18:00)
【会場】株式会社損害保険ジャパン本社ビル 2階大会議室(東京・新宿)
【参加費】1,000円(3講座分・9/7は既に終了)※ 学生半額
【お申込・詳細】http://www.sjef.org/kouza/kouza2010/index.html#part2
【お問合せ】(株)損害保険ジャパン CSR・環境推進室内
「市民のための環境公開講座」事務局
  TEL 03-3349-9598  FAX 03-3349-3304

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆メールマガジンへのご意見・ご感想をお待ちしております!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★★NPO法人日本エコツーリズムセンター発行 ★3,390★
〒169-0075 東京都新宿区高田馬場2-8-13 今井ビル東館201
TEL:03-6457-3952 FAX:03-6457-3951
HP www.ecotourism-center.jp/
★エコツアー・ドット・ジェイピー★ www.eco-tour.jp
★SNSエコたび★ www.eco-tour.jp/sns_ecotabi/
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


▲TOP | 問い合わせ