エコセン

 

「教育と刃物」セミナー報告

 

The World Travel & Tourism Council

Google

WWW を検索

エコセンの中を検索

連続セミナー「災害と減災」をベースにしたエコセン前代表広瀬敏通氏の新刊です!

災害を
生き抜く

申込受付中!
野生動物インタープリター

獣害対策や地域活性化を推進する人に!

野生動物インタープリター




自然学校「エネルギー・プログラム」アイデア集

身近な自然資源からエネルギーを自給!

自然学校「エネルギー・プログラム」アイデア集

フクシマBOOK

マスメディアからは聞こえない原発被害・福島の声!

フクシマBOOK




地域を元気にする地元学

地域活性化のヒントと実例がここにある。エコセンブックレット誕生!

地域を元気にする地元学

災害を生き抜く

エコセン連続セミナー「災害と減災」をベースにした前代表広瀬敏通氏の渾身の書

災害を生き抜く



RQ災害教育センター
地球環境基金
Share/Bookmark

Mail Magazine★Vol.60

日本エコツーリズムセンター★Mail Magazine★Vol. 60
★2009.6.24★
…………………………………………………………………………………………
※このメールマガジンは当センター世話人と繋がりのある方々に送信しております。
送信をご希望でない場合は、お手数ですが事務局までお知らせ下さい。

読者のみなさま

先週末はキャンドルナイトでしたね。みなさんはどんな過ごし方をしましたか?
夏至の夜に2時間電気を消してロウソクの明かりで過ごすことから始まった
キャンドルナイトも、冬至の夜や七夕などにもイベントが企画されるように
なりましたね。先週出会った小学校の先生は、毎週日曜日はキャンドルナイトに
しようと生徒に呼びかけているそうです。
私もなるべくロウソクで過ごす夜を増やすようにしています。もともと夜は
暗いものですから、寝る前は少し明かりを落としたほうが人の身体にとっても
いいそうですし。アロマオイルを使えば癒し効果抜群です。
みなさんもぜひ優しいロウソクの灯火のもとで、普段と違う雰囲気の夜を
お楽しみください★  [中垣]

…………………………………………………………………………………………
☆エコセンNEWS☆
★エコツアーカフェin神戸[7/6 Mon]
★エコツアーカフェTOKYO[7/2 Thu]
★くりこま震災応援エコツアー 第5弾[7/25-26]
★エコツアー・ドット・ジェイピー =アクセスランキング=
★エコセン後援:第2回「つなぐ人フォーラム」[9/6-8]

☆エコツー関連NEWS☆
★事故ゼロの夏休み!「SAFETY OUTDOOR 2009」キャンペーン&シンポジウム
★嘱託職員採用のお知らせ<財団法人自然環境研究センター>
★2009年度『環境教育プログラム体験セミナー』[山梨]
………………………………………………………………………………………

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆エコセンNEWS☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★★エコツアーカフェ in 神戸「土佐発:素朴で素敵な現代版湯治の湯」★★

今回のゲストは、故郷の高知県土佐清水市にUターンをし、現代版湯治場
「海癒(かいゆ)」を経営している岡田充弘さんです。海癒のコンセプトは
「素」。50年前まで日本が歩んできた素朴な価値観をベースに、何が
ほんとうに大切な事なのか?、幸せとは?と問い掛けながら、大岐の浜の
自然に寄り添い、ゆったり伸びやかに過ごせる場所を創っています。
癒しの場づくりや田舎暮らしに興味のある方は、必見です。
ご予約をお待ちしております!

【ゲスト】岡田充弘氏(海癒あるじ)
【日時】7月6日(月)18:30-20:00
【場所】モンベルクラブ神戸三宮店
【参加費】500円(飲み物付)
【詳細・お申込み】http://www.ecotourism-center.jp/cafe/cafe_kb090706.html
【お問合せ】日本エコツーリズムセンター
TEL:03-6457-3952 FAX:03-6457-3951
……………………………………………………………………………………

★★エコツアーカフェTOKYO★★
「クラインガルテンを手に入れる!」市民農園の楽しみ方

都市部に住みながら自分の農園を楽しむ「クラインガルテン」。今回の
ゲストは、日本だけでなく世界でも活動する日本クラインガルテン研究会
事務局長の粕谷芳則さんです。なんでもクラインガルテンの本場ドイツ
では20人に1人が現地協会の会員で、夫婦や家族でごく当たり前に自分で
食べる野菜を作っているのだとか。
今回はクラインガルテンの楽しみ方はもちろん、クラインガルテンを通して
見る世界と日本の文化の違いや、普及活動から感じた自然と人間、地域
活性化についてもお話していただきます。
ご参加、お待ちしております。

【ゲスト】粕谷芳則氏(日本クラインガルテン研究会事務局長)
【日時】7月2日(木)19:00-20:30
【場所】モンベルクラブ渋谷店
【参加費】500円(飲み物付)
【詳細・お申込み】http://www.ecotourism-center.jp/cafe/cafe_tk090702.html
【お問合せ】日本エコツーリズムセンター
TEL:03-6457-3952 FAX:03-6457-3951
……………………………………………………………………………………

★★くりこま震災応援エコツアー第5弾★★

今週末で岩手・宮城内陸地震から1年がたちます。先月避難指示が解除
され、耕英地区も少しずつ復興への道を歩き始めました。
くりこま高原自然学校は、松倉校で活動を続けています。
エコセンでは、昨年7月から日本初(世界初?!)となる復興を支援する
エコツアーを実施しています。実際に災害の現場に立つことは、人から話を
聞いたり、ニュースを見たりするのとは全く違う貴重な体験となります。
耕英の方々も、来て見て欲しいとおっしゃっています。
今回のツアーでは、300年の歴史がある「くりこま山車まつり」も
見に行きます。
ぜひご参加ください!

【日時】7月25日(土)〜26日(日)の1泊2日
【場所】宮城県栗原市
【集合】東北新幹線くりこま高原駅10時45分集合
【解散】東北新幹線くりこま高原駅15時30分解散
【定員】7名 1時間程度の徒歩が出来る方(小学生以上)
【費用】12,000円(新幹線交通費別、宿泊は無料、食材費は込み、懇親会費別)
【お問合せ・申込み】NPO法人日本エコツーリズムセンター
http://www.ecotourism-center.jp/news/news090725.html
●前回の様子はこちらから↓
http://www.ecotourism-center.jp/news/news090523.html
……………………………………………………………………………………

★★ エコツアー・ドット・ジェイピー アクセスランキング! ★★

エコセンが運営する自然と環境のポータルサイト「エコツアー・ドット・
ジェイピー」では、夏休みのエコツアーや、シーズンごとのホットな
情報が見やすく掲載されています。
今回は週間アクセスランキングをご紹介! やはり夏は水系のツアーが
人気ですね。みなさんが見たツアーはランキングしていましたか?!

1位 ハックルベリーの夏休み キッズキャンプ《NPO法人森の学校》
2位 喜界島皆既日食を撮る《マザーネイチャーズ エコツアー》
3位 夏のあばれんぼキャンプ《NPO法人 野外遊び喜び総合研究所》
4位 こどもサマーキャンプ 四国吉野川《モンベル・アウトドア・チャレンジ》
5位 満喫! 真夏の四万十川カヌーキャンプ3泊4日《アウトドアスペース風魔》
6位 さとやま冒険キャンプ2009《環境教育事務所Leaf》
7位 西表島「海と緑の自然観察会」格安ツアー《歩き屋野遊び店のぶず》
8位 ゲットだぜ!水生昆虫キャンプ《NPO法人国際自然大学校》
9位 環境先進国ドイツ・ハイライトツアー《国際環境NGO FoE Japan》
10位 北ドイツ環境都市ツアー《国際環境NGO FoE Japan》

★ランキングは30位まで掲載! 続きはこちら↓からどうぞ。
http://www.eco-tour.jp/accessrank/?_accessrank=1w
……………………………………………………………………………………

★★ エコセン後援 第2回「つなぐ人フォーラム
〜自然・文化・地域・人をつなぐ〜」 ★★

つなぐ人フォーラムは、領域を超えて「インタープリテーション」
(伝える技術)の役割を確認し、様々な現場の経験や技術を分かち合う
ことによって、「つなぐ技術」や「学びの場づくりの知恵」を高めあう
ことをねらいとしています。今年は、アジア各国(中国、韓国、台湾、
マレーシア、インドネシア)からゲストスピーカーをお招きします。
みなさまのご参加をお待ちしています!

【期日】9月6日(日)14時〜9月8日(火)14時
【場所】財団法人キープ協会清泉寮(山梨県北杜市)
【参加費】30,000円(2泊6食含む)
【詳細・申込み】http://www.keep.or.jp/ja/foresters_school/experience/tsunagu/
【お問合せ】開催事務局:財団法人キープ協会
Tel:0551-48-3795  担当:山本
[関連行事]つなぐ人シンポジウム  9月5日(土)15時〜18時
@立教大学池袋キャンパス
【問合せ】立教大学ESD研究センター
TEL&FAX:03-3985-2686 E-mail: esdrc@grp.rikkyo.ne.jp


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆エコツー関連NEWS☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★★事故ゼロの夏休み!「SAFETY OUTDOOR 2009」
キャンペーン&シンポジウムのお知らせ ★★

「SAFETY OUTDOOR 2009」は、楽しく・安全なアウトドア活動を呼び
かけるキャンペーンです。近年、エコツーリズムをはじめ、自然体験活動
への関心が高まりつつありますが、それとともに活動中のケガや事故も増え、
せっかくの楽しいひとときが一転悲しい場面になってしまうケースもあります。
そこでこれを少しでも減らして「安全で楽しいアウトドア」体験をして
もらえるよう、全国1,000以上の団体・グループと連携して、今回の
キャンペーンを実施します。

(1)シンポジウム「子どもと楽しく“安全に”遊ぶアウトドア」
A・東京アウトドアズフェスティバル2009
【日時】7月4日(土)14時〜16時
【会場】池袋サンシャインシティ 文化会館3F
東京アウトドアズフェスティバル会場内
【参加費】無料
B・アウトドア安全の日
【日時】7月19日(日)14時〜16時
【会場】モンベル 渋谷サロン
【参加費】無料
(2)「SAFETY OUTDOOR 2009」参加・協力団体 募集中
【実施期間】2009年7月1日(水)〜8月31日(月)
特に7月19日を「アウトドア安全の日」として各地でイベントを行います。
【対象】夏休み中にアウトドア活動を楽しむ人たちや指導者

【詳細】http://www.cone.jp/html/news/index.html#090619_1
【お問い合せ】NPO法人 自然体験活動推進協議会(CONE/コーン)
TEL:03-5363-2501 FAX:03-5363-2502
……………………………………………………………………………………

★★ 嘱託職員採用のお知らせ ★★

財団法人自然環境研究センターでは、7、8月頃より勤務できる次の嘱託
職員(有期雇用)を募集します。
1.猛禽類保護センター(山形県酒田市)勤務の派遣職員 1名
2.自然環境研究センター(東京都台東区)勤務の嘱託職員 若干名
A. 室内業務(データ入力、検討会ロジ、国際シンポジウムロジ等)
B. 室内・野外業務(クマ・シカ等の大型野生動物を対象とした調査補助)
関心のある方は自然研のホームページをご参照下さい。
なお、来年4月採用の正職員の募集は別途実施し、要項は近日中に公表します。
嘱託職員に応募された方の重複応募も可能です。

【募集期間】7月31日(6月25日より随時選考・採用)まで。
【詳細】http://www.jwrc.or.jp/
【お申込み・お問合せ】財団法人自然環境研究センター
TEL:03-5824-0960
………………………………………………………………………………………

★★ 2009年度『環境教育プログラム体験セミナー』 ★★

キープ協会では26年にわたる自然体験型の環境教育プログラムの実践と
のべ数千人の指導者育成など先進的な環境教育を目指して取組んできました。
今回のセミナーではこれまでのキープ協会の実践をご紹介しつつ、実際に
幾つかのプログラムを体験して頂きながら未来の環境教育の新しい形を
皆さんと一緒に模索していきたいと考えています。

【期 日】7月1日(水)14:30〜7月2日(木)15:00<1泊2日>
【開催地】キープ協会(山梨県北杜市高根町清里)
【宿 泊】清泉寮
【対 象】環境教育プログラムに関心のある方
特に、企業・自治体・団体・施設の職員の方にお勧めです
【定 員】20名
【参加費】23,000円(税込/1泊3食・プログラム費・教材費・保険代など)
【詳細】http://www.keep.or.jp/ja/foresters_school/experience/seminar/
【お申込・お問合せ】財団法人キープ協会 環境教育事業部 担当:竹越
TEL:0551-48-3795 FAX:0551-48-2990 E-mail:forester@keep.or.jp



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆メールマガジンへのご意見・ご感想をお待ちしております!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★★NPO法人日本エコツーリズムセンター発行 ★★
〒169-0075 東京都新宿区高田馬場2-8-13 今井ビル東館201
TEL:03-6457-3952 FAX:03-6457-3951
HP www.ecotourism-center.jp/
★エコツアー・ドット・ジェイピー★ www.eco-tour.jp
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 


▲TOP | 問い合わせ