エコセン

 

「教育と刃物」セミナー報告

 

The World Travel & Tourism Council

Google

WWW を検索

エコセンの中を検索

連続セミナー「災害と減災」をベースにしたエコセン前代表広瀬敏通氏の新刊です!

災害を
生き抜く

申込受付中!
野生動物インタープリター

獣害対策や地域活性化を推進する人に!

野生動物インタープリター




自然学校「エネルギー・プログラム」アイデア集

身近な自然資源からエネルギーを自給!

自然学校「エネルギー・プログラム」アイデア集

フクシマBOOK

マスメディアからは聞こえない原発被害・福島の声!

フクシマBOOK




地域を元気にする地元学

地域活性化のヒントと実例がここにある。エコセンブックレット誕生!

地域を元気にする地元学

災害を生き抜く

エコセン連続セミナー「災害と減災」をベースにした前代表広瀬敏通氏の渾身の書

災害を生き抜く



RQ災害教育センター
地球環境基金
Share/Bookmark

Mail Magazine★Vol.34

日本エコツーリズムセンター★Mail Magazine★Vol. 34
★2008.9.18★
…………………………………………………………………………………………

読者のみなさま

3連休はどう過ごされましたか? 私は記念すべき第10回目となる東北環境
教育ミーティングに参加するため秋田に行ってきました。秋田は暑かった&
熱かったです! 食とツーリズムをテーマにしていた今回のミーティングは
パネルトークに地元、秋田県八峰町からのパネリストを4名むかえました。
その内1名は“超”こだわった日本酒の蔵元の方で、杜氏制を廃止し自ら酒造りを
しています。今年からなんと酒米も自分で作り始めているのです。こだわりの
お酒はとても美味しいです!
そして、もう1名。まだ30代前半ですが、沖合底引網漁船の船長さん。
秋田で魚をとっても、一端築地に出て、また秋田に戻ってくるため、せっかく
地元でとっているのに、地元では鮮度のいい魚が手に入らない。そういうことに
疑問を感じ、自分で捕った魚を自分で売るために、仲買人の資格を取ったのです。
日本では初めてのことのようです。(漁師さんは仲買人の資格がなければ、
直接消費者に魚を売ることはできません。)
このところ、事故米など食に関する悪い話題が多いですが、本当にいい物を
つくっている人たちがいます。本物を買いたいですね。
そして、東北は空気も水も人も素晴らしいです! 地震の影響で東北は
全体的に風評被害にあっています。風評なんて気にせず、さあ、みなさん、
東北に出かけましょう!     [中垣]

…………………………………………………………………………………………
☆エコセンNEWS☆
★エコツアーカフェTOKYO[10/1Wed]
★「くりこま復興支援ツアー」第3弾[10/8-9]
★モンベルクラブ・フレンドフェア in 東京  [9/27-28] ボランティア募集!
★エコツアーカフェin神戸
 「地域密着型の環境に優しいエコロッジに泊まろう!」[10/6 Mon]
★エコプロダクツ2008 [12/11-13]
 アウトドア&エコツーリズムコーナー <出展者&ボランティア募集!>

☆カフェNEWS☆
★第2回ESDカフェ「ESD先進国・ドイツの取り組み」 <エコセン協力>

☆エコツー関連NEWS☆
★がんばろう!耕英 震災復興ワークキャンプ
…………………………………………………………………………………………

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆エコセンNEWS☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

       ★★エコツアーカフェTOKYO★★
   「今年は国際サンゴ礁年! サンゴの魅力に迫ります」

サンゴ礁の海でのスノーケリングやダイビング、シーカヤックは、南の島
での極上の楽しみです。しかし、サンゴ礁生態系は地球温暖化の影響を
もっとも受けやすい場所の一つでもあります。2008年は国際サンゴ礁年。
海系のNGOやエコツー事業者、行政などが協力してサンゴ礁の環境教育に
取り組んでいます。サンゴ礁保全の現状や、ツーリストが楽しみながら貢献
できるサンゴ礁のモニタリング調査などについてお話しいただきます。
ご参加お待ちしています!

【ゲスト】古瀬 浩史氏(自然教育研究センター)
【日時】10月1日(水)18:30-20:00
【場所】SOiL CAFE (目白駅より徒歩2分)
【参加費】500円(飲み物代)
【詳細・お申込み】http://www.ecotourism-center.jp/cafe/cafe_tk081001.html
【お問い合せ】日本エコツーリズムセンター
 Tel: 03-3954-2239 Fax:03-3954-2203
◎過去のエコツアーカフェのページを更新しました。ぜひ、ご覧ください。
 第6回 江崎絢子氏(国際エコツーリズム協会 TIES)
 http://www.ecotourism-center.jp/cafe/cafe_tk080604.html
 第7回 三好直子氏(環境教育指導者)
 http://www.ecotourism-center.jp/cafe/cafe_tk080702.html
 第8回 中野民夫氏(ワークショップ企画プロデューサー)
 http://www.ecotourism-center.jp/cafe/cafe_tk080806.html
 第9回 佐々木豊志氏(くりこま高原自然学校代表)
 http://www.ecotourism-center.jp/cafe/cafe_tk080903.html
……………………………………………………………………………………………

     ★★「くりこま復興支援ツアー」第3弾★★

6月14日に発生した岩手・宮城内陸地震で、甚大な被害を受けた
くりこま高原自然学校や耕英地区の復興を支援するエコツアーを
実施します。
くりこま高原自然学校・代表の佐々木豊志さんも「来てくれるだけで
嬉しい」とおっしゃっていますが、復興に向けて動き出している地域には
実際に訪れることや、全国の人々からの励ましが大きな支えとなります。
災害の多い日本に住む私たちは、いつ被災者になってもおかしくありません。
このツアーは実際に被災地の現場に立って、学び、考えるよい機会となります。
今回も佐々木さんの案内と耕英の開拓の方々との交流を予定しています。
ぜひご参加ください!

【日時】10月8日(水)〜9日(木)の1泊2日
【場所】宮城県栗原市
【集合】東北新幹線くりこま高原駅10時45分集合
【解散】東北新幹線くりこま高原駅15時30分解散
【定員】15名 1時間程度の徒歩が出来る方(小学生以上)
【費用】12,000円(新幹線交通費別、宿泊は無料、食材費は込み、懇親会費別)
【お問合せ・申込み】NPO法人日本エコツーリズムセンター
 http://www.ecotourism-center.jp/news/news081008.html
 ●第1回くりこま復興支援ツアーの様子はこちらから↓
 http://www.ecotourism-center.jp/news/news080720.html

……………………………………………………………………………………………

     ★★モンベルクラブ・フレンドフェア in 東京 ★★

モンベルクラブ会員さまに贈る秋の感謝祭! 「買・遊・食・知」が一堂に
会するイベントです。お買い得なファクトリー・アウトレット商品コーナーの
ほか、体験会、フレンドエリアやフレンドショップによる名産品コーナー、
情報満載のブースなどをご用意。
このイベントはモンベルクラブ会員さまご優待のイベントです。
エコセンの会員にまだなっていない方は、ぜひこの機会に入会して
会場に遊びにきてください! (当日入会可。受付でエコセンに入会したいと
お伝えください)
ご家族やお友達をお誘い合わせのうえ、ぜひご来場ください!

エコセンの出展コーナーを一緒にセッティングし、当日も出展のお手伝いを
してくれるボランティアを募集しています。もちろん、部分参加でもOK。
イベントではこういうことをして欲しいというリクエストや、こんな
ことをしたら面白いというご提案も大募集です!!
ご連絡、お待ちしております。

【期 間】9月27日(土)、28日(日)10:00〜16:00
【場 所】東京流通センター
【入場料】無料
 ※会員と同伴のご家族・ご友人の方に限り、ご入場できます。
【詳 細】http://www.montbell.jp/generalpage/index.php?general_id=64
【ボランティアに関するお問合せ】NPO法人日本エコツーリズムセンター
 TEL:03-3954-2239  FAX:03-3954-2203
……………………………………………………………………………………………

         ★★エコツアーカフェin神戸★★
    「地域密着型の環境に優しいエコロッジに泊まろう!」

毎月第1月曜日開催のエコツアーカフェin神戸。
今回のゲストはエコロッジ協会・代表理事の高山傑さん。日本ではまだあまり
なじみのない”エコロッジ”。世界各国を巡った経験を生かし、日本でもエコロッジを
広めるべく活動しているのが高山さんです。
空調、給湯、調理などによるエネルギー消費、食材の調達・処理、グリーン
建材等、宿泊施設環境に配慮した運営で差別化する宿泊施設のあり方と先進事例を
ご案内いただきます。
みなさまのご参加、お待ちしております!

【ゲスト】高山傑氏(NPO法人エコロッジ協会 代表理事)
【日 時】10月6日(月)18:30-20:00
【場 所】モンベルクラブ 神戸三宮店
【参加費】500円
【詳細・お申込み】http://www.ecotourism-center.jp/cafe/cafe_kb081006.html
【お問合せ】日本エコツーリズムセンター
 Tel: 03-3954-2239 Fax:03-3954-2203
……………………………………………………………………………………………

★★エコプロダクツ2008
  アウトドア&エコツーリズムコーナーの出展者&ボランティア募集!★★

環境系では国内最大規模の展示会であるエコプロダクツ展。今年のアウトドア&
エコツーリズムコーナーをエコセンでプロデュースすることになりました!

17万人の来場が見込まれる今年のエコプロダクツ展で、一緒にエコツーの
魅力をアピールしませんか?
アウトドア&エコツーリズムコーナーに一緒に出展する方を募集しています。
詳細はエコセン事務局までお問い合せください。

また、このコーナーを一緒にプロデュースしてくれるボランティアも募集
しています。事前準備や当日の出展のお手伝をお願いします。
全日程でなく、一部だけでもOKですので、お気軽にお問い合せください。

みなさまからのご連絡、お待ちしております!

【期間】2008年12月11日(木)〜13日(土)10:00〜18:00 (13日は10:00〜17:00)
【場所】東京ビッグサイト[東展示場 1〜6ホール]
【入場料】無料
【公式HP】http://eco-pro.com/
【お問合せ】NPO法人日本エコツーリズムセンター
 TEL:03-3954-2239  FAX:03-3954-2203

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆カフェNEWS☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

環境問題や持続可能な社会を考えられる場として「カフェ」が増えてきて
います。こうした活動をエコセンでは積極的に協力・応援しています。
みなさんもぜひご参加ください!

   ★★ESDカフェ「ESD先進国・ドイツの取り組み」★★
       〜 ESDの普及戦略と学校教育改革〜

EUのなかでもESD推進の主導的な役割を担っているドイツ。2002年の
ヨハネスブルク・サミット後、全国の10%の学校にESD導入を目標とした
プロジェクト「Transfer21」がスタート。一方、「ESDの10年プロジェクト」
というESD認定事業を実施し、すでに660を越すプロジェクトが認定されています。
第2回のESDカフェは、昨年までドイツのベルリン自由大学でESDを研究されて
いた、高雄綾子さんをゲストに迎え、ドイツのESDについてお話し頂きます。
どうぞお気軽にご参加ください。

【日時】9月19日(金) 19:00〜21:00
【場所】地球環境パートナーシップオフィス EPO会議室
【参加費】ESD-J会員・学生500円、非会員1500円 (当日入会可)
【詳細】http://www.esd-j.org/j/activity/activity.php?itemid=2345&catid=254
【お問い合せ】NPO法人 持続可能な開発のための教育の10年推進会議(ESD-J)
 担当:佐々木、高井、千葉
 TEL:03-3797-7227 
《協力》日本エコツーリズムセンター

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆エコツー関連NEWS☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   ★★「がんばろう!耕英 震災復興ワークキャンプ」★★

耕英地区は冬になると2メートルを超える積雪があり、11月の雪の
時期の前までに復興のための作業が必要です。そこで、10月の雪が
降る前に、復興のための様々なお手伝いをするために、「がんばろう!
耕英 震災復興ワークキャンプ」をくりこま高原自然学校と共に開催
することとなりました。ご参加、お待ちしております。

【日程】第1期間:2008年10月 1日(水)〜10日(金)
    第2期間: 2008年10月11日(土)〜20日(月)
    第3期間: 2008年10月21日(火)〜31日(金)
【活動内容】震災復興のためのお手伝い、自然学校の新たな拠点作り
 (部屋・駐車場・畑作りなど)
 *活動は状況によって変わりますので、予めご理解下さい。
【募集人員】各4名(定員になり次第締め切ります。)
【活動場所】宮城県栗原市
【参加に関する費用】
 ○1回参加 NICE会員:23,000円 非会員 :27,000円
 ○2回参加 NICE会員:33,000円 非会員 :38,000円
 ○3回参加 NICE会員:33,000円 非会員 :38,000円
 ●今回の参加費用はかかる経費分を差し引いて、震災復興のための
  資金として、現地に寄付されます。
【詳細】 http://nice1.gr.jp/wc-japan/kurikoma-info.html
【お問い合せ】特定非営利活動法人 NICE(日本国際ワークキャンプセンター)
 担当:上田・沖野
 電話 : 03-3358-7140 (月〜金 10:00-12:30, 13:30-18:00)
 FAX: 03-3358-7149  

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆メールマガジンへのご意見・ご感想をお待ちしております!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★★NPO法人日本エコツーリズムセンター発行 ★★
〒171-0031東京都豊島区目白3-13-20 DAIGOビル201
TEL:03-3954-2239 FAX:03-3954-2203
HP www.ecotourism-center.jp/
★エコツアー・ドット・ジェイピー★ www.eco-tour.jp
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


▲TOP | 問い合わせ