エコセン

 

「教育と刃物」セミナー報告

 

The World Travel & Tourism Council

Google

WWW を検索

エコセンの中を検索

連続セミナー「災害と減災」をベースにしたエコセン前代表広瀬敏通氏の新刊です!

災害を
生き抜く

申込受付中!
野生動物インタープリター

獣害対策や地域活性化を推進する人に!

野生動物インタープリター




自然学校「エネルギー・プログラム」アイデア集

身近な自然資源からエネルギーを自給!

自然学校「エネルギー・プログラム」アイデア集

フクシマBOOK

マスメディアからは聞こえない原発被害・福島の声!

フクシマBOOK




地域を元気にする地元学

地域活性化のヒントと実例がここにある。エコセンブックレット誕生!

地域を元気にする地元学

災害を生き抜く

エコセン連続セミナー「災害と減災」をベースにした前代表広瀬敏通氏の渾身の書

災害を生き抜く



RQ災害教育センター
地球環境基金
Share/Bookmark

Mail Magazine★Vol16

 

日本エコツーリズムセンター★Mail Magazine★Vol. 16
★2008.4.18★
…………………………………………………………………………………………

読者のみなさま

経団連自然保護協議会の主催する企業とNGO、研究者等との交流会に出席
してきました。「企業と生物多様性保全〜CBD/COP9から10に向けて」を
テーマに基調講演とパネルディスカッションが行われました。その中で、
「つながり」という言葉を度々耳にしました。自然界の中でのつながり、
自然と人とのつながり、人同士、NGO・企業・行政のつながり。
エコセンで仕事を始めてから、「つながり」の大切さを実感することが
たくさんあります。また、つながっていくことの楽しさも体験しています。
自然ー地域ー人。繋がりを大切にして、地域を元気にしていきましょう!
                         [中垣]

…………………………………………………………………………………………
☆エコセンNEWS☆
★エコツアーカフェTOKYO[5/7 Wed]
★エコツアーカフェin海老名ハウジングセンター[5/10 Sat]

☆エコツー関連NEWS☆
★「ミュージアム・シアター・ワークショップ」参加者募集中!
★公開国際フォーラム アジアからG8サミットへ
★2008国際カエル年企画・春の水辺のおたまじゃくし
…………………………………………………………………………………………

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆エコセンNEWS☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
       ★★第5回エコツアーカフェTOKYO★★
    「タスマニア・バーチャルエコツアーへの誘い」

神秘的な温帯雨林とユーカリ林が広がるオーストラリア・タスマニア。
そんなタスマニアでのエコツアーガイド経験をもつ萩原裕作さんが
今回のゲストスピーカー。
手つかずの自然、かわいい動物たち。タスマニアはエコツアーに最高の場所。
人と自然に対するやさしい気持ちを持った、サービス精神豊富なガイド、
萩原さんに案内してもらえば、自分では見えない、いろんな角度から
タスマニアの魅力に出会えるはず。
5月のカフェでは、タスマニア・バーチャルエコツアーへ誘います。
ご予約はお早めにどうぞ!

【ゲスト】萩原 裕作氏(岐阜県立森林文化アカデミー講師)
【日時】5月7日(水)18:30-20:00
【場所】SOiL CAFE (目白駅より徒歩2分)
【参加費】500円(飲み物代)
【詳細・お申込み】http://www.ecotourism-center.jp/cafe/cafe_tk080507.html
【お問い合せ】日本エコツーリズムセンター
 Tel: 03-3954-2239 Fax:03-3954-2203
……………………………………………………………………………………………

    ★★エコツアーカフェin海老名ハウジングセンター★★

平日の夜は無理だったという方、お待たせしました! 週末にエコツアーカフェ
を海老名の住宅展示場でも開催することになりました。トークだけでなく、
ミニツアーも実施する予定です。
そして、今回のゲストはエコセンの広瀬代表理事です。あのアッパー(広瀬)の
ミニツアーを体験できるチャンス! みなさまのご来場、お待ちしております。

【ゲスト】広瀬 敏通氏 エコセン代表理事・ホールアース自然学校代表
【日時】5月10日(土)
【メニュー】トーク:11時〜、13時〜、15時〜 各30分
      園内ミニツアー:12時〜、14時〜 各30分
      会場内は10〜16時まで、スライド上映も実施しています。
【場所】海老名ハウジングセンター www.webhousingnet.com/ebina/map.html
【参加費】無料、申込不要
【お問い合せ】日本エコツーリズムセンター
 Tel: 03-3954-2239 Fax:03-3954-2203

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆エコツー関連NEWS☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★★ 「ミュージアム・シアター・ワークショップ」参加者募集中!★★

博物館・文化施設のコミュニケーションを面白くしたい人なら誰でも参加
できます。私たちは、英米の博物館で始まった「ミュージアム・シアター」
という新しい博物館教育のスタイルに注目して、日本への導入や展開の
可能性を探りたいと思っています。呼びかけ人は、博物館教育とインプロ
(即興演劇)の現場で知り合った有志の仲間達です。
毎回の研究会は、ワークショップ・スタイルを基本として、「即興演劇」の
方法を一般の方にも取り組みやすい方法で体験していただきながら、
博物館教育への導入・応用可能性を参加者と一緒に考えていきます。
どうぞお気軽に「体験」しに来てください!

【日時】4月28日(月)18:30〜21:00
    以降は【毎月第2水曜日】に定例開催していく予定です。
【会場】南部労政会館 第2会議室(ゲートシティ大崎ウエストタワー2階)
【会費】1,000円
【定員】20名(先着順:残りわずか)
【主催】ミュージアム・シアター・ワークショップ(MTW)
【申込み】下記の事項を書いてメールにてお申込みください。
   記入事項:参加希望日、お名前、ご所属、E-mailアドレス、
                    連絡先TEL、参加の動機もひと言お願いします。
………………………………………………………………………………

  ★★公開国際フォーラム アジアからG8サミットへ★★
    持続可能な社会へむけた市民組織からの提言

7月に開催されるG8北海道洞爺湖サミットでは、気候変動を中心に
さまざまな地球的な課題についての議論がされます。教育はこれらの
課題解決における、必要不可欠な要素でもあります。
このたび、5カ国のアジアのESDパートナー団体と共に、教育視点からの
地球的課題についての議論を行い、提言を作成し、G8環境大臣会合
および首脳会合へ提出することとなりました。公開フォーラムでは、
多様な分野・セクターの市民のみなさまに、G8への提言案を公開する
と共に、みなさまのご意見をいただき、提言文とともに提出することを
目的としております。多くの皆さまのご参加をお待ちしております。

【プログラム】
 1.講演:アジアESDの現況およびその課題
 2.事例に見るアジアのESD:その視点と課題の紹介
 3.提言公開パネルディスカッション
【日時】5月3日(土) 13:30〜17:30(予定) 開場12:45
【開催場所】国連大学 エリザベス・ローズ会議場
【参加費】1,500円
【詳細】http://www.esd-j.org/archives/000634.html
【問合せ先】ESD-J事務局 国際公開フォーラム担当:野口
………………………………………………………………………………

★★2008国際カエル年企画・春の水辺のおたまじゃくし★★

須磨海浜水族園では、「2008国際カエル年」の取り組みの一環
として、本年3月6日より「2008国際カエル年コーナー」を開設し、
パネル展を実施中です。今回、当コーナーでの企画その2として、
神戸市内でも春の水辺に現れるオタマジャクシ2種を展示します。
そのかわいらしい姿をご覧いただき、神戸にも守るべき身近な自然
環境が残っていることを知っていただけたらと思います。

【実施日時】4月12日(土)〜 約1ヶ月(カエルになるまで)
【実施場所】須磨海浜水族園 森の水槽北館「2008国際カエル年コーナー」
【展示生物】ニホンアカガエル幼生、ニホンヒキガエル幼生 各約30匹
【詳細】http://sumasui.jp/cont/cont12/cont12-089.htm

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆メールマガジンへのご意見・ご感想をお待ちしております!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★★NPO法人日本エコツーリズムセンター発行 ★★
〒171-0031東京都豊島区目白3-13-20 DAIGOビル201
TEL:03-3954-2239 FAX:03-3954-2203
HP www.ecotourism-center.jp/
★エコツアー・ドット・ジェイピー★ www.eco-tour.jp
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
 

▲TOP | 問い合わせ