エコセン

 

「教育と刃物」セミナー報告

 

The World Travel & Tourism Council

Google

WWW を検索

エコセンの中を検索

連続セミナー「災害と減災」をベースにしたエコセン前代表広瀬敏通氏の新刊です!

災害を
生き抜く

申込受付中!
野生動物インタープリター

獣害対策や地域活性化を推進する人に!

野生動物インタープリター




自然学校「エネルギー・プログラム」アイデア集

身近な自然資源からエネルギーを自給!

自然学校「エネルギー・プログラム」アイデア集

フクシマBOOK

マスメディアからは聞こえない原発被害・福島の声!

フクシマBOOK




地域を元気にする地元学

地域活性化のヒントと実例がここにある。エコセンブックレット誕生!

地域を元気にする地元学

災害を生き抜く

エコセン連続セミナー「災害と減災」をベースにした前代表広瀬敏通氏の渾身の書

災害を生き抜く



RQ災害教育センター
地球環境基金
Share/Bookmark

Mail Magazine★Vol.4

 

 

日本エコツーリズムセンター★Mail Magazine★Vol. 4
★2008.1.12★
…………………………………………………………………………………………

読者のみなさま

2008年がスタートしました! 本年もどうぞよろしくお願いします。
どのようなお正月を迎えられましたか? 最近はお飾りをつけたり
お屠蘇を飲んだりする家は少ないようですね。
休みの間に何度か、地球温暖化が環境に与えている影響についてのテレビ
番組を何度か見ました。お正月の時期に長時間をさいて、こういった番組を
放送するということにも驚いたのですが、その内容は衝撃的でした。
多くの場所に被害が出ていることは知っていましたが、映像でそのすごさを
見てショックを受けました。そして、遠くの場所だけでなく、日本でも
東京でも確実に影響は出ているのです。もうすぐ足下ではなく膝元までに
その影響はきているのだと思いました。
エコセンでも、今後地球温暖化対策について、アクションを始めていきたい
と思っております。多くの人が参加できるような展開を考えておりますので、
ご参加頂けたら幸いです。

さて、昨日のエコセン設立記念シンポジウムはおかげさまで大盛況でした。
多くのみなさんにエコセンの設立記念に立ち会って頂きとても嬉しく思って
おります。ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました。
今後も全国各地で地域を元気にする活動を行っていきます。様々な場所で
みなさまにお会いするのを楽しみにしております。       [中垣]
…………………………………………………………………………………………
☆エコセンNEWS☆
★エコツアーカフェTOKYO「ようこそ、エコツアーの世界へ」[1/16@目白]
★エコツーリズム・コーディネーター養成講習会in沖縄
★奥大井・南アルプス地域 エコツアーガイド・コーディネーター養成講習会
★エコツアーガイド養成講習会in代々木

☆エコツー関連NEWS☆
★国際シンポジウム「自然公園としての富士山」
★アジア太平洋ESDフォトメッセージ・コンテスト「明日への手紙2007」
…………………………………………………………………………………………

☆エコセンNEWS☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
★エコツアーカフェTOKYO「ようこそ、エコツアーの世界へ」

既に高知や沖縄、神戸で開催しているエコツアーカフェ。エコツアーの
楽しさをお茶を飲みながら語りあっています。
そして、ついに東京でもエコツアーカフェを開催します!
「エコツーリズムってなに?」「エコツアーって楽しいの?」「こんなエコ
ツアーはない??」などなど、一緒にトークしませんか?
記念すべき東京開催第1回は、エコセン代表理事の広瀬敏通がエコツアーの
魅力について、みなさんと一緒に語ります。
会場は目白駅からすぐ近くの低・無農薬野菜など、体に優しい食材をできる
限り厳選し、木のぬくもりを感じられるすてきなカフェです。
お気軽にお越し下さい!

【日時】2008年1月16日(水) 18:30〜20:30
【場所】SOiL CAFE (目白駅より徒歩2分)
【参加費】500円(飲み物代)
【詳細】 http://www.ecotourism-center.jp/cafe/080116.html
【お申込み・お問い合せ】日本エコツーリズムセンター
 Tel: 03-3954-2239 Fax:03-3954-2203
……………………………………………………………………………………………

★エコツーリズム・コーディネーター養成講習会in沖縄

エコツーリズムを推進するためには、地域内外でコミュニケーションをとり、
さまざまな人をつなげていくことがとても大切。コーディネーターの資質とは
何か、エコツーリズムを推進するために何が必要なのか、第一線で活躍する
講師陣から学べます。
既にエコツアーガイドをしている方や、エコツーリズムの推進に取り組んで
いる方、行政の方などにおすすめです。

【日時】2008年1月24日(木)〜26日(土)
【場所】那覇市ぶんかテンブス館
【参加費】20,000円
【定員】25名(最少催行人数:15名)
【主催】日本エコツーリズムセンター
【お申込み】申込書をダウンロードして、日本エコツーリズムセンター事務局へ
 メールまたはファックスしてください。
【詳細・申込書】http://www.ecotourism-center.jp/news/news080124.html
【お問い合せ】日本エコツーリズムセンター研修事業部
 Tel: 03-3954-2239 Fax:03-3954-2203
……………………………………………………………………………………………

★奥大井・南アルプス地域 エコツアーガイド・コーディネーター養成講習会

豊かな自然と人が織りなす奥大井・南アルプス地域。かけがえのない自然の
恵みをまもりつつ、自然・歴史・文化・生活にふれあう旅を案内するエコツアー
ガイドを養成します。既にエコツアーガイドとして活動している方も、これから
エコツアーガイドになりたい方にも、エコツアーガイドとして知識・スキル
アップさせる絶好の機会です。

【日時】2008年2月7日(木)〜9日(土)
【場所】川根本町ウッドハウスおろくぼ(静岡県榛原郡川根本町)
【定員】30名 ※応募〆切後、「受講後に本地域内で活動される方」を
    優先して決定します。
【参加資格】1. 奥大井・南アルプス地域でガイドを目指す方
      2. 3日間受講が可能な方
【募集期間】2008年1月18日(金)まで
【参加費用】受講料 :無料 ※会場までの交通費・宿泊費・昼食費・
      懇親会費・交流会費は各自で負担願います。
【主催/主管】静岡県/日本エコツーリズムセンター
【詳細】http://www.pref.shizuoka.jp/kankyou/ka-070/information.htm
【お問合せ・お申込】静岡県 環境局 自然保護室 富士山浜名湖スタッフ
      TEL:054-221-3776

……………………………………………………………………………………………

★エコツアーガイド養成講習会in代々木

自然や地域の歴史・文化を守りながら伝えていくエコツアーガイドの、ガイド
として必要な様々なノウハウをエコツーリズムの第一線で活躍する講師陣から
学べます。講義だけでなく、実践を交えた講習会です。
すでにエコツアーガイドとして活動している方も、これからエコツアーガイドに
なりたい方にもおすすめです。

【日時】2008年2月13日(水)〜15日(金) 2泊3日
【場所】国立オリンピック記念青少年総合センター(東京都・代々木)
【参加費】25,000円(別途2泊3日の宿泊食費必要)
【主催】日本エコツーリズムセンター
【お申込み】申込書をダウンロードして、日本エコツーリズムセンター事務局へ
 メールまたはファックスしてください。
【詳細・申込書】以下のURLからダウンロードしてください。
http://www.ecotourism-center.jp/news/news080213.html

【お問い合せ】日本エコツーリズムセンター研修事業部
 Tel: 03-3954-2239 Fax:03-3954-2203
………………………………………………………………………………

☆エコツー関連NEWS☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
★国際シンポジウム「自然公園としての富士山」

アメリカのイェローストーン、ハワイおよびニュージーランドの
トンガリロ各国立公園: この3つの自然公園は、いずれも富士山と
同じく、活火山地域であり、世界的に有名な観光地でもあります。
インタープリテーションの活動も本場の貫禄があります。そこに勤務
する3名の専門家をお招きして、お話を聞きます。 日本の国立公園
との比較について、自然環境局の担当官からのお話も聞きます。
さらに高橋進氏(共栄大学教授)が講師として参加されます。

【内容】○上記5名の方々による講演、
    ○パネル・ディスカッション、○参加者全員による自由な討論
【日時】2008年1月17日 09:30ー16:00
【場所】山梨県環境科学研究所
【参加】無料
【お問合せ・お申込】山梨県環境科学研究所
 〒403-0005 山梨県富士吉田市上吉田字剣丸尾5597-1
 TEL:0555-72-6211 FAX: 0555-72-6204
………………………………………………………………………………

★アジア太平洋ESDフォトメッセージ・コンテスト「明日への手紙2007」

アジア太平洋ESDフォトメッセージ・コンテスト「明日への手紙2007」
<伝えたいもの—無形文化遺産>を開催しています。
家族の記念行事や地域の祭りや芸能、受け継がれてきた手工芸、誇りに
思う習慣や人々の暮らしなどを撮影してご応募ください。入選作品は
パネルにして、アジアを中心に世界各国で巡回展示します。また、
ウェブや写真集で紹介していきます。ご応募をお待ちしています。

【テーマ】
 伝えたいものー無形文化遺産 “Celebration of Our Living Culture”
【賞】最優秀賞 賞状、賞金1,000USドル、
   優秀賞 賞状、賞金200USドルなど計80点 (入賞者のみ通知)
【締切】2月15日(金)(消印有効)
【参加費】無料
【応募についての詳細】 http://www.accu.or.jp/esd/photomessage/jp.html
【作品送付先・問い合わせ先】
 〒162-8484 新宿区袋町6 日本出版会館
 ユネスコ・アジア文化センター(ACCU)
 ESDフォトメッセージ・コンテスト事務局 担当:筒井
 Tel:03-3269-4559 Fax:03-3269-4510
………………………………………………………………………………
☆メールマガジンへのご意見・ご感想をお待ちしております!
………………………………………………………………………………

★★日本エコツーリズムセンター発行 ★★
〒171-0031東京都豊島区目白3-13-20 DAIGOビル201
TEL:03-3954-2239 FAX:03-3954-2203
HP www.ecotourism-center.jp/
★エコツアー・ドット・ジェイピー★ www.eco-tour.jp
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

▲TOP | 問い合わせ