エコセン

 

「教育と刃物」セミナー報告

 

The World Travel & Tourism Council

Google

WWW を検索

エコセンの中を検索

連続セミナー「災害と減災」をベースにしたエコセン前代表広瀬敏通氏の新刊です!

災害を
生き抜く

申込受付中!
野生動物インタープリター

獣害対策や地域活性化を推進する人に!

野生動物インタープリター




自然学校「エネルギー・プログラム」アイデア集

身近な自然資源からエネルギーを自給!

自然学校「エネルギー・プログラム」アイデア集

フクシマBOOK

マスメディアからは聞こえない原発被害・福島の声!

フクシマBOOK




地域を元気にする地元学

地域活性化のヒントと実例がここにある。エコセンブックレット誕生!

地域を元気にする地元学

災害を生き抜く

エコセン連続セミナー「災害と減災」をベースにした前代表広瀬敏通氏の渾身の書

災害を生き抜く



RQ災害教育センター
地球環境基金
Share/Bookmark

[2011.9.27-28]コンセプトワークinいわき

福島で可能なボランティア活動とは?

コンセプトワークinいわき

宮城のRQボランティアでは土地勘も出来た方が幾人もいると思いますが、福島はなかなか効果的なボランティア活動を見出せない状況です。そこで、今回のコンセプトワークでは福島県内の立ち入り禁止エリアの外周を含めた被災地を、あぶくま自然学校の 進士さんにご案内いただきながら、現地の複合的な被災の状況について直接、見ていただき、エコセンとしてどのような支援が可能なのかについて議論したいと思います。ぜひご参加下さい。

 

エコセンProject01

エコセンProject09

 

★エコセンコンセプトワークinいわき★

【日時】2011年9月27日(火)〜28日(水)1泊2日

【場所】福島県いわき市

【集合】27日11時50分、JR福島駅集合(東京10:08やまびこ133)

【解散】28日あぶくま自然学校または日本エコツーリズムセンター(西日暮里)解散予定

【現地行程】

27日/「津波被災」福島~相馬市~南相馬市

   「放射能被災」飯館村~川俣町

   いわき/湯の岳山荘泊:コンセプトワーク

28日/「地域の取り組み」いわき市内~スパリゾートハワイアンズ(復興自然学校構想)~あぶくま自然学校

以降、オプション:北茨城市~東京(解散)

【宿泊】いわきの森に親しむ会/湯の岳山荘

【参加者】エコセン世話人のほか、福島の状況に強く関心を持つ方。先着15人

【費用】15,000円(宿泊費・食費・現地交通費・講師謝礼など。新幹線交通費別。)

【持ち物】着替え、洗面具、雨具。飲み物持込歓迎。

【お問い合わせ】日本エコツーリズムセンター

  TEL:03-5834-7966 Fax:03-5834-7972

 

Share/Bookmark

 


▲TOP | 問い合わせ