エコセン

 

「教育と刃物」セミナー報告

 

The World Travel & Tourism Council

Google

WWW を検索

エコセンの中を検索

連続セミナー「災害と減災」をベースにしたエコセン前代表広瀬敏通氏の新刊です!

災害を
生き抜く

申込受付中!
野生動物インタープリター

獣害対策や地域活性化を推進する人に!

野生動物インタープリター




自然学校「エネルギー・プログラム」アイデア集

身近な自然資源からエネルギーを自給!

自然学校「エネルギー・プログラム」アイデア集

フクシマBOOK

マスメディアからは聞こえない原発被害・福島の声!

フクシマBOOK




地域を元気にする地元学

地域活性化のヒントと実例がここにある。エコセンブックレット誕生!

地域を元気にする地元学

災害を生き抜く

エコセン連続セミナー「災害と減災」をベースにした前代表広瀬敏通氏の渾身の書

災害を生き抜く



RQ災害教育センター
地球環境基金
Share/Bookmark

Mail Magazine★Vol.158

日本エコツーリズムセンター★Mail Magazine★Vol.158
★2012.8.24★
…………………………………………………………………………………………

読者のみなさま


2007年8月22日に設立されたエコセンは、今週で丸5年を迎えました!
エコツーリズムで地域を元気にしよう!という合言葉で、活動をはじめた
エコセンですが、エコツアーガイドの養成はもちろんのこと、エコツアーに
直接的に携わる人たちだけでなく、地域のさまざまな人や仕組みを支援する
活動をしてきました。
エコセンができてからの5年の間に、エコツーリズムやその担い手である自然
学校が地域で果たす役割は大変大きくなりました。若者が都市にでていって
しまいがちだった地域に、自然学校のスタッフとして暮らす若者が大勢現れ
はじめ、地域の担い手にもなってきています。
その間にソーシャルビジネスやコミュニティビジネスという言葉も普及し、
自然学校の可能性もさらに広がってきました。
この5年間、社会も目まぐるしく変化し、エコセンも様々なことに
取り組んできました。エコセン5周年&エコツアーカフェTOKYO50回を
記念して、代表広瀬、副代表山中、事務局長中垣がそろってこの5年間を
振り返ります。ぜひご参加ください。    [中垣]

…………………………………………………………………………………………
☆エコセンNEWS☆
★エコセンジビエガーデン「野生動物をいただこう」[10/11 Thu]
★エコツアーカフェTOKYO「エコツーリズムをめぐる冒険」[9/20 Thu]
★世界遺産白神山地マタギから学ぶ生き方暮らし方《秋編》[9/21-23]
★笑顔をつくる復興ビジネスワークショップ[9/5 Wed, 9/19 Wed]
★エコセンの活動報告&今後の活動予定
★エコツアー・ドット・ジェイピー
★エコセンブックレット「フクシマBOOK」
★エコセンブックレット「地域を元気にする地元学」
★facebook(フェイスブック)&Twitter(ツイッター)
☆第2回被災地で学ぶワイルドキャンプ「野(わいるど)営(きゃんぷ)」
☆RQ情報:九州北部豪雨災害へのご協力のお願い

☆エコツー関連NEWS☆
★自然学校エネルギーフォーラムin関西
………………………………………………………………………………………

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆エコセンNEWS☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★★エコセンジビエガーデン「野生動物をいただこう」★★

地域再生へのアクションとして、獣害対策で狩猟したシカやイノシシの
野生獣肉を“ジビエ”としていただく取り組みが全国でさかんです。
そこで現場のお話とジビエ料理から、獣害と野生動物との共生の話題に
親しむジビエガーデンを開催します。
後半は、里山やその周辺の野生動物と獣害対策の事情を、アウトドア料理や
野生食材で、独特な世界観あふれる料理を展開するフードコーディネーター・
添田美穂子氏による料理をお酒といっしょに堪能いただきます。同時にワールド
カフェ方式のディスカッションでさらに議論を深めたいと思います。

【日時】10月11日(木)16:00-20:00
【会場】日本エコツーリズムセンター
【参加費】3,000円 ※当日はマイ箸・マイスプーンをお持ちください!
【内容】
第1部:シンポジウム~野生動物と獣害対策はいま
鹿熊勤氏(フリーランスライター、ビーパル地域活性化総合研究所主任研究員)
山口明宏氏(NPO法人メイド・イン・ジャパン・プロジェクト生産メーカー部会
副代表理事/皮革タンナー山口産業株式会社専務取締役)
井戸直樹氏(ホールアース自然学校職員/第一種猟銃免許/罠猟免許)
第2部:ジビエワールドビアガーデン~野生動物をいただきます
添田美穂子氏(フードコーディネーター)
【申込・詳細】 http://www.ecotourism-center.jp/article.php/wildlife_zibier121011
【お問合せ】日本エコツーリズムセンター
TEL:03-5834-7966 Fax:03-5834-7972
………………………………………………………………………………………

★★エコツアーカフェTOKYO「エコツーリズムをめぐる冒険」★★

2007年、「エコツーリズムをメジャーにして、地域を元気にしよう」と
エコセンが、立ち上がってから、5年になります。
エコツーリズムの第一線で活躍する実践者・研究者らが集まり、全国各地を
飛び回って、エコツアーガイド・地域コーディネーターの育成や、
エコツーリズムを阻む法律の問題、獣害などと立ち向かってきました。
立ち上げメンバーの3人が、これまで出会ってきた元気な地域やエコツーリズムに
携わるひとびとのエピソード、プロジェクトの裏話などエコツーリズムの
歩みと今後の展望を語ります。

【ゲスト】広瀬敏通(エコセン代表理事)、山中俊幸(エコセン副代表理事)、
中垣真紀子(エコセン事務局長)
【日時】9月20日(木)19:00-20:30
【場所】日本エコツーリズムセンター事務所
【参加費】500円(飲み物付)
【詳細・お申込み】 http://www.ecotourism-center.jp/article.php/cafe_tk120920
【お問合せ】日本エコツーリズムセンター
TEL:03-5834-7966 FAX:03-5834-7972
………………………………………………………………………………………

★★野生動物との共生を探るエコツアー
世界遺産白神山地マタギから学ぶ生き方暮らし方《秋編》★★

何百年も続く自然の営みが作り上げた広大なブナ原生林と豊かな生態系を
擁する世界自然遺産の山・白神山地。 とりわけ、秋の白神山地と津軽富士
“岩木山”は、深い緑と躍動する命に恵まれ、自然が語りかけてくるような
季節です。
冬の白神山地をめぐった 1月のツアーに続き、秋まっさかりの「野生動物と
の共生を考えるエコツアー」では、白神におけるマタギ文化伝承の第一人者、
「白神マタギ舎」の工藤光治さんのマタギ小屋を訪ねます。
自然を捉えるマタギの目線で、知られざる白神山地を案内します。マタギの
自然との付き合い方を手がかりに、野生動物と私たち人間との共生・共存の
道を探ってみましょう。

【日時】9月21日(金)13:00~23日(日)15:00 2泊3日
【場所】岩木山麗温泉ペンションワンダーランド泊(青森県弘前市)
【集合】JR新青森駅:21日13:00集合
【解散】JR新青森駅:23日15:00解散
【定員】15名
【費用】会員:38,000円、一般39,000円(宿泊、食事5食込み。3日目昼食代別)
※現地までの往復交通費は各自ご負担下さい。
【申込・詳細】 http://www.ecotourism-center.jp/article.php/2012ecotour_aomori_aki
【お問合せ】日本エコツーリズムセンター
TEL:03-5834-7966 FAX:03-5834-7972
※このツアーは一般社団法人セブン-イレブン記念財団の公募助成を受け、
日本エコツーリズムセンターと岩木山麗温泉ペンションワンダーランドの
共催で実施しています。
…………………………………………………………………………………………

★★東日本大震災復興支援プロジェクト
笑顔をつくる復興ビジネスワークショップ★★

「笑顔をつくる復興ビジネスワークショップ」とは、東日本大震災被災地の
ニーズと、企業関係者やCSR担当者の知見やアイデアをマッチングさせ、
アイデア創発型ワークショップによる交流を通じて、被災地域の活性化を図る
ためのアクションプランです。
自身のビジネス・活動と被災地復興を協働させたい、東北での課題解決と
事業を両立させたい、とお考えの皆さま、ご参加お待ちしております。

【日時】9月5日(水)、9月19日(水) 19:00-21:30(18:30受付開始)
【場所】東京大学 情報学環・福武ホール(福武ラーニングスタジオ)
【定員】9/5(水)約30名/9/19(水)約50名
【参加費】無料
【申込・詳細】 http://www.ecotourism-center.jp/article.php/2012SBWS0905
【お問合せ】日本エコツーリズムセンター
TEL:03-5834-7966 FAX:03-5834-7972
…………………………………………………………………………………………

★★エコセンの活動報告&今後の活動予定★★
【報告】
●エコツーリズム地域コーディネーター養成
http://www.ecotourism-center.jp/article.php/co_tokyo2012
●エコツアーカフェTOKYO「梅ちゃん先生のパーマカルチャー教室」梅崎靖志氏
http://www.ecotourism-center.jp/article.php/cafe_tk120704

【活動予定】
●10月15日(月)~16日(火):野生動物インタープリター研修・初級@奥多摩
●11月10日(土)~11日(日):エコセンエコツアーin丹沢
●12月7日(金)~9日(日):野生動物インタープリター研修・中級@藤野
…………………………………………………………………………………………

★★エコツアー・ドット・ジェイピー★★

夏休みも後少し! エコツアーやアウトドアの情報が満載!
エコツアー・ドット・ジェイピーで探してみませんか?

情報をお持ちの方、エコツアー・ドット・ジェイピーは無料でエコツアーや
イベントの登録ができます。ぜひご活用ください。
http://www.eco-tour.jp/
……………………………………………………………………………………

★★エコセンブックレット「フクシマBOOK」★★

2011年9月、地震・津波・原発(放射能)・風評という4つの複合的な
被害を受けている福島を訪れ、今後どのような支援ができるかを考える
コンセプトワークを開催しました。
マスメディアからは聞こえない、飯舘村やいわき市からの生の声を盛り
込んだ1冊です。

【目次】
■序文 「エコツーリズム」が福島にできること
・・・広瀬敏通[日本エコツーリズムセンター代表理事]
■福島からの声 1
ここで農業を続けられるのか、無理なのか
早く結論を。生殺しだけはごめんだ!
・・・佐藤 茂さん[農業・飯舘村]
■福島からの声 2
漁師町の歴史を刻む貴重な建築物群が
「解体同意」の張り紙とともに消えてゆく
・・・豊田善幸さん[豊田設計事務所・いわき市]
■座談会
被災地を歩いて考えたこと
■福島からの声 3
福島の子どもたちに教えられた自然学校の新たな役割
・・・進士 徹[あぶくまエヌエスネット代表理事・鮫川村]
【価格】500円
【送料】80円 *2冊以上お申込みの場合は送料無料です。
【詳細・ご購入】 http://www.ecotourism-center.jp/article.php/booklet02
【お問合せ】日本エコツーリズムセンター
…………………………………………………………………………………………

★★エコセンブックレット「地域を元気にする地元学」★★

すごい勢いで売れてます♪♪ エコセンのコンセプトワーク等で行った
地元学の講演内容等をまとめたブックレットができました! 地域を
元気にするヒントがたくさん詰まった貴重な一冊です。
ぜひお買い求めください。

【目次】
地域を元気にするために地元学を始めよう
・・・福井 隆[東京農工大学大学院客員教授]
阿蘇カルデラツーリズムと地元学
・・・坂元英俊[財団法人阿蘇地域振興デザインセンター 事務局長]
費用は1万円。花見時の商店街に畳200枚を敷こう!
・・・[阿蘇市精肉店・とり宮2代目インタビュー]
地元学からの出発
・・・結城登美雄[民俗研究家]
地域に根ざす生き方
・・・高野孝子[NPO法人エコプラス代表理事]
農山漁村の5つの課題と地元学
・・・福井 隆[東京農工大学大学院客員教授]
【価格】500円
【送料】80円 *2冊以上お申込みの場合は送料無料です。
【詳細・ご購入】 http://www.ecotourism-center.jp/article.php/booklet01
【お問合せ】日本エコツーリズムセンター
…………………………………………………………………………………………

★★facebook(フェイスブック)&Twitter(ツイッター)へのお誘い★★

フェイスブック、始めました。
http://on.fb.me/MpZKF7
みなさんの「いいね!」をお待ちしています。

ツイッターもやっています。ぜひフォローしてください。
http://twitter.com/ecotourismjapan
エコセン世話人のTwitterリストもあります。お見逃しなく。
http://twitter.com/ecotourismjapan/sewanin
……………………………………………………………………………………

☆☆第2回被災地で学ぶワイルドキャンプ「野(わいるど)営(きゃんぷ)」☆☆

歌津てんぐのヤマ学校では、大災害を経験した人々の証言を元に、今後
自らが遭遇するかもしれない災害を仮想的に体験しながら「生きる力」を
身につけるキャンプを企画。電気・水道・ガスなどのライフラインは断たれ、
町外からの食料の補給もない。限られた物だけで生き抜くために、みんなで
考え、試し、工夫するキャンプです。

【日程】8月31日(金)~9月2日(日) 2泊3日
【開催地】宮城県南三陸町歌津伊里前 さえずりの谷とその周辺
【対象】小学校3年生~成人(18歳未満の方は保護者と一緒にご参加ください)
【定員】20人
【料金】1人10,000円 (モニター価格)
【集合・解散】集合 8月31日(金)10:15くりこま高原駅または12:00歌津駅周辺
解散 9月2日(日)12:00 歌津駅周辺 (くりこま高原駅までの送迎あり)
【詳細】 http://utatsu.blogspot.jp/p/blog-page_7.html
【お申込み】8月24日までにメールにて yamagakkou(あ)gmail.com まで。
【お問合せ】歌津てんぐのヤマ学校 
電話: 080-3933-3684   (くもたき)
…………………………………………………………………………………………

☆☆九州北部豪雨災害へのご協力のお願い☆☆

阿蘇市なみの高原やすらぎ交流館より、九州北部豪雨の被害状況が届きました。
支援物資の募集をしています。最新の情報は必ずホームページでご確認ください。

【物資募集】
http://www.aso.ne.jp/a-syakyo/news/index.cgi?mode=dsp&no=24&num=10


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆エコツー関連NEWS☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★★自然学校エネルギーフォーラムin関西★★
自然学校が自然エネルギーで社会を変えよう!
コミュニティエネルギーを広げ、豊かな地域と暮らしを作ろう!

自然体験のプログラムを提供している自然学校の全国の仲間・関係者が
自然エネルギーに取り組んでいこうと<自然学校エネルギーネット>は
2012年3月に結成されました。6月にはキックオフイベント「自然学校
エネルギーフォーラムin東京」を開催し、会場には北海道から沖縄まで
130名の方が集まり、「コミュニティエネルギーを広げ、豊かな地域と
暮らしを作ろう!」というメッセージを発信しました。
東京に続いて関西フォーラムを、10月26日(金)に京都にて、環境
活動家の田中優氏をゲストにお招きして実施いたします。
コミュニティエネルギーという新しい考え方、地域や暮らしを豊かにする
自然学校の新しい役割について紹介・報告しつつ、フォーラムに参集した
私達が取り組む方向性について全体会で議論を深めたいと思います。
フォーラム終了後、ネットワーキング交流会を同じ会場で行います。
あわせてご参加ください。

【日時】10月26日(金) 15時~19時半
ネットワーキング交流会 19時45分~21時
【会場】京都府中小企業会館801会議室
【参加費】フォーラム:500円、ネットワーキング交流会:2,000円
【詳細・申込】 <http://www.ns-energy.jp/フォーラム情報/>
【お問合せ】自然学校エネルギーネット・関西フォーラム事務局
e-mail:enet(あ)kyougaku.com  FAX:0776-24-8603




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆メールマガジンへのご意見・ご感想をお待ちしております!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★★NPO法人日本エコツーリズムセンター発行 ★4,507★
〒116-0013 荒川区西日暮里5-38-5
TEL:03-5834-7966  FAX:03-5834-7972
HP www.ecotourism-center.jp/
★エコツアー・ドット・ジェイピー★ www.eco-tour.jp
★SNSエコたび★ www.eco-tour.jp/sns_ecotabi/
☆日本エコツーリズムセンターは原子力発電に反対します。☆
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
 

 

サイト管理者はコメントに関する責任を負いません。


▲TOP | 問い合わせ